« イングリッドネイマン氏と平沼百合さんより。 | トップページ | お山の学校*田植え »

2011年7月20日 (水)

母ちゃんは修行へ

20110720_001_002

みなさん、ご無沙汰してました。

アースデイしがの後、

「お母ちゃんは、心の修行をしてきます。

留守の間、みんな仲良くしといてちょーだいよ。」と、

子供たちに言い残し、

荷物をまとめて、

極秘で、(←あ、ブログで言うてしもたな。coldsweats01 )

京都の山奥へ、心の修行へ行っておりました。

(こんなところ→http://www.jp.dhamma.org/index.php?id=1192&L=12

**

その間に、

梅雨明けしたんですね・・・・・・・・・。

20110720_001_014

厳格な規律のもと、

意識的にか無意識的にか、

膿と言うか、宿便と言うか、(汚い例えですみません。)

いつの間にやら溜め込んだ、

心の奥底に沈んだ濁ったものを、

自分で搔き出す修行でした。

上澄みだけ取り除くのではなくてね、心の奥底から・・・。

**

この修行をすることに踏み切ったのは、

それなりに、理由があったわけなのですが、

心の中には、それはもう、いろいろと、溜め込んでいて、

ひたすら、沈黙の中で、

自分の心と身体のすみずみまでと向き合い、

瞑想することによってそれらを出し切る作業は、

私には、苦行でした。(。>0<。)

10日間の苦行に耐えたからと言って、

ちょっとやそっと、修行したくらいでは、

心の汚濁がすべて浄化されるわけもありません。

これからも、

ご飯を食べたり、寝たりするのと同じように、大事に思って、

暮らしの中で、

ヴィパッサナー瞑想の時間を作って修行を続けようと思います。

(三日坊主になりませんように。)

20110720_001_004

期間の最終日は私の誕生日。

前夜は、そこらじゅうを明るく照らす、美しい満月でした。

10日間の厳しい修行を終えて、

自分の残りの人生を豊かに生き抜くための、

すばらしい技法・・・一生使える技法・・・、

を、しっかりと教わりました。

そして、何かしら湧いてくる感謝の気持ちと共に、

誕生日に、新しく出発することができました。

これは形も無く、目にも見えませんが、

大きな贈り物を授かった気分ですよ。

**

というわけで、

瞑想やら感心の無い人には、

何言うてるんか、わからんようなこと書いてしまったかも知れませんね。

なんだかいつもと違う日記となりましたが、

これからも、よろしくお願いしまーす。

20110720_001_007

|

« イングリッドネイマン氏と平沼百合さんより。 | トップページ | お山の学校*田植え »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/40888281

この記事へのトラックバック一覧です: 母ちゃんは修行へ:

« イングリッドネイマン氏と平沼百合さんより。 | トップページ | お山の学校*田植え »