« あっ・・・・・! | トップページ | パスカルズがやって来る! »

2009年9月24日 (木)

ベジタリアンフェステイバルのお知らせ

はるや@ベジタリアンフェステイバルのお知らせ

001

こんばんは。はるや@ゆみえ@BCC通信です。

すっかり秋らしい気候となり、
子供たちの遊びの場は、川からお山へと移っていっております。

006

007

只今、我が家は、はるや3兄弟+親友の2兄弟で、5兄弟状態ですが、

(この頃、訪問者が絶えず、にぎやかな連休でした。)

明日は、裏の雑木の山を探検すると張り切っております。

2009_0923_122935aa

山水人のめくるめく、日々が過ぎ、

005_2

(最後まで残った、山水人ブラザーズ。)

延々と続くかのように思われた、
後片付け・・・・・テントとか寝袋とか、台所道具一式とか、なんやかんや・・・。
も、なんとか、それぞれの箇所へ納まり、
そろそろ、
10月の、仕事に向けて、準備をしなければ・・・というかんじですが、

とりあえずは、10月1日は、「いちにち商店街」に出店しますので、
どうぞ、お近くの方、遊びに来てくださいね。

そして、10月4日は、いよいよ「ベジタリアンフェステイバル」です。

簡単な案内を載せますが、

詳しくは、コチラで、ご確認下さいね!→http://www.vegetarianfestival.jp/index.html
************************************************************

いつ?10月4日 10時~17時まで。

どこ?左京区 岡崎公園

どんな?「ベジタリアン」をキーワードに、心や身体のこと、平和のこと、人や動物の命のこと、環境のこと、産業のこと、
    未来のこと、考えてみよう。

    世界のベジタリアン料理の出店。もちろん、はるやも出店します。
    NPO、NGO、市民団体によるパネル展示、活動報告などの 学びのエリア。
    有機野菜、お茶などの販売。
    オーガニックコットンやヘンプ衣料など、自然と調和した衣料の販売。
    地球環境に配慮した、コスメや石鹸など。
    アロマセラピー、ホメオパシー、
    マッサージ、整体、指圧などの癒しのブース。

    アーテイストたちによる、音楽やパフォーマンス。

********************************************************************

先日、ある雑誌で、
世界各国の家族を、一週間分の食料とともに撮影した写真が紹介されていました。
発展途上国と呼ばれている、
アジアや、南米、アフリカの家族たちは、
そのまんまの野菜や穀物、果物に囲まれて、写っていましたが、
先進国と呼ばれている、
アメリカを始め、ヨーロッパや、オーストラリアなどの国の家族たちは、
とにかく、パックのもの、瓶詰め、缶詰のもの、冷凍食品、
そして、肉、肉、肉、肉、、、肉の塊、、、でした。
野菜は、どこ?
よーく探さなければ、わからいくらいに、ほんの少しでした。
しかも、食費が、4~5万円です!
その食品の多さにしても、食費の高さにしても、
一週間でそんなに消費するとは、うちでは、考えられないです。

2009_0921_124844aa
(↑粗食を、いつも うまそーに食べてくれる風歌くん。)

ええっ?一ヶ月の間違いでは??
と思ったのですが、
実際、そんなところが、相場のようです。びっくり。
みんな、金持ちやなあ。

013
(↑唐辛子を焼いて醤油に漬けるだけで、美味しい。)

005

003
(↑野菜やら、穀物100パーセントでも、毎日美味しく暮らしています。)

しかし、その肉の量にもびっくりです。
その肉の背後には、膨大な量の、穀物の飼料や、水や、電力が消費されていることでしょう。
(家畜の飼料となる穀物が、飢えで苦しんでいる人たちへとまわしてゆけたら、どんなに沢山の人たちが救われるでしょう。)
さらに、パックや缶やビンなど、これらすべてゴミになると思うと、これまたびっくりです。
一週間で、これだけのゴミ!

世界では、約10億2千万人が栄養不足だと言われていますが、
なんと、16億人が太りすぎ、4億人が肥満とされているそうです。
また、日本全体の食品廃棄物(可食部分)の量が、
約5百万~9百万トンにもなるんだそうですが、
一方では、世界の食糧援助量は、約600万なんだそうですよ。
食べ残されてゴミとなる食べ物と、
飢えている人たちに、援助されている食べ物が、皮肉にもほぼ同量なんですね。
食べ物が沢山余って、ゴミとなるところもあれば、
最低限の援助を受けて、なんとか命をつないでいる人たちもいるわけです。
地球上の、食べ物が、無駄にされることなく、
すべての人たちのところへ、ちゃんと巡ってゆけば、
飢餓というものは、この世から無くなる可能性もあるのかも知れません。
先進国に住む、一人ひとりのライフスタイルと、意識が変わってゆけば・・・。
食べ物は、じゅうぶん、あるにはあるのですから。正しく分配されていないだけで。

なーーんちゃって、
なんだか毎年、このベジフェスのたびに、
食べ物について、はるや通信に長々と書いてましたね。
はるやが、かつて京都で菜食の店をしていたのも、
田舎へ移ったのも、
そして、思い起こせば、ホームスクーリングしているのも、
すべて、「食」から始ったことです。
(当初は、輸入品や冷凍食品、加工品などを沢山使用している学校給食がどうしても、受け入れられなかったのですが、
今は、それだけではなく、もっと根本的に大切なものが、現在の学校教育には欠けていると感じることがあります。)

ああ、それともう一つ。
世の中はおかしいなあと思うことに、
酒井のりこさんの事件のように、薬物ダメ、身体を蝕む悪いモノ!と、
えらい国はこの頃うるさいですが、
なんで、危険な殺虫剤やら農薬やら、あらゆる食品添加物やら、
シャンプーや石鹸などに使われる様々なケミカルなもの、、、、、。
を、許可しているんでしょうかねえ。
じわじわと、身体は確実に 蝕まれていると思います。
そんな毒の入ったもんに、お金をかけるのもアホらしいし、
食費に、週に4万も5万もかけるなんて、アホらしいです。
わけのわからん飼料や薬品で育った肉や、加工品に、
汗水垂らして働いて得たお金を払うよりは、
汗水垂らして、自分の食べるものを作るというシンプルな暮らしの方が、
楽しそうに思います。

というわけで、長々とすみません。
5兄弟たちも、すったもんだの大騒ぎの末、
思い思いの、格好で、お休みになりました。
みんな、天使の顔してます。

では、みなさんも、お休みなさい。

5_003_2


あっ、そうそう、ベジフェスではるやは、いつも早々と売り切れてしまうので(自慢じゃないけど。)、
午前中のうちに、みんな来てね!







|

« あっ・・・・・! | トップページ | パスカルズがやって来る! »

はるやの出店情報」カテゴリの記事

はるや通信」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

先日ポートランドでもベジタリアンフェスティバルが近くのコベンションセンターでありました。
それにしても”ある雑誌”ってどこの〜?1週間の食費が4〜5万円のアメリカ人って何所に要るの〜!?会ってみたいです。
私の周りのアメリカ人は一ヶ月の食費が4人家族で平均5〜6万だね。ベジタリアンも多いしなあ。みんな家庭菜園やってるよ。でも田舎に行くと,瓶詰め、缶詰、冷凍食品の不健康な食生活が目立ちます。学校給食も目の玉飛び出る程酷いジャンクフードです。 ちなみに一般のアメリカ人は
日本人って寿司とラーメンと天ぷら食べて緑茶飲んでると思ってる人が多いです。

投稿: くるみ | 2009年9月24日 (木) 04時27分

危険な殺虫剤やら、ケミカルな物を、
禁止しないんだろう・・・?ってところ・・、
ほんまやぁぁ~~~!!と、
今まで想いもしなかったけど、
そう想うと、不思議でならんわ~~。(笑)

おかしな世の中やんなぁ・・。ほんま・・。

**********

しかし、相変わらず、
はるやの食卓は、すばらしいなぁ・・・・♪ホレボレ・・♪

投稿: ひよ | 2009年9月24日 (木) 20時44分

くるみちゃん、
一週間で4,5万円というのは、
私も、見間違いかと思ったんやけど、
そのようです。
すごい円高の時とかに、取材したんやろか??
でも、サプリメントや、清涼飲料水だけでも、それぞれ一万円以上使っているらしいで。
これは、「地球の食卓 世界24カ国の家族のごはん」という本からの抜粋です。

くるみちゃんとこは、ブログから見ても、
わかるよ~~~。毎日 キッチンガーデンから、美味しいものいっぱい採れるし、
豪華なおやつも手づくりだもんね~~。
さくらちゃんのケーキ食べてみたいな。

投稿: yumie | 2009年9月24日 (木) 21時53分

いやあ、ひよちゃん、
ひよちゃんとこの、おべんとさんには、
いつも、感嘆の声を上げております。
あんなに、美しく色とりどりで、美味しそうなお弁当を、私は他に知りません!毎日食べている人がうらやましい!!

投稿: yumie | 2009年9月24日 (木) 21時56分

その”地球の食卓 世界24カ国の家族のごはん”
によるとアメリカ人はみんな缶詰と冷凍食品と肉の塊をたべていることになってるんね。そりゃあ,ちょっと偏りがあるなあ。まあ,その方がインパクト強いか。。。
アメリカはなぜか低所得層になればなるほど肉の消費量が多くソーダー等の甘い飲み物を買って水代わりに飲んだはります。
そして糖尿病になって足を切断して車椅子の方けっこういますね。
アメリカの学校給食あまりにも酷いんで家の子達は毎日””昨日の晩ご飯の残りもん弁当”持参です。給食を食べないで弁当持ってくる子も結構多いです。
あ〜ユミエさんの家のご飯 本当に美味しそう!
息子さん達幸せだなあ〜

投稿: くるみ | 2009年9月25日 (金) 04時14分

うひゃ、五万もあればこっちの家賃だよ~~~。

ホント、化学調味料でできたインスタントとかを美味しいって食べている舌も。
毎日の歯磨き粉も。
ファーストフードで使われているショートニングという油も。
すべて緩やかな自殺行為。
だのにね。
知らないことが幸せなのか?
知っていてもやめられないのか?
情報と食べるものがあふれたこの世の中。
なんだか色々考えちゃいますね。

投稿: ハチヨコ | 2009年9月25日 (金) 20時37分

くるみちゃん、
アメリカに住んでいて、家族でマクドへ行ったことないなんてね!おまけに、晩御飯の残りを弁当にして持っていくなんて!!さすがのくるみファミリーです。それでいて、ブログを見たら、毎日すっごいごちそう食べてるやんなあ。すばらしい。その本作った人、是非、くるみ家に取材に来て欲しかった。

投稿: yumie | 2009年9月26日 (土) 22時17分

ハチョコさん、
5万っちゅーのは、やっぱし極端やなあ。
毎月どれだけ、月給もらってるの?ってかんじやわ。
コメントを読む限り、
ハチョコさんも、
天然で、身体に優しい生活を、沖縄で楽しんでいるみたいやね。
いいですね!

投稿: yumie | 2009年9月26日 (土) 22時21分

ベジフェス楽しみにしています~
張り切って朝から行こうと思っています。

別記事も拝見していて、
ゆみえさんはほんと私の憧れだなぁと思います。

食スタイルといい、子どもの教育のこと、
着物のことなど・・・

私もぼちぼち実践していきたいと思います。

いつも素敵な記事ありがとうございます!

投稿: あわぽん | 2009年9月27日 (日) 17時53分

あわぼんさん、読んでくださって、ありがとう。
こんなブログを、楽しみにしてくださって、
ほんとうにうれしいです。
私は、ただのズボラな母親ですが、子供たちが、のびのびと育ってくれて、いつもありがたいなあと思っています。
ベジフェスは、忙しいイベントなのですが、
どうぞ、お声をかけてくださいね。

投稿: yumie | 2009年9月28日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/31495817

この記事へのトラックバック一覧です: ベジタリアンフェステイバルのお知らせ:

« あっ・・・・・! | トップページ | パスカルズがやって来る! »