« 9才、風歌の旅日記*チョウダリの村→ポカラへ。 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*再びポカラ2 »

2009年2月22日 (日)

9歳、風歌の旅日記*再びポカラ1

Img_2652

*2月22日 つづき*

11時間 バスにのり、ポカラにつくと、

ホテルよりさきに、ももたろうにいった。

ぼくは ももたろうのりょうりを たのしみにしていたが、

はるちゃんが あかんというので、ごはんしかたべなかった。

それと、アマとミラがつくってくれた、

こめのこなで できた、ぼうのようなかたちの だんごを、

ももたろうで はたらいている、

チョウダリぞくの コックさんにあげると、

すごい よろこんでくれた。

**

ホテルにかえると、

シカが きれいなパンジャビドレスをきて、

テイカを つけていた。

Img_2649

きくと、シバラトリーという おまつりだった。

シバラトリーとは、さとうきびを 

いっぱいおてらに もっていって やいたりして みんなでたべるのだ。

ぼくも テイカを してもらった。

**

それと、日本人の まっちゃんという人と、

すごーいともだちになった。

まっちゃんは、よく おくじょうにいて、くるりを よく きいていた。

ぼくも、くるりが だいすきだったので、そのことで、ともだちになったのだ。

それと、れきしも まっちゃんが すきだったので、

ますます なかよしになった。

Img_2660

**

よるは、 スパゲッテイを たべにいった。

スパゲッテイを たべたかえり、

おてらのほうが にぎやかなので、いってみると、

シバラトリーを やっていた。

**

ぼくと たろうは つかれていたので、かえりたかったが、

いちおう 見てみると、

うわっ!

こりゃ かえれない!

**

おじさんたちの おんがくにあわせて、

女の人が すごいおどりを していた。

そのおどりを おどっている人は、

きを うしなっているようだ。

きが くるっているようだ。

こまのように まわっているので、目がまわっているようだが、

おんがくに とりつかれて いるのだ。

**

日本では こんなことをしたら、

けいさつに つかまるような おどりだった。

**

Img_2673

|

« 9才、風歌の旅日記*チョウダリの村→ポカラへ。 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*再びポカラ2 »

9歳、風歌のネパール旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/29729459

この記事へのトラックバック一覧です: 9歳、風歌の旅日記*再びポカラ1:

« 9才、風歌の旅日記*チョウダリの村→ポカラへ。 | トップページ | 9歳、風歌の旅日記*再びポカラ2 »