« お山の週末 | トップページ | 手作り市ありがとう! »

2010年4月12日 (月)

漆器は、スバラシイ!

はるやのご近所に・・・とは、言っても、
峠を一つ越えなければならないのですが、

落合芝地くんという、
若き、漆職人がおります。

セルフビルドで建てはった、工房で(冬は本当に寒々しい工房ですsnow)、
お気に入りの音楽を聴きながら、
こつこつと、作品創りをしております。

「これは!」と ビビンと感じた、木地を見つけては、
彫ったり(彫る道具も、手作りです。)
ろくろを回したりして、美しい形を創り、
それから、初めて漆塗りの作業に入ります。

↓芝地くんのおうちでは、ちょっとキズの入ったものなんかを、
 使っているそうですが、じゅうぶん美しいですね。

33_009

その芝地くんが、4月20日より、京都の堺町画廊にて、
個展をしまーす。

33_012

33_011

詳しくは、芝地くんの、ブログを、どうぞ!

http://ochiaishibaji.sblo.jp/article/36404163.html

芝地くんちの、テーブルにあったものを、
勝手に、並べてみました。

33_010

えーーー、
みなさん、漆は、高いと思っておられるでしょう。
そうですね、
お椀一つ1万円以上したりしますもん。
ホームセンターへ行けば、
150円くらいから、自然素材風のお椀が買えますから。

私は、
10年くらい前に、
知り合いの漆職人さんにお願いして、
父ちゃんとペアで、
漆のお椀を作ってもらったのですが、
今も、毎日現役で 気持ち良く使っていますよー。
口当たりも良し、風合いも良し、使い勝手も良し。
そして、飽きません。
この先、ずっと使えそうです。
何しろ、陶器と違って、
漆器は子供がポイッと、放ったくらいでは、割れませんから!
一方、太郎はんと風歌くんの、お椀は、
やすもんを使っているんですが(すんまへん。)
あちこち、ハゲたり、
風合いも無く、見るからにみすぼらしいですweep
(最近、見るのもイヤになってきた。┐( ̄ヘ ̄)┌ )
うーーーん、
これやったら、
ええのを買って、
ずーーーっと使い続ける方が、ええやん。
何といっても、毎日、目にするもの。手に取るもの。口にするもの。

毎日の手作りのご飯が美味しいみたいに、
毎日の食事で使う器が、
手作りで、心のこもったものだというのは、
それだけで、ご馳走ですね。

ほんと、漆器は一生もんだと思います。
(芝地くんは、修理もしてくれます。)
決して、高くない、お買い物だと思います。

というわけで、
子供らの分も、ええのが欲しいなー・・・・
(お年玉で買わそかなー。なんちゃって。)と
思いつつ、
芝地くんの、個展のご案内でした。

良かったら、覗いてみてください。

おっとっと・・・
芝地くんの、パートナーの、
さっちゃんの、ブログ発見しました。
こちらは、
手作りの漆器で、ご飯を食べる喜びがいっぱいです。
覗いてみてね。

http://ochiaisachiko.sblo.jp/










|

« お山の週末 | トップページ | 手作り市ありがとう! »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/34192812

この記事へのトラックバック一覧です: 漆器は、スバラシイ!:

« お山の週末 | トップページ | 手作り市ありがとう! »