« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の10件の記事

2012年10月27日 (土)

秋のこのごろ

20121016_002_002

村のしごとで、

奥の方へ行きました。

ブナの原生林地帯の、ほんの入り口あたり。

久しぶりです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

季節も良いし、

ふと登ってみよかなという気持ちになりました。

最後に登ったのは、

去年の紅葉まっさかりの頃。

大きなお腹で、これで最後やなと思いながら、

ふぅ~、ふぅ~と、

登ったのを覚えています。

そのときのお供は、光ちゃんでした。

そう、どこへ行くのも、彼がお供してました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今は、もういません・・・・。(。>0<。)

(学校行ってます。)

**

でも、ほれ、

わたしの背中に、コブがひとつ。

ああ、これからは、このコブを、

背負ったり、抱いたり、手を引いたりして、

ここに来るのかな。

そして、いつかは、

わたしの前を、タッタッターと、駆け上るほどの、

おサルさんになるんかな・・・・。

しばらくは、お供がいてくれて、良かったわい。

20121016_002_001

コブが思いので、

ふらふら~・・・・おっとっとっと・・・・・(@Д@;

「あー、こわっ!」と、なりながら見上げた、

大きなぶなの木。お久しぶりです。

20121016_002_003

ああ、コブ背負ってても、登れた。登れた。

ちょこっとやけどな~。

それでも、無理やと思ってたから、うれしいわ。

案外わたしって、まだ力あるかも?

よう考えたら、中高年の登山してはる人は、

このコブくらいの重さの、バックパック背負って、登ってるやろしなあー。

鍛えるの、まだ遅くないかも??

20121016_002_005

お山の学校の田んぼ、

脱穀しました。

20121022_001_004

足ふみ脱穀機、

トウミ、

杵と臼。

それから、自分らの手と足、腰。

なんかを、フルに使って、

おこないました。

20121022_001_005_3

太郎はん、

足ふみ脱穀、がんばっていました。

(次の日疲れて、学校休んでました。(^-^;)

20121022_001_008_2

80代のおばあさんセンセイが、

籾殻飛ばすのを、実演してくれています。

無駄な動きの無い、

すばらしい手つきです。

尊敬!

********

********

********

昔、ネパールに秋に訪れたときに、

赤いサリーを着たお母さんたちが、

大きな盆ザルを、ひらひらとさせながら、

同じことをしていたのを思い出しました。

古い古いお寺のある石畳の広場。

やわらかく差し込んでくる日のひかり。

もう20年以上も前のことなのに、

まだ覚えているなんて・・・ね。

あまりにも、美しい光景だったから・・・かな。

20121022_001_012

そしてまさか、約20年後、

それに近い暮らしをすることになるとは、

思いませんでした。(゚ー゚;

人生何が起こるやら。

ドタバタ、ふらふら、おっとっと・・・と、

無駄な動き無く、

ネパールのお母さんたちや、

ここのおばあさんみたいに

優雅に作業できるようになりたいです。

**

**

**

授業の終りに、

いつも生米を味わいます。

ここの子供ら、生米好きで、

作業しながらも、食べてますよ。(*^m^)

20121022_001_014

さて、こちらは90歳になるおばあさんと、

70代後半のおばあさん姉妹。

日なたにペタンと座り込んで、

のんびりしています。

20121022_001_019

いつも、「来いよ。」「来いよ。」と、

手招きしてくれはるんですが、

自転車で通り過ぎながら、

「今から、ご飯作らなあかんし~。」

「今日は、仕込みやねん~。」と、

なかなか、おばあさんのゆるゆる時間に参加できないのですが、

よっぽど時間があるときに、

仲間に入れてもらいますよ。

そして、いつもいつも、同じ話をしています。

「えらいのぅ~。何から何まで揃って生まれてきて、不思議なもんよ

のぅ~。」

「おんなのこが、うまいこと生まれてきて、運があるのぅ~。」

わたしも毎度、

同じように答えます。

「いや~、おTさんたちのおかげやでぇ~。」

***

「箸が転げても笑う歳」って、

確か、若い娘さんを言うのでしょうが、

ここのおばあさんたちも、そんなお年頃?

何と言うことなしに、

ほんとによく笑います。

ケラケラケラ、コロコロコロ。

わたしにもそれが、伝染するので、

おばあさんと一緒に、ケラケラコロコロと笑って

ひとときを過ごします。

ゆるゆる時間です。

20121022_001_015

そんなふうに、

秋晴れの美しい日々が過ぎてゆきました。

20121022_001_002_3



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

7歳おめでとう・・・・でした。

20121014_001_001

このあいだは、

7月から毎月おこなわれた、

はるや一家今年最後の、誕生会でした。

誕生会と言っても、

その子の好きなもん作って、みんな揃って食べるだけのことですけど。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

なんだか、このブログで

誕生日のたびに、

その子にラヴレター書いてるみたいになって、

他人のみなさんにしたら、

げんなりかもわかりませんが、

あしからず。

Img_0377

でも、わたしにしてみれば、

それをきっかけに、

懐かしい赤ん坊のときの写真を見ながら、

その子に思いを馳せて、

あらためて、

うちに生まれてきてくれたことに感謝するという、

よい時間になっています・・・。

Img_0190

今年最後の誕生日の人は、

はるやの、<もと>末っ子。

<もと>・・・になってしまった?アイドル。

Img_1204_4

髪の毛が、くるくる天然パーマってだけで、

どこへ行っても、

いろいろな国の人からも、

「かわいい」「かわいい」って言われて大きくなってきました。

(特やね~~。)

はるやで、

この頭と言えば、三男光ですね。

彼の誕生のことは、

過去の日記でも、書きました。

**

なんか、自分で書いておきながら、

続けて読むと、

なかなか面白かったので、(誕生日のメニューも毎回同じでした!coldsweats01

そんなに長文でもないし、

ヒマな人・・・じゃなくって、

モノ好きな人・・・じゃなくて、

ええっと、

光ファンの方(少しはいるやろ。)、

もし良かったら、

読んでくださいな。

もうすでに誕生秘話?を、いろいろ書いてるので、

今さら、

ここで書くこともないな・・・・・。

光4歳のとき。

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-b5fe.html

5歳のとき。

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/5-813d.html

そして、6歳のとき・・・。

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-1.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

うふふ・・・。(*^m^)

今年も、やっぱりこれでした。ヽ(´▽`)/

毎年、割り増ししていて、

今年はお重6段。一段に9つ入ってますね。

併せて54個!!??( ̄◆ ̄;)

ちなみに、翌日の朝ごはん、そしておやつ・・・で食べきります。

20121017_001_001

*****************************

***********************

*******************

****************

***********

*******

はるやの末っ子として、

ずっとその地位は不動やと思っていたのに、

なんと、今年になって、まさかのお兄ちゃんになってしまいましたが、

潔く、

お母ちゃんの隣(寝る時)も、膝の上も、

赤ん坊に譲り、けなげです。(ρ_;)

それどころか、

赤ん坊が泣き出すと、

いつも、真っ先に抱き上げて、

ゆすってあやしてくれる彼です。

(ほかの兄貴はどうしたんや?(`ε´)

赤ん坊が、いつまでも泣いている夜があれば、

わたしの部屋を覗いて、

「一人で大丈夫?」と、気遣ってくれる、思いやりの末の兄貴です。(/□≦、)

やさしいんだよな~。(* ̄ー ̄*)

↓ピース・・なんて、どこで覚えたんや?

20120815_001_006

去年、妊娠中、

わたしは、

不良妊婦で、いつも疲れて、いつも眠かったので、

それまでしてきたように、

二人でピクニック行ったり、

山や川へ行ったりということができず、

家のことをこなすだけで精一杯。

彼のこと、放ったらかしだったんだけど、

毎日、ご機嫌さんで、

一人ぼっちで、散歩に出かけたり、

田んぼや畑に出かけたり、

(まだ入学もしてへんのに)学校へ行ったり、

外で剣のお稽古に励んだり、

吹雪の中、そりすべりに興じたりΣ( ̄ロ ̄lll)、

20120112_001_001

なにかしら上手に、

面白いこと見つけて、

機嫌よく過ごしてくれて、

ほんまに助かってました。

042

おかげで、わたし、

昼間っから、ゆっくり休めましたから・・・。

ありがたかったです。

7_034_2

**

そして、

「行ってきまあーーす!」

と、元気いっぱい明るい声で、

出かけて行って、

「ただいまーっ!」と、

ご機嫌さんで、帰ってくるのですが、

この小さな身体、

一人ぼっちでトコトコと、田舎道。

どんな気持ちで歩いているんやろうなと思っていました。

寂しくないのかな・・・。

怖くないのかな・・・。

つまんなくないのかな・・・。

20110512_001_002_9

もしかしたら、

この人は、あの頃、

山や草花や、小さな生き物たちと、

しっかり友達関係にあったのかも知れないな。

わたしには、想像できないような、

透明な・・・豊かな時間を、過ごしていたのかも知れません。

107

今、一年生になって、

一人ぼっちで散歩に行くことも無くなっただろうけれど、

彼がこのお山で、

毎日、過ごしていた日々は、かけがえのない宝やなあと、

勝手に思っています。

(幼稚園や保育園に行って、

おゆうぎやら、歌やら、お絵かきやら教えてもらわんでも、

友達100人いなくても・・・←そんな歌あるやろ?

・・・ちゃんと育つもんやで。

・・・・と、過疎の田舎でひっそりと、

迷いながら子育てしておられる方に、

言いたいです。( ^ω^ ) )

1_052_2

穴の空いた靴下やズボンは、

絶対に避けるキミ。

(そのかわり、

太郎はんが穴あき靴下やズボンはいてくれてます。coldsweats01←全く気にしない人)

服にこだわりを持つ男。

(そのために、学校遅刻することもありました。)

それから、

おやつが、「栗だけ」とか、「柿だけ」とかだと、

機嫌悪いキミ┐(´д`)┌。

(おやつというのは、ケーキやパンや、何か甘いもんだと思っている。)

「ぜいたくな奴じゃ。」「甘やかされてる」(`ε´)と、

兄貴たちのひんしゅくをかうこともあるけれど、

はい。確かに。

この子は、

兄貴たちでは考えられへんような、

わがまま言うことあります。

でも、

一番ワイルドな環境で、

しっかり自力で生まれてきてくれたキミ。

密かに一番、頑丈な子やと思っています。

(この子に、看病らしい看病をした記憶がありません。)

そして、

わたしの中では・・・、

たぶんはるさんの中でも、

今も、末っ子のイメージそのままに、

やることなすこと、愛らしい光ちゃんですよ。(*^m^)

349_4

**

**

「赤ちゃん、生きてるかな~。

生まれてきてくれるかな~。

生まれてきて欲しいな~。」

と、

不良妊婦で、へろへろだったお母ちゃんのそばに来て、

いつも心配してくれてました。

無事に生まれてきてくれたよねー。

ありがとうね。光ちゃん。

キミのおかげです。ほんまに。

20120815_001_009

うふふ。

7年間連続、おはぎで誕生日の記録、

いつまで続くかなーー。

おはぎのリクエスト☆

20121017_001_003_2

わたしたちは、キミが幾つになるまで、

おはぎを作りつづけることができるのでしょう・・・。

ああ、そして、

キミは、幾つになるまで、

お花を、わたしに摘んできてくれるの・・・・。(*^m^)

(太郎はんは、もう摘んでこなくなりました。(ノ_-。)

291

おめでとう。7歳の光ちゃん。

いつか、大人になって、

ふと、思い出してくれるかな。

うちのおはぎの味(*^m^)・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

忙しかった週末・その2

20121014_001_022


稲刈りの翌日は、

朝早くから、申し訳ないなあと思いつつ、

遠慮がちに・・・・子供らを叩き起こして、

(可愛い顔して眠っている子供らを、無理に起こすの苦手ですねん。)

家族総動員で、出て行きました。

それはそれは、見事な「ユリノキ」のある、

森の中の広場で、

「風人の祭り」が、行われました。

20121014_001_010

「会場に着いたら、まず楽器を運ぶこと。

そして、すぐにリハーサルやしな!」

・・・・と、言っておいたのに、

楽器だけ運んで、みんな行方不明。

山の中へ入ったか?

谷へ下りたか?

毎度のことながら、

ライブのとき、メンバー召集にいつも苦労する、

はるやバンドです。

**

「くそっ!あいつら、何しとんねん!

もう、今日は何も食わさへんからなっ!!!!」(#`Д´)

とか、言うて、

あっちこっちと探し回るはるさん。

こういうとき、子供だろうが犬猫だろうが?、

人を待たすのが許せないはるさんの怒りbombが、

頂点にいきそうでしたが、

まあまあ、

まだ、音響の方も大丈夫って言ってはるし・・・。

そして、わたしは、

前から、一度やってみたかった、

「お呼び出し」のアナウンスを、させてもらいましたよ。(*^m^)

20121014_001_011


「えーーー、

はるやバンドの、

○村○歌くん、

太○くん、

ひ○○ちゃん、

リハーサルの時間です。

至急、ステージまで来てください。」

***

***

だんだんと、語調を強めました。

「はるやバンドの、

○村○歌くーーーん!

太○くーーん!

ひ○○ちゃーーん!

早く、来てくださいよーーーっ!!(`Д´)」

***

***

***

しかし、

マイクより、

はるさんの、ドスの効いた地声の方が、

よう響いてました。

「おっまえらぁ~、

はよ、帰ってこんかいっ!!!

何しとんねん!」凸(`Д´メ)

あほっ!!」

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やれやれ、

やっと、みんな揃いました!

今回は、とっても入念な、ていねいな、音のチェックでした。

こんな、わたしらのために・・・・。

もったいない。もったいない。

20121014_001_014

本番の写真は、

ありませんが、

終わったあと、

いろいろな人が、

「良かったです。」

「感動しました。」

なーんて、声をかけてくださいました。

子供らにも、声をかけてくださった方がおられたようです。

ああ、良かった。良かった。

ほーっ。

**

ほかにも、

「ブログ、いつも楽しみにしています。」なんて、

声をかけてくださる方が、

何人かおられて、

うれしかったです。

ありがとうございます。

20121014_001_020

弁当作ってくる余裕が無かったので、(。>0<。)、

持ってきてた餅焼いて食べました。

今日の打ち上げは、また今度やしなー。

20121014_001_021_8

そんなわけで、

ライブも成功したし、

大阪や京都から移住してきて、

田舎暮らしを始めている、

素敵な若者たちとも、知り合えました。

(田舎に移る人、ほんとに多いですね。)

家づくり、手作りの暮らしづくり・・・・、

そんな話をするの、楽しいです。

**

**

**

**

翌日は、

スズメに見つからないように、

隠しておいた稲を、

半日かけて、束ね、干すことができました。

さあ、終わった。終わった。

田んぼが、終わったー。

ばんざ~い。

今年も、

一年分、家族が食べるほどの米が獲れたようです。(≧∇≦)

これも、打ち上げしなあかんなー。

・・・・と、なんやかんやと理由つけて、

打ち上げ好きな家族です(*^m^)。

**

**

**

↓もち米です。

 お餅、おはぎ、おこわ・・・・。

 楽しみやな。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20121015_001_001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

忙しかった週末・その1・稲刈り

20121014_001_012

うちの田んぼの稲刈り。

はるさんが、機械と手刈りの両方で、

一人で、がんばりました。

ものすごい働きぶりでした( ̄◆ ̄;)。

(わたしも、少し手伝いましたけど。)

あと、少し。

もち米のところが残っています。

20121014_001_007_2

来週まで、このまま置いておくと、

スズメに食べられそうで、心配(;;;´Д`)。

ふだんは、ここらではちっとも見かけないスズメが、

どこかで、連絡を取り合ってるのか?

最後に残った、

無防備なうちの田んぼあたりに、

日毎に、わんさか集まってきています。

バサバサと羽ばたく音が、周りに響くほどに群れています。( ̄Д ̄;;

舌切り雀のばあさんの気持ちが、

わからんでもない・・・。

**

**

**

**

一刻も早く、

刈り取ってしまわなければ!!!

スズメの大群に、食べられてしまうぞ~~~。shock

**

**

**

ということで、

風人の祭りで、出店も出演も控えていましたが、

家族総動員で、

急遽、

稲刈りを強行しました。

たのむでーーー。


20121013_002_002

今年も豊作。

よく実っています。( ̄ー+ ̄)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

20121013_002_004_2

田んぼには、

赤ん坊が落ち着けるところが無いです。

畦に座らせてても、

すってんころりんころころりん。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚( ̄Д ̄;;

だから、「ちゃんと見ててね」・・・って、

光ちゃんに言うといたのにーー。┐(´д`)┌

**

ここらのおばあさんたちのときは、

赤ん坊は、<ふご>と呼ばれる

藁で編んだ籠の中に入れて、

家の中に置いておいたそうです。

(中には、灰やら藁の層を作って、

べちょべちょにならんように工夫して、

オムツも外して入れておくそうです。)

そんな~~~~~。(/□≦、)

泣いて、泣いて、泣いて、

泣き疲れて・・・

そのうちあきらめて寝るんやろか・・・・。

「そんなもん、大丈夫やでー。

お乳さえあげとったら、どうもない~。」と、

近所のおばあさんは言いますが、

そんなこと、わたしは、ようせんので、

今日も、おんぶして行くしかありません。

(連日のおんぶで筋肉痛(ノ_≦。))

20121013_002_026

田んぼは、ぬかるんでいるので、

そりに乗せてみました。

20121013_002_009_3

3兄弟は、

迷路にしながら、

自分の刈ったところを、眺めつつ、

楽しそうに、刈り取っていってます。

稲刈りって、

のんびりできるのなら、

ほんとうに楽しい作業です。

20121013_002_003


20121013_002_020

天音ちゃん・・・・。

お口に何か付いてますよ。

20121013_002_017_2

ありゃりゃ・・・。Σ(;・∀・)

20121013_002_022

あっちゃーー。( ̄◆ ̄;)



ち、ちょっと、

そんなもん、食べんときいな~~~~。(。>0<。)

20121013_002_024_2

後ろで、太郎はんが、

記念すべき、最後の一株を刈り取ってますよ!

パチパチパチパチ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

やったー。おめでとう。

みんな、ありがとう!

20121013_002_023_3

3兄弟・・・いや、一人早々と抜けた人がいますけど、

上の二人の働きのおかげで、

すべてを刈り取ることができましたが、

それを束ねて干すまでは、

いきませんでした。

(束ねるのが、手間がかかります。)

ざんねん~~~~。

でも、ここまでできたら、

月曜日には、わたしら大人だけで、楽にできるでしょう。

助かったよー。

20121013_002_007

というわけで、

「わたし、先帰って、ご飯炊いとくしなーーっ!」\(;゚∇゚)/

と、

後の始末は、男子たちにまかせて、

一足先に帰ります。

ふぅ~~。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

遅めの昼ご飯を終えて、

さあ、次は、練習やー。

(おそらく)今年、最後のライブやろうしな。

みんな、たのむでー。

20121013_001_002

*******

*****

・・・・って、

書きながら、

今、ふと思い出しました。

黒澤映画の「七人の侍」で、

野武士の襲来に脅かされている、

貧しい村の長老が、

百姓っちゅーもんは、

雨が降ったと言えば心配しておろおろ。

風が吹いたと言えば、心配しておろおろ。

日照りが続いたと言えば、またおろおろ。

いつも、心配ばっかりしとる生き物や・・・。

みたいなことを言う場面があったのですが、

確かにそうやなと思いました。

思えば、

田植えしてから、

鹿が入ったと言えば、気になって、

雨が続いたと言えば、また気になる。

気温が上がらない、

今度は、雨が降らない、

出店続きで、思うように除草ができない、

今年はイノシシは来-へんかな・・・、

スズメがーーーっ、

台風は・・・、

なんやかんや、なんやかんや、

稲刈りが終わるまでは、

いつも心のどこかで、

田んぼのことを、気にしています。

「稲は、

人の足音を聞いて、育つ」と、

聞きましたが、

はるさんも、

毎朝必ず田んぼに行ってました。

そんな、

田んぼのことを思う日々が、

終わります。

今年も、豊かな恵みをありがとう。

20121013_002_013_2

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

2012年お山の学校の稲刈り。

20121009_001_001_2


お山の学校の稲刈りの日です。

20121010_001_001

学校でも、田んぼでも、

赤ん坊が来たら、

自然と、まわりに集まってきます。(*^m^)

20121010_001_004

そんな和やかムードの中で、

田んぼを何よりも愛する父ちゃん・・・父ちゃん先生の、

授業が始まりました。

**

一粒の米から育った、

一株の稲についた米粒の数をみんなで数えました。

1000粒以上ありました。

お茶碗いっぱい分と言われてますね。

そう思うと、

落ち穂も無駄にできませんよ。

(自分らで田んぼをやるようになって、

ミレーの絵、「落ち穂拾い」の意味がよくわかりました。)

20121010_001_007

今日は、生徒は7人。

センセイと、保護者と、田んぼ仲間も総動員しますが、

それでも人数が少ないっ!(。>0<。)

大きな学校やったら、

楽しいイベントみたいになるんやろうけど、

うちの場合は、労働。しかも重労働。(。>0<。)

センセイも、必死です。

(父ちゃん先生に、励まされながら頑張ってはりますよ。)

去年までは、

風歌たち、

しっかりものの、

長男&長女の6年生チームが頑張ってくれてたけど、

卒業してしまったので(ノ_-。)、

次男とか三男とか四男とか末っ子とか、

のん気でマイペースで、

なんだかサボり上手な?子が多くなりました┐(´-`)┌。

(いや、中にはがんばり屋さんもいるけども。)

もっと、子供がいたらなあ!

(もううちは、増やすのは無理!)

ああ、

子沢山の家族に、引越して来て欲しいわあ~~。

20121010_001_009

畦で、案外機嫌よくしてくれてたので、

おんぶせずに、

稲刈りできました。

ああ、良かった。


20121010_001_008

干したお米の匂いを嗅ぐのが

恒例です。

脱穀の頃には、どんな匂いに変わってるかな~。

20121010_001_013

今年も、豊作でした。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20121010_001_014

稲刈りをする頃の、

山の色。

畦に咲いている花。

目につく、虫たち。

風のかんじ。

匂い。

どんなんかな~~。

みんな、覚えといてや・・・・・・。

田んぼの父ちゃん先生は、

毎年、そういうようなことを言って、

授業を締めくくります。

**

**

ああ、季節がめぐってゆくな~~。

・・・・と、感慨にふける場合じゃないのだ。

今日は、うち田んぼの稲刈り!\(;゚∇゚)/

20121010_001_016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

水田家とハタノ家と、おいしいカレー。

20121007_001_002

ゐやびの祭りに行ってきました。

一日目終わったあと、

わたしと赤ん坊は、

翌日、シンポジウムに出るため、

水田家にお泊りでした。

**

手づくり市で、

一緒に出している、あの水田家です。

(最近は、お休みがちですが。)

野菜もいっぱい作ってます。

保存食もいっぱい。

野菜づくりも、野草料理も、保存食づくりも、

ベテランの水田家です。

20121007_001_001

そんな暮らしの中から、

生まれてきた、
水田家のかわいい女の子。

20121007_001_003

わたし、自分で高齢出産の希望の星やと言うてますけど、

こちらもすごいです。

水田家のサカエさんは、わたしと同じ歳です。(*^m^)

○歳で(←だいたいわかるかな(*^m^)?)、

初産で、こんなかわいらしくて、達者な女の子、

余裕で!出てきました。

助産院で、生まれましたよ。

(余裕の安産だったようです。)

「もう、無理かな~。」なんて、思っている方、

まだまだ、わかりませんよー。

*****

*****

*****

*****

お祭りの出店では、

ハタノ家とお隣同士でした。

創る和紙職人ハタノワタル

http://www.hatanowataru.org/

**

**

パートナーのユキちゃんとの合作、

和カバン。

布を裏地に縫い合わせて、

カバンに仕立てています。

何をどうやって塗って仕上げているのか、

ユキちゃんの教えてもらったのに、

忘れてしまいました。coldsweats01

(最近、こんなことばっかり・・・・。┐(´-`)┌)

えーーーっと、コンニャク糊っていうのだったっけ?

顔料を使用して、なんと版画で模様を描いているんだそうです。

とにかく、手間も材料もいっぱいかけて、

いろいろな過程を重ねて、

美しく、そして、とても頑丈にできているのです。

(濡れても大丈夫だそうです。)

20121006_001_003_5


もともとは楮という木、、、野生そのものだったものが、

ハタノ家の工房で、

こんな、ポップでおしゃれで、

なおかつ味わい深いものに、変身するんですねー。

ふしぎ。ふしぎ。

昔は、木の繊維で織られた帯とかカバンとかあったそうですが、

これは、その未来型ですね。

いいな~。

着物に合いそうやな~。

・・・・と、うっとり眺めていたら、

天音ちゃんのお祝いに、

かわいらしい色の巻きものを、ひとつプレゼントしてくれました。

わーい。(≧∇≦)

これで、何か創ってみようかなあ!

20121006_001_001

大喜びしてたら、

物々交換で、

ポシェットも、いただいたよー。(≧m≦)

ハタノ家、ありがとう!!!!

和紙のカバン、初体験です。

20121006_001_002


***

***

***

***

ゐやびの祭りで、

「ぜったい食べるぞー!」と、狙っていたのがこれ。

モハマヤバートさんの、純菜食インド料理。

これも、物々交換でした、(*^m^)。

京都のタルカも、

はるさんのカレーも、もちろんおいしいですが、

これはまた格別。

油も塩もかなり効いていて、濃いですが、

すごく良質のものを使っているので、

身体にすっとなじみます。

ちなみにごはんは、酵素玄米です。

いや~、

香りも風味も、すばらしい。感動的な美味しさです。( ̄ー+ ̄)

もう一回食べたかったくらい。

写真に撮っておいたらよかったんだけど、

いつも、どんなところでも、

薪ストーブで料理しておられます。すごい!

そこだけ、インドの空気が漂っているようです。

20121006_001_004_2

***

***

***

***

というわけで、

ゐやびの祭りの、報告・・・というほどでもなかったですがcoldsweats01

「お母さんたちのシンポジウム」の報告は、

いつかそのうちに、

書いてみたいなあと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

「風人の祭りinびわこ」に、出店も出演もしまーす。

20121008_001_001

お知らせでーーす。

はるやは、出店も、出演もしますよーー。

ひゃ~~。(@Д@;

10月14日

風人の祭りinびわこ

http://painukaji.com/live-schedule/%e3%80%8e%e9%a2%a8%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%a5%ad2012%e3%80%8f-in-%e3%81%b3%e3%82%8f%e3%81%93%e3%80%80%e3%80%80%e6%bb%8b%e8%b3%80%e7%9c%8c%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b8%82/

びわこって言っても、

山深い、森の中・・・・の広場です。

雑木に囲まれた、とっても美しいところです。

空気も美味しいですよ。

20121008_001_004


出店&出演も、どっちもするのはたいへん!

練習も仕込みもしなあかんし、

テントやら、テーブルやら、売り物やら、

そして、楽器もひと揃え、

メンバーも全員詰め込まなあかん~~~~。\(;゚∇゚)/

20121008_001_007

さて、

昨日、しぶしぶと(←子供らは。)初めて練習をしました。

(これが、最初で最後の練習となりませんように。)

はるさん、朝から飲まず食わずで午後まで稲刈りして、

その後しました。

忙しいなーー。(;;;´Д`)ゝ

今回は、ベースのお姉ちゃんが欠席なので、

なんとはるさんが、ベースを弾くそうです。

(かっこええで~。)

ベース、ドラム、キーボード。(残りの人らは、適当に。)

おっ、これって、

なんか、矢野顕子のバンドと同じ編成やな~。

(今は知らんけど。)

20121008_001_011


しかし、

そんなこと口にするのも身の程知らずですね。

ファンのかた、ごめんなさいm(. ̄  ̄.)m。

相変わらずの、

練習キライな子供らですが、

今年になって、変化が見られ、

ドラムの叩き方を、

自分らで工夫するようになりました。

たのもしいな~。

(変化が見られないのは、わたしだけです。┐(´-`)┌。

もっと、練習できたらええんやけどな・・・・。)

20121008_001_014

というわけで、

良かったら、

遊びに来てね~~~。

一日、ピクニック気分でどーぞ。

**

あっ、

15日の、知恩寺手づくり市は、お休みしまーす。

稲刈が、まだ終わってないんです~~。(。>0<。)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

夜、寝る前の、

兄貴たちの、

「赤ん坊で癒されタイム」でした。

20121008_001_015_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

13歳おめでとう。

20120922_001_044

長男の誕生日でした。

(去年の誕生日は、こんなこと書いてました。えへへ。(*^m^)

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-9e3e.html

長男・・・・・なんて言ってますが、

みんな誰だか知ってますよね。

なんか最近、

地元でもこのブログを見てくれる人が増えてきているようなので、

お山を下りて出先で、

彼がブログがもとでからかわれたりせーへんやろか?

と、思うようになりました。

(実名でバレバレのブログなのでした。今さらですが。coldsweats01

年頃だしなー。

別に変なこと書いてるつもりは無いんやけど。

うちは、変わってっからな~。┐(´-`)┌

なんちゃって。

**

そんな危惧もあって、

中学になったのをきっかけに、

彼のことは、あんまり書かんとこ・・・・と思ったのだけど、

今、うちの子供らの中で、

天音ちゃんの成長もめざましいですが、

彼も同じくらい、変化&成長をとげていて、

見ていて、とても面白いのです。

身体の内側で、何か殻を破っていくような音が、

バキバキとしているんじゃないか、

ヘビだったら、

脱皮しまくってるんじゃないか・・・(例えが悪い?)

017

思春期って、すごいですねえ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

うちの子供らの成長ぶりを、

ブログを通じて、

ほんとうにたくさんの方たちが、

温かく見守ってくださっているようです。

そんなみなさんに、

たまには、この、

はるやの子供らで初めて、

思春期に突入した長男の様子も、

お伝えしたいなあと思ってしまったりして・・・・。

ま、

誕生日くらい、

主役で登場させてもええやろ。

**

20120910_001_007

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

思えば、

この人の命が、

わたしの中にやってきて、

なにもかもが「初めて」の始まりでした。

20121004_001_001

初めての 妊娠。

初めての つわり。

初めての 胎動。

初めての 陣痛。

初めての お産。

初めての 授乳。

初めての おんぶ。

初めての 寝返り、ハイハイ、つかまり立ち・・・。

初めての・・・・・・・・。初めての・・・・・。

初めての お出かけ・・・・。

20121004_001_003

初めての 外食。

初めての 山。

初めての 海。

どこへ行っても、初めての景色・・・。

初めての 冬。

初めての 雪。

初めての 春・夏・秋・・・・。

初めての 熱。

初めての 咳。

初めての、一歩。

初めての おしゃべり。

初めての ・・・・。

初めての ・・・・・・・。

20121004_001_004_2

ええっと・・・・・、

初めての 子連れ旅。

初めての ホームスクーリング。

初めての、学校生活。

初めての・・・・。初めての・・・・。

ああ、ほんとうに何もかもが、初めてでした。

数え切れない「初めて」の贈り物。

ドキドキ、はらはら、わくわく、泣いたり、笑ったりの、尊い贈り物。

ありがとうね。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

20121004_001_010

そして今も、

わたしら親にとっても、

もちろん彼自身にとっても、

「初めて」は、続いていますよ。

(どの子も親にとって特別な子だけど、

やっぱり、一番最初に生まれてきた子は、

そういう意味で、特別です。)

いつか、

初めての 彼女・・・とか、

初めての、ヒゲ?とか・・・・。(*^m^)

どんなんやろねえ。

20121004_001_007

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

誕生日の日は、

この季節にしては珍しく、

ぽっかりと、お休みの日だったので、

わたしは朝から、

手が空けば、

彼にありがとうの気持ちを込めて、

彼の好きなものを、作り続けていました。

(ご馳走ではないけどね。)

お重6段のおはぎ。( ̄◆ ̄;)

豆腐ココアクリームの、ロールケーキ。

ブラウニー。

豆乳シチュー。

大好きなナスの料理。

パスタ、エトセトラ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

大きくなった彼に、

わたしができることって、

彼が喜ぶもん作ってやることくらいやな・・・・。

↓建築中の家の、縁側で、

 おはぎを食べました。

20120922_001_010

**************

************

*********

********

初めてのお産は、

がんばり過ぎて、とても力入ってた母ちゃんです。

(でも、その経験があったおかげで、

母ちゃんは、

次からは、力を抜く加減がわかって、

上手に産めるようになりました。

そして、彼が命がけで道を作ってくれたおかげで、

次に続く子も楽に出てこられるようになったわけですね。)

初めてのホームスクーリングも、

やっぱり、力入ってたんやろな。

確固たる自信の無いまま、

道無き、道を行く・・・試行錯誤でした。

きっと、そんな親の迷い、親の不安、

彼にも伝わっていたことでしょう。

「初めて」って、楽しいことばかりじゃない、

辛いことも、苦しいこともあったもんね。

一緒に苦労してきた・・・ってかんじもある。

(いや、苦労させてきた・・・・か。)

この子は、

わたしにとって、

人生のパートナーというかんじです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

でも、

ホームスクーリング時代に、

自分のやりたい事や、自分のペース・・を、

大切にするっていうことがしっかり身についたからか、

今も、マイペースで、

忙しい毎日の中、

時間をやりくりして、

趣味の世界も広げてるし、

学校の勉強も、自ら積極的にやっておる。

ホームスクーリング時代に、

夢中になってやっていたことが、

学校の勉強で今、

かなり生かせている様子。

あんた、すごいなあー。

なんでも、楽しんでやれるんやなあ~。

(勉強もええけど、

来年は、

家づくり、一緒にやろうぜ!)

↓初めての自転車の旅。

016

幼いころから、

行く先々で、

旅の途中で、

おもしろい人たちに出会って、

毎年の山水人でも、しっかり、

個性的な大人たちとたくさん出会って、

(世の中には、へんてこな人間が、ぎょーさんいるなあと、

思ってることやろね。(*^m^)

京都時代の友人たち、

信楽の友人たち、

田舎暮らしの友人たち、

ホームスクーリングを通じて仲良くなった友人たち、

お山に移ってきてからの、

地域の人たち・・・。

ホームスクーリングを卒業してからも、

お山の学校との出会い、

中学との出会い、

学校から離れたところの、

いろいろな、恵まれた出会い・・・・。

うま子さんやら、

鬼社長(最近ご無沙汰)やら、

ええっと、今年の山水人では、

蛸一さんやら、天然石の師匠やら、

最近では、かっこいい大工さんたち・・やら・・・。

ほんまに、この子、

うまいこと、ええ大人と、出会っていってるなあー。

たくさんの人たちに、かわいがってもらってるなあー。

ありがたいです。

11may05sd_124

いつか友達が、

そういうのは、

自分で「引き寄せて」いってる・・・

みたいに言ってたけど、

そうだとしたら、

すごいなあと思います。

彼の人生の中で、

一瞬通り過ぎただけの人もあるだろうけれど、

しっかり影響受けていると思います。

021

魅力的な大人たち、

人生を思い切り楽しんでいる大人たち、

いきいきと輝いている大人たちが、

まわりにいっぱいいると、

きっと彼も、

大人になるのを楽しみに・・・・。

自分の心や身体の変化を喜んで、受け入れながら、

希望をもった、大人になっていってくれるといいな!

(たとえ、こんな世の中でも。)

20111127_001_027

**

13年前のあの日、

母ちゃんが、ちょっとばかり力入ってて、

出にくかっただろうけれどcoldsweats01

自分の力で生まれてきたキミ。

これからも、こうやって、

いろいろなセンセイたち・・・師匠たち?と出会って

こうやって、

持ち前の明るさで、道を切り開いて、

でっかくなって行くんやろな。

凹んだりもあるやろうけど、

この子、きっと大丈夫やわ。

だって、自分の力で生まれてきたんやもん!

そう信じてます。

11may05sd_577

そのあと3回お産したわたしがあるのも、

はるやが、

こんな山奥での暮らしを選択することになったのも、

子供連れて旅に出かけたのも、

やっぱり、

一番最初にはるやにやって来た、この命があったから。

そんなふうにも思えます。

わたしが今、

こんなところで、こんな生き方をしているのも、

この命が始まり。

ありがとうね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そして、

惜しみなく、この子に愛情を注いでくだる、

彼のまわりのみなさん、

ありがとうございまーす。

わたしら親だけじゃなくて、

みんなで、この子らを、

育てて・・・・(勝手に育っていってるわけだけど。)

くれていってるんだなあと、思います。

ああ、彼をとりまく、

ここらの大自然にも、感謝をこめて。

これからも、

どうぞ、よろしくお願いします。

去年の誕生日の日記に書いてあるみたいに、

いつの間にやら、ぎゅ~っとしなくなった、わたしたちですが、

(天音ちゃん誕生がきっかけのようですな。

そのかわり、天音ちゃんを毎日ぎゅ~っheart01としてくれてます。

そして、母ちゃんは、柔道の練習相手にさせられることもあり。(;;;´Д`)ゝ)

20120709_004_006

最近は、触れるときの身体の感触が、

下の子らと全然違ってきて、

がっしりと硬く、逞しく、

ドキリとします。

ああ、どんどん大きくなっていくよーー。

加速していってるよーー。\(;゚∇゚)/

(うれしいような、寂しいような・・・。)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

去年から、

誕生日にツーショットを撮らせてもらうことにしました。

(チビがいて、ツーショットになってへんか。)

20120922_001_033_2

あと何回続くかな。

来年は、追い越されるかな。

「お母さんにそっくり!」と、

参観日やらでわたしが学校へ行くたびに、

話題になるらしいです。

(そう言えば、生徒らの視線をいつも感じます。)

こんな母ちゃんで、

恥ずかしいわ~って思われんように、

しなあかんなー。(^-^;

*******************

*************

**********

********

ふうちゃん、ありがとうね。

この一年、いっぱい助けてもらったよ。

忘れもしないあのとき・・・・

夜中に、夫婦喧嘩してたのがばれて、

叱られたこともありました。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

でも、キミが言うことは、

本質を突いてて、ドキっとしました。

(恥ずかしかった母ちゃんです。ほんとうにごめん。)

いろいろ気づかせてもらったよ。

目が覚めたよ~~~。

そして、

叱られといて、なんだけど、

こんな、しっかりと、ええ子に育ってたんやー。と、

驚きました。はい。

(わたしらより、ずっとレベルが上でした。)

**

来年も、また、

一緒に写真写ってね。

来年も、幸せな誕生日が迎えられますように。

ほんとうに、ありがとう。

もう少し、わたしらの旅のパートナーでいてね・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

感謝の祭り~ゐやびの祭りin綾部のお知らせ

20120927_001_001

お知らせするのが、たいへん遅くなりました。

今週末、3日間にかけて、

綾部でおーーーきなイベントが開催されますよー。

はるやも6日に出店します。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

すべての生命に、慈しみと感謝の心を~

感謝の祭り ・・・ゐやびのまつり

http://www.iyabi.jp/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ライブ、トーク、映画上映、出店・・・と、盛りだくさんです。

すごい豪華ゲストですよ。

まあまあ、

HPの方を見てくださいな。

**

田舎暮らし、農的暮らし、半農半Xと言えば、

今もっとも、注目されていて、

なんだか、

パワースポットみたいになっちゃってる綾部です。

(たしかに、大本発祥の地であったりして、

昔から、<気>の高い土地だったのでしょうね。)

もう、何年も前から、

農業の人、物づくりの人、ミュージシャンなどなど、

多才な人たちが、それぞれのご縁に導かれるようにして、

綾部に集まっていって、

それぞれの持ち味を発揮しつつ、

調和を大事に、暮らしを営んでおられます。

そんな綾部の人たちが、

何度もミーテイングを重ねて、

すばらしいお祭りとなるよう、準備をすすめてるようです。

わたしらも、何を隠そう、

綾部で家を探していたときがあったのですが、

なぜか、ご縁は、他のところにありました。coldsweats01

でも、綾部は今も、

ほんとに、友達がいっぱい!

行けば、みんな明るく笑顔で迎えてくれます。

大好きなところです。

20120925_001_004

実はわたし、

「ユミエさん、何かしゃべって~。」と、

スタッフの方にたのまれて、

ちょこっと、

トークをすることになりました。

2日目(7日)のプログラム、

昼からに設定されている、

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お母さんのシンポジウム
女性として、人として新しい生命のため「いまここ」からできること

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

の枠の中で、

話することになるようです。

その日は、

若杉ばーちゃんや、橋本ちあきさんのお話もあるし、

今、話題の映画「カンタ!ティモール」や、

川瀬直美監督の「玄牝」の上映もありますよ。

**

「ユミエさんは、お産の話してね」と言うことです。

まあ、こんなんで声がかかるのも、

せいぜい今のうちだろうし、

「こんなわたしで?」と、いつも思うのですが、

今回も、

ホイホイ出ていきましょう。

20120927_002_006

一緒に話すのは、

わたしなんぞ、足元にも及ばないお母さん。

THE FAMILYの、さゆりさんです。

さゆりさんは、

自給自足の暮らしの中で、

自然出産し、

ホームスクーリングで、3人の子供らを、育てあげたお母さんです。

学校教育は抜きでcoldsweats01

家庭、暮らし・・・をベースに育つ子供らが、

どんなに魅力な大人になってゆくか、

この3人の子供たち・・・(いえいえ、あっと言う間にもう、ステキな大人になってます。)

を見たら、わかるってもんです。

はるやは、

まだ長男がよちよち歩きで、

おっぱい飲んでる頃・・・、

かれこれ、10年以上も前ですが、

ちょうどバンドとして結成したばかりのTHE FAMILYの演奏を観たのが、

彼らとの、初めての出会いです。

(今思えば、運命の出会い?だったかもね。(*^m^)

そして、そのとき、

大いに刺激を受けました。

どんな刺激かって?

また、それを書くと長くなるので、

続きはトークで?

いやいや、トークはお産の話でしたね。coldsweats01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

THE FAMILYのさゆりさんと、

はるやのわたし。

さて、一体どんなトークが繰り広げられるのでしょうか。

わたしも、楽しみです。うふふ。

というわけで、

ご縁のある方、

綾部でお会いしましょう。

ふぅ~。

やっと書けたー。

おっと、天音ちゃんまだ寝てるかなーっ?

ちょっと見てきまーす。\(;゚∇゚)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

ご注文ありがとうございました。




20120930_001_004


みなさん、

先日の、ケーキ便ご注文緊急募集記事、

ぴぴっと、反応してくださって、

ほんとうに

ありがとうございました。

どうかな~~?・・・と思いながらだったのだけど、

募集してみて良かったです。

嵐の中はるさんが、

うちのポンコツはるや号に乗って山を下り、

(大雨で山の中を走行中、エンジンが止まったことがあるので、

怖いのであります。( ̄◆ ̄;)

発送しに行きましたよ。

無事に、届くかなー。

(あ、はるさんは無事に帰ってきましたよ。)

その後にも、

ご注文いただいているのですが、

これからだと、お届けが明日になってしまいます。

傷みはしないけれど、

やっぱり、一番おいしい状態で食べていただきたいので、

ケーキのご注文に関しては、

締め切りとさせていただきます。

ごめんなさいね。

声をかけてくださって、ありがとうございました。

**

ベジフェスが中止になったおかげで、

ブログを読んでくださってる方たちと、

メールのやりとりもできました。

それから、

ここぞとばかりに、

出産祝いに、引っ越し祝いに、敬老祝い(←わたしの父coldsweats01)・・・・と、

ケーキを、祝い品に変えて・・・

贈らせてもらいました。

って、これって、やっぱし失礼?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

でも、ずっと気になっていた人たちに、送ることができました。

良かったー。

**

キャロットココナツケーキと、

豆乳チャイで、

3兄弟とお茶しました。

いつも水ばっかり飲んでる3兄弟なので、

「今日は豪華やなあ!」と、

喜んでました。(´,_ゝ`)プッ

紅茶がの葉っぱが無かったので、

番茶で、バンチャイ?作りました。

20120930_001_008

台風なので、外で遊ぶこともできず、

兄弟仲良く、だらだらとじゃれあって、

楽しそうに過ごしていました。

20120930_001_002

おかげさまで、

のんびり平和な嵐の一日でした。

お兄ちゃんに、いっぱい遊んでもろて、

良かったでちゅね。chick

20120930_002_001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »