« 10月の森のおむすびマーケット | トップページ | 綾部の風土祭&いちにち商店街のお知らせ »

2010年10月19日 (火)

田んぼの学校 5

  20100929_002_024_2

脱穀の日です。

骨身を削って守り抜いた、(@Д@;

この美しいお米たち。

(干してある真下には、イノシシどもの足跡がありました。)

20101011_001_012_2

足踏み脱穀機を使います。

この機械が発明される前は、

鉄のでっかい櫛のような、

「千歯こぎ」という道具がありました。

村のおばあさんたちは、

昔はその千歯こぎを使い、

延々と作業しておられたそうです。

途方も無い話です。coldsweats02

この足踏み脱穀機が登場したときは、

さぞかし画期的だったことでしょう。

20101012_001_008_2

子供時代に使っていた、

足踏みミシンを思い出します。

手縫いから足踏みミシン、そして電動ミシンへと、

早く確実に縫えるように変化したように、

(機械の調子にもよりますけど。)

千歯こぎから、足踏み脱穀機へ、

そして現在は、

稲刈りと脱穀がオートマチックされたコンバインという、

便利なマシーンがあるんですねー。

20101012_001_045_2

<仕事師>太郎はん、

小さな体で、がんばっとります。

ものすごい勢いをつけて踏み込みます。

手足を精一杯動かして、スピードにうまく乗り、

脱穀機と一体となって、ガンガンやっている姿は、

真剣勝負!

なかなか見ごたえあります。

20101012_001_049_2

飛び散った籾や、

脱穀し損ねた穂をかき集め、

ちまちまと、分別する地味な作業も

大切です。

20101012_001_018_2

次に、唐箕を使って分別します。

風の力で、籾と藁屑などを分ける道具です。

昔、ネパールで、

籾の入った盆ざるをヒラヒラと、宙で舞わすようにして、

分別している風景を見ましたが、

それを思うと、

この道具も、すごい発明ですなー。

20101012_001_031_2

出てきた籾を、

杵で搗きます。

これまた、途方も無い作業。coldsweats02

20101012_001_036_7

20101012_001_027_2

これを、再び唐箕にかけて、

玄米と藁屑等に分けます。

20101012_001_040

ほんで、また搗いて、

白米に近いものにするのです。

(おばあさんたちは、玄米では食べんかったそうです。)

20101012_001_039_2

藁は、

こうやって、転がって遊んだり・・・・、

20101012_001_054_2

箒、草鞋、炭俵に米俵、蓑、干し野菜を縛る紐として、

納豆を作る時などなど、

それはもう、様々な使い道があったそうな。

今でも、ここのおばあさんたちは、

家で使うための藁で箒を作っておられます。

(私も教えてもらわなきゃ。)

今、ビニールやらプラスチックやら、

石油でできているようなもんは、

ほとんど藁で作っていたのかも。

20101012_001_053

雪深く貧しい寒村のイメージを持ってたんですが、

この村は、「昔からお米は余るほど収穫できて、

食べるもんには、困ったこと無かった」と、

おばあさんがおっしゃいます。

ということは、

このへん一帯、そこらじゅう田んぼだったのでしょうね。

そして、大家族みんな力を合わせて、

こんな、途方も無いような作業を、延々をおこなう日々だったのでしょう。

「たいへんやったやろうなー」と私が言うと、

「みーんなやってたもん!」と、おばあさんたちは、

ケロっと言われます。coldsweats01

牛が耕していた時代、

すべてが人間の手足の動く早さで行われた時代へ、

タイムスリップして、覗いてみたいな。

ネパールの田舎の村みだいだったのかな。

20101012_001_052

|

« 10月の森のおむすびマーケット | トップページ | 綾部の風土祭&いちにち商店街のお知らせ »

お山のがっこう」カテゴリの記事

太郎はん」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり!来年大阪の大正区でカフェを始めることになりました!また大阪に来ることがあったら遊びに来てね~!
最近twitter始めました。これ予想以上に楽しいよ。

投稿: べっちゃん | 2010年10月20日 (水) 01時15分

本当に気の遠くなるような地道な作業でお米が食べれるようになるんやね。こういう行程を見ていると、米粒一つも無駄にせず、ちゃんと食べなあかんなあ〜と思います。ええもん見せてもらいました。ありがとう。

投稿: くるみ | 2010年10月20日 (水) 17時53分

べっちゃん、ほんまに久しぶり!!
カフェ始めるなんて、元気にしてるんやね!
どんなカフェなんやろ。
娘ちゃん、大きくなったやろ。
会いたいなー。

投稿: ゆみえ | 2010年10月20日 (水) 21時30分

くるみちゃん、
私、ほんま気が遠くなりましたわ。
何でも、手作りがいいってわかってても、
機械や電気に頼らず、
こうやって、昔ながらの手作業で行うのは、
今は、無理やな~。
ほんと、米粒一つも無駄にできません。

投稿: yumie | 2010年10月20日 (水) 21時41分

へー、すごいなあ、全て手作業なのですね。感動。
私は脱穀もみすりは機械使ってしまいますわ。

投稿: あやの | 2010年10月22日 (金) 10時36分

あやのちゃん、
これの作業は、
午前中いっぱいやりましたが、
あとは、
もみすり機を使いましたよ。
うちの田んぼも、
今年は、仲間のやり方に習って、
ほとんどコンバインを使ったし、
もみすり機も使いました。
ぜーーんぶ、昔ながらのやり方というのは、
無理です~~~(;;;´Д`)

投稿: yumie | 2010年10月22日 (金) 17時24分

そうかー、お疲れさまー。
けど、少しでも昔ながらのオール手動でやってみるのは面白いし米のありがたみも増しそうですね。
うちの近所では、慣行農法でも天日干しにこだわる人もいます。たいていはコンバインだけど。
いつかまたお会いして、田んぼの事など喋り合えるのを楽しみにしています。

投稿: あやの | 2010年10月22日 (金) 19時04分

あやのちゃん、
なんだか、誰かと会えば、
田んぼの話をしている私。
田んぼをやっている友達も多くなったし、
特に、今の季節は、
田んぼやイノシシの話で持ちきり?
何年か前では、考えられないことです。(笑)
あやのちゃんとも、
田んぼ談義に花を咲かせたいもんですね!

投稿: yumie | 2010年10月23日 (土) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/37306550

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼの学校 5:

« 10月の森のおむすびマーケット | トップページ | 綾部の風土祭&いちにち商店街のお知らせ »