« かの地へ | トップページ | ナターシャさん »

2011年3月22日 (火)

春のいちにち商店街は

20110322_001_004

4月1日 * いちにち商店街 

下鴨亭の、JUNさんが、

新しくアップしてくださいました。

http://blog.livedoor.jp/factory0523/

私は、

3月、泣く泣くキャンセルしたキモノのお話会を

させてもらいますが、

まさか、一ヶ月後に、

このようなことになるとは・・・・。

こんなときに、

のんきに キモノの話なんて、

してる場合やろかとも思いました。

(楽しいことを催すことに、罪悪感さえ感じました。)

20110322_001_006

でも、

この先行きの見えない緊迫感。不安感。

かの地からの、

いたたまれないようなニュースの数々。

これまで、誰もが経験したことのない、悲しみ、苦しみ。

まだまだ、長く続きそうです。

あるとき、

ふと、

「あ、自分のことも、ケアしてやらな」

と、思いました。

家のことやら、子どものことやらに加えて、

原発や、被災地のことが、

頭から離れないので、

よほど、意識して、

リラックスタイムでも、作らなければ、

母ちゃんというのは、

自分のケアなんぞ、できないもんです。

そして、

母ちゃんが明るく元気でどっしりかまえていたら、

やっぱ、

子どもたちは、何があっても安心なんだと思います。

20110322_002_001

今回の、キモノお話会では、

キモノのお話ももちろん、させてもらいますが、

(もしキモノをお持ちでしたら、着てみましょう!

身体も心も温まります。)

原発について、

被災地についての、情報交換や、

それぞれの思いを、出して、シェアしてみたりと、

癒しの時間になればなあと、思います。

参加してくださったみんなが、

ほっこりと温かい気持ちを携えて、

家路へと向かうことができますように。

思い切って、

出て来てみませんか?

・・・・

というところで、

この歌を思い出しました。coldsweats01

♪重いコート脱いで、出かけませんか?

 もうすぐ春ですねえ

 彼を誘ってみませんか~~~~♪

・・・と、これだけのフレーズで、

何の歌かわかる人?

私と同世代ですねーー。

**

話がそれて、

すんまへん。

**

申し込みは、

haruya120アットマークgmail.com

はるやのおやつと、お茶付きで、600円の参加費をいただきますが、

全額、被災地へと、送らせていただきますね。

はるやは、

これから先、

出店するたびに、売り上げから、

義援金を、ひねり出そうと思っとります。

|

« かの地へ | トップページ | ナターシャさん »

いちにち商店街」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

もうすぐは~るですねえ♪

ちょいと出掛けませんか♪

スーちゃん最高!

投稿: あやの | 2011年3月23日 (水) 15時48分

はるちゃん、ゆみえちゃん ケーキ&おやつセット美味しかったよー(●^o^●) 
昨日 札幌に戻りました。 次に京都に帰ったときにはまた”はるや”の味 食べられるかな~ 楽しみにしています。

投稿: おねえ | 2011年3月24日 (木) 15時20分

へー。
あやのちゃん、
キャンデイーズ知ってんの。
私も、スーちゃん好きやったな。


おねえ、
こんな大変なときに、
はるばる、
来てくれてありがとうね。
月音ちゃん、
おねえに似て、
さぞ、べっぴんさんになってるやろねえ。
また、写真見せてね~~。

投稿: yumie | 2011年3月24日 (木) 16時45分

被災地のこと、原発のこと、現場で作業されている方々のこと・・・どれだけ祈っても、なんて私は無力なんだろうと思い、罪悪感でいっぱいになってしまいます。
でも、子どもの前で、不安な顔してはいけない!って思います。子どもはいつだって、無邪気で明るくって、命そのものだと思うから、やっぱりいつも母は安心を与えてあげれる存在でありたい。
だから「自分をケアする」こと大事だな~ってゆみえさんの日記を読んで思いました。
自分の中のもやもやっとしたものを、思い切って吐き出せたら、どんなにいいか。
遠くて、なかなかゆみえさんにお会いする機会がないのが、とても残念です。
でも、いつか必ず。

投稿: まちゃ | 2011年3月31日 (木) 21時22分

ゆみえさん、今日はいちにち商店街でのお話し、
ありがとうございました。
原発が無くなったらいいな~~と
思っているのですが、漠然と思っているだけではなく、
まず今何が起こっているのかについて
もっともっと関心を持とうと思いました。

いい機会が与えられたこと、ありがとうございます。

そして、ときどき着物を着ることも忘れずにいたいです。

投稿: あじさい ゆめこ(よしえ) | 2011年4月 1日 (金) 23時01分

まちゃさん。
まちゃさんも、
お母さんになってたんだね。
子どもは、いつだって無邪気で明るくて、命そのもの。
その明るさに、
わたしは照らされて、
こんな状況でも、やっていけてるのかも知れない。
子どもがいないときは、
「子どもなんて、手がかかるし、たいへん」って思っていたけれど、
今、どんなに子どもらに支えられていることか。
毎朝、毎晩、
一人ずつ、ぎゅっと抱きしめて、シアワセを感じています。

投稿: ゆみえ | 2011年4月 1日 (金) 23時13分

ゆめこさんへ。
春らしいかわいらしい着物、
ゆめこさんらしくて、
とってもステキでした。
着物を着ている人が、そこにいるだけで、
見る人の気持ちを、ほっこりさせてくれるのですね。
(自分がそういう存在かどうかは、わかりませんが。)
着物、自然エネルギー、手作りの暮らし・・・
そんなふうに、
シフトしていきましょうね。
また、こんなふうに集まって、
いろいろなお話できたらいいなと思います。
参加してくれてありがとう。

投稿: yumie | 2011年4月 1日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/39324820

この記事へのトラックバック一覧です: 春のいちにち商店街は:

« かの地へ | トップページ | ナターシャさん »