« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の8件の記事

2009年9月25日 (金)

パスカルズがやって来る!

こんばんは@はるや@ゆみえ@BCC通信です。

52_004
(まだ 泳ぐんか~~。)

ベジフェスのお知らせに次いで、
次は、楽しい音楽のイベントのお知らせです。
これから忙しくなるので、余裕のあるうちに、お知らせしとかなきゃ!

*****************************

~笑っちゃうけど、ぐっとくる。パスカルズがやって来る!!~

いつ?10月10日 会場open12:00   パスカルズのライブ開演15:30

どこ?甲賀氏 碧水ホール   ℡0748-63-2006  甲賀市水口町5671番地

前売り*2800円  当日*3300円  →お問い合わせ 0748-82-2915 玉崎まで。

♪おもちゃの音なども ちりばめたパスカルズの音楽は、

 でっかくて自由、大きな雲のようにフワフワ。

 愉快で楽しくて だけどなんとなく哀愁もある、不思議なパスカルズワールドを 是非経験してみてください!

♪出演者 ロケットマツ あかね 知久寿焼 石川浩司 他 総勢14名の大所帯の音楽集団。

☆あじあんマーケット 

 12:00~  ちょこっと早めに来てラッキー!

 パスカルズのライブが始るまでの、ひとときを、是非お楽しみください。

  *まず腹ごしらえ。こだわりの食べ物や。

 *アーテイストによる 手づくり作品の展示と販売

 *ミニライブと、パフォーマンスなどなど。

*****************************************************

このイベントは、はるやの大好きな、

信楽に住む、お母ちゃんを中心の仲間たちの企画です。

娘時代(?)から、パスカルズが大好きで、

毎日の暮らしに追われる、お母ちゃんになった今も、

やっぱり、おもろいことは、やめられまへん。

みんなで、楽しい一日となるように、

知恵と力を出し合って、準備を進めております。

そして、ただコンサートを開くだけでは 物足りない。

陶芸家、布作家、絵本作家、パン焼き名人、染色家、、、、

それぞれ、母ちゃん稼業の傍ら、すばらしい特技(プロですが。)も、持ってるんやから、

みんなにお披露目してマーケットも開こう!

ついでに、空いている時間に、ライブもしちゃおう!

というわけで、何でもありの、楽しいお祭りのようなイベントに、

今回も、なるはずです。(前回も、楽しかったもんね!)

はるやも、出店しますが、

なんと、今回は、ライブもやります!えへへ。

これまた、こんな美しいホールの、ロビーでやらせてもらうなんて、

初めての体験です。

店の道具と、楽器を、あのはるや号に詰め込んで、(全部入るのだろうか?)行ってまいります。

キヨシローとも、組んだことがある、

ロケットマツさんの前で、

もしかしたら、キヨシローの歌を演奏することになるかも。(がんばるぞー。)

全然練習してませんが・・・。

みなさん、食べ物部門と、ライブ部門と、両刀使いで、がんばるはるやを、

どうぞ、よろしく。

**

ところで、先日、くるり好きのわが子たちとともに、

京都音楽博覧会へ行ってまいりました。

矢野顕子や、ボガンボスや、奥田民生、ふちがみとふなと、、

みんな、はるやの好きなアーテイストだったんですが、

何が、一番すごかったって、石川さゆりさんが、すばらしかったです。

あの「津軽海峡冬景色」の、ど迫力に圧倒されました。

それは、もう会場にいた若者たちみんな、どよめいていました!

ほんと、すごかったです。ノックアウトされました。

歌唱力といい、立ち居振る舞いといい、表情といい、

何年もかけて、鍛えぬき、洗練された 美しさでした。

いやあ、まいった。まいった。

くるりも、あのイチローも、大ファンなんだそうですよ。

初めての「フェス」体験でしたが、

滅多にない、地下鉄などを使ってのお出かけなので、

「みんなー、今日は街に出るから、着替えて、きれいな服着てやー!」

と呼びかけたのですが、

「そんなもん あるか!」といったかんじで、

いつもの 穴あきボロ服を 来て、みんな澄ましているので、

これはあかんと、出発前にあせった母ちゃんは、

子供たちの、引き出しを探したのですが、まともな服など一枚もありませんでした。(ガーン。)

とりあえず、カラーを揃えたら、なんとなくまとまるかなあと、

デッドヘッズバージョンにしました。(かなりボロボロのTシャツです。)

2009_0922_091409aa
(父ちゃんは、よれよれのゴム草履でした。)

ちなみに、母ちゃんはもちろんキモノです。

黒っぽい銘仙に、母の染めた藍の半襟。帯はオレンジ系。(キモノが気持ちいい季節になったわ。)

そして、山のようなおにぎりと、おかゆパンと、水を、それぞれのリュックに詰め込み、

とても、「フェス」に行くとは思えないような、大荷物で、

出かけました。(なんで、私たちってこうなるの?)

**

今日は、例の5兄弟、メンバーチェンジして、

52_007
(捕まえた小魚を焼いて おやつにする、狩猟採集の日々。)

52_011
(夜は、延々と、風歌の絵本の朗読。)

福知山の 父ちゃん母ちゃんのところへ移動しました。

だから、我が家には光ちゃんが一人っ子状態です。

なんとなく、開放感に浸っております、母ちゃんでした。

(さっき、父ちゃんとおやつ食べたもんねー。へへへ。)

では、おやすみなさーい。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

ベジタリアンフェステイバルのお知らせ

はるや@ベジタリアンフェステイバルのお知らせ

001

こんばんは。はるや@ゆみえ@BCC通信です。

すっかり秋らしい気候となり、
子供たちの遊びの場は、川からお山へと移っていっております。

006

007

只今、我が家は、はるや3兄弟+親友の2兄弟で、5兄弟状態ですが、

(この頃、訪問者が絶えず、にぎやかな連休でした。)

明日は、裏の雑木の山を探検すると張り切っております。

2009_0923_122935aa

山水人のめくるめく、日々が過ぎ、

005_2

(最後まで残った、山水人ブラザーズ。)

延々と続くかのように思われた、
後片付け・・・・・テントとか寝袋とか、台所道具一式とか、なんやかんや・・・。
も、なんとか、それぞれの箇所へ納まり、
そろそろ、
10月の、仕事に向けて、準備をしなければ・・・というかんじですが、

とりあえずは、10月1日は、「いちにち商店街」に出店しますので、
どうぞ、お近くの方、遊びに来てくださいね。

そして、10月4日は、いよいよ「ベジタリアンフェステイバル」です。

簡単な案内を載せますが、

詳しくは、コチラで、ご確認下さいね!→http://www.vegetarianfestival.jp/index.html
************************************************************

いつ?10月4日 10時~17時まで。

どこ?左京区 岡崎公園

どんな?「ベジタリアン」をキーワードに、心や身体のこと、平和のこと、人や動物の命のこと、環境のこと、産業のこと、
    未来のこと、考えてみよう。

    世界のベジタリアン料理の出店。もちろん、はるやも出店します。
    NPO、NGO、市民団体によるパネル展示、活動報告などの 学びのエリア。
    有機野菜、お茶などの販売。
    オーガニックコットンやヘンプ衣料など、自然と調和した衣料の販売。
    地球環境に配慮した、コスメや石鹸など。
    アロマセラピー、ホメオパシー、
    マッサージ、整体、指圧などの癒しのブース。

    アーテイストたちによる、音楽やパフォーマンス。

********************************************************************

先日、ある雑誌で、
世界各国の家族を、一週間分の食料とともに撮影した写真が紹介されていました。
発展途上国と呼ばれている、
アジアや、南米、アフリカの家族たちは、
そのまんまの野菜や穀物、果物に囲まれて、写っていましたが、
先進国と呼ばれている、
アメリカを始め、ヨーロッパや、オーストラリアなどの国の家族たちは、
とにかく、パックのもの、瓶詰め、缶詰のもの、冷凍食品、
そして、肉、肉、肉、肉、、、肉の塊、、、でした。
野菜は、どこ?
よーく探さなければ、わからいくらいに、ほんの少しでした。
しかも、食費が、4~5万円です!
その食品の多さにしても、食費の高さにしても、
一週間でそんなに消費するとは、うちでは、考えられないです。

2009_0921_124844aa
(↑粗食を、いつも うまそーに食べてくれる風歌くん。)

ええっ?一ヶ月の間違いでは??
と思ったのですが、
実際、そんなところが、相場のようです。びっくり。
みんな、金持ちやなあ。

013
(↑唐辛子を焼いて醤油に漬けるだけで、美味しい。)

005

003
(↑野菜やら、穀物100パーセントでも、毎日美味しく暮らしています。)

しかし、その肉の量にもびっくりです。
その肉の背後には、膨大な量の、穀物の飼料や、水や、電力が消費されていることでしょう。
(家畜の飼料となる穀物が、飢えで苦しんでいる人たちへとまわしてゆけたら、どんなに沢山の人たちが救われるでしょう。)
さらに、パックや缶やビンなど、これらすべてゴミになると思うと、これまたびっくりです。
一週間で、これだけのゴミ!

世界では、約10億2千万人が栄養不足だと言われていますが、
なんと、16億人が太りすぎ、4億人が肥満とされているそうです。
また、日本全体の食品廃棄物(可食部分)の量が、
約5百万~9百万トンにもなるんだそうですが、
一方では、世界の食糧援助量は、約600万なんだそうですよ。
食べ残されてゴミとなる食べ物と、
飢えている人たちに、援助されている食べ物が、皮肉にもほぼ同量なんですね。
食べ物が沢山余って、ゴミとなるところもあれば、
最低限の援助を受けて、なんとか命をつないでいる人たちもいるわけです。
地球上の、食べ物が、無駄にされることなく、
すべての人たちのところへ、ちゃんと巡ってゆけば、
飢餓というものは、この世から無くなる可能性もあるのかも知れません。
先進国に住む、一人ひとりのライフスタイルと、意識が変わってゆけば・・・。
食べ物は、じゅうぶん、あるにはあるのですから。正しく分配されていないだけで。

なーーんちゃって、
なんだか毎年、このベジフェスのたびに、
食べ物について、はるや通信に長々と書いてましたね。
はるやが、かつて京都で菜食の店をしていたのも、
田舎へ移ったのも、
そして、思い起こせば、ホームスクーリングしているのも、
すべて、「食」から始ったことです。
(当初は、輸入品や冷凍食品、加工品などを沢山使用している学校給食がどうしても、受け入れられなかったのですが、
今は、それだけではなく、もっと根本的に大切なものが、現在の学校教育には欠けていると感じることがあります。)

ああ、それともう一つ。
世の中はおかしいなあと思うことに、
酒井のりこさんの事件のように、薬物ダメ、身体を蝕む悪いモノ!と、
えらい国はこの頃うるさいですが、
なんで、危険な殺虫剤やら農薬やら、あらゆる食品添加物やら、
シャンプーや石鹸などに使われる様々なケミカルなもの、、、、、。
を、許可しているんでしょうかねえ。
じわじわと、身体は確実に 蝕まれていると思います。
そんな毒の入ったもんに、お金をかけるのもアホらしいし、
食費に、週に4万も5万もかけるなんて、アホらしいです。
わけのわからん飼料や薬品で育った肉や、加工品に、
汗水垂らして働いて得たお金を払うよりは、
汗水垂らして、自分の食べるものを作るというシンプルな暮らしの方が、
楽しそうに思います。

というわけで、長々とすみません。
5兄弟たちも、すったもんだの大騒ぎの末、
思い思いの、格好で、お休みになりました。
みんな、天使の顔してます。

では、みなさんも、お休みなさい。

5_003_2


あっ、そうそう、ベジフェスではるやは、いつも早々と売り切れてしまうので(自慢じゃないけど。)、
午前中のうちに、みんな来てね!







| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

あっ・・・・・!

あっ・・・・・!

鹿山くんでは・・・・・?

002

ありませんでした。
(角が、立派過ぎました。)

003

風歌くん、その角、欲しいんやろ~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

はるやの秋の予定

004

秋晴れの、心地よい風の中、
太郎くんは、さっきから何やら がんばっております。

001

鉈を 器用に扱って、
ひたすら 桜の木のチップを作っているのです。

山水人で、Mちゃんが作っていた、
鮭の燻製が、とーーーーっても美味しかったらしく、
帰ってからも、
「燻製作る、燻製作る」と うるさいので、
昨日父ちゃんが、
京都の実家の冷凍庫(←何やかんやと、ぎょうさん入ってますねん。)をアサって、
鮭をゲットしてきました。(大丈夫かいな??)

そして、鮭の燻製を食べたい一心で、
さっきから、ずーーーっと頑張っているのであります。

そして、見よう見まねで、やってみたのですが、
どうも、うまくいかず、
結局、煙の香りが付いた、
野菜と鮭の蒸し焼きとなりました。
太郎くん、無念(*≧m≦*)
Mちゃん、また指南してねーー!

004_2

さて、はるやの この後しばらくの予定をお知らせします。

*風曜日にようこそ~月のてんらん会~ 

 9月26日~10月2日 11:00~17:00

 場所:大津市仰の里東7-9-17 椿野さんち。077-573-4154

 月をモチーフにした作品いろいろ・・・・ひょうたんの明かり、陶の月見飾り、ちりめん細工の
  月乗り童子、はがき、器いろいろ、粘土のうさぎ、染め布のバッグなど。

 はるやは、おやつセット等を、置かせてもらっています。


*いちにち商店街~必要なものが、必要なところに、届きますように。
             こころのお財布が にっこり笑いますように。
 10月1日

 場所:下鴨亭 左京区蓼倉町68-1

     問い合わせ 090-9214-4782 ナカムラまで。

  パン屋、自然食品店、カフェ、手づくりジャム屋、メキシコ雑貨屋、布雑貨屋、和紙屋、
  ケーキ屋、陶器屋、リサイクルショップ、和菓子屋、木の道具屋など色々。

  10月のいちにち商店街では・・・

   「アートセラピー」 の グループワーク

   「ちくちく教室」 産着を作ろう

*ベジタリアンフェステイバル2009

 10月4日 10:00~17:00

 場所:平安神宮前 岡崎公園

 地球環境や生き物たち配慮した、心と身体に優しい、ヘルシーなライフスタイルを、あな
 たも、始めませんか?キーワードはベジタリアンです。

*Pascals コンサート

 ~笑っちゃうけど、グっとくる。
  そんな パスカルズがやってくる!!

 10月10日 15:30スタート

 甲賀市碧水ホール  0747-63-2006

 滋賀県甲賀市水口町水口5671番地

 前売り2800円 当日3300円  

 問い合わせ 0748-82-2915玉崎まで。

 あじあんマーケット

 同会場ロビー12:00から、こだわりの食べ物、見にライブなど。
 →なんと、はるやバンドも、出演しまーーす!!

*知恩時手づくり市

 いつもの手づくり市です。よろしくね。


**********************************

というわけで、
しばらくは、大忙しの はるやであります。


*おまけ*

本日の鹿山くん。
なんと、初めての、くつろぎのポーズ。
以前は、ビクビクしていたのに、
今じゃ、こうやって、
私たちのこと、ゆったりと、眺めております。

005

               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

ハマると、こうなります。

映画「ロード オブ ザ リング」を 観たのは、
もうずいぶん、前のことですが、
それ以来、子供たちの 頭の中には、
あの映画の世界が、広がっております。
未だに・・・。

たとえば・・・・・・。

映画に出てくる城を、作ってみる・・・・。

004

毎日、毎日・・・・・。

022_2

005


積み木一つ、一つを、
槍隊や、弓矢隊にして、
 敵と見方、二手に分けて、
美しく整列させては、戦わせてみる。

風歌と太郎くんの間に、
なんとなく ルールができあがって、
いつの間にかゲームになってくる。

ああ、これって、
チェスや、碁や将棋の 原型かも?


003

**

架空の国を作り、
その国の旗のデザインを 考える。
(風歌は、この青い鳥をもとに、旗を作っていた。)

014

**

物語の中の世界地図を 描く。

012_2

この後、風歌は、
この地図と、得意の戦国時代の日本地図を合体させた図を描き、
織田軍が、モルドールを攻めたり、なんとかかんとか、
話を膨らませていた。

**

映画の登場人物の、肖像画を描く。(まだ途中。)

この時、風歌は生まれて初めて絵の具を使った。
使い方も、要領も何も教えなかったけど、
上手に描いていて、びっくり。

028

**

難しい原作を、読んでみる。

002

**

弓矢の名人エルフのレゴラスに憧れて、
弓矢を作る。
射る。

009

**

鉄を熱し、武器を作る、
迫力のあるシーンに憧れて・・・・。

やってみる。

火を起こし、
鉈を、くべて、
真っ赤になるまで、熱したところを、
かなづちで、カーン、カーンと叩き、
バケツの水に、ジャっと つける。

006

いつまでも、いつまでも。
何度も、何度も、やってみる。

007

日が暮れても、何度も。何度も。
1時間でも、2時間でも、3時間でも・・・・。

022

次の日も、やってみる。

025

**

そう言えば、
今年の、はるや号の、片面も、
ロードオブザリングを もとにした絵でした。

006_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

山水人から帰ってきました。

昨日、帰ってきました。
(長かった、キャンプ生活が終わりました。)

帰ってきて、すぐに、
風歌は、
架空の、野球大会のトーナメント表の作成に取り組んでいました。

019_2
 
実在の高校と、ドカベンに出てくる高校とミックスして、
私情が、入らぬように、公平なくじ引きをしながら、
定規で、長さも揃えて、
丁寧に、丁寧に、書いていってます。
得点をつけて、
決勝戦が、延長戦となった場合のみ、
なぜか解説文も書いています。
こんなことして、どこが楽しいのでしょうか??
新聞や、ドカベンの漫画に出てくる、
あの、 直線的なトーナメント表に、
この人は「美」を感じるのでしょうか??
すごい集中力で、やっています。

一方、太郎先生は、
何を思ったのか、
オブジェを作っております。

014

思うように、角が立たないと、
泣きながらも!
あきらめずに、自分に「OK」が出るまで、
がんばっております。

011


二人とも、あんなに楽しんでいた山水人の祭りなんて、
無かったかのように、
それぞれ、夢中でやっておりました。

鹿山くんも、さっそく 訪ねてきました。
今回、鹿は、
興奮すると、お尻の真っ白な毛が、
逆立って、外側にぱっと開くことを、発見。

022


母ちゃんは、2日目の今日も、
疲れと寝不足で、(手づくり市の仕込みもあったしなあ。)
ゴロゴロしていたのですが、
その間に、
光ちゃんが、
「ズボンが無い~~~。」と、泣けば、
風歌が、探して着せてくれ、
「おにぎりが 食べたい~~~。」と、言えば、
太郎くんが、海苔もつけて、握ってくれていたようです。
いやあ、
助かります。
おかげで、昼寝ができました。

雨降りだったので、
映画会もしました。
「ポニョ」を観ました。

観始めは、いつもみなさん きっちり正座してはります。

021_2


家の中は、
キャンプから持ち帰ったものが、
あちこちに、置いたままで、
まだろくに、片付けもできていません。

明日は、山へもう一度上がって、
テントを畳んだり、テーブルや椅子を運んだり、
撤収してこなければ・・・。

う~~~ん。復旧まで、まだ時間がかかりそうです。

003

↑ 山水人にて。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

知恩時手づくり市のお知らせ。

こんばんは@はるや@ゆみえ@BCC通信です。

肌寒くなってきました、山のふもと。
毎晩お月様がきれいですが、
今宵は、どうかな~?

明日から、再び山へ上がり、山水人の祭りで出店です。

013

(↑みんな、兄弟みたいやな~。)

はるやの、食べ物、
年々、ファンが増えていってるようで、いつもてんてこまいです。

004

ありがたいです。
さて、また気合を入れて 頑張るぞーーー!!

013_2

(↑光ちゃんは、便所で頑張り中。この人は長いのである。)

と、その直後 15日には、
知恩時手づくり市が 控えております。
忙しいのに、やめときゃいいんだけど、
今月も、相棒の水田家が産休なので、
はるやまで、休むわけには いきません。
わざわざ来ていただいた、お客さんが、
がっかりしないように、少しでも何か美味しいものを、
仕込んどきますから!
早めに、お越しくださいな。

で、その水田家ですが、
じゃじゃーーーーん☆
本日、めでたく 可愛い女の子が生まれたそうです。
わーーい、わーーい!
水田家の、サカエさんは、わたしと同い年。
(あえて、年は言いませんが丙午ですねん。)
高齢出産もいいとこなんですが、
立派に、堂々初産を成し遂げました。パチパチパチパチ☆
うれしいなあ。
そのうちに、水田家の可愛い赤ちゃんも、
オンブしてもらって、手づくり市デビューするのかな。
楽しみだな~~。
というわけで、
「気がついたら、高齢出産になりそう・・・。」って方、
サカエさんを見習って、
自分で作った野菜食べて、
夫婦仲良く(これは、どうだかわかりませんが。)、
マイペースで暮らしていたら、
なんとか、なるかも?
・・・・と、勝手におめでたムードに包まれた 山のふもとでありました。

では、また。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

はるや流性教育?

008

山水人の祭りの間は、
週の半分はキャンプ生活。
今、2回目のキャンプを終えて、山から帰って来たところ。
そして明後日から、またキャンプ。

006_2

016

(↑なぜか子供らのたまり場になってしまう、「はるや」であります。)

キャンプ生活は、とっても楽しいけれど、
母ちゃんは、めいいっぱい働いて 
もはや、家事労働もする気力も体力も無しというかんじですが、
子供たちは、
何も無かったかのように、
一晩寝たらケロリとして、普段の暮らしへ戻っております。

そんな朝、
「うわーーーっ。」
と、ただならぬ、風歌の声。
なんか、すごいことが起こっているらしい。
「カブトが死んだ!」

もう寿命かあ。早いなあ。カブトは。

見ると、
なんとカブトが、おちんちんを 
にゅっと出したまま、死んでいる。(カブトのおちんちんなんか、初めて見たわ。)
おちんちんには、泡状の液体が付いている。

こ、これは、
つまり、交尾をした後、
力尽きて 死んでしまったということか。
そして、その泡は、精液?

命をかけて、カブトは子孫を残そうとしたのである。
オスという生き物の、
こんな性質になんだか悲哀を感じます。
(子孫を残すという大仕事をした後は、まるで生きる意味が無いかのように逝ってしまったなあ。)

「この泡は、精液やな。赤ちゃんになる種が入ってるんやろ。
 ふうちゃんも、あと何年かしたら、出るようになるわ。」  ~~~母

「えーー?」  ~~~息子

「寝てる間とかに、出るらしいで。」  ~~~母

「おねしょみたいやん。いややなあ。どうしたらええの?」  ~~~息子

「そりゃ、自分でパンツ洗って干したらええだけやんか。」  ~~~母

「そうか、それで、女は血が出るんやな。」  ~~~息子

「それはなあ、また別の話で、かくかくしかじか・・・・・」  ~~~母

「大人になるのも、たいへんやなあ。」  ~~~息子

「(この精液が)どうやって、メスの中に入るんかなあ?
  飛ばすんかなあ・・?」                ~~~息子

うーーん。
カブトの交尾はわからんけれど、
人間の場合は、
女の人の、お尻とおちんちんの間にある、
赤ちゃんが出てくるところに、
男の人のおちんちんが、入ってくるねん。

と、説明します。

えーーーー?
抱き合うんかあ?(→おっ?なんとなく、知ってるんやな。)

ユミエちゃんも、そうしたんか? (ちょっと恥ずかしそうに  ~~~息子)

「そりゃ、そうやで。はるちゃんのこと好きやもん。あたりまえやん。
 そうやって、可愛いあんたらが 生まれてきたんやんか。」

へーーーー。へへへ。(風歌)


一方、のお馴染みの、
鹿山くんも、
見事な角、黒々とした毛皮、対照的にお尻は真っ白・・・と、
すっかり大人の牡鹿へと変身したのですが、

010

(↑まだちょっと、バンビちゃんが残っているか。)


恋をしているようで、
気が荒く、こちらも思わずのけぞってしまうくらいに、
角を振り回したり、鼻を鳴らしたり。
体臭もきつくなり、獣の匂いを、ぷんぷんさせています。

006

興奮すると、オシッコを、ジャージャー出すのですが、(以前はこんなこと無かったのです。)
わざわざ、お腹にあたるような角度で出しているので、
いつもお腹が 濡れている状態になっていて、
それで、余計に匂いがきついのでしょう。
それも、これも すべて、
<子孫を残す>ために、必要な、変化なんでしょう。

というわけで、
毎年、この季節になると、
虫や、動物に 
性について 色々と学ばせてもらっている3兄弟であります。
(去年は、クワガタから色々教えてもらったな。)

(こんなことを
ブログに書くと、
一体どんな、スポンサーの広告がくっつくのか、
ちょっと怖いです・・・・。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »