« 山里の秋の陽は短し。 | トップページ | 宇宙旅行 »

2009年11月 9日 (月)

海洋くん

2_021

海洋(うみひろ)くんという、素敵な名前のお兄ちゃんが、
ある晴れた昼下がり、
我が家にやってきました。

おや?ママチャリやんかーー。

001

どこから?   東京から!!
東京から、大分のおばあちゃんに会いに行くために、
なぜか、ママチャリで旅をしているのです。

すごーーーーい。

海洋くんは、私の従兄弟の息子さん。
お母さんが、久々に息子さんの携帯に電話したら、
かくかくしかじかで、実は今、琵琶湖の畔にいると言うので、
せっかくだから、はるやへ行ってみたら?
ということで、
琵琶湖の畔から、峠を越えて、
ほんとうに、訪ねてきてくれました。

初めまして! ようこそ!

003

何も、おもてなしできませんが。
ゆっくりして行ってくださいな。

002

暗くなるまで、釣りをして、焚き火をして、
野球して(させられて?)、サッカーして(させられて?)
ススキの揺れる、秋の風景の中で、
子供たちと一緒に、きっといっぱいいっぱい、
善い時間を過ごしたことでしょう。

012

さあ、今日は日本海へ向かって、出発。
朝早く、なんだか みんな腫れぼったい目をして、お見送り。

太郎くん、でっかいあくびやなー。

007

011

お握りや、お粥パン、準備したよ。持ってってね。
コンビニのんよりは、美味しいやろ。

おばあちゃんに会いに行くために、
ひたすら、チャリンコを漕いで、西へ西へ。

なんか、物語みたいやなあ。
(わたしは、そういう生き方が大好き。)

013

おばちゃん(海洋くんのおばあちゃんは、私の叔母)、
喜ぶやろうなあ。
すっかり、弱ってしまったと聞いているけど、
海洋くんと会って、少しでも、元気になったらいいなあ。
私と、海洋くんと、
共通点は、あの 小さくて、やせっぽちで、
ニコニコ顔の叔母(おばあちゃん)が大好きだということ。
亡き母の面影を 
この世で 唯一残してくれているひと。
光ちゃんが、母の誕生日に生まれてきたことを、
泣いて喜んでくれたひと。
ずっと教師をしていたのに、
私たちの、ホームスクーリングを、心から応援してくれているひと。
おばけの話や昔話が、とっても上手なひと。
着物のこと、昔の暮らしのこと、
教えて欲しいことは、まだまだいっぱいある・・・。
会うたびに、これが最期かも知れないと思ってしまうくらい、
小さくなっていくひと・・・・・。

わたしの、大切なひと。

 

018

海洋くーーーん、わたしの気持ちも、九州まで連れてってねーーーー!

達者でなーーー!!!

(ちょっと、そこまで・・・というふうにしか 見えへんなあ。)

019

あーーーーー、霧のかなたへ、行ってしまった・・・・・。

023

というわけで、
北風の冷たい日本海を今、
海洋くんは、西へ、西へと、走っています。
こんな姿を見かけたら、
応援してね!

追伸*今日の夕方、天橋立に着いたと、電話がありました。

|

« 山里の秋の陽は短し。 | トップページ | 宇宙旅行 »

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

さすらいのママチャリ旅人〜なんて楽しいんでしょう!
完全装備の自転車と違うて、”ママチャリ”という所が何とも味があってよろしいですねえ〜。
ゆったりと時間をかけて,道中人々との出会いもあり...これこそ贅沢な旅やなあと思いました。

投稿: くるみ | 2009年11月10日 (火) 07時36分

素敵やなあ。。 ママチャリでおばあちゃんのいる場所へ
向かってるなんて。。 私もそんな行き方 大好きです♪

投稿: 虹色パンダ | 2009年11月10日 (火) 09時45分

うーむ

カコエーです
カブのツーリングより位が上だわなー
(なんの?)

ご安全に~!

投稿: DT | 2009年11月10日 (火) 10時16分

我が息子のこと、ブログにのせてくださいましてありがとうございます。

おばあちゃんのところ読んでいて、泣けてしまいました。

彼は11月中ごろに大分に着く予定です。
皆さんの温かいコメントも本当にありがたいです。はるやの皆さんの人柄がお友達もいい方ばかりで、心にポット灯のともる嬉しさです。

投稿: 海の母 | 2009年11月10日 (火) 15時15分

くるみちゃん、
ほんと、<不完全>装備やねん。
こういうのを、老婆心と言うのか、心配になるわあ~。
だけど、時間かけてママチャリの早さで旅をするなんて、一番贅沢やな~~!

虹色パンダちゃん、
そーやろー、夢があるよなーー。
こんな息子に育って欲しいなー。なんちゃって。

DTさん、やっぱ若くて元気っちゅーのは、良いですなあ。
色々なハンデイを、カバーしてくれますね。
うらやましい。

ああっ、海の母さま。
無断でブログに出してしまいました(o^-^o)
(有名人になったかも。)
親戚に、こんな素敵な人がいたなんて、
ほんと、うれしいです。
風歌がもっと大きかったら、一緒に連れて行ってもらいたかったわー。

投稿: yumie | 2009年11月10日 (火) 16時00分

「大洋を駆け巡る」から名付けた駆洋と同じ、カナタって読むんかなぁと思って思わずのぞいたら、うみひろさん。
うみひろさんも素敵な読み方やなぁ。
素敵な方だなと思うので、駆洋とも親戚みたいな名前で嬉しい。
駆洋も大人になってもそんな独創的な人であってほしいな。

投稿: | 2009年11月10日 (火) 21時06分

ああ、ごめん、駆洋の話は、でまちが書きました。

投稿: でまち | 2009年11月10日 (火) 21時24分

でまちさん、
カナタって、そういう字だったんだね。
大洋を駆け巡るかあ~~~。
いいねーー。

投稿: yumie | 2009年11月11日 (水) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/32154177

この記事へのトラックバック一覧です: 海洋くん:

« 山里の秋の陽は短し。 | トップページ | 宇宙旅行 »