« 風日和 | トップページ | 雨ふりの夜に。 »

2009年6月10日 (水)

風歌の旅日記が終わりました。

Ame_007

風歌の旅日記が、終わりました。

そもそも、はるやのブログを始めたのは、

1月の終りから、3月のはじめまで、

3歳の光、5歳の太郎、9歳の風歌と、わたし、夫ハルフミと、

それぞれがバックパックを背負って旅した、ネパールの お土産話を、

縁のある人たちに、聞いて欲しいな、写真も見て欲しいなと 思ったのがきっかけで、

それも、PCの師匠T氏の、強~~い 後押しがあったからこそ、

こうやって、まずは、風歌の旅日記をアップしていくことを 始めたのでした。

(T氏 感謝してまーっす。)

013_2

風歌は、ある時は、ノリノリで、

ある時は、見るからに 面倒臭そうに、気の無いかんじで、

だけど、旅の最後まで、なんとか書きました。

生まれて初めての、日記でした。(正確に言うと、思い出し日記ですが。)

自分で思ったことを、経験したことを、

文章にするという行為自体、初めてだったと思います。

でも、これが、やってみたら、

わが子のものだからかも知れないけれど、

案外 面白かったんです。

学校へ行かないので、国語の授業など受けたことがないのに、

いつの間にやら、文章力やら表現力がついていたのに、驚かされました。

毎晩、風歌が寝た後に、

「今日は、どんなふうに、書いたんかな~?」

と、彼のスケッチブックを 開けるのが ひそかな楽しみでした。

後半は、下痢やら嘔吐の話ばっかりで、

なんとも、いたいたしく、

もうネパールなんか、行きたくないんちゃうかなと思ったけれど、

帰国して、しばらくすると、

「また 行こか!」というかんじに なってました。(良かった!)

ダルスープもカレーも、食べてます。

でも、いつまでも、

こうやって、親の行くところに、

ほいほいついて来るってことも無いやろな。

いつかは、「ぼくは そんなとこ行きたくないわ。」「留守番するし。」な~んんて、

言い出すときも、そんな遠い日のことではないだろうな。

なんて、思います。

だからこそ、

今年も、3人のちびっこと共に、

おんぶや抱っこしなくちゃならなかったり、おねしょされたり、喧嘩したり、

迷子になったり、←これは気をつけなければ!(笑)

ドタバタの子連れバックパッカーができたことは、

わたしにとって、幸せな経験でした。

017

それは、これまで、一人やパートナーと共に旅してきたときとは、

まったく違った、世界です。

・・・・ということで、

次は、ぼちぼちと、わたしの思い出し日記を、

アップしていこうと思っています。

007

*************************

追伸*文中の絵は 、太郎くんが、ネパールで描いたものです。

    太郎くんは、思い立ったら、ろうそくやヘッドランプの明かりをたよりにしてまで、

    夢中になって、絵を描いておりました。

    そして、ネパールにいるあいだに、ひらがなも書けるようになりました。

    

|

« 風日和 | トップページ | 雨ふりの夜に。 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/30032856

この記事へのトラックバック一覧です: 風歌の旅日記が終わりました。:

« 風日和 | トップページ | 雨ふりの夜に。 »