« はるやのお正月 | トップページ | お山ハウスに戻りました。 »

2011年1月 9日 (日)

今年も廃材天国

20110107_001_004

夜明け前に、九州を出て、

四国へ渡りました。

東へまっすぐ向かいます。

父がいて、

母や兄のお墓のある九州から、

どんどん遠ざかってゆきます。

母が旅立ったのは、一月なので、

毎年、九州への往復のドライブのときに、

その頃の記憶が、どうしてもなまなましく戻ってきます。

母の思い出から、リンクして、

兄や、友人たちの、

亡くなったときの色々なシーンが、

次から次へと果てしなく思い出されます。

毎年一年のはじまり、

自分の育った西の土地へと向かうとき、(九州ではないのですが)

私は、その土地に引っ張られるように、

逝ってしまった懐かしい人たちのことを、

どうしても、思ってしまうのです。

瀬戸内の穏やかな海や、工業地帯、

山なみや広い空を見ながら、

毎年、毎年、儀式のように、

きまって記憶が昔へ引き戻され、

懐かしい人たちを思い出すのです。

毎年の帰省は、

亡くなった人たちを偲ぶ旅でもあるようです。

**

・・・・・と、

しんみりしてしまいましたが、

また、讃岐うどん食べました。ヽ(´▽`)/

国産小麦の手打ちで、天然醸造の醤油を使用した

あっさり味の、

美味しい店でした。

20110107_001_006_3

そして、

今年も、ここへやってきました!!

じゃ、じゃーーーん。

香川県の、廃材天国でーす。

着いた、着いたー。

20110107_001_008_2

おーっ。一年ぶり。

横にも、上にも、前にも、

なんだか、増殖しております( ̄Д ̄;;

20110107_001_012

↓こちらは、去年の訪問のときの日記

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-a083.html

20110107_001_011 

また、ターザンごっこや。

20110107_001_018

海の幸、畑の幸、

うちにあるもんばっかりで作った料理らしいですが、

すごーーい、ご馳走。

ありがとう!!

20110107_001_025

廃材天国の陣さん一家が、

ちびっ子3人子連れで、

タイ~ラオスへバックパッカーしてくると言うんで、

一応、子連れバックパッカーの先輩として(偉そうやな)

色々と指南してきました。

バックパック背負っての初めての旅・・・が、

いきなり3人ちびっ子連れとは、

さすが、陣さん一家であります。

↓でっかい家に、

この晩は大人子供合わせて12人が、雑魚寝しました。

寝る前、ストーブに放り込んだ、

切り株みたいな大きな薪が、

少しずつ燃えていたので、温かい夜でした。

20110107_001_026

翌朝、讃岐富士が、きれいに見えました。

20110108_001_001

キッチンでは、

一日中、何かがストーブの上で、煮えてます。

この薪ストーブも、自作です。

薪割りの手間を省いて、

切り株のまま入る、特大サイズです。

そればかりか、

ストーブの上の、でっかい鉄の鍋も、

混ぜてる、柄の長い鍬のようなもんも、

すべて陣さん作。

20110108_001_004

こまごまとした、道具から、

ダイナミックな家、風呂、便所、小屋、

米や野菜はもちろんのこと、

移動式パン焼き石釜という変り種やら、

何から何まで、作ってます。

作って、作って、作りまくる、

働きモノの陣さん一家です。

しかも、材料は、すべて廃材というのが、すばらしい。

↓寝室の外壁は、こんなんでした。ミノムシみたい。

20110108_001_002

滅多に会えなくても、遠く離れていても、

暮らしの中で、「大切にしていること」が似ていると、

たまに会っても、違和感が無く、

お互いすぐに馴染んで、

心からリラックスできますね。

目にするもの、口にするもの、使う道具たち、

元気いっぱいの子供たち・・・

暮らしのすみずみまで、ほんと心地よい一日でした。

ここの子供たちも、

みんなお家で生まれて、

ホームスクーリングだったり、学校行ったり、

自分で決めてる子たちです。

20110108_001_009

ありがとう!!

20110108_001_007

↓うふふ。去年はこんなんでした。みんな大きくなったねー。

028

陣さんファミリーのみなさーーん、

子連れ旅、楽しんで来てねー!

↓こちらは、陣さんの日記です。

http://kadoya.ashita-sanuki.jp/e363242.html

|

« はるやのお正月 | トップページ | お山ハウスに戻りました。 »

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お元気そうですね。
私は3月末に大分に車で仕事に出かけます。
たぶん神戸からサンフェリーで大分港へ行くと思います。大分港の近くに大きな企業がありますのでそこでお仕事です。

さて、もうすぐ神戸淡路大震災の日が来ますが、
私も大切な人を亡くしてしまい、うつ状態が
続いたこともあります。現地には入れず
大阪から船で近くまで行き、やっと
会えたと思ったら、あまりにむごい状態で
今でも夢で見ます。角松さんの歌にも
君を超える日というのがありますが
私は超えたくないのでございますよ。
ずっと夢で逢いたいのでございます。
こんな感傷的になっても、ご迷惑かと
存じますが、”母が旅立った”という
言葉に私の心の琴線に触れたのでござる。

投稿: カメラマン@よしだ | 2011年1月 9日 (日) 20時39分

よしださん、コメントありがとうございます。
その季節になったら、
心が、その頃へ再び引き戻されるというお気持ち。同じですね・・・・。
そして、私も「超えたくない」のが、同じです。
そんな自分の気持ちは、
辛かろうが、寂しかろうが、否定せず、
忘れたいとも思わず、
ありのままに、受け止めています。
でも、時間の流れが癒してくれていっているというのは、確かですが。
・・・それでも、
また、その季節がめぐってくると、
心はあの頃に戻ってゆくのですよね。
ひょんなことから、
よしださんと、気持ちが共有できたようで、
うれしいでござりますよ。

投稿: yumie | 2011年1月 9日 (日) 23時42分

はるやのみなさん
2年連続での新年の訪問ありがとうございます。
そして、丁寧でよく伝わる日記もありがとうございます。
四国内では手作りのライフスタイルの仲間も随分と増えましたが、近所では中々少ないので、こうしてみんなで来てくれるとほんとに嬉しいです。
また来年も来てくださいねー!

投稿: 陣 | 2011年1月10日 (月) 05時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/38402014

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も廃材天国:

« はるやのお正月 | トップページ | お山ハウスに戻りました。 »