« 今、沖縄@やんばるの森で。 | トップページ | はるやバンドライブのお知らせ »

2012年7月23日 (月)

プライベート出産番外編~うちでのこづち

20120715_001_004

今日も、プライベート出産の準備について、

書こうと思います。

(隣のお嬢ちゃんが天音ちゃんをみてくれている間に!急げ、急げ!\(;゚∇゚)/)

うちのお産について、

まさか、こんなにだらだらと書くことになるとは思いませんでした。

だらだらついでに、

また懲りずに書きます。

プライベート出産を迎えるにあたって、

どんな準備をしたか、

書いてみます。

**

・・・と言っても、

わたしたちが、

お産のために、買い物したのは、

胎盤を受けるための、洗面器(100円也)coldsweats01

でもこれは、

結局、胎盤を出す体勢を考えると、

使用しにくかったので、

胎盤用には、別のもんを使いました。

この洗面器は、生後一週間から、

天音ちゃんのおまるとして今も活躍してくれているので、

無駄にはなりませんでしたけどね。

(100円やしなー(*^m^)。)

20120715_001_008

それから、

へその緒を切った後の消毒のために、

「恵命我神散」という屋久島の漢方薬も買っておきました。

これは、初めての妊娠のときに読んだ本、

(あがた森魚さんのお母さん(産婆さん)が書かれたものです。)

「聖なる産声」で、

紹介されていました。

聖なる産声(うぶごえ)

(わたしのこの本、どこに行ってしまったのかな~~。)

気つけ薬として飲むのもよし、傷口の消毒にもよしと、とにかく万能そうなので、

風歌のお産のときから使用しています。

昔、風歌が足の裏がぱっくり開くような傷を負ってしまったときも、

このクスリを傷口にふりかけました。

ホメオパシーの助けもあったのか、あっと言う間に治しました。

(うちでは、赤チン←古い?とか、マキロン・・・やったっけ?そういう消毒薬は、

置いてないです。我神散の変わりに、

ターメリックや、ヨモギの葉を使うことも多いです。)

そんなかんじで、

切り傷のときの消毒薬としても使えるので、

常備しています。

 

(・・・というか滅多に出番が無いので、

一度買ったのが、なかなか無くならない。)

このクスリ、とっても苦いのですが、

わたしにとっては、お産を思い出させてくれる、甘い思い出の味でもあります( ̄ー+ ̄)。

20120715_001_009

**

以上、

わざわざ購入したのは、その2つです。

お風呂に入れる塩や、炭、

(↑海水並みに、塩をたんまり入れます。羊水と同じ状態にしたいのです。)

普通に自宅出産をするときには、

介助してくれる助産師さんが、

防水シートや、産褥ショーツやナプキン、脱脂綿など、

お産グッズをいろいろと持ってきてくださいますが、

そんなわざわざ専用のものを揃えなくても、

家にあるもので、間に合いました。

出血が、ほとんど無かったので、

防水シートや脱脂綿も必要無かったくらいです。

20120715_001_011

**

まあ、こんなかんじで、

プライベート出産の準備と言っても、たいしたことないのです。

(部屋の片付けが一番たいへんでした。coldsweats01

参考にならなかったですかね。

すんません。

産院でお産する方の方が、

着替えやら洗面用具やら、上の子のもんやらなんやら、

いつでも出かけられるように、

前もってそろえておかなければならないので、

たいへんかなとも思います。

20120715_001_003

**

うちでは、

お産にお金も(手間も)かけなかったわけですが、

(たまたま?、それで大丈夫だったわけですが。)

そんなわたしたちのところにも、

もれなく、

国から出産育児一時金というのが支給されるそうです。

いくらもらえるのか、わたしも知らなかったので、

今更ながら調べてみたら、

たくさん支給されるんですね。coldsweats02

3男の光のときは、いくらだったんかなー?

あのお金、どこにいったんかな??

って、いい加減な親です。

20120715_001_006

**

それにしても、いっぱいもらえるんやなあ!!!

これだけあったら、

一ヶ月は無理にしても、

また子連れバックパッカーできるんとちゃうか?

家族6人東南アジアのどこかの格安航空券買えるんとちゃうか?

も、もしかしたら、

天音ちゃんが3歳になったくらいに、

ま、まさかの4人子連れ旅ができるかも。

やったーー。(≧∇≦)

(・・・・と一人で興奮。)

というわけで、

天音ちゃんは、

6人分の飛行機チケットを握り締めて、

我が家に生まれてきてくれたのです。

でかしたぞ、天音ちゃん!

・・・って、滅茶苦茶勝手な解釈。

(調子に乗りすぎや!ε-( ̄ヘ ̄)┌ )

20120709_001_030

それでも、飛行機のチケット代に、

まるまる残しておくというのも、なんですから、

せっかくだし、

今回は、がんばってお産してくれたわたしの身体のために、

少し使わせてもらおうと思いました。

自分の身体が、哺乳類の雌として、

妊娠・出産と、授乳と、ちゃーんと機能したのが、

自分でも驚きで、

もっと自分の身体のこと、大切にしようと思い、

産後3ヶ月から、

整体の施術を月一回、3回ほど受けました。

そんな贅沢(わたしにとってはそうなのです。)な、

お金の使い方も、

この一時金があったからできました。

ありがたいです。

(この国がやっていることが、酷い、酷いと言いながら、

ちゃっかりお金もらってる自分に、矛盾を感じますが。うーーむ(-゛-メ)。)

20120715_001_007

**

昔、「赤ちゃんはうちでのこづちを持って生まれるのよ」と、

言われたことがあります。

赤ちゃんができても、

経済的な心配はせんでもいい、

なんとかなるもんやから・・・という意味合いかな。

**

この間、5年ぶりくらいにお会いした方は、

夫婦でパン屋を営みながら、

5人も子どもさんを育てはったのですが、

またうちに子どもが増えたのを知ると、

それはもう満面の笑顔で、

「良かったわねー。

子どもはね、みーんな食いっぷちを持って生まれてくるんだからねー。

何人いても大丈夫なのよ~。

子どもはみんな宝よ~~ヽ(´▽`)/。」

と、天音ちゃんを愛おしそうに抱いて、頬ずりしてくださいました。

わたしも、いつの日か、

この方みたいに、

若いお母さんたちに

「大丈夫よ~。」って言えるようになりたいな。

**

お気楽な、わたしら夫婦は、

深刻に心配したことありませんが、

でも、ほんと、今までを振り返ってみれば、

みんなうちでのこづちを持って、

生まれてきたくれたのだなと思います。

一時金は別としてもね。

目に見えるもの、見えないもの、

毎日、4人の子どもらが、

うちでのこづちを振りながら、

限りなく、惜しみなく、

わたしらに、与えてくれてます。

20120709_004_006

**

あれまあ、

お産の準備から、

また脱線してしまいました。

まあ、

何事も起こらないお産であれば、

家にあるもので、事は足りるということですね。

(すごくいい加減。)

昔は、畑の仕事中に生まれて、鎌でへその緒を切ったって話もありますし、

共同便所、共同台所、風呂無し・・・の、

学生アパートで産まはった友達もいるし、

キャンプ中に、テントの中で産まはった友達もいます。coldsweats02

なんとかなるもんですね。

分娩台も、眩いばかりの照明器具も、

消毒薬も、白衣も、

・・・・ええっと・・・それから・・・、

産院で産んだことがないので、

どんなものが使用されるのか、全く思い浮かばないのですが・・・。coldsweats01

20120720_001_005

お産って、スピリチャル。

お産って、神秘的。

お産って、命がけ。

そう思う一方では、

お産って、産道通って、赤ん坊が出てくるだけのこと。

赤ん坊がたった数十センチ、わたしの身体の中を、

下へ向かって移動するだけのこと。

そんな、大騒ぎするようなもんと違う。

たいそうなもんじゃないでー。

とってもシンプル!

なんて、

回を重ねるたびに、思ったりもするのです。

20120720_001_010

まあ、

そんなふうにここで言えるのは、

しつこく言いますが、

今回のお産も何事も起こらなかったおかげです。

妊娠初期は、

お腹も張りっぱなしで、調子悪く、

このブログでも何度か書きましたが、

「きっと流れてしまうやろな・・・・」と、

思っていたくらいに、自信がありませんでした。

検診こそしてませんでしたが、

気診の治療をしている友達に、何度かお世話になりました。

「気」で身体を診てもらって、

わたしの身体の「気」を整えてもらいました。

彼に診てもらうたびに、

「赤ちゃん生きてる?ちゃんと<気>出してる?」と、

聞いたものです。

その彼も最初は、

「う~~~ん・・・・。」と、

何とも言えんなあという様子でしたが、

安定期に入った頃、

「母子ともに順調やな。」と初めて言われ、

うれしくてホロリとしました。

20120709_001_018_2

このブログを読んでくれてるかどうかわからないけれど、

K介さん、あらためて、いつもいつもありがとうねー。

ほんとにほんとにほんとに!感謝してます。

うちの場合、K介さんのようなサポートがあって、恵まれていました。

セラピストやヒーリングやっている友人たちにも、

精神的にまいっている時(←お産とは別のことでまいっていました。)、

助けてもらいました。

Kちゃん、Bさん、お世話になりました。

プライベート出産される方、

検診や検査無しでは、ちょっと不安って方も、

自分に違和感のないかたちで、

身体のこと(心も)、サポートしてもらえるところがあったらいいですね。

鍼灸師さんとか、整体師さんとか、

ホメオパスさんとかセラピストさんとか・・・ね。


20120720_001_006


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

プライベート出産において、

100円の洗面器と我神散だけ・・・なんてのと違ってcoldsweats01

もっと、ちゃんとお産の準備について、

知りたーーい!という方。

ここで、わたしが言うまでもありません。

具体的にいろいろ書いてある本があります。

まあ、プライベート出産される方は、

みなさん、すでに読んでおられるかと思うのですが、、

わたしは、この本を多いに参考にして、

お産に臨みました。

産院でお産される方にも、おすすめします。

お産関係の本、たくさんありますが、

何冊も読まなくても、

これ一冊あれば、

世界各国や、日本の昔の、いろいろなお産にまつわる話、

病院での出産と自宅出産の違い、

妊娠中の過ごし方や、食事、

お産で準備するもの、

水中出産について、

産後の過ごし方、母乳、赤ちゃんのケア、

出生届にまつわるあれこれ、などなど、

情報満載です。

あなたにもできる自然出産―夫婦で読むお産の知識

わたしが、

こうやって、お産について書くまでもなく、

この本を、読んでもらったら、

プライベート出産が、どんなものなのか、わかるってもんです。

**

というわけで、

お産の準備についてと、

「赤ん坊はみんなうちでのこづちを持って生まれてくる」の巻でした。

|

« 今、沖縄@やんばるの森で。 | トップページ | はるやバンドライブのお知らせ »

プライベート出産」カテゴリの記事

妊娠出産など」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

いろんなお産があるね
産む人が選べられるって大事だね

天音ちゃん
いい笑顔だね♪
ほんとに満ち足りてる笑顔だ

そろそろ前歯の兆しがでてくるかなぁ
きれいな歯茎に白い1本線
大きくなってる証が嬉しいんだけど
もうちょっとユックリでもいいよ~みたいな複雑な親心

なんといっても末っ子だし
小さい頃を楽しみたいもんね♪

毎度のことですが
よそ様のお子達に萌えるわぁ
もうみんなギュムってはぐしたあい(≧m≦)
でもって天音ちゃんはお腹パクパクして笑わせたいデス
ちょっとヤバイおばさん!?

投稿: かよ | 2012年7月23日 (月) 11時24分

時々覗かせてもらっていますが、やっぱりステキすぎます!!
ぜひブログやFacebookで紹介させて下さい。

投稿: ほあんたま | 2012年7月30日 (月) 01時05分

かよちゃん>えーー?歯、生えそうに見える??かなわんなー。もうちょっと遅くてええのに・・・。


ほあんたまさん>ありがとう!ステキ過ぎるってことは無いけどね!紹介、どうぞ自由にしてくださいな。

投稿: yumie | 2012年7月30日 (月) 05時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/46391247

この記事へのトラックバック一覧です: プライベート出産番外編~うちでのこづち:

« 今、沖縄@やんばるの森で。 | トップページ | はるやバンドライブのお知らせ »