« ネパール子連れ旅思い出し日記*おくりもの・1 | トップページ | ネパール子連れ旅思い出し日記*さよならヒマラヤ! »

2009年7月 1日 (水)

ネパール子連れ旅思い出し日記*おくりもの・2

11may05sd_304

2月11日 つづき

雲が、むこう側へ、
勢い良く 吸い込まれるように、
どんどんと流れてゆき、
雨が止んだ!
そして、
ここへ来て、一度も姿を現さなかったヒマラヤが、
姿を現しはじめた。

11may05sd_305

それも、目の高さと同じところに!
すごい!!
やったあ!!

子供たち、外へ躍り出て、跳ねて、
喜び合う!

やった!
やった!

そら走れ!走れ!走れ!走れ!
べちょべちょの土の上。
馬の背のような尾根を走り、
岬のように突き出したところの、
先端まで、
声を上げながら辿りつく。

雲の切れ間から、
荘厳なヒマラヤが、姿を現している。

11may05sd_306

すごい!
すごい!

子供たちが、興奮している。
飛行機に乗ったときよりも、
象に乗ったときよりも、
ワニを見たときよりも、
喜び、駆け回っている。
笑顔が、はちきれている。

11may05sd_308

ただ、そこにあるだけの、白く輝く山々が、
こんなにも、この子たちの気持ちを 躍らせるものなのか。

11may05sd_300

土ぼこりを被っていた、木々や草花たちは、
すっかり、嵐で、浄化されて、
すべてが、生まれ変わったように、
つややかに、光輝いている。

11may05sd_322

木々の葉っぱや、
草花が、雫を滴らせ、潤っている。
私の身体まで、
みずみずしく、潤ってくるようだ。
ああ、最高の気分。

空も雲も、よりクリアになり、
空気もすがすがしい。

なにもかもが、完璧だ。

昨晩、「この旅を続けてゆく意味があるのかどうか」
なんて、考えていたが、
答えは、ここにあるじゃない!

子供たちの、ピカピカの笑顔。
この大自然の奇跡のようなドラマに、感動する姿。
飛び回り、駆け回って 喜ぶ姿。

こんな おチビさんたち、
ほんとうに よくがんばったなあ!
あんたら、すごいよ。

11may05sd_313

私の手のひらに、何かがコトリと落ちてくる。
かけがえのない、宝石のような何か。
神様からの、贈り物。
みんなの中にも、コトリと落ちてきたはず。

11may05sd_310

ああ、良かった!
ネパールに来て!
私たちは、なんて尊い経験をしているのだろう。
人生って最高!

つづく。

11may05sd_328








|

« ネパール子連れ旅思い出し日記*おくりもの・1 | トップページ | ネパール子連れ旅思い出し日記*さよならヒマラヤ! »

ネパール子連れ旅*思い出し日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/30362080

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール子連れ旅思い出し日記*おくりもの・2:

« ネパール子連れ旅思い出し日記*おくりもの・1 | トップページ | ネパール子連れ旅思い出し日記*さよならヒマラヤ! »