« ネパール子連れ旅思い出し日記:村の暮らし1 | トップページ | ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし3 »

2009年7月 6日 (月)

ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし2

2月15日

今日は、朝から風がよく吹いている。
風に吹かれながら、どういうわけか、南インドを思い出して、
なんとも懐かしい気持ちに包まれる。
大陸からの風なのか・・・・・。

風歌と太郎は、
ここのファミリーの子供たち、
アリナや サローズたちに、誘われて、
家畜の餌にする、草を刈りに出かけた。

長い間帰って来ないので、
風に誘われるように、
ふらりふらりと、家の敷地を抜けて行くと、
一面の、青い麦畑!

11may05sd_420

艶々と、心地よい風に波立っている。
そして、ダル用の豆畑、コリアンダー畑、オイル用の青いお花畑。
どこまでも、どこまでも、豊かに広がっている。

11may05sd_451

貧しいカーストの村だと聞いていたが、
こんなにも、豊かではないか。
なんと、豊穣な村なんだろう!

麦畑の中で、
風の中、子供たちが、草を刈っている姿が、
見え隠れしている。

11may05sd_494

草の中にしゃがみこんで、せっせと作業している。
作物の中に、混生している雑草だけを、
刈り取るようだ。

11may05sd_495

少しでも多く刈り取っておこうという気持ちが、
サローズの 熱心な働きぶりから、伝わってくる。

11may05sd_521

笑いながらでも、真剣だ。
生き生きと働いている、彼らの伸びやかな肢体、
その無駄の無い動きが、
美しいなあと思う。

一方、いきなり、慣れぬ作業と、
強い日差しで、風歌も太郎も、バテていたが、
翌日からも、
ちょくちょく、2人は、
この仕事のお供をすることになった。
(ちゃんと、働いているかどうかは、知らないけど。)

11may05sd_472

時間がくると、
「フータ! タロウ! グラース!」(草刈りに行くでー!)
と、お声がかかり、
時には、楽しそうに、
時には、しぶしぶと、お姉さまたちの後を、
連いて行っておりました。

11may05sd_498




|

« ネパール子連れ旅思い出し日記:村の暮らし1 | トップページ | ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし3 »

ネパール子連れ旅*思い出し日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/30437396

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし2:

« ネパール子連れ旅思い出し日記:村の暮らし1 | トップページ | ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし3 »