« 糞採りピクニック | トップページ | はるや@いちにち商店街のお知らせ »

2010年3月24日 (水)

ときには、ホームスクーリング

↓風の強い寒い朝、エリックさんは、次の旅へ・・・。
310

「ゲ、ゲ、ゲゲゲノゲー♪ 
  朝は、寝床でグーグゥーグゥーグゥ、
 楽しいな、楽しいな、おばけにゃ、学校も試験も何にも無い♪」

去年の秋ぐらいだったか、この歌を、子供らとyoutubeで聴いてみて、

「これって、ホームスクーラーの歌やなあ!あんたらのことやんか~!」

と、笑ったもんですが、こちらへ越してきて、
子供らは、お山の学校へ(ほぼ毎日)通うようになりましたw(゚o゚)w。
(朝は、いつまでも寝床で、グウグウグウーでは無くなったのであります。)

それでも、私は学校へ通うことを「強制しない」ことにしています。

例えば、普通のご家庭では、
朝、子供がなかなか起きない場合、
「早く起きやー、学校やでー!」
と、子供らが、起きるまで繰り返すそうですけど、
(私が子供の頃、そうだったのですcoldsweats01。)
私は、耳元で何度か「起きやー。」と言うくらい。

・・・早く、起きて、早く顔洗って、早くご飯食べて、早く歯磨いて、早く着替えて・・・
早く、早く (`◇´*)・・・!

こんなふうに、一日を始めるのは嫌なのであります。
そうやって、せかされながら、支度するよりは、
自分のペースでやって、堂々と遅刻する方が、
子供らしく自然体、健康的で、いいんじゃないかと思います。

(はるやの心の師匠、水木しげる大先生は、子供時代も兵役時代も毎日遅刻。
しかし、そういう、とことんマイペースなところが幸いして一命を取り留めはったんです。
そして、昔、子供さんが朝寝坊をすることに至福の喜びを感じておられたようです。)

だいたい、本人が行く気であれば、
少々眠かろうが、ちゃんと起きて、さっさと支度をするもんです。

ホームスクーリングをずっとしていたら、
後で、学校へ行きたくなったときに、
色々な習慣が身についておらず、
困ることが多いのではないかというような、
心配をされる方もおられましたが、
私としては、
子供というのは、
それが、本当にやりたい事であれば、
慣れぬことでも、知らぬことでも、お構いなしに、
大人のように余計な心配をせず、
どんどん前に進んで行くものなんだと思うのです。

例えば、長男くんは、
学校へ行くようになっても、
自分の趣味の世界に使う時間は削りたくないようで、
親がまだ寝ていようが、
やりたいことがある日は、
朝早く、さっさと起きて、
冷や飯食べて、茶碗を洗って、
出発ぎりぎりまで、
何かに取り組んでおります。
(母親ながら、そういうところは、ソンケーしております。)

313

ホームスクーリング時代は、寝たいだけ寝てた人なんですけど・・・。

長男の年くらいから、こういうことができるんかなとも思います。

(しかし、太郎はんの年頃の子は、時間など気にせずに、
気の向くまま、足の向くまま、やりたいことをして、
呑気に暮らせばいいと思っています。)

35_001

今日も、連休明けのためか、
太郎はんは、朝起きるのが嫌だったみたいで、
「うわーん、行きたくないっ!」と言ったきり、
「ぐうーっ。」と寝てしまったので、
私も、布団をひっぺがえしてまで、起こすこともせず、
「それで、ええんやな?」
と何度か確認して、終り。

太郎はんさえ、それでええんやだったら、
私も、それでええのです。
なぜって、
学校へ行かなくても、子供たちのすることは、何一つ無駄なことなどなく、
自分の時間を生き生きと過ごすということを、
私は、知っているからです。

↓駒がバージョンアップしました。

3_011

(ただ、こんなふうに子供が休む時、
愛情を持って関わってくださっている先生方や、
兄弟のように付き合っている仲間たちに、
対して、少人数の学校だけに、悪いな・・・と思っています。)

しかし、子供は皆、アーテイスト。

311_002

学校を休んだ日に 、
のびのびと、
そのとき、そのときに閃いたことを、
明るく楽しんでいる、
子供らの様子を見てたら、
「ずる休み」「サボリ」なんてことは、この世に無いんとちゃうかと思います。

311_016

風邪とか怪我とかと違っても、
休むことは、許されてもいいはず。
(学校は職場じゃないんやし。)
ほら、子供の権利宣言ってのも、ありましたね。

311_024

学校休んで、
漫画を読むのに明け暮れていても、
泥遊びに夢中になっていても、
その子にとって、必要な何かがあるのではないかな。

312_003

太郎はんは、
今日は、学校の方は、パス。
せっかく、パスしたんやから、遊んだらええのにと思うのですが、
起きるなり、漢字を延々と書いてました。(これも、遊びなんでしょうね。)

311_014

連休の間も、
宿題だけでは物足りず、暇さえあれば、
家にある算数の1,2年の本を片っ端から解いて楽しんでたし、
(九九もろくに憶えてへんくせに。)
こういう、地道な学習がお好きなようです。
(長男とは、全く違うタイプ。)

311_011

久しぶりにゆっくり家で過ごせたので、
一緒におやつも作りました。

子供らと、おやつを作りながら思ったのは、
学校に行くようになると、
以前は、協力してやっていた、
洗濯物干し、畳み、掃く掃除、薪運び、薪ストーブの火の番、
ご飯やおやつ作りの一部参加、布団畳み、など生活の中での仕事の他、
何か面白い物を発明したり創作したり、野山を冒険したりする時間が、
取り難いということです。

10gatu_005

せめて、昼くらいまでで、帰って来られたらいいのになー。

が、まあ、しかしです、
お山の学校だからこその、楽しいことも、親子ともどもいっぱい経験しているし、

はるやは、
学校へ行くも良し、行かぬも良し・・・なのであります(o^-^o)。

ps太郎はんに、ぴったりの不要な自転車募集中です。

↓拾ったか、もらったかした自転車が、そろそろ限界coldsweats01
3_034


|

« 糞採りピクニック | トップページ | はるや@いちにち商店街のお知らせ »

ホームスクーリング」カテゴリの記事

コメント

チャリかーー?
太郎君の身長は?
●輪にでも行ってカッパラッテくっかなー?
ただし雨ざらしは嫌いみたいよ チャリは

投稿: DT | 2010年3月24日 (水) 11時02分

「そうですよね〜!そうなんだよね〜!」と嬉しく読みました。我が家は今日、校長教頭両先生と次女の入学についてお話してきたんですけど、温かいご理解をいただいて嬉しく帰ってきました。ホームスクール4年目突入で〜す!

投稿: すぎもと | 2010年3月24日 (水) 20時45分

DTさん、太郎はんは、120センチ足らずです。ちょっと期待しつつ、書いてみましたbleah今の、小さくて、タイヤが脱腸していて、超乗り難いのですが、ようまあ、文句も言わないで機嫌よく乗ってくれてることやと思いますngそれから、この家は軒が狭く、置くところがないんですーー゚゚(´O`)°゚

投稿: ゆみえ | 2010年3月24日 (水) 22時03分

すぎもとさんとこ、
ホームスクーリングだったんですかー!
いいですねー。ブログとかやってないんですか?私もあらためて、ホームスクーリングのすばらしさを、実感しています。子供たちも、家にいる限られた時間を大切にしているように見えます。子供たちが家で過ごす時間が極端に短くなったので、寂しいですが、ここの学校でも尊い経験をさせてもらってるのも、確かです。身の回りで起こる、こういう変化を、受け入れつつ、人生を面白いものにしていこうと思っています。

投稿: ゆみえ | 2010年3月24日 (水) 22時11分

わたしの祖母(現在86歳)が水木しげる先生の作品のファンで、その影響で”ゲゲゲ”シリーズを読んで育ちました。しかも祖母のコレクションなのでゲゲゲ以前の”墓場の鬼太朗”まで遡り,ストーリーに東条英機が地獄の三丁目を歩いてる場面が出て来たりします。
高校時代は水木しげる先生の小説”寝ぼけ人生”が愛読書でした。私もマイペースにホームスクーリングで過ごしたかったな。そんな私が親なのに、娘達はちゃんと目覚まし時計を自分達で仕掛けて朝早く起き、真面目に学校へ通っています。朝ご飯も夫とこしらえるし、弁当も前夜に晩ご飯の残りを自分達で詰めている時もあります。学校へ行きたくないと言った事も無いです。不思議なもんです。

投稿: くるみ | 2010年3月29日 (月) 14時01分

ええっw(゚o゚)w
くるみちゃんの おばあちゃんが、
水木しげるファン!!
さすがやなーーーーーーー(≧∇≦)
さすが、くるみちゃんのおばあちゃん!
さすが、ひままはんの、お母様!
墓場の鬼太郎、暗いよねーー。
「寝ぼけ人生」おもろいよねー。
くるみちゃんと、
はるやと、共通の趣味(?)が、
あったんやなー。うれしいわあ(*^-^)
それにしても、
娘さんたち、手のかからん、いい子らやなあ。
アメリカナイズされてへんなあー。
夏に会えるの、楽しみにしてるわ。

投稿: ゆみえ | 2010年3月29日 (月) 20時37分

はぁ〜、
本当に、感心しております。
勉強になります。

風歌くんの絵もすばらしかったけど、太郎ちゃんの絵もいいな〜。
飾りたくなりますね。

幸せっていう事がどういうことか、
自由っていう事がどういう事か、
お子様たちの全身から滲み出ているかのようです。

起きなさい!って怒鳴られて、布団ひっぺがされるのが普通ですものね。私も毎日のように…。
子供だって、うんざりしますよね。
思春期になったら絶対「うるせーっ」て逆切れしますよ(笑)

普通の学校ではきっと問題になるんでしょうね。
起こさなかったり、学校へ行かせなかったりすると…。
価値観の違う家族からも色々言われるのでしょうね。

でもゆみえさんの言う通りだと思います。

子供の権利無視して、親の価値観押し付けて、
口うるさく子供の感情無視した声かけしてたら、
必ずや、思春期以降にしっぺ返しがくると思います。
(自信の体験に基づき)

これからも、ブログ楽しみにしています。

投稿: ともこ | 2010年3月29日 (月) 23時10分

ともこさん、ありがとうございます。
朝、子供をちゃんと起こして学校へ行かせないということは、
<虐待>と、言われることもあるみたいです。
私たちも、そういうふうに言われたことがあるんですよ。
人によって、捉え方は色々ですねー。

投稿: ゆみえ | 2010年3月30日 (火) 13時42分

私の友達(アメリカ人)の子供はニワトリより早く、親より早く起床してしまうので,起こさなくても大丈夫なのです。そして日が沈むと眠くなって早寝して、自然に早く起きてきます。そんで親を起こすんです。オレゴンって必殺早起き家族がたまにいてます。お隣さんの7歳児、夕方7時半に寝てるわ。私らからしたら早すぎ。それにしても日本人の思い浮かべるアメリカナイズの子供ってどんなイメージなんでしょ?
自分が実際に住んでて渦中に居ると反対に、よう分からへんねん。

投稿: くるみ | 2010年4月 2日 (金) 16時42分

子供が早起き過ぎるのも、困ったもんですね。
うちの姪っ子9歳は4時とか5時に起きて、「みんなも起きろ!」と、うるさいそうです。
アメリカナイズというのは、
特に、食生活ですわ。
平均的な弁当が、ピーナツバターとジャムサンドに、ポテトチップスに、コカコーラっちゅーのは、ほんまらしいなあ?それか、学校のすぐ近くにファーストフードの店が必ずあって、そこで食べるみたいに、
最近読んだ本い書いてありました。
一方で、BENTO→弁当が、今流行っているらしいですけど。

投稿: ゆみえ | 2010年4月 4日 (日) 06時56分

あ〜なるほど!アメリカナイズとはその事かあ。
ようくわかります。夫が娘達に作ってくれる弁当が、そのピーナツバターとジャムサンドだよ!それに,リンゴかみかんを入れはります。ピーナツバターはオーガニックので,苺ジャムは私の手製やから微妙にマシかもですが。。。かなり近い物があります(汗)
炭酸飲料は学校で禁止されてるから飲めへんけど,チョコレートミルクがありますぞ。
そう言えばスーパーに”ランチャブル”という商品(食品?)が売ってて,これを買って弁当代わりに持たせる家庭があるらしいです。中身は怪しいハムのような物体とクラッカーと合成チーズ,クッキー等で,機内食みたいに詰めてあります。恐ろしや〜

投稿: くるみ | 2010年4月 5日 (月) 15時51分

くるみちゃん、
シュウさんのお弁当やったら、
私も食べてみたいわーー。
こちらでは、ピーナツバターのオーガニックなんて、高級なので、
ちびちびしか使えません。
アメリカ慣れしておった、うちのボスが、
昔、べったりパンに付けてるのを見て、
「うわーー!もったいない。やめてくれー!」
と、思いましたcoldsweats01

ランチャブルですかーー。
これは、また恐ろしいwobbly
アメリカ人は、ほんま、こういうの発明するのが、得意ですなー。

投稿: ゆみえ | 2010年4月 6日 (火) 01時42分

家は殆どの場合 弁当と朝食は夫が担当してます。
アメリカ式で言うとピーナッツバターやジャム、クリームチーズは”べったりたっぷり”塗るのが良いんですわー日本の塗り方は寂し物足りない?です。

娘が5歳くらいの頃、一度でよいからあのランチャブルとやらを買うてくれと懇願され、買うてあげた事があります。喜んで開けて試食した結果,,,二度と買うてくれとは言わへんようになりました。

日本で発明されたジャンクフードはインスタントラーメンやろね。小中高生の頃 焼きそばUFO が大好きで昼に食べてた事あります。あの頃はとても美味しいと思たなあ〜

投稿: くるみ | 2010年4月 6日 (火) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/33912040

この記事へのトラックバック一覧です: ときには、ホームスクーリング:

« 糞採りピクニック | トップページ | はるや@いちにち商店街のお知らせ »