« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の13件の記事

2011年10月30日 (日)

いちにち商店街はお休み&野呂さんの講演会レポート

20111030_001_003


11月のいちにち商店街も、

お休みになりました。

会場となる下鴨亭さんが、

リフォーム工事中なのです。

ざんねんですねーーー。

みんな、間違えないでね!!

おおっと、

言い忘れるところでしたcoldsweats02

11月1日、いちにち商店街はお休みですが、

北白川のちせさんには、

はるやのおやつが届きますからね!!

お楽しみに!!

20111030_001_009

そして、

明日31日は、野呂美加さんの講演会です

http://asunowa.shiga-saku.net/

わたし、

野呂さんのお弁当たのまれてまーす。

美味しいの作らなきゃ。

その、野呂さんの講演会を、

東北の方の方かしら・・・

開催された方のレポートが、

あるMLで、紹介されていました。

転送大歓迎だとのことなので、

紹介させてください。

長いですが、

明日、行かれない方のためにも・・・。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

以下転送です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『希望のかけはし会』のMです。

先日、『チェルノブイリへのかけはし』代表 野呂美加さんのお話会を開催しました。

チェルノブイリの過酷な状況を知らせてくださりながらも、

野呂さんのお話の根底には、

子ども達を守りたいという大きな母親の愛で溢れていて、

終始涙ぐみながらお話を聞かせていただきました。

現在、チェルノブイリでは原発から約180km離れた0.5μの村は廃村であり、

1μ以上の場所は立入禁止となっています。

旧ソ連の国土は広く、すみずみまで汚染地域を探すことができず、

事故数年後具合が悪くなる子どもが多く出る地域があると、

カウンターで数値を測って廃村にする、

という決め方で汚染地域を特定していたそうです。

子ども達の身体をガイガーカウンター代わりにしていたとのお話は、

とても聞いていられませんでした…。

放射線は強烈な酸化を引き起こします。

人間の身体における酸化は、

活性酸素による老化です

膝が痛い子どもやごぼごぼという咳をする子ども、

心筋梗塞になる子どもであふれているそうです。

抵抗力が落ちているため、少しの病気が重症化しやすく、

持病の悪化が顕著なようです。

ガンや白血病は一部にすぎず、

ほとんどの子が様々な病気を抱えており、

現実を受け止めきれずに親が鬱病やアル中になっている…。

本当に重い現実です。

チェルノブイリ2世(原発事故当時子どもだった人の子ども)では、

5歳で成長が止まってしまった子や、

第二次性徴期を迎え性別が違った成長をしてしまった子の写真をもとに

「甲状腺障害は何をしでかすかわからないところに怖さがある」と言われてました。

「それでも、元気な子どもも全くのゼロではない。

とにかく内部被曝に気をつけなさい」と。

実際、ベラルーシでは、

事故後食事に気をつけていた家庭と、

気をつけていなかった家庭の体内のセシウム値は

格段に違うというデータがあります

日本政府の調査団が先日ウクライナに赴いたとき

除染はしきれない。

まず、内部被曝しないよう、

徹底して汚染されていない食事を子ども達に与えなさい

と言われてきたそうです。

日本の基準値が高すぎることは皆さんご存知の通りです。

内部被曝は外部被曝に比べて格段に危険なので、

できる限り予防する必要があります

チェルノブイリ原発事故後、

かなり早い段階で原発周辺の子どもと妊婦は、

取るものとりあえず、バスで大移動させられました。

ですが、日本は、今回の事故直後、一体何をしたのでしょうか。

「ただちに影響ありません」と安全アピールを繰り返していました…。

野呂さんは、多分悪意があってのことではなく、

政府が無知だったからなのでしょう、と言われてました。

(以前、うちの娘が通う幼稚園で、

原研職員による保護者向けの放射線説明会がありましたが、

「年間100ミリまでは安全です」と言われていたので

「では、なぜ年間5ミリから労災が下りるのですか」と質問をしたところ

「知りませんでした」と言われていたことからも、

無知さ加減を露呈していると思います)

また、旧ソ連は社会主義国なので、

廃村に簡単にできるけれど、

日本は資本主義国なので、

移動するとなると個人の財産が関わってくる。

保証の問題から、

移動させないようにしているとも言われてました。

3月27日、郡山市役所前で野呂さんが数値を測ったとき、

カウンターは8.788μを記録したそうです。

恐ろしくなり、慌てて車に引き上げたそうですが、

それよりも驚愕したのが、

車の前を自転車に乗った親子連れが

マスクもしないで通り掛かったことだと言われてました。

知らないということは、罪なことです。

行政の無知により、無駄に被曝する子ども達がたくさんいることに、

憤りさえ感じます。

『チェルノブイリへのかけはし』では、

高濃度に汚染したベラルーシから、

長年、子ども達を北海道に一定期間保養疎開させてきました

(今年は福島の影響でベラルーシからの受け入れはしていません)。

小学生が親と離れていられる精神的限界である30日間、

日本だけでなく、

数万人単位で各国で疎開受け入れを行なっています。

30日間、汚染されていない土地に行き

汚染されていない食べ物を摂ることにより、

子ども達の身体からセシウムが抜けていくことは、

ホールボディカウンターで測ることにより

数値として目に見えてわかっています。

特に、日本に疎開した子の身体から抜ける量は、

諸外国に比べ突出しているので、

やはり酵素や発酵食品が良いのではと考えられているそうです。

受け入れ後、傷ついた胃に、

りんごや大根のすりおろしを食前に摂らせていたようです。

ベラルーシの子ども達の保養期間が終わりに近づくと、

汚染地域に帰したくない、と誰もが思うそうです。

疲れきった子ども達が30日いるだけでみるみる回復しているからです。

今回、福島の子ども達をイタリアに疎開させたそうですが、

日本に帰したくないとイタリアの方々が泣いたそうです。

日本は、残念ながら、そんな国になってしまったのです。

「生きようと必死に前を向いている子ども達、

まったなしの子ども達を守る責任は、

私達母親にある。

各国から日本のお母さん達にエールが贈られている。

泣いてる暇なんかないのよ。

辛いときはお母さんも保養に行きなさい。

いま、あなたたちは執行猶予期間なのだから、

しっかり前向いて生きなさい」、

と熱い言葉をいただきました。

チェルノブイリで生き抜いている人々がいる、

広島・長崎でも長生きしている人々がいる、

ということに希望を見出だすことができます。

保養疎開で預かったことのあるチェルノブイリの子ども達が、

成人してから結婚をし、

子どもを産むという選択をしたことを

野呂さんは「尊い」という言葉で表現されていました。

自分の子のことさえ考えていればいい時期ではなくなってきました。

すべての子ども達が助かるよう、

母親同士連携をとって動いていく必要性を強く感じます。

不安なら不安だと口に出していくことが大事であり、

少しでも被害を少なくするために、

周りへの予防を投げ掛けていかなければなりません

27日から経産省前で福島の女性達が座り込みをしていますが、

呼びかけ人の方が

「世界各国のお母さんたちから、

日本のお母さんへの応援のメッセージを旗にしました。

欧米だけでなく、

アフリカやモロッコからもメッセージ届いたのよ」

と言われていて、胸が熱くなりました。

お話会は、2時間半の予定でしたが、

質疑を含め3時間を超えるものとなりました。

質疑になり、

牛乳のことにも触れられていましたが、

どの牛乳が汚染されているかわからないのだから、

数年飲まない覚悟が必要だと言われてました。

3月以前の食事が今もできると思わず、

発想の転換が必要だと。

食事は和食を基本とし、

お味噌汁と漬物、タンパク質の摂れる小さなおかずを一品で充分だと。

また、これから北風になるけれど、

原子炉建屋にフタがされていない以上、

窓は閉めた方が良いし、

野焼きの問題があるからマスクも必須だと。

薪ストーブは、放射能を煙にして出し、

また環境を汚染していくことに繋がるので、

使わないように声かけする必要もあります。

前日に行われた仙台でのお話会では、

子どもの健康被害を訴えるお母さんが多かったということです。

今回のお話会後、

県北から来られていた方が、

「周りで鼻血が出続けてる子が多いので、保養疎開のアドバイスしてみます」

と言われてました。

野呂さんの言われていた、

執行猶予期間との言葉が胸に響きます。

気づいたときが動くときなのでしょう。

もっと周りへの予防を投げ掛けていきたいと強く感じました。

私達『希望のかけはし会』では、

次回11月末頃の午前中に茶話会を行い、

12月4日午後にグリーンピースをお呼びして、

魚の汚染による内部被曝の講演会を予定しています。

自分一人で留めず、

お友達もお誘いいただけると有り難いです。

私達の声かけにも限界があります。

転送転載希望します。

メールを受け取った、

お一人お一人が希望へのかけはしとなるよう願っています。

また、

同様の内容で笠間市『あすかさ会』主催で

11月27日に野呂さんの講演会を予定されています。

メールでは伝えきれません。ぜひ足を運んでみてください。

子供達の明るい未来を願って。

長文、大変失礼いたしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Mママからのメールを転送させていただきました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、

明日は、どんなお話になるのかしら。

**

ところで・・・

昨日は、

綾部にて、風土祭りでした。

綾部と言えば、水田家の食卓。

はるやと、仲良し家族です。

(どっちのお父ちゃんも、お母ちゃんによく叱られてます。coldsweats01

その水田家が焼いた、

ソーダブレッドが、

カラフルできれいだったので、

写真に撮りました。

ぜーーんぶ、かぼちゃやトマトなど、天然の色ですよー。

20111030_001_021


そのむこうに、

おっ!!

こ、これは・・・・・!

20111030_001_022

あすのわさんの、

「まずは知らなきゃね」を、

コピーして、一枚づつ、

クマ型クッキーの袋に留めて、

販売してくれてました。

これは、なかなかのアイデアですよ。

水田家よ、ありがとう!!!!(。>0<。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

29日は、綾部の上林で風土祭りですよー。




はるやも出店するよーー!

みんな来てね!

はるやの仲良しのお店屋さん、

水田家やら、ままやさんやら、

モンゴルパンやら、SOMAコーヒーさん、

夢の中の家事さんに、あさって工房さんやら、びっくりするほどw(゚o゚)w、

もりだくさんでーす。

くわしくは、こちら↓

http://foodmatsuri.jimdo.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6歳おめでとう!

20111019_001_002

「行ってきまーーっす!」と、

さっとうと愛車にまたがり、

ワン公のお供を従え、

朝からチビ助、何処へ行く?

20111017_001_013

田んぼか、畑か、川か、

隣の集落の、独り者の兄ちゃんちか?

はたまた、

勝手に学校へ行って、体育の授業くらいやってくるのか?

それとも、

家の周りで、剣の稽古か?

なんやかんやと、

毎日、それなりに、充実してそうな、たのもしい山の子、

チビ助である。

20111020_001_014

おまえさんが、

そうやって、

母ちゃんが、相手してやらなくても、

毎日、自分で楽しいこと見つけて、

笑顔でいてくれることが、

ほんとうにうれしいよ。

20111026_001_015

ありがとう。

感謝しています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ところで、

男の子は、

いくつまで、

お花を摘むのかな・・・・。

(もう、風歌は、摘んでくれない・・・。

 ナメコやアケビは採ってきてくれるけど・・・。)

「はい」って、

花束を差し出してくれるキミ。

「おみやげ」って、

台所に、ちょこっとお花を置いていってくれるキミ。

まだ、半分夢の中を生きているキミの、

今日は、

お誕生日だね。

おめでとう!

20111020_001_011

あれこれ見てたら、

誕生の瞬間の写真が出てきました。

(こんなんあるって、知らんかったわ~。)

五右衛門風呂から、ぽわ~~んと、出てきたときの写真のようです。

**

「明日こそ産まれるかな。(産まれてくれんと困るな。)」と、

はるさんが、前の晩から焚いておいてくれたこの風呂、

山の水、たっぷりの天日塩と、マコモ入りの、ええお湯でしたspa

生まれたての湯気が上がってそうな、

この赤ん坊の色、

懐かしいです。

出てきた顔が、とても優しい顔だったので、

このときは、まだ女の子とばっかり思ってました。coldsweats01

ほとんどの人、しかも勘の良さそうな人らが、

「女の子やな~」って、言ってたしなあ。

しばらくして、

股間に手をやると、

むにゅって触ってしまったのよ。

「あああああああああああっ!つっ、付いてるーーーーっ!」Σ(゚□゚(゚□゚*)

力が抜けたわたしでした。

20111020_002_002

すぐに立ち直りましたけど・・・。

(まさか、男3人の母親になるとは、想定外でした。

男2人の母親になってしまったことさえも、じゅうぶん想定外やったのに゚゚(´O`)°゚。)

Img_0123

こんな写真も出てきました。

産後は、

母ちゃんが動けないので、

何かと家の中が散らかるもんです。

(・・・・と言い訳してます。)

ぐちゃぐちゃの中で、

PCやってるようですな。

なんか、当時の暮らしぶりを物語っているような、

迫力のある?写真です。・・・・と、わたしは思いました。

20111020_002_005

さて、

はるやの3男坊。

まだまだ、小さかった、

兄ちゃん2人に、かわいがられて、

(今は、どうだかわかりませんが。)

Img_0262

おかげさまで、

何の心配ごともなく、

すくすく

大きくなりました。

Photo

やっぱり今年も、

誕生日のごちそうは、

おはぎがいいんだとさ。

お重に5段、

はるさんと作りました。

20111017_001_041

ろうそく1本しかありませんがcoldsweats01

ケーキも焼きました。

おめでとう、光ちゃん。

6歳になったね。

その晩は、

「光ちゃんが、生まれたときの話をして~」と、

布団の中で、せがまれたので、

「よし、よし、それでは」と、

3人に、面白おかしく語りました。

**

待てども、待てども、予定日らしきものを、とうに過ぎても、

生まれそうになかったこと。

美しい満月の夜に、みんなで森を散歩したこと。

お母ちゃんは、お月さんに祈るような気持ちで、

歩いていたこと。

赤ちゃんにも、「もう生まれてきてねー。」って、

お願いしたこと。

その晩に、「明日は、産まれるだろう(もう産まれてもらわんと困る)」と、

はるさんがお風呂を焚きはじめたこと。

翌朝、期待通りに陣痛は来ず、産まれる気配もなく、

途方に暮れて、しくしくと泣いてしまったこと。

やけくそになって、夜明け前に近所を歩き回ったこと。

その後、

いよいよ陣痛が始まったこと!

陣痛ってのは、波があって、めちゃくちゃ痛いってこと。

どーーん、どーーんと、赤ちゃんがおりてくるのを感じたこと。

頭が、つるんと出てから、しばらく間があったこと。

そのあと、全身が出て、ぽわ~んと浮かんできたこと。

顔がやさしかったので、女の子とばっかり思っていたこと。

「また男かあ・・・・・・・゚゚(´O`)°゚」

一瞬、力が抜けてしまったけど、それはそのときだけ。

赤ちゃんが生まれてきてくれて、やっと会えて、

幸せな気持ちでいっぱいだったこと。

うれしくて、うれしくて、涙がいっぱい出たよ。最高の気分だったよ。

男の子の光ちゃんがきてくれて、ほんとうにうれしいよ。

そして、死んだお母さんの誕生日に産まれてきてくれたんだよ。

みーーんな、喜んでくれたんだよーー。

**

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

光ちゃん。

20111017_001_042

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

みのりの季節




20111004_001_029



お山も、

実りの季節を迎えています。

20111004_001_022

お山の学校の田んぼ。

稲刈りして、

20111004_001_001

天日で干して、

20111017_001_019_2

脱穀をしました。

じゃじゃーーーん。

今日は、動画付き。

(PCが全くあかんかった私も、こんなことできるようになったのさ。)

ヒマな人は、観てねー。

風歌がやっています。

長男、長女チームが、

一生懸命脱穀している間、

こちら、次男、次女、三男チーム。

何してるんかなと思ったら、

みんなで、

ナマ米食べてますよ。coldsweats01

こんなん、喜んで食べる子どもって、

ここの子らくらいやろうな。

20111017_001_034_5

杵で根気よく、すり潰すと、

だんだんと、白米に近くなります。

20111017_001_035_3

やれやれ、

今年も、無事終わりました。

台風やら、

獣害やら、気にしたり、

お天気も、気にしたり、

出店や仕込みもあるし、

収穫の時期は、なにかと気を揉みますが、

そんなんから、開放されましたー。

ばんざーーい。\(;゚∇゚)/

20111017_001_037

真夏の、除草作業に始まって、

稲刈り、脱穀、籾摺りと、

田んぼに時間をとられてている間に、

畑は、

花の園になっていました。

田んぼと畑。

どっちかに夢中になると、

どっちかが、おろそかになります。(@Д@;

20111020_001_007

さあ、次ぎは、

大豆の刈り取り。

晴れている間に・・・。

20111019_001_016_5

去年は、

全然、あかんかったのですが、

今年は、ちゃんと豆ができています( ̄ー+ ̄)。

20111019_001_022_3

振ると、

カラカラカラと、

なんとも良い音をたてます。

鈴のよう。

ああ、うれしいな。

20111019_001_023_4


さぼっている人が、ここにいます。

20111020_001_006_7


ここにも一人いや、一匹。

この子もよそんちの犬。

毎朝、はりきって、うちに遊びに来はります。

20111020_001_003_2

はるさんが、

煎りたての豆で、

コーヒー淹れてくれました。

稲刈りと違って、

のんびりムードです。

20111019_001_020

なんやかんやして、

チビさんたちが、遊んでいましたが、

ふっと姿が見えなくなりました。

さあ、作業も終わり。

日も暮れる。

チビたち、どこぞへ行ったかな~と、

歩いていたら、

20111020_001_015_7

いたいた。

近所のおばあさんとこ。

金色の夕日に照らされて、

なんとも、美しい光景でした。

思わず、顔がほころびます。

20111019_001_027_2

小豆を鞘から取り出すのを、

お手伝い?していました。

80歳超えたおばあさんと、

チビさんたちの、

時間が止まったかのような、

静かで、平和なひととき。

この子ら、

保育園にも幼稚園にも行ってへんけど、

田んぼや畑、あぜ道や、おばあさんたちの庭先・・・、

ちょうちょみたいに、

気まぐれに飛び回って、

おかげさまで、こんなかけがえのない、

金色の時間を過ごしています。

おばあさん、ありがとう。

20111019_001_024


幸せな気持ちで眺める夕日でした。

20111020_001_017

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

18日は、北白川ちせさん&久々の休日

 

20111017_001_026


明日、18日は、

北白川のちせさんで、

「はるやのひ」してくれてますよー。

ちせさんのブログで、

先週の「はるやのひ」の紹介してくれてました。

http://chise-blog.jugem.jp/?page=1

今週のケーキは、

バナナココアケーキです。

今焼けました。

オーガニックバナナ&ココアたっぷり。

カレンズも入れました。

うちの子供らは、これが一番好きです。

キッシュは、明日の朝、焼きたてを持って行きますねー。

20111017_001_023


昨日は、

久しぶりに、

出店も、仕込みも無し、

野良仕事も無し・・・いや、はるさんは、畑行ってたか・・・。

風歌の野球も無し。

地域の仕事も無し。

家族そろって、な~~んにも予定無しで、

ゆっくりと、お山で過ごせました。

いや、まったく、久しぶりの休日です。(*^-^)

20111013_001_018


子どもらは、

朝から、アケビを採りに行ってました。

今年は、大豊作みたいで、

バナナ並みのが、

上の方にぶらさがっているそうです。

(ほんまかいな?)

「人生で最高のアケビが採れた」と、

非常に満足そうに帰ってきましたけど・・・coldsweats01

家になんぼでも、食べるものあるのに、

わざわざ、毎日、あれを食べに嬉々として、出かけてゆきます。

確かに甘いですが、

あの種ばっかりの、

食べてるんか、出してるんか、ようわからん食べ物、

わたしは、柿食べてるほうがいいわと思うのですが・・・・。

味覚も、山ザル並みになってきました。

20111013_001_024

そのあと、

山ザルたちは、山へ冒険しに行き、

ついでに、ナメコを自転車の籠いっぱい採って

ドロドロ、ビリビリannoyのズボンで帰ってきました( ̄◆ ̄;)。

た、たのむ!

そのドロドロのズボンのまま、家に上がらなんといてくれーーー!!(`◇´*)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

となりの、可愛いお嬢ちゃんに、たのまれたら、

「NO」と言えない、はるさんは、

なわとびの相手、させられてました(´,_ゝ`)プッ。

おちおち、休んでいられまへんな~~。┐(´д`)┌

20111017_001_007_9


いやあ、のどかな一日でした。

最後になりましたが、

15日の手作り市、

すっきりしないお天気でしたが、

お越しくださって、どうもありがとうございました!

少々、売れ残りもありましたが、

みんなのおやつとなりました。

(家族で食べると、すぐに無くなるのである。)

めでたし。めでたし。

20111017_001_008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

野呂美加さん講演会のお知らせ*その2・・・他いろいろまとめて

20111013_001_043


先日このブログでご案内した、

岐阜@垂井での講演会に続いて、

野呂美加さんが、

滋賀にも来てくださいますよー!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ベラルーシの子ども達の保養活動の経験から、

いま、

子どもたちを守るために、

知っておきたい放射能のこと

野呂美加さん おはなし会

2011年10月31日(月)

会場 明日都浜大津 大津市ふれあいプラザ4Fホール

(有料駐車場あり。参加者は一時間半無料になります。)

20111013_001_037_2

受付 9:40~

講演 10:00~12:30

小会議場にて、交流会  13:00~15:00

(お時間のある方、講演会参加者で残っておしゃべりしませんか?

お弁当持参でどうぞ。)

資料、会場代 1000円  (御予約お願いします。)

申し込み、お問い合わせ

→TEL 077-586-0623 (暮らしを考える会内)

 

 メール nana.m*nike.eonet.ne.jp    *を@に替えてくださいね。

主催 あすのわ(おはなし会実行委員会)

20111013_001_034

3・11の原発震災によって、

私達の暮らす関西も、放射能汚染と無関係ではなくなりました。

食べ物、空気は、

放射能で汚れてしまいました。

これからは、

内部被曝の影響が心配です。

いま必要なのは「知ること」。

「安全です」という言葉だけでなく、

「不安」をあおるだけでもない、

「事実」を知って 乗り越えるための

「知恵と情報」が必要です。

野呂美加さんのおはなしは、

ベラルーシの子どもたちを保護させる活動を、

19年間続けてこられた経験からの、

「知恵と情報」

そして、これからの時代をたくましく生きてゆくための、

「勇気」を与えてくれます。

20111013_001_029_2

野呂美加さんのプロフィール                              
TPO 法人チェルノブイリへのかけはし代表。                          
22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1か月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。これまでに招待した子どもは、19年間で648人。
2005年国際交流基金より「地球市民賞」受賞。 
福島原発事故発生以来、各地で主にお母さんたちのためのお話会を開催している。         
チェルノブイリへのかけはし http://www.kakehashi.or.jp/                   

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

放射能汚染について、

思わず眉をひそめてしまうようなニュースが、

毎日入ってきます。

汚染された食べ物が、

全国へ、どんどん出回ってきています。

**

広島のお母さんの母乳からも、

微量のセシウムが検出されたというニュースもありましたね。

食材からの摂取の可能性があるとされているようです。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201110120021.html

漢方薬原料の生薬からも、

世界があきれる、あの恐ろしく甘い基準値http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.htmlを、

超えてしまった数値のセシウムが検出されています。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111014/bdy11101423300004-n1.htm

シイタケなどキノコ類も、

茨城、静岡、福島、山梨など、

広範囲にわたって、放射性物質が検出されています。

福島のおコメも、

その恐ろしく甘い基準値以下であれば、

安全性も政府のお墨付きとなり、

うまいこと複数の産地のものとブレンドされ、

福島産と明示されずに、

流通されるそう。

外食産業など業務用がねらいめだとか。

コンビニとかファミレスとか、

そういうようなところが使うのかな。

まさか、学校給食にまわさんといて欲しいですね。

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20111013_02.htm

京都のお母さんんたちのMLでも、

市内の給食で、

セシウムが検出されていたサツマイモやイワシが、

すでに、子どもたちが食べさせられていたというような話題が、

出ていました。

給食を辞退して、

お弁当にさせるか、

献立をチェックして、

安心できない食材だけ、自主的に残させるか、

お母さんたち、頭を悩ませておられます。

**

それぞれの家庭で、

子どもたちを守っていかなければ、

どうしようもありません。

新聞やテレビのニュースにだまされたらあきまへん。

ニュースにだまされるな

10/1(土)「放射能と食品、除染の対応は」

(7つの動画に分かれています。)

**

「危なかったら、言うてくれるやろ。」

そんなふうに、

おとなしく待っていても、

国は何もしてくれないということは、

3・11後、よくわかりました。

事実は隠されるのだ。

国は国民を守らないのだ。

9月19日「さよなら原発5万人集会」で、

ハイロアクション福島http://hairoaction.com/?p=774の、

武藤類子さんは、スピーチの中で、

そんなふうに、はっきりとおっしゃっていました。

みなさん、もう観られましたか?

このときの、

落合恵子さんのスピーチもぐっときました。

こんな、

大きな大きな歴史的な

脱原発・反原発の集会があったというのに、

翌日の新聞などでは、

たいした記事になっていなかったことに、驚きました。

ブルックリンでのデモのニュースは、

大きな写真入で、とりあげられていたのになあ・・・・。

**

こちらは、

朝日新聞で連載されていたものですが、

まるで、恐ろしいSF小説のような実話です。

あの時、福島のある町で起こっていた、25人の真実

こちらにまとめられていました。

「防護服の男」

http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/e623ea60d0c7288f4c4fd6f68c00f230?st=0#comment-form

これを読んでも、

事実は隠されるのだ。

国は国民を守らないのだ。

ということが、よくわかります。

**

今、気になるのは、

そんな国だから、

学校教育の場で、

放射能について、内部被曝について、

教師や子どもたちに、

「国の基準値を守っていさえすれば、大丈夫。安全です。」

「このくらいでは、癌にはなりませんよ。」

というような、

無責任な知識を植えつけるような動きが出始めているということです。

滋賀のお母さんたちのネットワークのMLで、

ある方が紹介されていた言葉です。

ひめゆりの生存者の話。

「国は事をなそうとする時最初に教育をさわる。

教育内容が変わったり、

ある事柄を強調して教育をすることがある。

教育には何時も目を光らせて。」

センセイたち~~、

文科省の言いなりにならんと、

しっかり、正しく、勉強しといてください~~~。coldsweats02

20111013_001_032

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

きりがないので、もうやめときますがcoldsweats01

もう、覚悟して、

自分で情報集めて、勉強して、

仲間と知恵を出し合って

これからの暮らしのことを考えていかなあかんなあと思っています。

とくに、これからは、内部被曝・・・食べ物のこと。

お山の小さな我が家でも、

近々勉強会をしようと思っています。

野呂さんのおはなし会は、

わたしも、お山の友だちと声かけあって、

参加しまーーす。

まだまだ、空席があるそうです。

京都のお母ちゃんたちも、

浜大津は近いので、来てくださいよー!

**

ああ、久しぶりにたくさん書けたな・・・・・・。(;;;´Д`)

(今日は、はるさんと太郎はんが手作り市に行ってる間に、

グースカ昼寝したもんな。えへへ。)

20111013_001_026_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

ベジフェスありがとう*今日はちせさん*15日は知恩寺

20111010_001_010


京都ベジタリアンフェステイバル、

今年も、大盛況でお開きとなりました。

毎年、毎年、

楽しみにしてくださっている方々と、

今年も、笑顔でお会いできました。

ほんとうにありがたいことです。

感謝、感謝。

ベジフェスで行列のできるお店、

はるやは(ほんまかいな?)、

お昼頃には、やっぱり、

品薄状態となってしまいましたcoldsweats02

すんません。

たくさん、焼いて行ったのにな~~。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「いやあ、お疲れさん~~。ようがんばったなー。」と言うことで、

家族みんなで、

一乗寺で、蕎麦食べて帰りました。

ま、ちょっとした、ご褒美です。えへへ。

20111010_001_025


さて、

帰ってから、荷をほどく間もなく、

また仕込みや。\(;゚∇゚)/

今日は、

ちせさんで、「はるやのひ」です。

梨や柿や、自家製柚子ピールや、カレンズなど入った、

秋の実りのココナツケーキや、

焼きたて豆腐のキッシュ、

はるやのサプリメントなどを、

はるさんが、ただいまお届けしますよー。

↓これは、ベジフェスの仕込み。

20111010_001_019

ちせさんの、10月のカレンダーに、

美味しい予定がいっぱいありました。

虹色パンダちゃんや、

畑カフェおいしいさんの日もあるようですよ!

あ、

18日と、26日も、「はるやのひ」です。

週代わりで美味しいおやつ。

毎日の美味しいパン、。

小さいお店だけど、楽しいお店ですね。

http://chise-blog.jugem.jp/?page=1

20111010_001_005_6


そして、10月15日は、

知恩寺の手作り市です。

晴れるといいなー。

遊びに来てね。

20111004_001_018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

ベジフェス*ちせさん*手作り市

20111006_001_003

ああ、忙しい。忙しい。

「忙しい」は、心が亡くなると書きますがcoldsweats02

そこまでは、いってませんけど。

さて、余裕のあるうちに、

お知らせしとかなきゃ!

**

↓好きなことばかりして暮らしている、この人がうらやましい。

20111006_001_006



お山の台所では、

9日に開催される、

京都ベジタリアンフェステイバルhttp://www.vegetarianfestival.jp/

の仕込み、

始まっております。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

はるやの行きつけのオーガニックな八百屋。

ワンドロップさんで仕入れた、

カラフルなジャガイモたち。

ワンドロップさんのサイトはこちら。

えらい立派なHPでびっくりしました。

http://www.onedrop-vege.net/

20111006_001_005

今、お山の畑で、これだけは、ぎょーさん採れますcoldsweats01

三尺いんげん。

20111006_001_012

これらの野菜と、

20111006_001_014_2

香ばしく、焙煎したて、挽きたてのスパイスたちと、

20111006_001_011

合わせて、

何ができるかな~~~。

20111006_001_017

えーっと、

ベジフェス会場では、

はるやのブースは、

BABY ROOMの近くみたいです。

BABY ROOMには、

放射能から子どもを守る、「京都ママパパの会」

http://kodomo-kyoto.sakura.ne.jp/

のブースが併設されているようですよ。

また、

守田敏也さんhttp://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011による、

放射能質問コーナーも、

設けられるようです。

守田さんは、どんな素朴な質問にも、

誠意を持って、答えてくださると思いますよ。

遠慮せず、立ち寄ってみてくださいな。

**

ベジフェス実行委員会より、

おまつり当日の、注意事項です。

ご協力お願いします。

*ごみ問題を考え、MY食器、BAG持参をお願い致します。

*駐車場はございません。

*お寺の境内に動物(ペット)の入場が出来ません。大変スミマセン。

*場内禁煙で~す。 

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ベジフェスが終わりますと、

次ぎは、お馴染みとなりました、

北白川ちせさんhttp://chise.in/index.phpで、

はるやのひ」です。

10月11日ですよ。

毎度、ちせさんありがとうございます。

秋らしいおやつを何か、お届けしようと思います。

20111006_001_016

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北白川ちせさんの次は、

15日の、知恩寺手作り市です。

今月は、土曜日と重なりますなー。

にぎやかになるでしょうね。

どこかの会場で、

みなさんとお会いできますように!

ベジフェスには、わたしも行きますよー。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

というわけで、

ベジフェスが先か、稲刈りが先かwobbly

どうなることやらというかんじでしたが、

じゃーーーん。

なんとか、終わりました。ヽ(´▽`)/

↓これは、黒米

20111004_001_013


20111004_001_014_2


20111004_001_014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは知らなきゃね!&市居みかちゃんお話会

20111004_001_010

はるやのともだち、

絵本作家の市居みかちゃんと、

4児の母で、信楽では玉パンでおなじみのたーさん合作の、

まずは知らなきゃね」が、

音声入り、カラーで、楽しめるようになりましたよーー。

アースデイしがのフライヤーや、

あすのわ新聞でイラストを描いてくれたり、

絵本作家たちに声をかけて、

脱原発展を開催したり、

原発についての勉強会などを企画したり、

本職や、子育てのかたわら、

大活躍の市居みかちゃんですが、

近々、

高島市の図書館で、

お話会をしてくれます。

くわしくは、こちら↓

http://ichiipk.exblog.jp/16276392/

●「絵本を楽しもう!」市居みかさんお話会


と き:2011年10月8日(土) 14時~16時(受付13時半~)

ところ:高島市立今津図書館(JR湖西線近江今津駅下車徒歩8分)

定 員:40名(先着順。事前にお申し込みください)

音楽に合わせての絵本の読み聞かせや。

即興絵本づくり、簡単なワークショップなど、

盛りだくさんの内容のお話会です。

ぜひお越し下さい。

♪ライブ終了後、サイン会あり♪


お問合せ・お話会お申込みは、NPO事務局まで  
TEL:0740-27-8156

主催:NPO法人絵本による街づくりの会 (高島市マキノ町石庭229-1)
後援(予定):高島市教育委員会

*********************************

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お山の運動会

20111004_001_011


先月の話になりますが

お山の学校の運動会は、

残念なことに、予備日もろとも、台風で、流れてしまいました(。>0<。)。

それでは、子どもらがかわいそうやと、

急遽、平日の午後から、

集まれる人たちで、

ミニ運動会が、おこなわれました。

**

いつもやったら、

山を下りたところの、ダウンタウン?から、

スポーツ少年団やら、青年団やら、中学校の生徒会やら、

ぎょーさん、やってきて、

徒競走やリレーなど、お山の子どもたちと一緒に出場してくれるので、

なんとなく、運動会らしい盛り上がりを見せるのですが、

今年は、それは無し。

全校生徒8人と、幼児が数人。

あとは、地域のおじーさん、おばーさんたちと、

保護者たち。

こぢんまりでしたが、

おかげで、

こんな組み合わせの徒競走があったりして、

これまた大いに盛り上がりました。

↓はるさん×はるやの3男坊×近所の4男坊

20110908_001_027

俊足はるさん、予想通りトップを切っていたのですが、

このあと、

派手に転倒!(←見事な演技?でした!coldsweats01

一位は、4男坊となりました。

↓こちらは、山男2人×風歌

 風歌が見事一位!

20110908_001_031

丸太切り競争。

山仕事に生きたおじいさんたちの、

衰えぬ技の見せどころ。

はるさんはじめ、

Iターンの若者(もう、中年か。)たちも、なかなかのもの。

20110908_001_042

全校生徒による、

和太鼓演奏も、すばらしい!

いつか、みなさんにも観て欲しいなーー。

(感激して泣かはるおじいさん、おばあさんも、おられます。(。>0<。)

20110908_001_041

20110908_001_047_3

老若男女入り混じっての、リレーは、

走る人も観る人も、楽しいのですが、

九州から来ていた、

もとスポーツマン、うちのじいちゃんも、

アンカーで、走りました。

20110908_001_047_4

引っ越してきて、

すぐに、PTA会長になってしもたはるさん。

(夫婦3組だけのPTAなので、順番がすぐまわってくるのである。coldsweats01

「終わりの挨拶は、短めにね」と言われていたのに、

長いっ・・・・・・。( ̄◆ ̄;)

(後で聞くと、まだ、話足りんかったらしい。(;´д`)トホホ…)

ときどき、

前に並んでいる風歌や太郎はんが、

ちらちらと私の方を振り返っては、苦笑い。┐(´д`)┌

そう言えば山水人のはるやバンドのMCも、

長かったよなーーー。

けっこう、

人前で話すのが、お好きなはるさんのようです。

20110908_001_050_2

みんなちがって みんないい

金子みすずさんの詩を、

子どもら全員で大きく墨で書いたものが、

お山の学校の講堂に張ってありますが、

その詩のとおり、

今年も、笑顔いっぱい、

みんなちがって、みんないい運動会でした。

20110908_001_036


最後に、風歌が一句。

秋晴れの 空にひびく ときの声

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

12歳おめでとう。

20110908_001_015

もっと 旅をしていたいけれど、

もっと 恋もしてみたいけれど、

この命にゃ、かなわない

この小さな命にゃ、かなわない

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

山水人のライブで、

若いカップルが、

秋の空みたいに澄んだ声で、

歌っていました。

他の歌詞は、

アフリカの言葉だったので、

わからなかったけれど、

何度か繰り返されたこのフレーズが、

胸にきゅんと響きました。

20110908_001_014

この命にゃ、

かなわない・・・・・・・。

007


わたしも、

もっと旅をしたかったな。

まだまだ、行ってみたいところいっぱいあった。

旅ができなくなるから、

子どもも犬猫も、無理やな。

(子どもとペット、一緒にしてますがなcoldsweats01

なーんて、ずっと思ってたけど・・・・・。

産まれてきた、

この小さな、小さな命には、

かないませんでした。

↓子守りでぐったりの新米父ちゃん

008


あれから、12年。

ぴょんぴょん、うさぎ年に生まれた彼は、

干支をひとめぐりして、12歳。

でかくなったなー。

20111002_002_002


その日の、弁当は、大好きなお赤飯。

おやつの分と、明日の分と、

お重に5段分炊いたでー。

(手抜きしてるだけやったりして・・・・。coldsweats01

20110922_001_030


ろうそく1本しか無かったけれど、

ハッピー バースデー トウ ユー♪

20110922_001_031

豆乳ココアクリームと、

ココアたっぷりのケーキ、

うまかったな~~。

20110922_001_034

生まれてきてくれてありがとう。

元気に育ってくれてありがとう。

だーーいすきやでーー!

ぎゅうーーーっ。

(実は、これ、ほぼ毎晩彼とはやっております。)

015


次ぎの

うさぎ年のときには、

キミは、どこにいるんだろうね。

彼女と一緒に、お祝いしてるのかなー。

わたし、元気でいるかな?

その年にも、

こうやって、一緒に写真撮られたらいいな。

20110927_001_006

| | コメント (6) | トラックバック (0)

10月9日はベジフェスですよー!

20110927_001_008

はるやのブログで、

宣伝しなくても、

毎年、そりゃあもう、

たっくさんの人たちが来られます。

ありがとうございまーす。

今年は、

場所が変わりますよー。

詳しくは、こちらを!↓

http://www.vegetarianfestival.jp/

20110927_001_011


稲刈りが先かー、

仕込みが先かー、

う~~~~~。(@Д@;

なんとか、

乗り越えなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野呂美加さん講演会のお知らせ*その1

20110924_001_002

滋賀も、

けっこう、放射線量が高いということが、

わかってきましたshock

内部ヒバクについても、

もっと勉強しなあかんなあと、反省。

**

「お山にこもってばっかりでは、ボケてしまうわーー(@Д@;」と?、

チビ助と2人、リュックを背負い、山を下りて、

守田敏也さんの講演会、

そして、ついでに、

「給食のことで集まろう!」というお母ちゃんたちの集い・・・・と、

泊りがけで、梯子してきました。

チビ助と2人、泊めてもらったり、食べさせてもらったり、

ナナコさん、ナナツさん、ひよちゃん、ありがとうねー。

20110924_001_004

また、

そのときのことは、

報告したいです。

・・・・・が、稲刈りやら、出店やらで、忙しくってねーー。

いつになることやら!coldsweats02

とりあえず、

お知らせを優先しときます。

20110924_001_009


だいぶん前ですが、

うちのブログで紹介しました、

チェルノブイリのかけはしの、

http://www.kakehashi.or.jp/

野呂美加さんが、

来られます。

まずは、

岐阜県の垂井というところ。

7月に、名古屋へJRを乗り継いで行ったのですが、

そのときに、

岐阜でも、垂井あたりは、

実は、意外にも滋賀にとっても近いということが、判明。

(方向音痴のわたしが知らなかっただけか?)

しかも、名古屋からもJRで、40分くらいかしら?

広い範囲で、たくさんの人が、

集まって、つながるといいなーと思います。

20110924_001_005

垂井での講演会は、

京都@西陣から何年か前に、岐阜へ移住された、

スープ屋さんの企画です。

わたしも、名古屋からの帰り、

スープ屋さんのステキなおうちに、泊めてもらいましたー。

(何かと、よそんちの世話になっている母ちゃんですなー。coldsweats01

スープ屋さん、ありがとうねー。

さて、

以下、案内です。

音楽大好き、ロック大好きなスープ屋さんらしい、

熱いメッセージです。

読んでね!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

POWER  TO ThE PEOPLE
 

 

放射能汚染食品から子どもたちを守ろう!   
    

 ~野呂美加さんのお話会 IN  垂井~
                             
10/30(SUN)    PM3:00~5:30(開場2:30)
          
場所 垂井町中央公民館3F(〒503-2121垂井町1543-3)


   
定員 150人 *要予約。託児はありませんが 畳の休憩室はあります。
                                       
参加費 1000円*チェルノブイリへのかけはしが行っている
            福島の子どもたちイタリア保養へカンパします。

連絡先 スープ屋さん 090-1271-5486                           

協力   NPO法人泉京・垂井

 

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

原発の事故から、半年以上が経ち、

被災地はもとより、

日本中、世界中に放射能汚染は拡散されてしまいました。

大気に留まらず、土壌汚染も、食品汚染も 

甚だしくなってきました。

後手後手の対応ばかりで、

真実が、うやむやに包まれてしまっています。

見えないけれど、匂わないけれど、放射能は少しづつ体を蝕みます。  

特に小さな子どもから。汚染された食品が、

学校給食に使われています。

基準値をはるかに超えた汚泥が、

肥料、セメントと名を変えて各地にばら撒かれています。    

汚染された瓦礫も然りです。
  

誰かの無知や偏見で 私たちは死にたくはないし、
  

誰かの傲慢のせいで 子どもたちを死なせたくはない。

今、必要なことは“事実を知ること”。

そして知った上で、何を感じ、何を選んでいくか、

考え続けなければならないことだと思います。               

福島原発の事故は収束していないし、

この国には何処を向いても、原発があります。

償い切れない過ちを犯したのだから、

即刻、全ての原発を止めるのが、倫理であると思うのです。

泊原発の再稼動なんてもってのほか!!

心に、愛と正義を!口元には、冗談と笑いを絶やさず                    

この惨事を乗り越えていきましょう。

大切なものを守る、ゆるぎない力で!!!!                         

ベラルーシの子どもたちを見守り続けてきた野呂さんのお話には、             

何にも勝る愛があります。

どうぞ、たくさんの方が、                    

自分たちのこととして、

話を聞きに来てくださることを願っています。

     

                                  スープ屋さん 

野呂美加さんのプロフィール                              

NPO 法人チェルノブイリへのかけはし代表。                          

22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1か月間、

空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。

これまでに招待した子どもは、19年間で648人。

2005年国際交流基金より「地球市民賞」受賞。 

福島原発事故発生以来、各地で主にお母さんたちのためのお話会を開催している。         

チェルノブイリへのかけはし http://www.kakehashi.or.jp/

Img008

 

**

さて、

このフライヤーを見て、

わたしの頭の中には、この曲が流れてきましたが、

みなさんはどうかなー?

これといった動画のが無かったのですが。

アップしとこうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »