« いちにちインド料理店、ありがとうございました。 | トップページ | 雲の上 »

2011年2月 2日 (水)

作る日々 食べる日々 師走

旧暦では、今日まで師走。

春待月、梅初月なんて、かわいらしい別名もあります。

そして明日は元旦です。

今でも、沖縄では、

この旧暦正月を祝う行事をされているとか。

東南アジアの国々でも、そうなのかな。

年賀状に、

「初春」「賀春」「新春」「迎春」など、

春がつく字が多いですが、

旧暦の今の方が、

そういいう春めいた言葉は、ぴったりだと思います。

今日は、

そんな春めいた、

雪解けの音が響く、暖かな一日でしたよ。

20110130_001_029

西暦の師走のある日。

はるやは、恒例の、

カイラスレストランhttp://alike.jp/restaurant/target_top/96643/

の餅搗きに呼んでいただきました。

何を隠そう、

カイラスレストランのキッチンの、

年季の入ったガスオーブンと、

冷蔵庫は、

はるやのお下がりでございます。

大切に使ってくれて、ありがたいです。

まあ、そんなご縁で、

毎年、お餅搗きに寄せてもろてます。

ちなみに、

このお店のトイレの引き戸には、

はるや一家ネパール旅行記のポスターが貼ってありまして、

本も置いてくださり、

何かと、ごひいきにしてくださってます。

ありがとうございまーす。

20101229_002_001

そして、また別の師走のある日、

いちにち商店街の仲間たちと忘年会しました。

子無し、はるさん無し・・・の、一人きりで、

忘年会なんて、

何年ぶりやろ?

出展メンバーの、

腕によりをかけた、料理の数々・・・。

すばらしかったです。

20101229_001_002

冬休みも終わり、

また弁当の日々が始まりました。

20110114_001_001

↑ キンピラ

   厚揚げとダイコンのステーキ&にら醤油

   バジルペーストと高キビのスパゲテイ

出店翌日の、

もろ、残り物弁当coldsweats01

20110117_002_009

玄米焼きおにぎり

 金時豆と車麩のキッシュ

 豆腐のキッシュ

 りんご

20110118_001_010

玄米焼き飯

  ほうれん草の胡麻和え

  レンコンステーキ

  大学芋

京都のばあちゃんが、

「たまには、可愛い孫たちに魚でも食わせてやってくれ。」と、

鮭を差し入れしてくださいましたので、

じゃじゃーーーん。

初めて魚が弁当に登場しました。

子どもら、さぞかし驚くでしょう。

20110124_002_001

↑ 塩鮭

  レンコンのキンピラ

  ほうれん草のナムル

20110125_002_002

↑キャベツとアーモンドのサラダ

  かぼちゃと高キビのコロッケ

  ダイコンステーキ&生姜味噌

  根野菜のキンピラ

ご近所に、赤ちゃんが生まれましたので、

お祝いに、赤飯といっぱい炊きました。

20110127_001_001

↑お赤飯

 ダイコンと白菜のサラダ

 サツマイモの素揚げ

20110131_002_001

↑かぼちゃソースのグラタン

 ほうれん草とえのきの胡麻和え

 キャベツのサラダ

いちにちインド料理店の日は、

もちろん子どもらも、インド弁当。

4種類のカレーに、ちびチャパテイ付き。

こんな弁当持ってくるの、うちくらいやろ。

20110201_001_005

ある晩、

うるし職人落合芝地くんhttp://ochiaishibaji.sakura.ne.jp/ちで、

持ち寄り晩御飯しました。

この家も、雪に埋もれそうです・・・・( ̄Д ̄;;

 

20110122_001_001  

ピザ焼いてくれました。

芝地くんとこで、何がうれしいかって、

おいしいご飯はもちろんのこと、

器が、どれも芝地くん手作りの木の器で、

それらを、

眺めたり、手にとってりするだけで、

うれしくなるのですよ。(≧∇≦)

20110122_001_005

お山の学校で、

子どもらが、栃餅を搗いて持って帰ってきました。

秋に、自分らで栃の実を拾ってきて、

地域のお年寄りに作り方を聞き、

<栃へし>(栃の皮をむく)をしたり、

灰で合わせたりして、

一から、たっぷり時間をかけて、手作りしたそうです。

20110121_001_003

国語算数理科社会よりも、

こういうことしてる時間が多いんじゃないかと思えるほど、

ユニークな授業の多いお山の学校です。

ありがたいことです。

ちなみに今日は、

一時間目から六時間目まで、

ずっと、図工で、

どこからか版画家の方が、

わざわざ来られて指導してくださったそうです。

お昼は、うどんとぜんざいを

センセイと子どもたちで作り、

いっぱい食べたそうですよ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ケーキの注文が時々入ります。

久しぶりに、人参のケーキを焼きました。

このケーキは、はるやの定番ではありません。

なぜかというと、

人参を、大量に摩り下ろすのが、

面倒くさいからであります。bleah

仕事のくせに、そんなこと言うてますが・・・┐(´-`)┌

でも、おいしいんで、

みなさん、遠慮なく、ご注文くださいな。

20110126_002_003

お正月に、香川県で食べた、

おいしいうどんを目指して、久々に手打ちうどんしました。

シンプルに、釜揚げうどんスタイルで食べました。

20110125_004_005

ある日のおやつ。

京都のばーちゃんが、イチゴを差し入れしてくださったので、

イチゴのタルト。

自家製甘酒クリームを、

きゅっとカボス果汁で甘さを引き締めて、

たっぷりと、敷き詰めました。

20110121_001_002

残りご飯で、

パンケーキを焼きました。

甘みのものを入れなかったので、

秋に来はったニックさんがお土産にくれた、

なんとかベリーのシロップをかけましたが、

うっへー。

甘かった~~~~~~(;´▽`A``

アメリカのもんは、

たとえオーガニックのもんでも、かなり甘いですねーー。

20110114_001_018

玄米が少し。

シチューが少し、それぞれ残っていたので、

玄米にペンネと、蒸し野菜を足して、

20110129_001_044

残りもののシチューに、

豆乳と、玄米粉を入れて、

コクを出し、

上からかけて、

オーブンで焼きます。

20110129_001_045

おいしい、グラタンのできあがり。

20110129_001_047

ふっ、ふっ、ふっ・・・

誰も、残り物で作ったとは、気が付かないだろ・・・。( ̄ー+ ̄)

自家製天然酵母パンを添えて。

20110129_001_049

今日は、シベリア街道を歩き、

20110202_001_002

週一回開かれる、

地域のおばあさんと、若いもん(・・・おばあさんたちに比べたら若いです。)

たちが、集う、

「こたつサロン」へ。

70代後半から、80代のおばあさんたちが、

きばって持ち寄ってくれる、

漬物や保存食の数々。

夏に採れる、青唐、きゅうり、ナス、茗荷・・・

食べ切れなかったものは、無駄にせず、

残らず塩漬けにして、

野菜の採れない今の季節に、

他の食材と合わせ、

色々なアレンジで、一品を作ってきれくれます。

一人暮らしのおばあさんたちが、

じゅうぶん、冬の間食べていけるだけのもの、

いや、それ以上のものを、

昔と変わらず、仕込み続けておられます。

雪に閉ざされた間の、食生活は、

実は、こんなに豊かなのだということを、

ここへ来て、知りました。

20110202_001_003

食べた後は、

昼寝したり、

花札やカルタで遊んだり、

おやつ食べたり・・・。

春が来るまで、こうやって毎週一回、集います。

20110202_001_004

|

« いちにちインド料理店、ありがとうございました。 | トップページ | 雲の上 »

お山のがっこう」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

食べること。」カテゴリの記事

コメント

お山の学校、楽しそうだね。

ごはんのオンパレード、
すごい・・・
さすがだ・・・
そして美味しそう。
私は人参ケーキが気になる。

明日から、tokiとFuは10日間の親子旅。
千葉の醤油しぼりに出かけます。
うちの暮らしも、ここしばらくちょっと変ります。

投稿: natsu | 2011年2月 3日 (木) 07時13分

natsuさん、
ブログ、こちらもいつも、
感心しながら、楽しませてもらっているよー。
FUくん、
お父さんの仕事のパートナーとなって、
一緒に旅をするんだね。
10日間も!
ホームシックにならんかな・・・。
立派に育ったもんやね~。
次男、三男、姫と、natsuさんで、
しばらく新鮮な日々やろうね。
千葉県は、自給的な暮らしをしている人たちが、
多いらしいね。
ところで、
そちらは、気温は低そうだけど、
雪が全然無いんやね。
こんな季節に、野草が採れるなんてびっくりですよ。

投稿: yumie | 2011年2月 3日 (木) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/38714214

この記事へのトラックバック一覧です: 作る日々 食べる日々 師走:

« いちにちインド料理店、ありがとうございました。 | トップページ | 雲の上 »