« ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし3 | トップページ | はるや通信*手づくり市他。 »

2009年7月 9日 (木)

ネパール子連れ旅思い出し日記*村の娘たち。

11may05sd_395

娘たちは、よく働く。
朝暗いうちから、
キーコキーコと、井戸のポンプを押す音が聞こえる。
洗い物、掃き掃除、食事の支度、野良仕事。
パンジャビドレスの裾をひらひらさせて、、
さっそうと動き回っている。

手伝いというより、
どの仕事も、しっかりと板についているので、
小さなお母さんが、何人もいるみたいだ。

私たちが居候していた この家には、
ミラ、スニタ、パシュパテイとう、3人の可愛い娘さんがいた。
パシュパテイは、従姉妹になるらしいが、
ずっと、この家に住んでいる。
他にも、兄妹は、いっぱいいるようだけど、
お嫁に行ったり、
出稼ぎ中だったりするので、
今、ここで暮らしている子供たちは、
彼女たち3人と、
末っ子の男の子サローズだけである。
女の子でまわっているような家族だ。

一番年長のミラは、22歳。
15歳くらいで、親が決めたところへ嫁に行かされる
というパターンが多い、
ネパールにしては、
村で22歳で、独身とは、珍しいのではなかろうか。
もう、いつでも、お母さんになれそうなくらい、
しっかりして、落ち着いていて、
母性もいっぱい備わっていそうな、
頼もしい、ミラ。
転ぶか何かして、べそかいた光ちゃんを、
抱き寄せて、上手に機嫌をとってくれるミラ。

(↓泣きべそ顔だったのが、
  ミラのおかげで、だんだんと立ち直ってゆく光ちゃん。)

Img_2597

Img_2598

Img_2599

忙しいアマに代わって、
さっと おやつを用意して、
3兄弟に、食べさせてくれるミラ。

いつか、ミラの結婚式に、
私たち、またやって来るからね!と、約束している。

スニタは、エキゾチックな顔立ちの、
キリリとした女の子。

Img_2636

彼女が、ブバ(お父さん)の、
小さな売店の店番をしている時は、
年頃の男の子たちが、群がっていたなあ。

Img_2604

スニタとは対照的な、
柔らかい雰囲気の、パシュパテイ。
3兄弟の<毛づくろい>を、よくしてくれてたな。

11may05sd_587

11may05sd_585

スニタだけじゃなくって、
お姉さんたちみんな、
3兄弟の頭を ネパールの少年みたいに
7・3分け(?)にセットするの、
好きだったなあ。
以外にも風歌は この髪型が、
サッカーの○○選手みたいだと、お気に入りだったな。

Img_2639


パシュパテイも、スニタも、
毎日、家畜の餌の草刈りを、
本当によくがんばっていた。
ここでは 当たり前のことなのだろうけれど、
日本で、この年頃の子たちが、
野良仕事をしている姿なんて、まず見られないから、
感心してしまうのである。

11may05sd_579

すぐ裏の親戚の娘アリナは、
天真爛漫で、自由奔放。

11may05sd_480

悪く言えば、わがままで意地悪。
太郎くんを、からかって、
大喧嘩になったことが何度かあった。
私も意地悪されて、
本気で怒ったことがあった。
どうしたら、
こんな子に育つのだろうかと、思うくらい、
個性的だった。
それでも、弟のアルピンの子守も、
家の仕事も、ちゃんとこなしていた。

11may05sd_546

さらに、この家の子らのほかに、
常に、何人かの女の子たちが出入りしている。

11may05sd_528

その子たちも、
気ままに、訪ねて来ては、
井戸で洗い物をしてくれて帰ったり、
連れ立って、家畜の餌を採りに行ったり、
川へ洗濯や水浴びに行ったり
薪を切り出しに行ったり。

11may05sd_496

小さな女の子も、年頃の娘さんも皆、
働くときも、遊ぶときも、
テローンとしたパンジャビドレスを着て、
身体の一部のように、
肌身離さず、長いスカーフを肩にかけていた。

11may05sd_550

この格好だと、
野良仕事をしていても、
薪を担いでいても、
なんだか、エレガントに見える。
日本だったら、
もんぺに、手ぬぐいを姉さん被りってところかなあ。
(えらい 違いやなあ。)

11may05sd_554


そんな彼女たちは、
学校が休みの日には、
(一応、学校に通っているようだ。)
連れ立って、川へ水浴びと、洗濯に行く。
強い日差しの下、キラキラと川面が光っている水辺で、
お互いに、長い美しい髪を ていねいに梳きあって、
シャンプーや石鹸を、たっぷり使って、
上から下まで、きれいに、洗っていた。
肌を見せないように身体を洗い、
服をすっかり着替えてしまう、技を持っているのだ。
インドの美しい細密画の、
1シーンのように、それは、絵になる光景だった。
川の流れのように、
時間も ゆったりと流れていった。

11may05sd_537












|

« ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし3 | トップページ | はるや通信*手づくり市他。 »

ネパール子連れ旅*思い出し日記」カテゴリの記事

コメント

みんな美しいね。
キレイ。
眩しいくらいに輝いている~。

投稿: ハチヨコ | 2009年7月10日 (金) 20時22分

そうやろ~~~。
みんな、みんな、キレイな子ばっかりやったで~~~!!

だけど、そのうち、
親が決めたところへ、
お嫁に行かされるんかなあ・・・・。

みんな、今の笑顔のまま、
大人になって欲しいなあ。

投稿: yumie | 2009年7月10日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/30480086

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール子連れ旅思い出し日記*村の娘たち。:

« ネパール子連れ旅思い出し日記*村の暮らし3 | トップページ | はるや通信*手づくり市他。 »