« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の15件の記事

2012年5月31日 (木)

馬日和

059


ウマ子さんとこで過ごした日の写真です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

光は、こうやって、誰かに引いてもらったら、乗ることが出来ます。

056

誰かが、引いとかな、あきまへん。coldsweats01

(光では、「こんなチビの言うこと、きいてられるかいな」と、

しろ君は動いてくれません。)

057

馬に乗ると、この人、

顔が、ふにゃ~~~っ、

身体もふにゃ~~っとなってしまいます。(´,_ゝ`)プッ

(このふにゃ~~加減が、案外落馬しないコツかも。)

061

うれしくて、うれしくて、こんな顔になるんやね。

幸せそう。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

151

太郎はんは、

やっぱり、太郎はんらしい乗り方ですなー。

こんなことして。


146

「こいつ、馴れなれしいやつやなあ~。」

と、思ってるかも知れません。

053

しかし、

太郎はん。

しろ君には、乗れます。(乗せてもらえます。)

しろ君は、やさしいのです。

040

じゃじゃ馬ブチ君には、

誰かに引いてもらわんと、

まだ乗れません。(ブチ君に乗せてもらえません。)

071

はい、次ぎわたし。

去年は、妊娠中なので、控えていました。

そして、今日晴れて、初馬乗りです。

天音さんをおんぶしたまま乗ろうかと思ったら、

「姫にもしものことがあったら、一大事じゃ」と、

一番目の王子に、猛反対され、

「(「母上はどうでもええけど」・・・とは言わんかったけど。)

せっかく、生まれてきた大事な姫様を、

失ったらもともこもない」

ということで、

「わたくしが、姫を抱いておりまする。」

「わたくしが、母上の写真を撮りまする。」

「わたくしが引っぱってあげまする。」と、

王子たちの申し出を受け、

乗ることができました。

いやはや、かたじけない。

ありがたき幸せでございます。

20120123_002_011

へっぴり腰でしたcoldsweats01

妊娠中の運動不足からか、

バランス感覚が、かなり鈍っとります。

姫をおぶってなくて、良かったと思いました。

(身体鍛えな\(;゚∇゚)/!!!!)

20120123_002_018

時代劇に出る女優さん(男優さんも)たち、

ようやってるなあと感心しました。

馬に乗って砂浜走ったり、山に登ったりしてるもんなあ。

かなり練習するんでしょうねえ。

(わたしも、そんなことしてみたい。)

20120123_002_028


ボサボサ頭になってきた殿も、やってきました。

20120123_002_019

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20120123_002_033

「ウマ子さん、走ってみて~」と言うと、

「ええよ~!」と、

馬に乗って走ってくれます。

掛け声とか合図とか、

ウマ子さんの乗り方は、モンゴル式なんだそうですよ。

065


きゃ~~~。

かっこええなあ==!!!(≧∇≦)

ええ女やな~~~!!!!!!

って言うといてって、ウマ子さんにたのまれました。(*^m^)

066

ここには、ヤギがたくさんいました。

ペーターは留守でした。

やさしそうな顔してひょろっとした、

和風で年増のペーターが、

いつもは、乳搾ったり、チーズ作ったりしてるそうです。

ほんまやでー(*^m^)。

20120123_002_099_3

いやあ、

楽しかったね。

ウマ子さん、しろ君、ぶち君ありがとう。

いつか、お山にも来てね。

(そのときは、子どもらをお山の学校まで乗せてやってね。)

めっちゃ楽しそう!(≧∇≦)

003_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

今日、6月3日は北白川ちせさん&左京区ワンダーランド

おはようございます。

今日は、北白川ちせさんhttp://chise.in/で、はるやのひですよー。

**

今週は、黒オリーブ入りのビスケット。

コーンミールも入っています。

塩味がきいて、おいしいです。

ケーキは、甘ーいナツメの入ったケーキです。

**

ちせさんの6月のカレンダーです。↓

 

 

 

それから、

今度の日曜日(6月3日)は、

下賀茂の糺の森にて、

左京区ワンダーランドhttp://chise.in/sakyowonder12/に、

はるやも出店しますよー。

おもしろそうやなー。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

Dearウマ子センセイ

036

中学生となった風歌。

帰ってくると、必ず「どうやった?楽しかった?」と聞くのですが、

「おもろない~~。」「しょーもな~。」ばっかり┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~。

学校・・・・。

お山の学校がおもしろかったのは、

これはもう、奇跡のようなもので、

わたしは、中学にはあんまり期待してませんでしたが、

部活意外は、ほとんどの科目が、

「おもろない」らしいです。

う~~む。

155

風歌の話や、自分の経験からしてみて、

授業がおもろないということは、

つまり、そのセンセイが魅力的ではない。・・・ということも大きいんじゃなかろうか。

センセイが人として魅力的で、ユーモアがあって、

人生経験豊富、話題も豊富。

おもしろい人、かっこええ人、尊敬できる人やったら、

子どもらは、ついていくでしょう。

センセイが、ほんまにそのことを、

伝えたい、一緒に学び、共有することに、

喜びを感じているのなら、

子どもらは、話に耳をかたむけるでしょう。眠くならないでしょう。

たぶん。

**

この間、初めての授業参観へ行ったのですが、

悲しいかな!風歌の「おもろない」がようわかりました。

センセイ自身が、その授業を、楽しんでいるのかな・・・。

20120123_002_046

というよりも、突き詰めれば、

センセイが、自分の人生楽しんでるのかな?

そういうの、授業してても、にじみ出てくるものだと思います。

20120123_002_056

ああ、もったいないなー。

学校は、勉強嫌いな子をわざわざ育ててるみたい。

毎日、おもろないセンセイ(大人)と付き合ってばかりでは、お気の毒。

おもろいセンセイ(大人)んとこ、

行ってこようぜ!

と、

久しぶりにウマ子さんとこへ行きました。

**

↓過去に、新聞等に掲載されたウマ子さんの記事。

http://ameblo.jp/cavalo/entry-11258206824.html

ウマ子さんは、

遊牧民のように、

馬と、移動しながら暮らしています。

前は、森の中のビニルハウス。

その次ぎは、スキー場の斜面の中腹あたりにあった小屋。

今は、ヤギのたくさんいるところの、

ほったて小屋の中にハンモックを吊って暮らしています。

もちろん今も、電気も水道もガスも無い暮らし。

そして、某進学校の英語教師でもありますよ。

こんなヘンなセンセイ、ウマ子さんくらいやろ。

(そやけど、わたし、ウマ子さんに、「お互いヘンで良かったなあ」って

言われましたcoldsweats01。)

063


よっこいしょ。

じゃじゃ馬のブチ君にも、

ウマ子さんの付き添い無しで、

風歌は乗られるようになりました。

・・・というか、ブチ君が、乗せてくれるようになりました。

↑ここんとこ、間違えてはいけません。

(ブチ君は、問題児(馬)だったゆえに、

タダでもらい受けた、じゃじゃ馬君だそうです。

過去に色々と困った事件を起こしてます。)

048

「風歌、ぶち君乗ってみるか?」

「鞍無しで、乗ってみるか?」

032

「走ってみるか?」

「高いところ登ってみるか?」

ウマ子さんは、この日、

どんどん、風歌にチャレンジさせていました。

043_2

わたしやったら、

「へ~~~?大丈夫かあ?まだ早いんとちゃう?」

というようなこと、

どんどん、やらせるのです。

035_2

風歌は、

一生懸命、ウマ子さんの言うことを聞いて、

やってみようとします。

ウマ子さんも、

真剣に、そんな風歌に付き合ってくれています。

大きな声で、身体を張ってアドバイスしています。

049

わたしは、この2人の様子をみて、

密かに感動しました。

ああ、これが、

本当の、センセイと生徒の関係なのだなあと思いました。


076

ウマ子さん、風歌の様子をよく見て、信頼しているからこそ、

次ぎのステップへと、挑戦させるのでしょう。

風歌も、ウマ子さんのことを信頼しています。

そして、どんどん、

彼は、未知の世界への扉を開いていくのです。

なんだか、とても鮮やかな光景でした。

075

「風歌、インド式の計算教えたろか?」

数学嫌いな風歌は、

喜んで、やり始めます。

おもしろくて、何度もやってみます。

014

「風歌、虹は英語で?」

「虹の色、順番に全部言えるか?」

「じゃあ、rainbowって、もともとどういう意味か知ってるか?」

「good bye は?」

「じゃあ、さようならは、もともとはどういう意味やったんやろうね」

「ありがとうはどうやろ?」

「昔、身分の高い人も、ありがとうって言ってたんやろか?」

・・・・と、

ウマ子さんの、話は尽きません。

子どもらは、一緒に考えたり、

新しいことを知って、喜んだり。

(他愛もない会話のようですが、

この中に、学校の科目で言えば、

英語や、国語や、歴史などが織り込まれているのです。)

017

いつもなら、

そこらを探検しに行って、

姿をくらましてしまう子どもらですが、

この日風歌は、

ずっと、大人のまわりに、なんとなく居て、

ウマ子さんの話に耳を傾けていました。

今思えば、これも、珍しいことでした。

↓馬に乗った後は、馬に必ずお礼を言うのがキマリです。

 最後に、ダニ捕りをしています。

150

帰りに、車に乗ったとき、

「今日は、ほんまにええ日やった。

充実してた。

学校に行くより、ずっと勉強になった。

ためになる勉強やった。」

と、言っていました。

わたしは、ちょっとびっくりしました。

そんなこと、彼があらためて言うなんて。

わざわざ、口に出して言うなんて・・・。

20120123_002_064_2

中学になって、

毎日、<おもろない>?学校へ通っているからこそ、

今日みたいな日が特別に、大事に思えたのかしら。

わたしは、

おっ、この人、変わったな。

成長してるんやな~・・・と思いましたよ。

何か、彼、一皮剥けたようなかんじです。

**

翌日、

彼は、お隣のぼっちゃんに、

ウマ子さんとの一日を、

一部始終話していました。

インド式計算のこと、虹のこと、

ウマ子さんは、ニワトリとカラスとカエルの鳴き声が、

めちゃくちゃうまいということ。etc・・・・。

へ~、

細かいことまで、全部覚えてるんやなあ~、

よほど、楽しかったんやなねえ。

**

親だったら、ようさせんようなこと、

ウマ子さんは、

遠慮なく、子どもらにさせてくれます。

「まだこのくらいのとこに入れておこかな」と、

知らず知らずのうちに、

親が、子どもらを入れてしまっている囲いを、

ウマ子さんは、

いとも簡単に、

バリバリっと破って、

子どもらを引っ張り出してくれているようです。

↓馬と一緒に走るウマ子さん、とってもかっこいいです。わくわくします。

062

↓こちらは、昨年ウマ子さんと日帰りウマ旅をしたときの日記。

 このとき、「「光に、この行程は無理とちゃうか?」と、

 わたしは、とても心配したんやけど、

 「モンゴルやったら3歳から馬乗ってる」そうなので。(*^m^)、

ウマ子さんは、あんまり気にせず、

6歳になったばかりの光も連れて行ってくれました。

 

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-1.html

でも、ちゃんと、子どもらを見て、見極めて、

させてるんやと思います。

そりゃあ、

バイクで女一人、

わたしらの想像もつかんようなハプニングに見舞われながら、

世界一周した人やもん。

そんなスケールのおおーーきな人が、

おおーーーーきな心で、

うちの子ら、

かわいがってくれてるんやもん。

わたしらと、器の大きさがぜんぜん違います。

ありがたいです。

ウマ子さん、ありがとね。

20120123_002_060

子どもらには、

わたしらみたいな親、(ついでに既存の学校教育システムなんてもんも。coldsweats01

ぴょーーーんと、馬みたいに飛び越えて、

大きな人間になって欲しいです。

ウマ子センセイは、遊牧民なので、

いつ、どこへ行ってしまうやら、わかりまへんが、coldsweats01

これからも、どうぞ、よろしくねー。

子どもら、こき使ってくださいよー。

20120123_002_069

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

牛乳と、割烹着~ずと。

20120113_004_003

添乳したままだと気づく明けの鐘 麻生よし乃

先日、母の日に天声人語で紹介されていたものです。

(ちなみに、うちの子らは、

母の日の存在すら知りませんので、

な~~んにもしてもらえませんでした。(。>0<。)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

わたしも、

この句のように、

お乳をあげながら、いつの間にか、

ヨダレ垂らして寝てたりして(*^m^)、

はっとして目を開けると、

窓の外が白々と明るくなっていたりします。

今も昔も、南の人も北の人も、山の人も海の人も、

こうやって、お母ちゃんは、

子供にお乳をやりながら、

寝てたんやな~と思うと、

なんだか胸がきゅんとなります。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

Img_0077

ところで、

子供らと暮らしていると、

一人静かに好きなことをする時間がとれません。(。>0<。)

なので、最近は、

夜中から朝にかけての、

最後の添え乳のあと、

ぱっと起きて、こうやってブログ書いたりしています。

しかし、みんなが起きてくる前の一時間なんて、あっと言う間。

6時すぎには、風歌を起こさなあかんので、

それまでの1時間~2時間を、

いかに、有効に使うかです。

早起きして、好きなことしたかったのに、

添え乳したまま眠りこけってしまって、

はっと目を覚ましたら、

明けの鐘・・・は、聞こえないけれども、

「しまった~~~。今日のわたしの自由時間、

逃してしもた~~。」(。>0<。)

という日も、多いです。coldsweats01

20120112_003_001

さて、お乳ついでに、

もっとお乳の話を。

母乳というのは、

人間のお母さんのお乳です。

お母さんのお乳は、お母さんの血液ですね。

では、牛乳というのは、

牛のお母さんのお乳です。

そして、牛のお母さんの血液です。

(うちでは、子供らにそう話しています。)

その牛のお母さんのお乳の話を少々。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

先日紹介しました、

「割烹着~ず」のすばらしいパフォーマンス&メッセージ、

観てくれましたか?

この動画は、

清志郎の、

「ラブミーテンダー」の替え歌を、

沖縄@ヤンバルの、

割烹着~ずのお母ちゃんたちが、

歌ったものをベースに構成されています。

その中で、

べっぴんさんのお母ちゃんが、

放射能はいらない。牛乳飲みた~い♪」と歌っています。

Img_0084

私がこの動画観たときに、

YOUTUBEのコメント欄のちょうど一番上に、

こんなご意見があり、

「おおっ!」と思ったので、コピペしますよ。

以下、コピペです。↓

え?牛乳飲みたい?? 

 

牛乳は一枚のステーキよりも残酷だってしってますか?

 

乳牛もあなたたちと同じ母なのです。

 

毎年強制的に妊娠させられて­(子宮をお金のために利用)

 

子供は満足に授乳もさせてもらえず、­

 

子牛は一週間かそこらで殺されます。

 

母牛も子宮と乳が用済みにな­ったら屠殺いきです。

 

核だけじゃなくてそちらにも目を覚まして!

 

Img_0095

我が家が牛乳を飲まないわけの一つも、

この方とおなじような考えだからですが、

この割烹着~ずのお母ちゃんも、

実は、「牛乳飲まない派」だそうです。

さすが割烹着~ず!

。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

以下、割烹着~ずのお母ちゃんより。

割烹着~ずで『牛乳のみたい』って歌ったもんだから

 

『牛乳のみたいの?』って皆から聞かれます(笑)

 

あれは清志郎の歌詞だよ。

 

私自身は牛乳がどうやって作られるか知ってるから、

 

基本は飲まない派なんだ。

 

お母ちゃんたちは、

 

放射能のこと以外の、食の事もよくわかっていて、

 

子供たちのお弁当も、肉、卵、白砂糖なし、

 

無農薬が基本なのでした。

↓うちも、肉卵白砂糖なし。無農薬が基本の弁当。

 ・きんぴら・紫芋のコロッケ・青菜の胡麻和え

20120111_003_002

牛乳の害について、

こんなサイトがありました。

このサイトは、

マスコミによる、巧みな宣伝や広告によって、

なんとなくみんな、だまされてるんと違うやろか?

ほんまは、どうなってるんやろ?

という観点からのレポートのようですが、

よく調べはったなあと、感心しました。

そして、あらためて乳業の世界も、

原子力ムラとなんだか似ている構図だなあと思いました。

まあ、前から、知ってましたけど。

牛乳の害(ここにもアメリカとマスコミ支配の影が・・・)

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=102095

以前子供らが、学校から持って帰った、

ビニール製の連絡袋も、

確か乳業関係が作成したもので、

「毎日牛乳を飲みましょう!」というようなセリフと、

かわいい牛のイラストが、

あちこちに描いてありました。

↓豆腐と根野菜&玄米キッシュ・ペンネと野菜の玄米豆乳クリーム煮

20120112_002_002

もういい加減、学校に牛乳を配布するのは、

やめて欲しいです。

その子の体質や体格、

その日の食事の内容も、

天候や季節も関係無しに、

牛乳・・・・しかもまっとうな育て方をされてない牛からの牛乳を、

子供に毎日200ccだったっけ?

飲ませるのなんて、

まったくおかしなことです。

いい加減な、食育です。

↓金時豆の煮込みキッシュ・青菜のナムル・フライドポテト

20120114_002_002

うちでは、乳製品が、材料の一部として使われたものは、

たまに嗜好品として、楽しみますが、

牛乳を常飲するというのは、ようしません。

ですが、

うちの子ら、屋根から飛び降りたり、

崖から転がり落ちたりするような、

過激な遊びしてますが、

骨一本折れたことありまへんよ。今のところ。

わたしも、もう15年以上

ネパール滞在中や、よそで呼ばれたチャイくらいで

あとは、ほとんど牛乳そのものをいただいてないですが、

ちゃんと骨のある赤ん坊出てきました。(*^m^)

↓高キビと野菜の揚げ団子&葛あんかけ・人参キンピラ・青菜のクルミ和え

20120106_002_001

そんなわけで、

牛乳の話になりましたが、

割烹着~ずの話ももっとしたかったのです。

昔、家族5人で沖縄を一ヶ月旅したときに、

お世話になった友人Yちゃんと、

この動画で再会しました。

わたしも大好きな沖縄民謡「てぃんさぐの歌」を、

とっても明るくて、楽しくて、

そしてかわい~いお母ちゃんのオーラを、

振りまきながら、歌ってました。

いや~、

他のお母ちゃんたちも、

ほんとチャーミングでそして、

たくましそうで、素敵でしたね。

↓厚揚げとネギの生姜焼き・ペンネ&もちきび・

20120107_005_002

みなさんの中には、

あの素敵な色合いと形の割烹着に注目された方もおられるでしょう?

はい、わたしもその一人です。

わたしも、割烹着愛好家ですが、

なんか、あの割烹着は違いますねー。

ふんわりとしておしゃれですねー。

あの割烹着は、お母ちゃんたちの手作りなんだそうですよ。

しかも、草木染で染めたそうです。

すばらしいですね!!

こちら、染めをされた方の素敵なブログ、

割烹着のこと、少し書いてあります。

興味のある方見てください。

http://sawakitta.jugem.jp/?eid=33

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さあ、今から弁当作るぞ~。

↓なんとなく、天音さんの保護者として対抗意識を持つ、

太郎はんとお隣のお嬢さん。

20120425_001_022

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

おんぶ




Img_0079

キョロロロロロ・・・・・と、

昨日、

どことなく南国調の?鳴き声が聞こえました。

アカショウビンさんが、

はるばる遠い南の国から今年もやってきたようです。

いつも、蒸し蒸ししていて、

むわ~っと暑くなってきた、田植えの頃にやってくる、

赤い羽と大きな黄色い嘴を持った鳥です。

今年はまだ肌寒いのに、

早く来過ぎたんかなーー?

ウグイスが鳴いて、

カエルが鳴いて、

アカショウビンさんが到着して、

そして、昨日は、鴨さん御一行様が田んぼに来てたよと、

子供らが言っていました。

田んぼに水が張られる頃をみはからって、

ちゃーーんと、やってくるんですね。

さあ、役者たちが揃いました。

いよいよ田んぼの季節です。

Img_0096

また新月がきて、

おかげさまで、

天音さんは、4ヶ月になります。

↓近所の、仲良しばあちゃんと。歳の差90歳。

20120107_004_003

朝、目が覚めるなり、

にっこり、にこにこ。キャッキャッキャッ。☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;

手足をバタバタさせて、

元気いっぱい、幸せそうな天音さん。

そんなこの子を見ていると、

「あーたーらしい朝が来た。希望のあーさ~だ♪」と、

ラジオ体操の歌が、

いつも、頭の中をよぎるのですが、

(もっとええ歌、思い浮かばへんのかいな?)

毎日が、新しく、

希望に溢れている、そんなことを、全身で表してくれてるみたいです。

毎朝、生きて、こうやって目覚めること自体が、

実はとっても幸せで、完璧なことなんやなあって、

天音さんから教えてもらう日々です。

20120117_002_010

だいぶん前になりますが、

ちょっと早いなあと思いつつ、

家にあるもの・・・・結局使わなくて済んだ腹帯を使って、

おんぶしてみたら、

できました。できました。おんぶ。

↓物干し場状態のcoldsweats01、我が家の(一応)居間。

20120108_003_001

さあ、またおんぶライフの始まりです。

なんか、一人しみじみと感動してしまいました。

もう、歳だしさ、

最後の赤ん坊だしさ、

おんぶしてまで、仕事に追われたくない。

今回は、のんびり子育てを楽しみたいよ~~~。(。>0<。)

そんなふうに思っていたくせに、

天音さんがおんぶできたときに思ったのは、

「ああ、これで仕込みも、できるぞ~。」

でした。

これって、

水木しげる流に、仕事が、「好きなこと」だからか、

ただの、貧乏性だからか、

わたしにもわかりません。coldsweats01

20120114_003_001


でも、

赤ん坊が少々ぐずろうと、眠ってしまおうと、

おんぶしてたら、

両手が空く。

自転車にも乗れるし、山にも登れる。

ケーキも焼ける。

おやつも食べられる。(*^m^)

産後、赤ん坊から手が離れられなかったお母ちゃんにとって、

おんぶって、すごい画期的なことですね。

(おんぶしない民族ってあるんでしょうか?

欧米人なんて、どうなんでしょう?

ポートランドのくるみちゃん、どうしてましたか?)

20120112_003_010

というわけで、

先日、三男の光をおんぶしていたときに使った、

思い出のおんぶ紐を、

衣装箱の奥の方で発見。

「ああ、これや!あったあった!

ちゃんとそのまま取って置いたんやなあ~~。(。>0<。)」

インドの民族衣装のサリーにちょっと手を加えたものを、

わたしは、おんぶ紐として使っていました。

それを、切ったり、解いたりせず、

人のあげたりせず、

なぜか、そのまま残しておいたんですよねー。

感動の再会でした。( ̄ー+ ̄)

「ああ、これで、光ちゃんをおんぶしてたんやなー。

またこの布の出番がくるなんてな~。

また、おんぶの暮らしが始まるんやな~。」

と、また一人で、しみじみ。(この気持ち、はるさんにはわかるまい。)

4回目だけど、

最後の赤ちゃんとの暮らし。

なにもかもが、また新鮮なのであります。

そんなこと書きながら、

実は今も、わたしの背中で天音ちゃんが、

すぅ~すぅ~~~と、かわいらしい寝息をたてているのでありました。

そうです。

なんとか、PCもできます。

しかし、肩に紐が食い込んでくるのであります。(;;;´Д`)

(でも、そこまでしてブログ書かんでもええか。coldsweats01

↓一番似ているといわれるこの2人。coldsweats01

「わしに似てるんか。美人になるじゃろ。」と、

じいさんみたいなこと言うてます。

20120114_003_004

おんぶができるし、もうイケるやろということで、

昨日は、

オーガニックマーケットしがへ行ってきました。

↓たまぱんのたーさんと末っ子のあおちゃん。

20120117_002_008

みんなが声をかけてくれました。

ブログいつも見てるので・・・と、

「天音ちゃん」ってちゃんと名前まで知ってくれてる人もおられました。

ありがとうございます。

(なかなかの有名人やなー。(*^m^)

気がついたら、天音さん、

あっちへ、こっちへと、

色々な人の腕の中でニコニコ。

抱いてくれてる人も、ニコニコと優しい顔してます。

また、こうやって赤ん坊連れて、

はるやをやるなんて、

原点に還ったかんじでもあります。

これからも、どうぞよろしくね。

↓再びこうやって、赤ん坊を寝かせたりおんぶしながら、

はるやをやることになりました。coldsweats01

父ちゃんと母ちゃんは、だいぶ年取りましたが・・・。

20120117_002_002_2

ちなみに、その日、3兄弟は留守番でした。

(母ちゃんについて行くより、

山で遊ぶ方がずっとおもしろいみたい。)

洗濯物干しといてね。

味噌汁、夜の分も作っといてね。

6時までに帰ってこなかったら、ご飯炊いといてね。

マムシに気をつけろ~~。

・・・・と、寝ている3兄弟に置き手紙して出ていきました。

(お願いの多い置手紙です。coldsweats01

このへんでは、

「車に気をつけてね。」の代わりに、

「マムシに気をつけてね。」です。

↓英語が好きな、風歌向けに。(*^m^)

20120117_002_001

というわけで、

新月のたびに、天音さんのことを書いています。

まだ実は、プライベート出産についても書きたいのです。

あまりにも、プライベート出産についての情報が、

日本には少ないので、

なんとなく、今回は、書かなあかんなあと思うのです。

また、次ぎの新月に書けるかな~~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

田んぼ・風曜日・オーガニックマーケットしが・高島でがれき問題勉強会

20120113_004_006

ずっと眠っていた田んぼが、

順番に起こされて、

水を張られていきます。

稲の赤ん坊が、じゅうぶんに育ったら、

すぐに田植えができるように。

水を称えた田んぼに、

山の緑が鏡のように映るこの風景は、

わたしの大好きな風景です。

この時期だけの田んぼからの贈り物のよう。

今年もまた、

うっとりと眺めてしまいます。

今年は、天音ちゃんを抱っこして、

ぶらぶらと歩きながら、

眺めています。

20120113_004_004

ここへ越してくるまで、

田んぼのある景色が、

こんなにも美しく豊かなものとは、知りませんでした。

田んぼは、

わたしらの、命の糧を作り出してくれるどころか、

さまざまな命の育まれる宇宙のようでもあり、

季節ごと・・・

いいえ、朝な夕なに刻々と変化する、美しい風景を創り、

癒してくれます。

田んぼは、

人間と自然とが織り成す調和の中に生まれ、

大昔から絶えることなく受け継がれてきた、

日本の宝物だなと思います。

20120113_004_010


さて、今週末は、こんなのがあります。

風曜日には、

おやつセットとサプリをお届けしておきました。

オーガニックマーケットしがには、

出店しますよ。

よかったら、遊びに来てね。

5月19日(土)~25日(金)

大津市仰木の里の椿野さんちにて、

風曜日にようこそVOL25

「ツバキノ雑貨店」

5月20日 (日) 10時~15時

大津市三井寺にて、

オーガニックマーケットしが

http://organicmarketshiga.shiga-saku.net/

20120113_004_011

それから、

わたしは、残念ながら出席できませんが、

明日、このような勉強会もあります。

市長さんも、参加されるそうなので、

一人でも、多くの人が、

この問題に関心を持っていることを、

知っていただくためにも、

ぜひ、行ってみてください。

5月19日(土)

がれき問題勉強会in高島

 

http://from-takashima.jimdo.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

水木サン、ステイーブ・ジョブさん、ケン・ロビンソンさん。

20120111_003_001

さて、

最近、我が家の便所の戸に、

ゲゲゲの鬼太郎でお馴染みの、

水木しげる大先生の、幸福の七か条を書いて貼りました。

これを、

某サイトで紹介したら、

好評だったので、

こちらでも、紹介させてくださいな。

幸福観察学会(会員数1名)の、会長として、

古今東西の幸福な人、不幸な人を、観察し続けてきた、

水木サンの、「幸福の七か条」ですよ。

(水木しげる著「水木サンの幸福論」より。)

*併せてアップした写真は、はるや写真部の太郎はんが最近撮ったものですよ。

20120107_004_001

第一条

成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

不幸な顔をした人たちは、

「成功しなかったら、人生はおしまい」と

決め込んでいるのかもしれません。

成功しなくてもいいのです。

全身全霊で打ち込めることを探しましょう。

19991130_002_004

第二条

しないではいられないことをし続けなさい。

好奇心を大事にしましょう。

ベビィの頃(子供の頃)は、

誰もが好きなことに没頭して生きていたはずです。

そうです、人間は、好きなこと、

すなわち「しないではいられないこと」をするために生まれてきたのです。

19991130_002_005

第三条

他人との比較ではない、

あくまで自分の楽しさを追及すべし。

我を忘れて没頭できること、

ホンキで夢中になれることは、

どんなにアホなことでもいいのです。

周囲の目や評判を気にして「世間のルール」に合わせようなどとしては

いけません。

他人の思惑などに振り回されず、

自分のやりたいように生きる。

外の世界にいちいち対応せず、自分の世界の流儀でやればいい。

(ある意味、虫の世界観と同じです。)

19991130_002_007


第四条

好きの力を信じる。

19991130_002_009


第五条

才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

栄光や、評価などを求めず、

大好きなことに熱中する。

それ自体が喜びであり、幸せなのです。

19991130_002_048

第六条

怠け者になりなさい。

たまには怠けないとやっていけないのが人間です。

ただし、若いときは怠けてはダメなのです!

好きな道なのですから。

でも中年を過ぎたら、

愉快に怠けるクセをつけるべきです。

ときどき怠けることは、

生きていくうえで、大切なことです。

そして、仕事でも役立つのです。

19991130_002_043

第七条

目に見えない力を信じる。

目に見えないものがいると思うと、

水木サンの心は妙に落ち着き、

気持ちが和み、

元気に幸せになります。

19991130_002_049_3

以上、水木サンの幸福の七か条でした。

太郎はんが撮った写真、なかなか良いでしょ。

水木サンと同じ、男3兄弟の次男坊の太郎はんです。(妹ができたけど。)

「今、読む本が無い。図書館へ連れて行ってくれー」と言われてますが、

忙しくて、連れて行けないので、

「これでも読んどき!」、母ちゃんにすすめられて、

水木センセイの、

「ほんまにオレはアホやろか?」を読んでます。(´,_ゝ`)プッ

Dpp_0031_2

ところで、

あの偉大なる、

ステイーブジョブズさんも言ってました。

「ハングリーでありつづけろ。愚かでありつづけろ。」

「たまらなく好きなものを見つけなければならない。」

なんだか水木サンと同じようなことを、

言っておられるではありませんか。

アホ(愚か)でもいい、

たまらなく好きなものを、見つけなさい。

なんか、わが息子たちに、

アホになれ、アホになれって、言ってるヘンな母ちゃんですが、coldsweats01

中学の授業が、

「全然おもろない」と言っている、長男くんにも、

学校のルールや学校の目標に合わせないでいい、

(だいたい、そんなのって、

子供の命をなんとも思ってない、

あの文科省が考えたもんでしょ?)

あんたのルールで、

目の前にある学校よりも、

もっともっと、先にあるおーーーきな目標に向かって、

好きなことやったらいいよって、

私は言いました。

そのために、生まれてきたんだから。

20120419_001_001

********************************

それから、

こんなのも、

某サイトで、友達が紹介してくれました。

ケン・ロビンソンの、

 

「学校教育は、創造性を殺してしまっている」

動画を観るのが面倒くさい方、

前文、書き起こしたものも画面の下にありましたよ。

とても興味深い内容でした。

子育て中のみなさん、

教育関係のみなさん、

ぜひ、ご一読を。

http://ted.babblebuzz.com/archives/68_%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%80%8c%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%af%e5%89%b5%e9%80%a0%e6%80%a7%e3%82%92%e6%ae%ba%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%97/

ケンロビンソンのスピーチより、抜粋しました。

「間違えることを恐れていたら 決して独創的なものなど思いつかない」

「間違えることを許されずに育った 子供は本来の才能を失ってしまう 。

間違えることを恐れるんです。」

「教育が人間本来の創造性を殺してしまっている」

「ピカソはかつてこう言いました。

<子供はみな生まれながらのアーティストだ>

問題は成長しながらどうやってアーティストたり続けるか

我々は創造性を育てるどころか見失い

創造性の欠落した教育を受けている 一体どうしてなのでしょうか」

「学校の成績だけが いまや知性だと思われている 」

「大学側のイメージだけで教育制度を作ったからです。

世界中に広がる今の学校教育が 大学に入るために敷かれた 長い道のりなんです。 」

「子供をあるがままに育てなくてはいけません。」

「創造性は識字能力と同じくらい教育に必要

創造力と識字力を同等に扱うべき」

「知性の意味は、多様であること」

「知性とは、ダイナミック」

「知性とは、比類ないもの

私たちが未来を見ることはないかもしれませんが

 

子供は未来を生きていくのです。

 

私たちの役割は 子供たちが未来を創る支えとなることです。

*********************************

わたしが思うに、

子供らは、ほんまは、

宿題なんか、やっているヒマはないのです。(と思います。)

創造性は、学校の図工や音楽の時間よりも、

永遠と続くかのような、

たっぷりとした自由な時間のなかで、

自然偶発的に、子供が生み出すものだと思います。

教えられたりするものではなくて。

だから、家に帰って、

宿題やるよりも、

野山へ行ったり、好きな本を読みまくったり(感想文なんていらんやん!)、

ものを作ったり・・・・。

子供が、わき目もふらず、

何かに熱中しているときに、創造性というのは、育まれるのだと思います。

家に帰ってからの限られた、貴重なその子の時間。

家に帰ってまで学校の勉強せんでもいい。

イヤだったら、宿題もしなくていい、

好きなことをしたらいいんやからって、

いつも言ってます。

アホになれとか、

宿題せんでいいとか、

世間のルールからしたら、滅茶苦茶なお母ちゃんです。(^-^;

(でも、ちゃんと宿題をしてるみたいな、わが子たち。)

20120113_004_009_3


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

山笑う

057

はるやのおやつ便の注文があったので、

太郎はんの自転車借りて、

お山の郵便局まで行ってきました。

20120111_003_007_2

えっちら、おっちら。Σ(;・∀・)

20120111_003_011

とちゅう、

いまや、数少なくなった現役の田んぼで、

おじさんたちが作業をしているのを見かけます。

20120111_003_010

「おはようございま~~す。

いよいよ始まりましたねー。

ごくろうさんでーす。」と、

手を振ると、

田んぼでしろかきしていたおじさんも、

丸太に座って一服してたおじさんも、

「お~~~ぅ!」と、

手を振り返してくれますよ。

朝の山のキラキラした緑と、手を振ってくれるおじさんと、

それだけで、

うきうき楽しくなります。

20120111_003_012

そう、

あっちを見ても、

こっちを見ても、

20120111_003_009_3

笑っているでしょう。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

20120112_003_005_4


ほらね。

この山も、笑いました。confident

゜。°。°。故郷やどちらを見ても山笑ふ        正岡子規

20120111_003_014

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日5月16日は北白川ちせさんのひ

20120113_004_003


おはようございます。

今日は、晴れそう。

朝日を浴びながら、書いてます。

↓窓によじ登るなーっ!

20120112_003_015


昨日は、

雨の中、手作り市にお越しくださって、

ありがとうございました!

そして、今日は、北白川のちせさんで、はるやのひ やってます。

くるみと黒糖のケーキ。

オーガニックのくるみを、

黒糖カラメルで、からめました。(ちょっとシャレになってますね。)

そのひと手間が、

おいし~く仕上がってます。

(他の子らがいない間に)こっそり、試食した、

わたしと風歌は、思わずうっとりしてしまいました。(* ̄ー ̄*)

表面にも、カラメルをかけています。

シンプルだけど、

くるみがいっぱい入ってリッチなケーキです。

20120113_003_001_3

それから、

今週は、レーズンとオートミールのビスケット。

はるやのビスケットは、

豆腐が入ってるので、ふんわりしています。

20120113_003_002


もちろん、おやつセットとサプリも持って行きます。

最近、注文に追われてて、

忙しいぞー。

ありがたいぞー。ヽ(´▽`)/

*おまけ*

朝から、これ見て、楽しい気分になりました。

さすが、やんばるのお母ちゃんたち!

割烹着着てんのに、

かっこい~い!(わたしと、えらい違いやな。coldsweats01

やんばるのお母ちゃんたちも、がんばってくれてるよー。

あーっ、

よく観たら、友達一家も出てた~~。(≧∇≦)

ねえ、よっちゃんでしょ~~~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

15日は知恩寺手作り市・他

059


このところ、

5月も半ばと言うのに、

冷たい風雨で、もう寒くて、寒くて・・・。(。>0<。)。

こんな寒い中、

カエルさんやヘビさんは、どうしてるんやろ?

そんな心配をよそに、

田んぼのカエルさんたちは、

風の日も、雨の日も、ちゃんとケロケロ鳴いてます。

**

そして今日は、久しぶりに青空の広がった、さわやかな朝です。

20120110_002_001

天音さんは、3ヶ月と半分を過ぎました。

柔道部に入った(卓球部か柔道部しかない(。>0<。)学校なのでした。)、

兄貴の、筋トレの道具にさせられています。

20120109_002_013

生後1ヶ月、2ヶ月・・・・と、

赤ん坊につきっきりの毎日では、

家のことも、ろくにできず、

仕事なんて、とてもじゃない。

こんなことで、ほんまに、社会復帰できるのだろうか?

今までどうしてたんやろ?

なーんて、

毎回そんなこと思う時期があるのですが、

いつの間にやら、

赤ん坊が寝ている間や、機嫌の良いときを見計らって、

ぼちぼち仕込みできるようになっていました。

赤ん坊のいる暮らしも、

どんどん変化してゆくものです。

20120110_002_002

今日も、

天音さんが起きぬ、朝の早い時間に、

手作り市の仕込み、

本日の、

わたし担当のところは、

さっさとすませて、(ちょっとだけですが。)

あとははるさんが、

山のような仕込みをマイペースでがんばっています。

なので、

太郎はんのリクエストで

お昼ごはんは、チビ3人と、

外食しました。

050

外食って・・・・、

近所のどこか、お気に入りの場所で、

ご飯を食べるってことですわ。

今日は、こんなところで、外食しました。

こんなところで家建てられたらいいな~。

ツリーハウスもできるね。

ハンモックもできそう。

家の向きはどっちがええかな?

なんて、楽しい空想しながら、みんなで食べました。(*^m^)

055_2

あさって15日の手作り市、お天気が怪しいですねえ。

でも、気温は高くなりそう。

今月は、水田家も一緒です。

場所は、いつものところ。

鐘のお堂と、メインストリートの間あたりです。

どうぞ、お越しください。

はるやケーキ、

最近、はるさんが研究熱心で、

わたしが言うのもなんですが、

かなりイケてます。

今も焼いているところ。

家の中がいい匂いに包まれています。☆゜・。。・゜゜・。。・゜

**

先日、京都へ出たついでに、

パン屋へ寄りました。

京都に住んでいた頃、

一番お世話になった、パン屋。

一乗寺のこせちゃさん。

20120108_002_003

滅多に来られへんので、

奮発して子供らにお土産買いました。

(わたしの分が一番多かったりして。coldsweats01

ここのあんぱんは、天下一品です。

あんこの甘さや、小豆の炊き具合が、絶妙です。

20120108_002_001

翌日は、お休みの日だったので、

珍しく、パンとスープの食事にしました。

こせちゃパンと、

わたしが焼いた、下手くそなパンも一緒に。

スープはレンズ豆と野菜たっぷりのスープ。

車麩を、ピカタのようにして焼いてみたら、

好評でした。

20120109_002_002

超辛党のはるさんは、

北白川ちせさんで買っている、

ハバネロソースをかけて、食べていました。

20120109_002_003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

キャンプだほい♪




176

奈良県の天川村の奥、

標高800メートル以上もあるところのキャンプ場で、

キャンプしてきました。

目的地に近づいていくと共に、

標高がどんどん上がっていって、

まるで雲の中へ入って行くみたい。

まるで天空の道のドライブでした。

20120509_001_003

山好きの子供らのテンションも、標高と共にどんどん上がり、

あちこちから、水しぶきを上げて落ちている滝を見て、

車の中で興奮状態。

見知らぬ土地。初めての風景。

やっぱり、旅はいいなー。わくわくするなー(≧∇≦)。

↓これは滝と言うより、土砂崩れ?

001

**

↓この写真撮ったあと、

調子に乗った風歌が、この滝に添って、急な崖をさらに上り始めたので、

「おまえ、何してんねん!降りて来いっ!」

父ちゃんに怒鳴られていました(`Д´)。

うちの周りの山とはまた違うんやから、

調子に乗ったらあかんわ~~。

雨の後で、地盤も緩いやろうし。

わたしも、車の中で見ていて、

「ひゃ~~~shock。降りてきて~~。coldsweats02」と思いました。

お調子者は、

今のうちに釘をさしとかなあきません。

005

はるやでキャンプと言えば、

以前は、虹のみさき祭り。

そして、毎年の山水人の祭り。

いずれも、水場が遠かったり、雨降りゃ濁ったり、

順番を待たなあかんかったり。

便所も遠いか、自分で掘らなあかんかったりするし(昔の虹のみさきの場合)。

テント張るのは、

傾斜がきつかったり、石がゴロゴロしてたり、

切り株があったりして、寝るたびに節々が痛くなるようなところ(。>0<。)。

遊びで来てるなら、それでもいいけど、

なにしろうちの場合は、

仕事がメインなので、

朝早くから、夜遅くまでひたすら仕込み続けるという日々ゆえに、

かなりハードなキャンプなのです。

おまけに、子供らは放ったらかし・・・。

**

だから、

一度、自分らの楽しみのためだけにキャンプしたいなー。

子供らの好きなもん、一緒に作って、

平らなところでテント張って、ゆっくり休みたいなー。

緑に囲まれたところで、ゆっくりおいしい朝ごはん食べたいなー。

なんてのが、憧れでした。

**

いよいよ農繁期がやってきて、

この季節、

ほんまは、出かけてなんかいられへん。

忙しいのはじゅうじゅう承知ですが、

子供が小さい、今のうちに、

いろいろと一緒に経験しとこ!

米作りや野菜作りが、

大事なのはわかる。

でも、

米や野菜は、今だったらまだ金出せば買うことができるけど、

(自給してる方には不謹慎な発言かも知れませんが。)

子供との時間は、

お金には換えられへんのやでーー!

今しかない!

と、ほんまは、田畑の仕事を、したかったであろう、

はるさんに、ヘ理屈こねて、

決行いたしましたです。

↓太郎はんが、持って行く物を書のリストを作りました。

20120105_002_001

**

以前、ホームスクーリングしていた頃は、

日々、暮らしを共にし、

田んぼや畑仕事、家仕事などの、

手作りの暮らしの中で、

いつでもどこでも学びあったり伝え合ったりというのを、目指していたのですが、

子供らが、一日の大半を学校で過ごすようになった今、

共に何かをする時間というのが、

いつでも、どこでも取り難くなってしまい(特に中学になった風歌は忙しくなった。)、

当初の理想からは外れてしまったみたいなんですが、

子供が生き生きと、それをエンジョイしてくれてたら、それでいい。

ただ、

こうやって、たまには、

わざわざ、どこかへ連れ出して、たっぷり一緒の時間を過ごし、

その中で、いろいろと共に経験していきたいなと、

わたしは強く思ったのであります。

だって、ほんと、子供が小さい間なんて、

あっと言う間に過ぎて行くもんね!

**

さあ、どんどん子供らにやらすぞーー!

こき使うぞー。

と、

荷物運びやら、

テントも張りも、どんどんやってもらいます。

007

「ゆみえちゃんは、テントで休んどいて。

ぼくらご飯作るし。」

「え~~っ!そんなんでいいの~~?

<ごはんできたよーっ!>って聞こえたら、

<は~い!>って、行ったらいいだけなの~~っ?」

「うん。」

「わ~~い。」

**

・・・てなことで、遠慮なく、テントにいさせてもらいました。

今回わたしは、

天音さんさえ見といたら、

あとは何もしなくて良かったです。

いやあ、楽になったなあ~。

(まあ、天音さんの面倒もたいへんやったりするのですが。)

**

さて、キャンプと言えば、やっぱカレーライスやろ。

はるやで、カレーと言えば、

いつもインドカレーか、タイカレー。

あるいは、母ちゃんが作る、玄米粉やら雑穀やら入った、

微妙に、よそのとは違うカレーライス。

今回は特別に、子供らの憧れの、

市販のルーを使ったカレーライスを、

我が家で初めて作りました。

市販のルーと言っても、

わかのわからん肉のエキスとか、化学調味料とか入ってない、

自然派のやつですよ。

**

雨風がきつく、屋根のあるところで調理させてもらいました。

調理班の人たち↓

019

015

あまりにも寒かったので、

テントの中で食べました。

「カレーライス、うまいわあっ!!」

「うまい!うまい!」と、みんな連発してましたが、

翌日風歌が、残り物を食べながら、

「カレーライスはうまい!

しかし、ご馳走とは言えんな。

ご馳走やったら、

やっぱ、スパイス使って作る、

はるちゃんのカレーやな。」

と、言うてました。

そのセリフ、はるさんの前で言うてやってやー。

いやしかし、

ルーを使うカレーライスもおいしいなあ。

それに、とっても簡単なのですね!

092

鬼の、調理班監督が、

開放感に包まれて、ワインをラッパ飲みしてます。

048

いつも、仕事のキャンプなので、

家族の為に、食事を作る余裕がなく、

子供らには、はるやの焼きおにぎりや、お粥など、

残り物を食べてもらってました。

(うらやましいと言う方もおられましょうが・・・coldsweats01。)

他の家族連れのキャンパーたちが、

いろいろ作ってるの、うらやましかったんとちがうかなあと思います。

(わたしも、うらやましかったし。)

だから、今回は、キャンプ料理の王道?を行きまっせ。

カレーライスに、トマトソーススパゲテイ。

どちらも肉の代わりに高キビが入ってるところがはるや風。

朝ごはんは、豆乳パンケーキと、穀物コーヒーのオ・レ。

子供ら、大喜びです。

083

しかし、寒さに震えながらのお食事でした。sad

085_3

残念なことに、雨ばかりrain

標高が高いだけに、ものすごく冷え込むし、

風もきつい。

かなわんな~weepと、

みんな風邪ひかへんかな~と、心配でしたが、

親の心配をよそに、

子供らは、

こんな悪天候も関係無しで、

友達作って、朝早くから日暮れまでエンジョイしていましたよ。

↓しょぼしょぼ雨が降る中、なぜかブランコに夢中になってました。

(かなり荒っぽい遊び方ですけど。)

080

山の悪天候は、気温も上がらず、日がな暗く陰気で、

身体も冷える。

うじうじと、気持ちまで滅入ってしまいそうなのですが、

天気のこと、愚痴ひとつ言わず、

陽気に元気いっぱいで遊ぶ子供ら見てたら、

わたしの方が、励まされました。

どんな状況でも楽しめる、そんな子供らに育ってくれてて、

うれしいです。


063_4

みんな寝静まった、最後の夜、

天音ちゃんにおっぱいあげて、おしっこをさせてまた寝かしつけ、

一人で、外に出ると、

あれだけ分厚く垂れ込めていた雲を、

風がさーーーーっと、どこかへ流してくれたみたいに、

夜空は晴れ渡り、

まあるいお月さんが出ていました。

ラッキー!こんなきれいなお月さんが見られるなんて。

明日は晴れるね。

みんな喜ぶだろうなあ!

**


翌朝は、やっと青空の下で料理できました。


099_4

近くの渓谷へ行きました。

157


あちこちに、つり橋が架かっています。

↓橋の上に、太郎はんと光がいます。
178


石の上に、風歌と太郎はんがいるの見えますか?

183

あまりの水の美しさに、

衝動を抑えられず、とうとう風歌が飛び込みましたcoldsweats02

(かなり迷ってたけど。)

ろくに泳げへんくせに・・・・。

(でも、わたしも、飛び込みたいくらい、それはそれは、深く、美しい川でした。)

188_2

あーーー、無事に着いた。ほ~っ。

191

また、登ってるやん~~~~。shock

195


どこまで行くねん~~~っ。shock


196

あー、下りてきた。下りてきた。

ほ~っ。(心臓に悪いわ~。(@Д@;)

↓川の中の石の上にいます
Dpp_0001

ほんと、美しい渓谷でした。

186

帰りに、

ずーっと前から行きたかったパン屋さんへ、

やっと行くことができました。

Dpp_0023

お店のお姉さんたち、

昔、京都のはるやに来てくれたことがありました。

わたしらも、前の店舗のときは、行かせてもらっていて、

そのときのパンやケーキがとっても美味しかったこと。

それから、店内のセンスも良かったことなど、

今でも、記憶に残っていたので、

いつか奈良に行くことがあったら、ぜひ!と思っていました。

移転して、もう7年にもなるそうですが、

現在は、畑や竹やぶのある静かな場所に、

広い庭付きの、とても素敵な一軒屋のお店を構えておられます。

↓店内も広々としています。

Dpp_0021

市居みかちゃんのコーナーがありました。

Dpp_0039_2

お店でも使っておられる、

のらちん工房のナナコさんの器も置いてありました。

器コーナー。

Dpp_0036


こんなカードも。

Dpp_0037

買ったパンを庭で食べさせてもらいました。

ハーブがいっぱい。素敵な庭です。

Dpp_0025

ネパールでは、

ポカラというヒマラヤのふもとの町へ行くと、

青空の下の、

こんなのんびりしたカフェがいっぱいあったのですが、

経費節約のため、なかなか入れませんでした。(ρ_;)

Dpp_0032

もう、そんなケチケチややめよう!

今度行くときは、贅沢もしよう!・・・と、

帰国後に思ったのですが、

やっぱり、ここでも、

一枚のピザを5人で分けて、

おまけで付く、マフィンも5等分。

コップ一杯のぶどうジュースは子供らで分けるという、

ケチケチぶりでした。coldsweats01

しかも、サンドイッチがいいと言うはるさんと、

サンドイッチは、5等分するのば難しいから、

ピザの方がいいんと違うかという、

どこまでも貧乏性の私。

父ちゃんと母ちゃんで意見が分かれ、

ちょっと険悪ムード。

子供たちよ、

こんな親で、すんません。pig

Dpp_0029

ま、

何はともあれ、

楽しいキャンプでした。

子供たちも、また行きたい!と言ってます。

わたしも、また行きたいな!!

また森の中で、パンケーキの朝ごはんしたいな!

(あんたらが、田んぼの除草をしっかり手伝ってくれたら、

夏休みに行けるかもね・・・。)

**

そして、

この日は、すべての原発がお休みになった、記念すべき日でもありました。

このまま、ずっとずっと永遠に、お休みなさい。

Dpp_0038_4

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今日、5月9日は北白川ちせさんの日*5月の予定

185

おはようございまーす。

今日、5月9日は、

北白川ちせさんはるやのひ やってます。

今週は、いちごとココアのケーキと、

ひまわりの種とコーンミールが入ったビスケットです。

人気の、はるやサプリと、おやつセットもありますよ。

ちせさんに、ぜひ行ってみてねー。

187

*5月の予定です。*

5月15日 知恩寺手作り市

5月16日 北白川ちせさん

5月19日~25日 大津市仰の里の椿野さんちにて、

            「風曜日にようこそ」出品

5月20日 大津市三井寺オーガニックマーケット(予定)

5月23日 北白川ちせさん

5月30日 北白川ちせさん



112


*写真は、ゴールデンウィークにキャンプに行ったときのものですよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

電気が足りないから再稼動するのではない

なんや~。テレビでもちゃんと言ってるところがあるんですねー。

なぜ政府が国民を脅してまで再稼動したいのかを追求し、

最後にはちゃんと結論が出てました。

とってもわかりやすいです。

「電力が足りないから再稼動するのではない・関電が明言」

こちらはおなじみ、

田中優さんのメールマガジンより。

「偽装停電の夏をのりこえよう!」

http://tanakayu.blogspot.jp/2012/05/blog-post_2393.html

そして、 若狭在住の方からは、こんなお知らせが届きました。

世界一、原発が集中しているところでもある若狭では、

こんな会議が開かれるようです。

「みんなのエネルギー環境会議・若狭若者編」

http://dreampowerwakasa.jimdo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

天音・初めてのキャンプ

100

わたし、天音。生後3ヶ月とちょっと。

初めてのキャンプに行きました。(行かされました。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いつものおうちと違うわ。

ここは、どこかしら?

008

「ちょっと、赤ん坊、見といてや!」・・・と、

よくお母さんが、

わたしを、お兄ちゃんとこに置いていってしまいます。

011

初めての寝袋。

**

とても寒かったので、

服をいっぱい着せられて、

バスタオルをぐるぐる巻きにされて寝ました。

032

目が覚めたら、

お兄ちゃんたちが、いつも集まってきます。

029

ご飯食べるときも、

雨が降っていて、とっても寒かったです。

一番目のお兄ちゃんが抱っこしてくれました。

088

最後の日。晴れました。

後片付けのとき、

寝てました。(寝かされました。)

109

目が覚めたら、

2番目のお兄ちゃんが、来てくれました。

102_2

初めての山登り。

お父さんが、わたしを担ぎました。

120_2

どんどん、登っていきました。

152

次ぎは、どこに連れていかれるのかしら?(心配だわ・・・。)


130_2





あ~~、ちゅかれた。

172

良い眺めやのぉ~。

197_2

2番目のお兄ちゃんが抱っこしてくれました。

その間、

3番目のお兄ちゃんは・・・・・。

Dpp_0013

崖登りをはじめました。

**

ほんで、1番目のお兄ちゃんは・・・・・、

Dpp_0015

水の中やんけーーーーっ!!!shock

188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

5月2日は北白川ちせさん

20120425_001_003

明日5月2日は、北白川ちせさんで、

はるやのひ やってますよー。

今週は、有機バナナとココナツのケーキと、

キャロブチップとくるみ入りのビスケット。

そしていつもの、おやつセットとはるやのサプリもありますよ。

**

5月のちせさんのカレンダーができました。

毎日楽しそう!!↓

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
おまけ*最近のお弁当。
・キャベツとこんにゃくの胡麻味噌いため
・ほうれん草のくるみ和え
・蒸かし芋

 

20120426_001_001

・三つ葉の胡麻和え

・豆腐ステーキ&野菜のあんかけ

20120427_001_007

・ポテトサラダ&豆乳ドレッシング

・竹の子と人参の揚げ団子

・ほうれん草の胡麻和え

20120423_002_002

・春雨のサラダ

・蒸かし芋

・ほうれん草のクルミ和え



20120425_001_001

というわけで、

みなさん、

楽しい黄金週間をお過ごしくださーーい。

はるやは、どっかでキャンプしてきま~す。

わ~い(≧∇≦)。

ゴールデンウイークに、家族でレジャー(?)って

初めてかも?

(いつも、イベント出店か、田んぼやもん。)

↓兄ちゃん、柔道部に入りました。どすこいっ!・・・・は違うか。

20120428_001_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »