« はるや@あっちこっち。 | トップページ | 作る日々 食べる日々 長月 »

2010年11月 1日 (月)

ニックさん。

20101031_002_004

お山のはるやに、

アメリカからお客さんが来てました。

アメリカじゃ、(普通に。)でっかい家に住んでるんだろうに、

ソファのある広いリビングも無し。

居場所と言えば、

ご飯食べるのも、本読むのも、

子供らが、絵を描いたり、宿題するのも、

PCするのも、電話するのも、音楽聴くのも

雨の日に洗濯物を干すのも、

ぜーーんぶ、

この小さい箱のようなここ。(^-^;

20101030_001_001_2

でも、この人、

ニックさんは、前の山のふもとのはるやの家のときも、

何日か泊まりに来た経験があり、

ぼっとん便所に、五右衛門風呂。隙間風びゅーびゅー、

きしむ床、蜘蛛の巣だらけ、煤だらけだった我が家。

「家の外と中の差の無い、ワイルドな家だ!すごいぜ!」

と、そのときはそのときで、喜んでいましたが・・・・、

20101030_001_004

(↑太郎はんは、狭い所好きなんで、わざわざあんなところで、

  何か製作中。)

この小さなお山ハウスでも、

文句一つ言わず(言える立場でも無いでしょうけど。coldsweats01 )

20101030_001_003

ときどき、

「おぅっ・・・・・・!!!(@Д@;」

と、足のストレッチをしながらも、

ここにいてはりました。

(ずっと天気も悪かったしな・・・)

20101030_001_005

ある日の昼下がり。

餅を食べる子供たち。

それに見向きもしないニックさん。

おやつにアップルパイを作るはるさん。

(私が仕込み中なんで台所の調理台が使えないのです。)

・・・・もうめちゃくちゃですなー。coldsweats01

20101030_001_008

**

ニックさんは、

昔から、日本に来るたびに、

色々お土産を買ってきてくれました。

オーガニックのものばかり・・・、

キャロブパウダー、

アーモンドバター、

メイプルシロップ、

オリーブの実、

ペイカンナッツ、

コーヒー豆、などなど。

もう今じゃ、日本でも手に入りやすくなったので、

お願いしなくなったんですが、

今回は、3兄弟のために、

いっぱい買ってきてくれました。

ニックさんのよく行く店のTシャツ。

店の人に3兄弟の写真を見せてサイズを見繕ってもらったそうで、

(みんなでっか過ぎでしたけど。)

この写真を、

また、店の人に見せるんだと言ってました。

↓滅多に新品のものを身に着けることが無いだけに、

 上機嫌の3兄弟。

20101030_001_010

それから、

ポートランドで友達が作ってるというチョコレート。

http://www.almachocolate.com/

ニックさんが、一生懸命すべてを6等分しました。

塩キャラメル入り、スパイシーピナツバター入りなど、

個性的なものばかり。

高かったんとちゃうやろか。coldsweats01

20101030_001_014

ああっ・・・・・・・!!(゚ロ゚屮)屮

あっと言う間や・・・∑(゚∇゚|||)

20101030_001_015

はるばるアメリカから来てるっちゅーのに、

素食ばっかりでしたが、

毎食、毎食、一口、一口、

感嘆の声を上げて、

「これが、ほんまの飯や!」と言って、はるやのご飯を喜んでくれました。

それが、一番うれしかったです。

自家製の梅干も、

毎食後食べてはりました。

(覚悟がいるようでしたが。)

そして、

「空港行ったら、たぶんレストランで食事することになるやろうけど、

 そのとき、ボクは、悲しくなるやろなー。」

と、言ってました。weep

「大丈夫やで。

 私が、弁当作ったげるし。」

と、返しましたけど。

20101030_001_011

いよいよお別れの朝。

はるやは、出店の日でした。

夜明け前からバタバタと準備をしている中、

ニックさんは、

山のような洗い物を、

黙々としてくれました。

20101031_002_001_2

前の家で付いたままの煤まで、

磨いてくれて、

鍋もボウルも、前よりピカピカにしてくれました。

ありがとうニックweep

20101031_002_003

私らの方が、朝早くから出かけなあかんかったので、

ニックさんは、後で、

近所の兄ちゃんに京都まで送ってもらうことになりました。

ニックさんに、私らは見送られて出発です。

へんなかんじ。

「またねー。元気でねー。(ρ_;)」

20101031_002_009

ありがとうニック。

次は、どんなバンドと一緒に来るのかなーー。

(このたびは、シャルロット・ゲンズブールのバンドの仕事で来日しはりました。)

いつになるのかな。

また来てなー。

20101031_002_007

一仕事終えて、

うちに帰ったら、

ニックの布団がきれいに畳まれていて、

洗い物も、最後の最後まできれいにされてあって、

胸がきゅんとなりました。weep

|

« はるや@あっちこっち。 | トップページ | 作る日々 食べる日々 長月 »

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

感動!

投稿: ハチヨコ | 2010年11月 1日 (月) 23時51分

ああ、ほんとにきゅんとなる話。

ニックさんのあり方、心があったかくなりました。
教えてくれてありがとう。

しかし、居間の状態が、すんごくうちと似てたので
そんでそれを客観的に見たら、ええ感じやなぁ、と思ったので
私もなんかうれしくなったのでした。
(都合のええやっちゃ、ですけどね〜〜〜)

投稿: さかいのりこ | 2010年11月 2日 (火) 05時05分

昨日は1日商店お疲れ様でした〜
洗い物もきっちり最後まで仕上げて、
顔も見ずに長い別れをするなんて、
胸がきゅん、ですわな。
素敵な人ですね。ニックさんは。

投稿: ちび | 2010年11月 2日 (火) 08時06分

ハチヨコさん、のりこさん、
チビちゃん、
私の個人的な「胸がきゅん」を、
シェアしてくれてありがとう。weep
いくつになっても、
相手が誰でも、
しばらく供に寝起きした人と別れるのは、
寂しいですなー。(ρ_;)

のりこさん、
居間のかんじが似てましたかcoldsweats01
でも、のりこさんとこは、
子供さんが大きいので、
出しっぱなし、脱ぎっぱなしは、
そんなに無いでしょうね・・・。

投稿: yumie | 2010年11月 3日 (水) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/37491759

この記事へのトラックバック一覧です: ニックさん。:

« はるや@あっちこっち。 | トップページ | 作る日々 食べる日々 長月 »