« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の9件の記事

2009年10月31日 (土)

今日は、こんな日。

005

暖かかった一日。

001

九州のじいちゃんから、野菜が届く。
サツマイモ、生姜、カボス、みかん、金柑・・・。
ありがとう。

009

太郎くんが、最大級の飛行機を作る。

012

ようけ 作ったなあ・・・。

013

撮影旅行途中の、
カメラマンのおじさま、おばさま達が、
3兄弟をモデルに、写真撮影。
(たまに、こういうことがあるのです。)

サムライ姿の光ちゃんに、大喜びしてくれはった。
(いつもの風呂敷マントに、竹の剣を両脇に差し、3本目を手に構える光ちゃん。)

006

あっ・・・・・!
私も、撮られてしまった!
(キレイに撮れてたら いいんだけど・・・。(*^.^*))

007

いけない。
のんびりしていたから、
仕込みが、夜中になってしまった。

さて、この材料で、何ができるか?

015

明日は、いちにち商店街です。

http://blog.livedoor.jp/factory0523/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

「婚姻制度を知ってますか?」ワークショップのお知らせ

004

またまた、こんばんは@はるや@ゆみえ@BCC通信です。

昨晩、寝るまで野球場の制作に取り組んでおりました、兄貴たちですが、
今日も、朝一で、続きをやっておりました。
(夢の中でもやっていたんじゃなかろうか?)

2_002

太郎くんのは、こんな感じで・・・。外野席の観客を描いているところ。

2_004


さて、昨日は「いちにち商店街」のお知らせでしたが、
同じ、11月1日に、もう一つお薦めがあるので、
紹介させてください。

*****************************************************************

*ワークショップ 婚姻制度を知っていますか?*

~結婚してる人も、したい人も、したくない人も、できない人も、してやめてみた人も、結婚しろしろとうるさくいわれている人も、

 結婚はするものだと思っている人も、自分と結婚した人も・・・・。

こちらに詳しいです。→「陽のあたる毛の会」http://hinoataruke.org/?p=416

いつ?11月1日  第一部10:00~(要申し込み) 第二部13:30~(申し込み不要)

   (お昼に、べジカフェが出ます。)

どこ?京都大学文学部新館1F 

資料代:各会600円  両方参加は1000円

申し込み、問い合わせ:11.1jikkou*gmail.com (*を@に変えてね) 11・1実行委員会

 (子守りや、手話通訳についても、お問い合わせください。)

~ワークショップ企画ナビゲーター 桐田史恵さん

 住まい、労働、子供との暮らし、生活保障、人との関係、性、暴力、戦争などなどと、「結婚」との関連について、

 身近なテーマから考え、共に語り合う場をつくる活動に力を入れている。

 昨今は、集会や運動のあり方について、関心を持ち、より意義深い場づくりを模索している。

「個人の選択の問題と言うけれど、私たち本当の意味で 選べてるんですかね?」

「結婚ってどんな契約?」「結婚ってお得?」

「届け出るって、どんなこと?」

あなたの気持ち、くらしは、大切なもの。

どんな人、どんな状況でも (例えば結婚した人でも、していない人でも。)それは同じ。

その人の気持ち、くらしは 尊重されるべき!

自分の人生、くらし方、自分で選んで自分で決めていきたいな。

まずは、知ること、考えてみることから~。

そんな視点から、婚姻制度について、関心を持ってみよう。学んでみよう。

***************************************************************

その日は、いちにち商店街に出店なので、
わたしは、このワークショップに参加できませんが、
とても興味があります。

20代の頃、「パートナーとは別姓で、子供も一人でも育ててやるー!」と、
考えていたこともありますが、
現在は、ご存知のとうり、「まっいっか。」と、ケッコンし、姓も変えてしまいました。
でも、
お産は「まっ、いっか。」ではなく、自分らしくやりたかったので、
色々と情報を求めたり、調べたりして、それなりに勉強したし、
学校についても、「まっ、いっか。」ではすまされないと思ったので、
学校教育やホームスクーリングについて、
その歴史から法的なことから、情報を集めたり、話を聴いたりそれなりに勉強しました。

どちらも、道無き道を行く、試行錯誤の中でしたが、
そうやって、お産のこと、子供の教育や暮らし方などなど、
国の政策やマスコミ、世間体などに振り回されず、
一つ一つ、自分らの気持ちを大切にし、選んで決めていくこと、
(でも正直言って、結婚については、勉強不足でしたが。)
つまり、自分たちの人生を、自分たちでプロデユースするということは、
本来、当たり前のことで、その自由は、保障されるはずのものだと思います。
(憲法でも、そうなっているはず。)

ところが、そんな生き方をしている者たちは、
日本では、まだまだ 少数派、まるで少数民族です。
少数民族は、どこの世界でも、
虐げられたり、差別されたり、排除されたり、誤解されたり。
例えば、結婚しないことを選んだ人や、
学校へ行かないことを選んだ人は、
時として、とても肩身の狭い思いをすることになります。

(日本では、「肉を食べない」という選択でさえ、肩身が狭かったりするのですから!)

せめて、子供たちが、大人になる頃には、
もっと、一人一人の、多様な生き方が、
尊重される世の中になって欲しいなあと願います。
そして、我が息子たちに、
「違うこと」を、尊重できる人間になって欲しいなあと願います。

結婚する、しない、
学校へ行く、行かない、
どちらが、正しい、正しくない、
好ましい、好ましくない、
それぞれの、考えや価値観がありましょうが、
それを、超えたところで、
一人、一人の人生を尊重できる器量を、
未来の大人たちに、身に付けて欲しいと願います。

なーんて、
このワークショップの主催者のサイトを見て、
思いました。
ワークショップに行かれない方も、
是非、覗いてみてください。
こちらです。

「陽のあたる毛の会」HP→ http://hinoataruke.org/

読んでくださって、ありがとう。
ではまたね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はるや@いちにち商店街のお知らせ



002

こんばんは。@はるや@ゆみえ@BCC通信です。

009

朝晩寒くなってきましたね。
とは言え、薪ストーブをつけるほどでもなく、
(貧乏性なので、薪をケチってるだけか・・・。)
今は、毛布を下半身に巻きつけて 書いております。
おー、さぶ。

兄貴二人は、
ちびが、先に寝た後、
大判のカレンダーの裏に、
野球場を 一生懸命描いていました。
かれこれ2時間近く、取り組んでいましたが、
そろそろ寝るようです。
見せてもらうと、
スコアボードや、スポンサーの看板はもちろん、
外野の後ろの、ずらりと窓が並んでいるところやら、
フェンスの網目一つ一つ、
根気良く描き込んで、
さらには外野席の群集たちまで、描き込んでいる途中で、
眠くなり今日は、止めにしたようです。
メガホンや、旗まで描いてたりして、細かいですねーー。

たぶん これが完成したら、
一円玉やら、10円玉やら使って、
ゲームをするんです。
いつもトーナメント表まで作って、
白熱してやっています。
たぶん、もっとリアルなかんじを味わいたいと思って、
今回は、より丁寧に、細かく、本物っぽい野球場を、
描いてみようとしているのでしょ。

巷では、みなさんゲーム機で遊んでいる時代に、
こんなんで、白熱してやってるなんて、
おもろい子らですわ。

「ボールを枕にしたら、
野球の夢が見れるかな~。」
なんて、言いながら、
自分らで布団を敷いて、もぐりこみました。

015

*さて、11月1日は、いちにち商店街の日です。*********

013
大きな地図で見る


どこ?下鴨亭にて。(左京区下賀茂蓼倉町68-1 アレルギー専門食品店健らいと向
          かい。)

~必要なものが、必要なところに 届きますように。
 こころのお財布が にっこり笑いますように。~

017

天然酵母パン、オーガニック珈琲、ケーキ、手づくり和菓子、不耕起米、布雑貨、
パッチフラワーレメデイ、リサイクル品などなどが、こぢんまりと可愛く。
はるやは、お惣菜キッシュとか、包みパイとか。
いつものはるやでは見られないよなバージョンのケーキとか・・・。
雑穀入り
の温かいスープでも持って行こうかな。

~11月のワークショップは、

 *まやの、「アイヌ文様教室」 10~12時 又は、13~16時 (お好きな時間に。)
  
  申し込み・問い合わせ→info*ma-ya/jp (*を@に変えてね。)福田まやまで。

 *やまびこの「ちくちく教室」 10時~12時 13時~15時  (一日中参加もオッケー。)

  ふんどしを作ろう。運針を身に付けよう。

  申し込み・問い合わせ→apililin*yahoo.co.jp (*を@に変えてね。)市川まで。 

~こちらは、10月のいちにち商店街の様子です。↓

 よく見ると、うちのボスが、なんや偉そうに突っ立ってますねー。

 http://blog.livedoor.jp/factory0523/archives/cat_50035157.html

 お近くの方、是非来てくださいね。

005

***********************************

というわけで、

写真と内容がカンケー無かったですね。

あしからず。(今日撮った写真を載せていっただけ。)

風が強かった今日、

光ちゃんと、久しぶりに川原へ降りたら、

ススキの大海原になっていて、

そこに西日が差し込んだり、また翳ったり。

風の中で、不思議な感覚に包まれました。

なんか、フェリーニの映画の中にでも、飛び込んだみたいな・・・。

冬へと向かっていく景色というのは、

なんでか、こう、胸がきゅんとなってしまうのでした。

006

ではまた。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

what a beautiful day it was..

006

いわし雲が、流れてゆく。

太郎くんが、薪を割っている。

018

風歌は、風呂を沸かしている。

私は、空を見上げる。

005

光ちゃんは、オマルに座っている・・・。(遅いなあ・・。)

014

大根の葉っぱを干す。

023

子供たちが、飛行機を作っている。

008

太郎くんが、鹿の骸骨で遊ぶ。

002

この骸骨にある穴や、突起や、曲線や、感触が、無限の空想の世界へ、

太郎くんを、連れて行ってしまう・・・・。

右の、へんてこな形の木も お気に入り。

016

早めの お風呂。

008

子供たちの笑い声が、聞える。

012

台所では、

かぼちゃのスープが、温まっている。

炭火の匂いがしている。

太郎くんが、花を摘んできてくれる。

ありがとう。

020

ああ、今日は、本当にいいお天気だったね。

何度も、何度も、空を見上げていたよ。

 

目に映るもの、すべてが愛おしく、

足りないものは、何も無いと、思わせてくれるような、

青い空でした。

さあ、晩御飯にしようか。

021

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

あんな仕事、こんな仕事

2_001

先日は、
久々に、アカデミックな場所で、
出張カフェしてきました。

一つは、同志社女子大で開かれた、
「ライターズ コンファレンス」
日本中から、欧米人を中心に、
主に、教育の場で活躍されているライターが集まって、
発表会や、交流会が行なわれていましたが、
この、由緒ある美しい校舎に、
わりと、中高年の、
すごくおしゃれな、欧米人の人たちが続々と集まって来ました。
異国情緒たっぷりのところで、
なぜか、はるやは、
薄汚い子供を3人連れて、カフェコーナーをやらせてもらいました。
ええんかな・・・・。

010

欧米人好みに、ケーキは甘さを強めに、

コーヒーは、たっぷりスタンバイ。↓

015

何て、美しい建物なんでしょう!
照明から、窓や天井のデザインから、家具から、
ほんとうに、素敵です。

021

うちでは、
仕事やから、実家や保育所に子供を預けるという発想が、
夫婦ともども、全く無いので、
こういう場でも、
みんなで 出向くわけです。

しかし、案外、これが、好評だったりして・・。
子供たちがいるだけで、
その場の雰囲気が、和らぐと、評判が良かったりするんですわ。
そうそう、
何年か前に、
あのニールヤングの大阪公演で、
エキストラ出演のために(なんでか?→それはいつかの機会に。)
大勢のスタッフの人たちの楽屋に
ちびたちを連れて入ったときも、
「開演前の緊迫感が、緩んで良かった」と、
スタッフの人たちに、喜ばれたとか。

ほんまかなーー?

日本人が中心の、こういう場であったら、
もしかしたら、うちには、お呼びがかからないかも知れませんね。

しかし、やっぱり、仕事と子供の両立では
思わぬハプニングも、
想定しておかなければなりません。

機嫌よく外で遊んでいた光ちゃんは、
深い池に ドボンと落ちてしまいました。
(太郎くんに 助けられた。)

あーあ。
いきなり これやもん。

012

こういう時に限って、着替えを忘れてきている。

その後は、ずっと風呂敷を腰に巻いて過ごしました。

このコンファレンスでも、
また別の思わぬ、ハプニングがありました。
日本語訳では、「1ルピーの神様」というタイトルでの本で出版されており、
以前図書館で借りて、
読み出したら、止まらなくなった、物語があります。
(映画化もされました。)
インドの、スラム街育ちの少年が主人公の物語です。
最後まで、本当にドキドキさせられました。
なんと、その作者スワラップ氏の方の、講演会もあったのです。
わーーい。
ご本人に、まさかお会いできるなんて!!

016


さて、
お次の、仕事は、
京大の、科学者の方たちを中心とした、
ある講演会の後の、
交流会での、カフェコーナー。
同女から、私だけ荷物をまとめて、バスで京大へ移動。

iCEMsという、新しい建物。
これまた、同女とは対照的。
キッチンのショールームのような、ピカピカのところで、
お茶を準備しました。
七輪も、窓から緑の景色も無いところで、
緊張が緩むまで、少し時間がかかりました。

014

自家製のブレンドハーブテイーも、
好評でした。
科学者とはるや。
まるで接点が無いようで、笑ってしまいますが、
そんな、畑違いの偉い人たちに、喜んでいただけるなんて、
うれしいなあ!!
そして、ここでは、何よりも、
主催しておられる方たちの、
科学をみんなにもっと親しんで欲しい、
研究者は、研究室に閉じ困らずに、
分野を超えて、音楽や食べ物も楽しみながら、
豊かな想像力、創造力を、育てて欲しい・・・というような、
心意気が、伝わってきて、
素敵だなあと思いました。

和やかで、落ち着いたこの会の、
終りがけに、
3兄弟が、
「腹減った~~~っ!」と、
ドカドカと、遠慮なく入ってきました。
光ちゃんは、風呂敷巻いて・・・・。
うわ、うわ、うわっ・・・。
もっと、その場の雰囲気に合わせてくれよーー。

というわけで、
こんな仕事、あんな仕事。
はるや稼業は、これからも続きます。
次は、どんなところかな~~。

**おまけ**

わーーい。

こんなもん、もらったよーー。

042















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

おめでとう光ちゃん。

おめでとう 光ちゃん。

039_2

10月17日は、光ちゃんの誕生日でした。
そして、亡き母の誕生日でもありました。

037

自分たちだけでやったお産は、
いつもの暮らしの延長にありながらも、
とても、ドラマチックでありました。

031

心づもりした頃から、
待って待って、待って、待って、待ちくたびれて、
開き直ったり、じりじりしたり、
森の木々は、葉を落とし、
季節もすっかり変わった頃、
なんと、満月一つ分も遅れて、
そのときは、やってきました。

033

おかあさーーん、
おかあさんの、しわざでしょう?
まさか こんなに遅れるなんて、
まさか おかあさんの、誕生日に、生まれてくるなんて、
誰も、予想もしなかったよ。

036_2

おかあさんが、死んでしまって、
いまだ、悲しみの中にいる、
おとうさんや、おにいちゃん、叔母や 従姉妹たちを、
励まそうと思って、
この日に、光ちゃんを連れてきたんでしょう?

005

すべてが、うまくできた脚本通りに、演出されたみたいに 美しく、
喜びと、涙の中で、
その時を、迎えました。

034

前の晩の、満月の美しかったこと!
月の光を いっぱい浴びて、
4人で、森の中を散歩をしたのも、
明朝のお産を信じて、
ハルフミさんが、お風呂を焚き始めたのも、
それなのに、
朝、目覚めても、陣痛の気配も何もなく、
「今日も あかんの~~~??どうなってるの~~~??」
途方に暮れて 泣いてしまったことも、
そして、
その後、初めて破水からはじまって 焦ったこと。
(あわてて、マニュアル本を読み返したなあ。)
しばらくして、陣痛の波が、ガツンとやってきたこと。
お風呂で、
陣痛の波を、サーフインしながら、
「おかーさーーん」って、叫んだことも。
甘い、甘い、思い出です。
うふふ。

07_622

それから、
誰もが、今度は「おんなのこ!」って 予測していたのに、
お風呂の中で、
赤ちゃんを抱きかかえたときに、
赤ちゃんの股間に触れた私の指先が、むにゅっとしたものを、感じたとたん、

えーーーーーーーーーっ??!!!!

へなへなと、力が抜けてしまったのも、
苦い・・・・じゃなくて、 甘い思い出。

ええねん、ええねん!
おちんちんが、あったって!
男ばっかりで!
男ばっかりで、おもろいもんなあ!!
(これは、負け惜しみではありません。本心です。)

016

大好きな人が、死んでしまっても、
ちゃんと、つながっているんやで・・・って、
教えてくれた、光ちゃん。

まだ ちょっと、
もう ちょっとだけ、
天使の羽が、残ってるでしょう?

017

風歌のときは、
「早く 大きくなって、自分のことは自分でできるように なってくれ!」
というかんじでしたが、
末っ子だと、
「いつまでも、いつまでも、このままでいて欲しいわあ。」
と 思ってしまうのです。

003

さて、
2日遅れになってしまったけれど、
お祝いに、みんなの大好きな おはぎを作りましたよー。
いっぱい、食べてねーー!!

045

おめでとう 光ちゃん。
おかあさん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

誕生日

22_005

10月12日は、父ちゃんの誕生日。

目を覚ましてすぐに、
何も言わず、
風歌は、紙と鉛筆を持って、
朝日の当たるデッキへ。
太郎くんも それに続く。
何やら 2人で、書いている様子。
「見たらあかんっ!」

長い時間かかって・・・・・・。

風歌は、父ちゃんに、
心のこもった イラスト付き、ラブレターを。
太郎くんは、↓こんなのを。

004

風歌の手紙が、また良くって、泣けてしまう。
母ちゃんは、うっすら涙。
見れば、いつも、怒りんぼの父ちゃんも・・・・。

あんたら、ほんまに ええ子やなあ~~~。

昔は、誕生日の日に父ちゃんは、
京都へ出かけ、
六曜社で、心ゆくまで珈琲を飲んだり、
とっておきの、CDを買ってきたりして、
一人の自由な時間をたっぷり楽しんでいたのだが、
手づくり市が忙しくなってきてからは、
日にちをずらしていた。
今年は、手づくり市は、お休みだし、
どーすんのかなー?と思ったら、

「どこにも、行かへんわ。
家で、ずーっと、レコード聴いとくわ。」

と、ひたすら家で、誰にも邪魔されずに、
家のことも、一切せずに、レコードを聴いてすごすと宣言。

太郎くんと、私は、ケーキを作る。
ココアがたっぷり入った、豆腐クリームのロールケーキ・・・・・

001

のつもりが、
スポンジ生地が分厚過ぎたので、
品の無い、どてっとした、サンドイッチケーキに。

005

「41歳、おめでとう♪」

そして、風歌は、黙々と薪を割り、
久しぶりの風呂を焚いてくれた。
(消し炭まで集めてくれた・・・・気が利く息子よ。)

10gatu_005

一番風呂のプレゼントやな・・・・。

ところが、
この一連の待遇に 気を良くした父ちゃんは、
サービス心を起こして、
「野球したろか~~。」
と、子供らをひきつれて、
葛川球場へ行ってしまった。

ええっーーー?
せっかく、いい湯加減なのにもったいなーい。
と、母ちゃんは、ちゃっかり一番風呂をいただき。

太郎くんも、野球は最近飽きたのか、
一人残って、
自分の巣で、
ゴロゴロ過ごしておる。

006


デイナーは、母ちゃん作、イタリアンと、しゃれ込みました。

ああ、お腹一杯の、しあわせな一日。

行事や仕事が重なって、
なかなか、家族の誕生日をその日に、ゆっくりお祝いするということが、
できないのだけど、
今回は、
何も予定を立てずに、
ほんとうに ゆっくり、
ケーキを焼いたり、料理をしたり、お風呂に入ったりできて、
良かったな。

おわり。

↓ いつもの場所で、シメジを発見。

22_001






| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

ありがとう パスカルズ。

Hebi_001

パスカルズのコンサート、めいいっぱい楽しんできました!
バイオリン、ウッドベース、パーカッション、マンドリン、バンジョー、ギター、ええっとそれから、
かっこいい、ロケットマツさんの、ピアニカ!
石川さんの、おもろいパフォーマンス!
知久さんと、ええっと名前は忘れてしまいました、もう一人女の人の、胸がきゅーーんとなるような歌声!
キラキラ虹色に きらめく音のかけらが、
ふくらんだり、爆発したり、ゆらゆらしたり、流れていったり、
魔法のような 不思議な音楽。
ステージの下では、
まんまと、パスカルズの魔法にかかってしまったちびっ子たちが、
飛んだり跳ねたり、走り回ったり・・・・。

素晴らしかったです。

はるやは、ケーキやパイを仕込んで、
楽器を詰め込んで、
商売も、演奏もして、
その後、パスカルズのステージを楽しんで、
それから、打ち上げの準備も手伝って・・・・と、
日付が変わるまで、めいいっぱい充実した、長い長い一日でした。
(疲れました!)

イベントを創り上げるというのは、
本当にたいへん。
しかも、みんな いつも言ってるようですが、
おんぶしたり、おっぱいあげながらの母ちゃんや、
今回は、それを見かねたお父ちゃんのおんぶ姿も、いっぱい見られましたが、
よくまあ、こんな大きな楽しい催しを、
母ちゃん仲間を中心に やってのけたもんだなあと、
感心してしまいます。

若くなくても、
おばはんになっても、
子供らに キレまくっても、、家事に追われても
まだまだ、人生のお楽しみはこれから!
というか、楽しいことは、自分らで創ってしまえっ!
美味しいものと、美しい音楽と、愉快な仲間たちがいたら、
それだけで、幸せやな!
そんな、ポジテイブマインドに、すっぽりと包まれた一日でした。

ああ、本当に楽しかった。

はるやバンドの動画を、おまけでアップします。
何せ、デジカメで撮っているので、画像が悪いし、ぶちっと途中で切れますが、
興味のある方、観てね。
(mizukiちゃん、撮ってくれてさんきゅー。)

ちゃんとリンクしなかったら、

(なんでか、ちゃんとリンクできひんなあ・・・。)

you tubeで、はるやバンドで検索してみてください。手間かけてごめんなさい。

 

http://www.youtube.com/watch?v=1htbEPZcp2Q&feature=channel

続けて <その2>も観てください。

これは、太郎センセーばっかりですが・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=Q0Nler8drhc&feature=channel

こんな かんじだったのですが、
これがまた、大盛況で、びっくり。
(ああ、光ちゃんは、このたびは、行方をくらましておりました。)

そしてなんと、これを観た、某氏さんが、
「あるイベントで、是非はるやバンドに出演して欲しいです。」
と、
出演の依頼が、舞い込んできましたよー!
身内以外での、こんな依頼は初めてであります。
出店じゃーなくて、出演やでー。

「ええっ?? こんなんでいいんですかあ??」
と、思わず言ってしまいましたが、
まあ、観てくれてはって、言ってくださるんやし、
こんなんで、いいのでしょう・・。

そんなわけで、これからまた、
家族でできることが、広がったみたいで、明るい気分です。

今朝、こんな素敵なメッセージまで 届いてて、
ますます、うれしくなりました。
Aさん、メッセージありがとう!!

「はるやバンドのすごさに圧倒されてしまいました。

 まっすぐなエネルギーが飛んできて、
 ほんとに、生きてるってそれだけですばらしいんだよ
 ってメッセージもらった気がして、
 ほんとに嬉しかったです。

 素敵なパワーをありがとうございました!」

わたしは、素人ばっかりのへなちょこの、
はるやの音楽で、こんなメッセージを送ろうとか、
そんなことは微塵にも考えたことは無いのですが、
ただ、家族で楽しんでやっているだけの姿が、
そんなふうに、受け取ってもらえたなら、
たった一人の方であったとしても、
本当にうれしいです。
そして、こっちが励まされます。
ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

ベジフェスありがとう・パスカルズ・その他。


017

年に一度の、ベジタリアン祭り。「ベジフェス」、
本当にたくさんのお客さんが来てくださいました。
「去年、たくさん買って、美味しかったからまた来ました!」
と、大きなマイバッグ持参で、全種類買ってくださった方、
「去年 ここのクッキー食べて、癒されたんです。ありがとうございました。」
なんて、うれしいことを言ってくださる方などなど、
毎年、はるやの食べ物を楽しみにしてくださる方々と、
一年ぶりに再会できて、
ベジフェスならではの、盛り上がりがありました。
こうやって、食べていただいた方から、
直接喜びの声を聞かせてもらうというのは、
本当にうれしいです。
山ほど仕込んだものが、
一つ残らず、それぞれのお家へもらわれて行きましたが、
今頃皆さんが、「美味しい!」と笑顔で、食べてくださっていることを思うと、
私は幸せな気持ちに包まれます。
あらためて、料理人をやっていて、良かったなあと思います。
ありがとうございまーーーーす。

10日は、先日ご案内しました、パスカルズhttp://www.pascals.jp/のコンサートです。
はるやバンドは、1時55分に、ロビーで演奏させてもらいますよー。
ん?練習? そうや、そうや、しなあかんかった。

それにしても、このイベント、
なんと、パスカルズのコンサートの前に、
はるやバンドを含めて7バンドが、
ロビーでライブをします。
(これだけでも、楽しめそうやんか~。)
そして、滋賀にもこんな旨いもん 作ってる人たちがいたんか!!
飲食ブースも、充実!
さらに、手づくりアートものブースも、充実!
(ちなみに、スタッフ打ち上げメニューもすごいんやで~~。)
間違いなく、楽しい一日になりそうですよ。
スタッフの子供たちだけでも、何十人となりそうです。
だから、ちびっ子連れも、遠慮無く、是非是非、お越しくださいね。

ところで、
今月の15日、手づくり市は、はるやは残念ながらお休みです。
(抽選漏れでしたわ。とほほ。)
そのかわり、
なぜか こんなイベントでの仕事が、舞い込んできたので、
京大と、同志社女子大に、あの3兄弟連れて行ってまいります。

最近お気に入りの、風呂敷マント。(こんな人ら、大学に連れて行ってええんやろか。)

002

どちらも、一般の方が参加できると思います。
興味のある方、どうぞ。

http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/j/rsch/smnr/2009/10/17-integ2.html

http://www.japanwritersconference.org/

**

ところで、太郎くんは、母ちゃんに弟子入りして、料理をがんばっております。
(光ちゃんも、切る・混ぜる専門で、やっております。)

糠床の管理。

026

おやつ。(この日は、白玉だんごのぜんざい。)

031

お昼ごはん。(この日は、リサイクルごはん。・・・つまり残り物で作ったもんばっかり。)

028

今日は・・・・大根葉の、海苔ゴマ和え。

2_002

ニンジンと大豆のバーグ。
せっせと、働く太郎くんの手。

2_003

おっと、これは、母ちゃんだけで作りました。(光ちゃんが、この場所から離れません。)
3兄弟の、大好物。風歌の誕生祝に。

10gatu_008

これは 珍しくサンドイッチ。
うちでは、マヨネーズやバターやケチャップの代わりに、
自家製バジルペーストや、ニンジンソースや、
ゴマペーストを工夫してマヨネーズ風にしたものなんかを、使います。

10gatu_001

家では、仕込みと、うちのごはんと併せて作ることが多く、
案外、子供のペースで料理をする機会が少なかったのですが、
何も予定の無い雨の日など、
(最近雨が多いので。)
太郎くんの 希望で、一から一緒に、作ってみたら、
なかなか、これが楽しい時間だし、
良いベンキョーになるなあと思いました。
計量カップで、分数もどきのベンキョー。
食べ物の産地について。
世界の料理について。
食べ物と身体の関係について。
発酵について・・・・・。(母ちゃんも、ちゃんとベンキョーしなければ。)
いくらでも、伝えたいことは、あるのでした。
ホームスクーリング、
毎日のご飯作りだけで、十分な学びがあるやんか。
と、今さらながら、気がつきました。

しかし、子供と一緒に作るのは、時間がかかります。
(仕事がある日は、とてもできません。)
腕も短いし 手も小さいので、
お米を研いだり、土鍋に移したりするのも、まだ手伝ってやらなければ
できません。
土鍋も重いし、マッチに火をつけるのも、小さな子供にとっては、
難しい作業です。
それでも、太郎センセーは、やる気まんまん。
お昼ごはんを食べたと思ったら、
「おやつを作ろう。」と、太郎センセー。
おやつを食べたら、
「わしが、晩御飯作る。」。
もう、一日中、台所ですわ。
でも、こういう時間を、地道に積み重ねていったら、
いつかは、
「あんた、昼ごはんたのむわ~~。」
と、すべておまかせできて、
母ちゃんは、のんびり本でも読んでゴロゴロできる日が来るんじゃないか?
と、密かに 期待しているのであります。ふふふ。

ところで、風歌くんが写真に登場していませんが、
どうしたのでしょう??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »