« 8月のいちにち商店街のお知らせ | トップページ | 児玉教授の息子さん »

2011年7月29日 (金)

児玉龍彦さんの話と、髪の毛の保存

20110729_001_013

今、

放射能から子どもたちを守るお母ちゃんたちのMLなどで、

こちらの動画が、

話題になっていますよ。

良かったら観てください。

http://savechild.net/archives/6135.html

**

それから、

髪の毛の保存について、

ポートランドの平沼百合さんが、

メールをくださいました。

このブログでも、何度か紹介させてもらった、

「自然療法を用いた放射線除去対策」のサイトを立ち上げ、

http://nihongo.zerorads.com/

関連する資料や新しい情報の、翻訳に取り組んでおられる方です。

**

以下、百合さんのメールより、

紹介させてください。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ECRR(欧州放射線リスク委員会)の科学事務局長クリス・バズビー博士の来日時に、

福島での調査に同行された、

医療ジャーナリストの藍原寛子さんのインタビューの書き起こしがここで読めます。 

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-723.html

一部、役に立つかも知れない情報を抜粋しました。



これはぜひともやっておいてほしいということで、

一ヶ月に1cm髪の毛が伸びるので、

4cmあれば4ヶ月分とれるので、

だいたい、一束というか10本か20本前後の髪の毛を

ぜひ保存しておいてほしいとおっしゃっていまして、

そこから(体内にすでに取り込まれてしまった放射性核種と量が)計測できると。

名前、年齢、行動記録、何か自覚症状があればいっしょに記録して、

髪の毛を日記のように貼り付けておくといいとおっしゃっていました。

いつ採取した髪の毛であるかを記録して、

行動記録としてノートに残しておくといいということなので、

4cm以上、髪の毛が伸びている人は、

その髪の毛を根元から抜くなり切るなりして、

将来の健康被害があらわれたときのために、

記録にもなるし補償を求める場合の参考にもなるし、

なにより自分が放射性物質を体内に取り込んでいるかということを

知りたいという点でも参考になるのではないか。




ハズビー先生は、

今の福島の状態について非常に危険性を訴えておられて、

福島入りするときに新幹線で来られるかと思ったんですが、

車で新潟県を通って日本海沿いを通って会津若松に入られたのです。

それはなぜかというと、

郡山、福島の中通りが線量が高いので、福島第一原発から、

なるべく遠いルートを通ってきたということで、

そこまで気を遣っているということです。

それと、バズビー先生の記者会見をご覧になった方は分かると思いますが。

ずっと同じ服を着ていて、

イギリスに帰る際、空港では、その服を着替えて、

そのまま日本に捨てていったのです。

で、携帯電話とかビデオカメラなどの自前の機材を毎日、

食品ラップのようなもの包んで、

毎日、それをはがして、非常にセンシティブにやっていました。

そのとき、私は(藍原氏)福島に住んでいるのですが、

同じようにやったほうがいいでしょうかという質問をしたら、

もちろんやったほうがいいけれど、

なかなか難しいでしょうから、

少なくとも家の中には放射性物質を持ち込まないように、

全部はできないにしても、

たとえば家に入るときには玄関で叩いて入るとか、

それはやったほうがいいといっていました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

以上です。

百合さんありがとう。

20110729_001_004

|

« 8月のいちにち商店街のお知らせ | トップページ | 児玉教授の息子さん »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
児玉先生の話を聴いて、涙出た。
8月6日、舞鶴に大阪からタイコ持って、行くよ。
当日、スペシャルゲストが東京から来るらしいよ。
ミクシーメールに、誰が来るか送ったよhappy01

投稿: りえぴょん | 2011年7月30日 (土) 04時34分

りえぴょんさん、
舞鶴盛り上がるねー。
綾部と舞鶴が手を組んで、
こちら側・・・・
滋賀県で隣接してるところともつながったら、
パワーアップやなあ~。
わたしらは、
村の夏祭りで行けなくって、残念。

投稿: ユミエ | 2011年7月30日 (土) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/41004711

この記事へのトラックバック一覧です: 児玉龍彦さんの話と、髪の毛の保存:

« 8月のいちにち商店街のお知らせ | トップページ | 児玉教授の息子さん »