« 9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村4 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村6 »

2009年2月15日 (日)

9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村5

11may05sd_547_2

*2月14日 つづき*

その つまらなさを ふきとばしたのが、

およめさんたちが きたことだ。

**

ウンコをし、

「ふー、すっきりしたーー。」と、おもうと、

子供が ぜんそくりょくで、 はしっていった。

「なにかなーー。」と おもいながら しばらくすると、

ものすごい おんがくの おとをたてて、

ものすごい ボロで、

ものすごい かざりをつけ、

ものすごい 人がのった、バスがきた。

しかも、なんにもない 川原を!!

11may05sd_435_2

あまりのすごさに あっけにとられていると、

「わー!!」

また、子供が 川のほうへ かけだした。

ぼくも かけだした。

すごいいっぱい人が のっている。

しかも、バスのやねには おおきなにもつが(というか、ガラクタ。)いっぱい。

「あんな ボロいバスで、

よく ガタガタのみちを これたなー。」と おもった。

それは ゆみえちゃんや はるちゃんも いっていた。

「やっと きたなー。」とも ぼくは おもった。

11may05sd_436

11may05sd_437_3

11may05sd_438

11may05sd_439_2

**

みんな はなよめをみようと、

くびを ながくしていた。

**

なかなか はなよめと はなむこは でてこない。

はなよめの おかあさんやら しんせきやらで、

なかなか でてこなかった。

**

まるで ライブを見ているようにして 見ていた。

**

30人くらいでて、やっとバスから でてきた。

がっ、ざんねんなことに 

はなよめは きれいなぬので かおをかくして、

ぜんぜん 見えない。

はっきりとは 見えないが、ないているように 見えた。

「なんで ないてんのー?」と きくと、

たぶん かぞくとわかれるのが かなしいのだろう と、いっていた。

**

およめさんと おむこさんは、

ゆっくり かみさまのいえに はいっていった。

11may05sd_442

ここは、おむこさんと、およめさんと、子供だけ はいるとこだ。

(このとき だけだった。)

そして、そこで、大きな ホウキのようなもので、

ばっさばっさと やねを たたいていた。

わけは わからなかったが、

これが ネパールのやりかたかーっ。と おもった。

つぎは、おむかえの おねえさんたちに、

はなと 水を かけてもらいながら、

もう一つの かみさまの いえに いくのだ。

11may05sd_441

11may05sd_444

その部屋で やっと およめさんのかおが 見えた。

11may05sd_446

**

さて、そろそろ 夕がたに なってきたので、

かえることにした。

11may05sd_452

また ながーーいこと あるかなくては いけない。

でも、カンチュウさんの ともだちが、

道を おしえてくれたおかげで、そんなにあるかないですんだ。

**つづく**

11may05sd_449

|

« 9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村4 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村6 »

9歳、風歌のネパール旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/29312368

この記事へのトラックバック一覧です: 9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村5:

« 9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村4 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*チョウダリの村6 »