« 海へ。 | トップページ | 「羊水の話」に寄せて。 »

2012年8月10日 (金)

プライベート出産・羊水の話

20120801_001_004

先日、海と羊水は、同じ・・・・・というような話をしたついでに。

羊水の話を、少し。

20120809_001_009

羊水の匂い・・・。

今まで、自分のお産と、

たまたま立ち会ったわんこのお産。

計5回嗅ぎました。

お産のたびに、思う・・・、

懐かしい、命の誕生のときだけ嗅げる、特別な匂いです。

子供たちにも、しっかりこの匂い覚えて欲しいと思いました。

(またいつか、この匂いを嗅ぐことができるやろうか。)

**

そんな、わたしにとって、なんとも言えない、思い出深い、

涙出るほど、懐かしい、羊水の匂いですが、

昔、

「お産のときに、羊水がシャンプーの匂いをしていた」と、

何かの本でも読んだし、

総合病院で働いておられた、

助産師さんも、言っておられました。

うっそーーー。Σ( ̄ロ ̄lll)と、思われるかも知れないけれど、

頭皮から(頭皮だけではないのですが)、そういうのって、吸収されるそうですねー。

もう、知っている方も多いだろうけど、

経皮毒http://www.keihidoku.com/というのも、あります。

シャンプーに入っている経皮毒

http://www.keihidoku.com/archives/50624293.html

20120809_001_012


わたしは、

シャンプーは、もう何年も使ってないし、

石鹸も、友達からプレゼントしてもらった手作りのものを、

ときどき大事に、使ってるくらい。

洗剤は、炭と塩で代用・・・・

(こちらの方法と同じでした。→http://sumi.ekoeasy.net/)と、

ケミカルなものを、日常的に使うことはありません。

ついでに、化粧水、化粧品も一切無し。

(10年以上前に買ったらしい口紅に黴が生えてましたΣ( ̄ロ ̄lll)

なんて、なんか、変な自慢してるみたいですけど。

まあ、これは、好みのもんだい。

顔や爪なんかに何かを塗りたくるのが昔からかなわんのと、

自分を美しくすることに対してズボラなだけ?でした。

(もうこんな歳だし、ちょっとはお手入れしなあかんかな(*^m^)。)

まあ、とにかく、

自分に心地よく、ストレスの無い選択をしていったら、

合成洗剤やシャンプーの要らない生活、

そして、身体にケミカルなものを入れない生活になりました。

それが、結果的には、子宮や羊水にも良かったんかなー。

(うちの子ら、みんな、

胎脂もさらっとして、すべすべお肌の赤ちゃんでした。)

でも、これはよく考えると、

環境にも、心地よく、負荷の少ない選択と言えるかなー。



20120809_001_025


それから・・・・、

もう、かれこれ15年以上は、

菜食中心の暮らしなので、

動物性の脂が、羊水に流れ込む?ことは、滅多にありません。

お皿洗ってたらわかると思いますが、

同じ油でも、

なたね油や、オリーブオイルなど、植物性のものと、

魚や肉の油では、

汚れの落ち方が、全く違います。

魚や肉を切っていて、(肉料理は長いことしてへんなー。)

包丁にベタっと油がつきますね。

これと同じで、

魚や肉を食べると、一時的かも知れませんが、

自分の血管や子宮も、ベタっとしてるかもわかりません。

お祭りでサバ寿司をたくさんもらったときなど、

「うわ~~~。羊水濁るやろなー。生臭いやろなーーΣ( ̄ロ ̄lll)。」と思いながらも、

「たまにやし、ま、ええか。」と、

食べていたわたしですが、

そんな日の翌日は、

特に菜食の小食&ローフードを身体が求めていました。

身体の中を、すっきりと掃除したくなるのです。

20120809_001_011

そんなわけで、

わたしの子宮は、

使い古しの年季の入ったものでしたが、

もしかしたら、

コンビニ弁当やら、ファミレスやら、マクドやら、

肉やら、ポテチやら、いつも食べている、

どっかの若い姉ちゃんのより、

案外、さらっとしてきれいな羊水やったんかも知れません。

顔にシワやシミがあっても、

子宮は、まだイケた?

まあ、そんなこと、

ちゃんと天音ちゃんが生まれてきてくれた、

今だから、言えるんですけど。

(当時は、ストレスがいっぱいあったので、

食べ物よりも、精神的なダメージで、

羊水がドロドロしてへんかなと心配してました。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

マクロや、菜食してたから、

安産やで。生まれてくる赤ちゃんも穏やかで手がかからへんよ。

・・・・なんて、

本や手記に書いてあることが多いけど、

それについては、

わたしは、一概にそうだとは言いません。

でも、

やっぱり、お腹の中の赤ちゃんは、

生臭くて脂っぽい羊水の中よりも、

透明な海のような、

澄んだ羊水の中で暮らす方が気持ちいいでしょう。




20120809_001_020


金魚や、メダカなんかを、

水槽で飼っているとき、

まさか、その中に、シャンプーを何滴か入れてみたり、

洗剤をパラパラっと入れたり、

油を流してみたり、

しないでしょう?

それと、よく似ていると思います。

羊水で赤ちゃん飼っていて・・・・じゃなくて、

赤ちゃんが育っていて、

そこに、合成洗剤とか、入れたくないでしょう。

さらには、絵の具とか(着色料のことですよ。)、

保存料とか、アミノ酸とか、偽の香りを付けるもんとか、

わけのわからん添加物を、わたしはできるだけ、

入れたくないんだよなー。

甘ったるい、白砂糖も。

そして、もちろん、放射性物質も。

20120809_001_016

そう思うと、

やっぱり、食べ物を気をつけるに、越したことはないですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、

お産する人も、しない人も、

お産し終わった人も、

月経終わった人も、

生まれたばかりの赤ちゃん・・・・いや、

胎児の女の子だって、

90歳のおばあちゃんだって、

みんな、みんな、子宮は大事ですね。

(何かの理由で子宮とお別れしはった方も、

身体の方は、かつてあった子宮のこと

記憶していると思います。)

天音ちゃんの子宮って、

どんなに小さいんやろう。

その小さな子宮のこと、

思うだけで、愛おしくなります。

↓寝起きでいつも、天音ちゃんのとこに集まってきます。みんなはれぼったい顔やな。特に太郎はん。

 

20120808_002_001

昔、家族みんなでハマった、

「お~い!竜馬」という、

坂本竜馬の一生を描いた漫画を思い出しました。

竜馬が幼いときに死んでしまう、病気がちだったお母さんが、

字を覚えたての竜馬に、

「海」という字には、「母」があるでしょ。

だから海を見たらお母さんを思い出してねというようエピソードが

あったように思います。

20120809_001_022

女の人は、

みんな、自分の中に、海がある。

なーーんて、

素敵ですね。

潮の満ち引き、月の満ち欠け、影響されるはずですね。

わたしも、自分の中の海、

かなり使い古しやけど、

大事にしようっと。

|

« 海へ。 | トップページ | 「羊水の話」に寄せて。 »

プライベート出産」カテゴリの記事

妊娠出産など」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

食べること。」カテゴリの記事

コメント

はるやのみなさま

いつも すごく 気づかせてもらって、思い出させてもらって、本当に素敵な心から 湧いてる言葉たち ありがとうございます。

何度も コメントをしてみては消して、書いては消して でした。
満を持して。

私も小さい子供が三人いる暮らしをしています。

(京都で暮らしていたときは、よくはるやさんと同じお祭りにいたりもしたんですよ~。まだ上のお兄ちゃんが二人だった頃でした)

体の中の海の話、私も三人の子を産んで 羊水は海のにおいなんだって初めてしりました。

海は地球の生き物のみんなのお母さんで、私もそこから生まれたんだけれど、こどもだった私がいつの間にか 体に最大限の海を作って、子供を産むお母さんになるなんて とても 大きな発見でした。

日本海の近くにしばらく暮らしていて、よく海を見に、拾い物をしに、波打際を歩きました。私は遠くまで泳げないから。

その時、私が知っているいつも見ている海って、海のはじっこなんだなあと 気がつきました。
海の本質って ここではないなと。

大きなお腹を突き出して、海の中心は、静かで 孤独で 豊かな場所なんだろうなとイメージしたものです。

先日知り合った方が、「自分の中が海だってことをイメージして」と言ってくれました。
海の中に 骨が浮かんでる。海の中に内臓が浮かんでる。海の中で考えてる。

これもまた 私には衝撃的な印象でした。

目を閉じて、両手を広げて自分の中の海を見ようとすると、すごく純粋な気持ちになったし、体の強張りも落ち着いた感じがしました。

だから 多分、男性も子宮はないけれど、海を思い出すことができるし、それを大事にすることもできるんじゃないかなとおもいます。

脈絡のないコメントになってしまいましたが、初コメントさせてもらいました◎

これからも、私や私世代に惜しみなく、経験をシェアしてくれるお姉さんでいてください。

いつも楽しみにしています。

投稿: okatte | 2012年8月10日 (金) 21時43分

okatteさん>とてもステキなコメントをありがとうございます。わたしのひとりごと、こんなに深く感じてくださっている方がおられるなんて、感激です。わたしと、一部の方がこのコメント欄を読むだけではもったいないので、近々ブログの記事の方でシェアさせてくださいな。ほんとうにありがとう。最後の、「お姉さんでいてください」・・・「おばさんでいてください」じゃなかったのね。うれしいわあ~~。(*^m^)

投稿: yumie | 2012年8月11日 (土) 22時38分

ゆみえさんへ

おひさしぶりです^^
綾部上林の三茶です。
すご~くステキな出産&子育てされていますね~!!
大飯でお会いした時は、天音ちゃん寝ていたのでお顔が見れなかったけど、ブログの写真の笑顔とっても可愛いですね。。


メアドが分からなかったので、こちらにイベントのお誘い失礼します。
綾部で10/678に「感謝のお祭り」があります。
〜 すべての生命に慈しみと感謝のこころを 〜
4人目を出産されてお忙しいと思いますが、このイベントにピッタリだと思ったので出店のお誘いです。
イベントの内容も載せておきますので、お返事いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします★
HP
http://www.iyabi.jp/

1日目: 2012年10月6日(土) 《むすんで》

オープニングセレモニー《奉納演奏》山本公成《奉納舞》花柳鶴寿賀 ほか


《音楽》山本公成 / サヨコとナラ / 岡野弘幹 / かむあそうトライブス / 宮城愛 / デバシーシュ・サンヤル & 松本こうすけ / ほか

《VJ》ヒラリオン・ベータランド

《お話》須田郡司

《映画》「玄牝」(河瀬直美監督) / 「カンタ・ティモール」(広田奈津子監督)
2日目: 2012年10月7日(日) 《ひらいて》

《音楽》桑名晴子 / はなみ湯キテレツの介 / 櫛田寒平 (ism) / 幸+福 / ほか

《舞踏》藤條虫丸

《お話》若杉友子 (野草料理) / 橋本ちあき (自然出産・子育て・食)

《映画》「玄牝」(河瀬直美監督) / 「カンタ・ティモール」(広田奈津子監督)

【お母さんのシンポジウム】〜女性として、人として新しい生命のため「いまここ」からできること〜
3日目: 2012年10月8日(月祝) 《つながりなおす》

《音楽》喜納昌吉 / 内田ボブ / ラビラビ / THE FAMILY / ほか

《お話》ロイ・リトルサン (ホピ長老)

【祈りの対談】鎌田東二 (宗教、民俗学者)、出口孝樹 (大本)、大友映男 (やさい村村長)

クロージングセレモニー《奉納演奏》アパッチ宮原×Holy Smok☆y 《奉納舞》舞鈴 ほか

《盆踊り》みろく音頭・愛善音頭 with ラビラビ

投稿: 三茶 | 2012年8月14日 (火) 16時12分

三茶さん>あらまあ!三茶さんお久しぶり!なんと、すばらしいイベントが、またまた綾部で行われるんやねー。すごいなあ。はるやもぜひ、行きたいな。ボスと相談してみます。またメールするね!

投稿: yumie | 2012年8月15日 (水) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/46617728

この記事へのトラックバック一覧です: プライベート出産・羊水の話:

« 海へ。 | トップページ | 「羊水の話」に寄せて。 »