« 9歳、風歌の旅日記*ポカラ3 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*ポカラ5(トレッキング) »

2009年2月 9日 (月)

9歳、風歌の旅日記*ポカラ4(トレッキング)

*2月9日*

11may05sd_287_2

よく日、ちょっとだけ よくなった。

食べられるのは、

くだものと、食パンだった。

トレッキングは、

きのう するよていだったので、

チャンスは 今日だけ!!

はらいた なんかに まけてたまるか!!

ということで しゅっぱつ。

**

さいしょの もくてきちは、

ダンプス。

とちゅうまで、ドーモさんに車でおくってもらって、

しゅっぱつ。

11may05sd_259 

はりきって、のぼりはじめた。

すると、

のぼりはじめて 5分ぐらいすると、

ひかりちゃんが、

「おなか すいた。」と、

いいだして、あさごはん。

おもえば、きのう リンゴ2きれしか、

食べていないので、

おなかは すいているので、

また リンゴを食べることにした。

025

4きれ食べて のぼりはじめた。

すると、ひかりちゃんが、

「うんこする!」と 言いだした。

ガックリ。

**

あんまり ながいので、

ぼくと、たろうくんが、

さきに 行くことにした。

しかし、それも、ひげきになるのだ。

ふたりで いっても、だいじょうぶだと、

おもっていた。

ドーモさんが、

ずーっと おなじ道だと いっていたからだ。

それが、えらいこっちゃ!

ちょっと ひろいとこに、

わかれみちがー。

しかし、おんなじみちを いくのだから、

おんなじみちを、 あるいて行った。

**

すると、きゅうに

すごい おなかがすいてきた。

きのうは リンゴ3きれ、

今日は リンゴ4きれ。

ふつうの人では きぜつするくらいだ。

それが、しょくよく なかったから、

いままで だいじょうぶだったけど、

きゅうに ふつうの人にかわったのだ。

かんぜんに あるく力が なくなって、

はるちゃんたちを、まつことにした。

**

はるちゃんたちは、

ぼくたちと、1キロいじょうはなれて のぼっていたから、

20分くらいで くるとおもっていたが、

なんじゅっぷんたっても こないので、

わかれみちまで もどって、

まつことにした。

**

しんぱいだった。

**

たしかに、一本みちだと いっていたのに、、、。

たろうくんは、

「はるちゃんの ばかー!!」とか、

「はるちゃんの うそつきー!!」

なんてのも、いっていた。

**

だんだん、

じぶんたちのことも、しんぱいになってきた。

そこで、

おかしを うっている おじさんが、

はなしかけてきた。

ぜんぜん いみが わからない。

ネパールごと、えいごがまざっている。

さいしょ、ぼくは、

人さらいとかの、わるい人かと おもっていたので、

しらんぷりしていた。

しかし、

ぼくたちを、しんぱいしていると、

ぼくは おもった。

**

むずかしい、カンだ。

**

しかし、ぼくは まえにも、

そういうことで、たすかったことが あるので、

ためしに、いってみた。

まず、「5人。」と いった。

ぼくが おもうには、

「何人で きた?」と、

かれが 言ったと おもったからだ。

すると、「そうか。」という、

へんじっぽいのが、かえってきたのだ。

こんどは、

「なんで 2人なんだ?」と、

言ってきた ようだ。

これは あとでわかったことで、

このときは、わからなかった。

とりあえず ぼくは、

わかれみちの、かたっぽうのほうを、

ゆびさして、

「3人?」と きいてみた。

すると、

「うん!!」と、大きなへんじが。

**

ぼくと、たろうくんは、

「え~~~~~!!」と、

「なに~~~~??」を、

とぼけがおで、かおを みあわせ、

心の中で、言い合った。

しかも、その道は、

ネパールならでは!!というくらいの、

ものすごーい石の、

ものすごーーい急な かいだんが、

ずーーっと つづいているのだ。

11may05sd_261

**

この はらでは、とてものぼれないと おもった。

・・・・↑あたりまえやん。(タロウ)

しかし のぼらなければ!!

**

おかしやさんに おれいをいい、

ダメといわれていた ノリを食べて うえをしのいだ。

あたまの中では、

くやしさと、どうしようというきもち だけだった。

**

しかし、かいだんを のぼりはじめて、

すぐ 力つきた。

しかし、「いくぞ!!」と言い、

のぼりはじめる。

しかし、すぐ 力つきる。

しかし、「いくぞ!!」と言い、

ふたたび のぼりはじめる。

しかし 力つきる。

それを 何回も くりかえしながら、

のぼっていく。

だが、ついに、あきらめるか、

というくらい 力つきた。

なきそうに なった。

**

すると、上からおりてきた おばさんが、

こえを かけてきた。

「ダンプス?」と いってきた。

「うん。」と、いうと、

「こい!」と いってきた。

あんないして くれるらしい。

「やったー!」と おもい、あるいていった。

「たすかる」と おもうと、

げんきがでる。

どんどん のぼっていった。

すると、おばさんのほうが、

ハアハア 言っている。

だいじょうぶかな?と みていると、

こうたいだ。

つぎに あんないしてくれるのは、おにいさんだ。

やさしそうな おにいさんで、

しょうじきそうな 人だ。

あんしんして のぼっていった。

**

40分くらいのぼると、

おにいさんが、「ダンプス、ダンプス。」と

言っているので、

上がってみると、

そこには、 ゆみえちゃんと、ひかりちゃんが!!

    **つづく**

|

« 9歳、風歌の旅日記*ポカラ3 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*ポカラ5(トレッキング) »

9歳、風歌のネパール旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/29011890

この記事へのトラックバック一覧です: 9歳、風歌の旅日記*ポカラ4(トレッキング):

« 9歳、風歌の旅日記*ポカラ3 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*ポカラ5(トレッキング) »