« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の12件の記事

2012年12月28日 (金)

来年もどうぞよろしく。

20121220_002_010_2

「今のうちに薪割りしとかな・・・!」と、焦りながらも、

信楽で遊んでたり(*^m^)、仕込みがあったりで、

後回しになっていてました。

**

でも、今日こそは、しとかなきゃ・・・・・。

って日。

このところ、

家のこと、

いろいろと、ほんまによう手伝ってくれて、

ポイント高い次男坊の太郎はんが、

自ら進んでやってくれてます。

20121223_001_004

次男坊が疲れたら、

長男坊にバトンタッチ。

このところ、生徒会やら、勉強やらで、

学校でポイント高そうですが、

その分、忙しくて家のこと、あんまりしてくれへんので、

わたし的には、「どうやろなあ~。」ってかんじですが、

やはり、中学生。力あります!

よいしょーっ!

よいしょーっ!

なんや、餅つきも、薪割りも、和太鼓も、よう似てますね。

20121223_001_003

余裕です。

いや~~、

昔は、はるさんが、ぜ~~んぶしてた仕事を、

3人で、あっと言う間に終えることができました!

なんて、たのもしいんでしょう!

男の子が3人も、いてくれて、ほんまに良かった。(≧∇≦)

・・・・って言うか、

そのために、うちに男ばっかり生まれて来てたんやわ!

都合のいい解釈ですね。

でも、

最近、ちょくちょく、そんなこと思ってます。

20121223_001_011


そんな、頼もしい息子らと、

来年雪が溶けたら、ここに母屋を建て始めます。

去年の今頃は、思いもよらなかった展開です。

場所探し、家探しは、先行きが見えず、

ずーっと難航していたのですが、

「あんた、宝の珠が生まれてきたから、大丈夫や。運がついとるわ。」と、

近所のおばあさんが、

言うてくれてた通り、

天音ちゃん、打ち出の小槌持って、

生まれて来てくれたんかなあ・・・・・。(。>0<。)

20121220_002_005

いいときもあれば、たいへんなときもある。

今までも、何度もそれを繰り返してきたんだけど、

伊達に、歳取ってませんよ。

だんだん、鈍いわたしにも、わかってきました。

たいへんなこと、辛いことが、やってくる時ってのは、

次に、新しいステージが待ってますよー。大きくジャンプしますよー!

っていう、サインなんやろうなー。

たいへんな時、辛い時は、

それどころじゃなくって、

「なんで、こうなるの~~~???(。>0<。)」と、

惨めでどうしょうもない気持ちになってしまうけど。

これを、しっかり味わって経験したことが、力になって、

次に進めるんやなー。

・・・・・って、これって、ほんま、痛~い(。>0<。)陣痛の後、

赤ん坊がスッポ~ンと、生まれてくるときと、

同じやん。

(こんな大事なこと、4回も経験しといて、すぐ忘れるんやから!)

これからも、

いろいろあるやろうけど・・・。

思いもよらないことが起きて、

また凹んだり落ち込んだりもあるやろうけど、

神様からの一撃が来たな!と思って、

凹みながらも、笑っていたいです。

**

そんな、まだまだ修業の足りぬ、わたしを含む、

はるや一家を、この一年、

温かく見守ってくださって、ありがとうございました。

また、来年もよろしくね。

わたしたち、

明日から、九州の父のところへ行ってきます。

しばらくブログはお休みします。

**

月夜で明るい、雪の海に囲まれた家で・・・・。

膝で、天音ちゃんが寝ています。

(あー、最後にネットがつながってくれて良かった。)

20121223_001_009

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

今年もあのクリスマス会&たーさんの家

20121220_002_009_2

また一段と積もった朝。

はるやは、大忙しです。

20121220_002_006


朝から、餅搗いて、

ケーキ焼いて・・・・・。(@Д@;

鏡餅作って、

しめ縄編んで・・・・。

今年の、クリスマス会のプレゼント交換用のプレゼントは、

はるやのお正月セットにしました。

自家製のもち米の鏡餅に、

うちの米の藁で、はるさんが夜なべして編んだしめ縄。

それから、はるやのケーキとクッキーに、

柚子風呂用の柚子。

これでどうや!

なかなか、今年も力入っとります。(写真無くてごめんなさい。)

20121221_002_002

今日は、ネットがつながっている間に、

大急ぎで!、

このブログをずっと見てくれてる方には、

おなじみの、

信楽の、大クリスマス会のはなしです。

仲間内の話なんで、

興味の無い方は、パスしてくださいよcoldsweats01

**

さて、

このクリスマス会、

はるやが参加し始めて、かれこれ10年近くかな。

当初は、あすのわのナナコさん一家が住んでいた借家でやっていたのが、

子供が増えて、収まりきれなくなり、

地域の公共施設のお座敷を借りての開催となっていましたが、

さらに増え続けているので、(@Д@;・・・(みんなよう産むなあ・・・・。)

とうとう去年から、ステージ付きの、ふるぼけたホールを貸しきることになりました。

20121221_001_015

証明係も、幕係も、進行係も、

子供らでやりますよ。


20121221_001_009_2

今年も、すごいごちそう!

20121221_001_006_2

各自、自慢料理に、名札をつけました。

これは、誰のかな~。(*^m^)

「芸はないけど、

グリーンサラダ」

「ごちそうの殿堂 玉子おにぎり」

・・・・だそうですよ!

20121221_001_003

全種類網羅するためには、

まずは欲張らずに、ほんの一口ずついただきます。

そして、

「これはうまい!」と思ったのを、

あとから、おかわりします。

というのが、わたしのやり方。

(けっきょく、欲張ってますけど。)

20121221_001_008

アラフォーたちの?・・・いやもっと若い子も混じってるかな。

お母さんたちの、キノコダンス。

奇妙な出し物ですなあ。

20121221_001_017

はるやバンドは、

秋に演奏したっきり、1回もやってないし、

引越しでそれどころじゃなかったのですが、

みなさんの期待に答えな!と、

雪の中、

仕舞いこんだドラムやらアンプやら、キーボードやら、

車に詰め込んで、(それだけで精一杯。(@Д@;)

なんとか、演奏しました。

20121221_001_030

「最初、○回繰り返して、その後○回やって、

次、○回やったあと、

まず、ドラムが入って、次、ピアニカが○回やって、わしが入るしな。」と、はるさん。

・・・・・って、

直前の打ち合わせは、

わたしにゃ、ちんぷんかんぷんよー。coldsweats02

20121221_001_036

「ふん、ふん。」と聴いてた、

子供らは、ちゃんとその通りにやって、

間違えたのは、はるさんとわたしでした。(。>0<。)

20121221_001_020

完ぺき主義の、長男。

バンドが、ちゃんと演奏できなかったことに、

不服そうでした。

パーテイーやし、少々間違えても、やるだけでやったらええやん♪

なんちゅーても、引越しした後やし、楽器運ぶだけでたいへんなんやし~♪と、

変な言い訳、自分で作って、

いい加減に思ってたんやけど、

子供らの方が、ちゃんとしてました。

子供らよ、

すんません。 o(_ _)oペコッ

20121221_001_021

子供らの、

「まずは知らなきゃね」をもとにした寸劇もありました。

これも、ぜんぶ、自分らで考えはったそうです。

この子らの方が、

政治家よりよっぽど、人の命のこと、地球のこと、ホンキで考えてはります。

20121221_001_013

うちは、ものごころついたときから、

サンタさんといえば、この信楽のサンタさん。(夢もロマンもありません。)

先日、京都の街を駆けずり回って?買い求めた、

4人分のプレゼントをたくしておきました。

20121221_001_049


今年のプレゼント交換は、

大当たりでした(≧∇≦)

ナナコさんとこの、

お父ちゃんが手塩にかけて育てたお米と、器でした。

わ~~い。こりゃ幸先がいいぞ~。

天と地ほどの差がある、

信楽クリスマス会の、プレゼント交換です。

(「地」の方だった年もありました。(。>0<。)


20121221_001_052

その晩は、

あすのわのたーさんとこに泊めて貰いました。

子供4人の大家族のたーさん一家は、

雑木に囲まれた広場に、セミセルフビルドで、

でっかーい家を建てました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

詳しくは、

「たーさんのおうち作り」

http://aoibiwako.shiga-saku.net/c33561_1.html

たーさんのおうち作りを、

全面的にサポートしたのは、

どっぽ村「エコワークス」

米を作る×家を建てる=自立する力

http://doppo.jpn.org/staff.html

実は、はるやも、エコワークスさんと一緒に、

家作り始めてますよー!

まあ、これについては、またいつかの機会に。

********************************

********************************

その晩、たーさんちは、

大人数で合宿みたいになっていました。

こちらは、

太郎はんたち、

小学4年生の次男チーム3人の部屋。

屋根裏部屋です。

3人で、「もみじ」を合唱したり、

漫画読んだりして、夜更かししてたそうです。(*^m^)

長男長女チームは、

別部屋で、政治のこととか、

大人っぽい話?してたそうですよ。

20121221_001_054

間仕切りが少ないので、

何人集まっても、狭苦しくないです。

はるや一家やら、よそんちの子やら、

流山から保養で来られたご家族やら、

どさくさにまぎれて?、ドイツ人のヒッチハイカーまで、泊まってましけど。coldsweats01

20121222_001_002

わ~~い。

楽しい家だなー。

みんなでわいわい集まれる家。

たーさん一家らしい、

頑丈で、おおらかで、あったか~くて、

子供らが、のびのび遊べて、センスのいいおうち。

ついついゆっくりしてしまいました。

たーさん一家、ありがとう!

いつかは、玉パンのためのパン小屋を、

いつかは、保養に来られる人たちも利用できるゲストハウスを・・・と、

たーさん一家の夢ははちきれそうなくらいに膨らんでいます。

はるやも後につづくぞーーー。

20121222_001_001

というわけで、

長くなりました。

今日も、たまたま?ネットがつながっている、はるや@山の家でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

雪の日々も始まりました。

20121219_001_001

大雪の朝。(別に珍しくもありませんけど。)

はるさんが、

道路まで雪かきして道を作ります。

20121219_001_002

「ええ景色やな~♪」

それを、のん気に眺める太郎はんと末娘。

20121219_001_004

子供ら、学校へ行きました。

こんな雪の中、よう行くわ~~~。

えらいなあ・・・。

**

さて、わたしらも、今日は京都へ。

20121219_001_008

( ̄◆ ̄;

20121219_001_010_2

気をつけて、

気をつけて・・・・・・・・・。

20121219_001_012

ふぅ~。やれやれ。

国道まで出たら、

たいしたことないです。

20121219_001_013


やっとちせさんに到着。ヽ(´▽`)/

道行く人々が、

こちらを見て、くすっと笑ってはったのですが、

車の上の、この雪見てはったんやね~~~。(*^m^)




20121219_001_014

さて、本日の、第一目標は、

あらたに始まった「いちにち商店街」あらため、

「まるまるいちにち商店街」で、

AOWさんのぱん!

20121219_001_019

AOWさんのぱんに、わたしら、金に糸目はつけません・・・って大袈裟な。

これだけ全部、

はるさんと、分けて昼ごはんにしました(≧∇≦)。

(子供らには、内緒やで~~。)

すごいやろ~~。

**

まだ小さい子のいるお母ちゃんの細腕?で、

こんな一つ一つが個性的で、見た目も美しく、美味しいぱんを、

手作りしてはります。

センスええなあー。すばらしいなあ!極めてるなー!

20121219_001_015

「まるまるいちにち商店街」。

閑静な高級住宅街下賀茂から、

庶民の下町一乗寺へ、場所を変えて、始まりました。

来月にでも、また詳しくお知らせしますね。

20121219_001_018_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい暮らしの始まり。

20121217_001_014

新居では、ネットがつながりにくいです。

・・・というか、たま~に、まぐれでつながるというかんじ。

すぐにまた、ぶちっと切れます。

**

あんまりブログをご無沙汰してると、

「はるやさん、何かあったんとちゃうやろか?」と、

心配してくださる方もあるみたいなんで、

今、まぐれでつながっている間に、

やりかけて中断していた日記をアップしましょうか・・・。

途中で、ぶちっと切れませんように!

(ぶちっと切れるのは、わたしではありませんよ!coldsweats01

**

さて、これは、何日前の写真かな・・・。

(まだ雪が少ないですね。今現在はすごいことになってます。(@Д@;)

とりあえず、

ポストを設置。

これだけ高さがありゃ、当分は埋もれないでしょう。

(でも、取りに行くのが、たいへんかも。(^-^;)

村の郵便屋さんは、軽トラ&長靴で、

一日1回、お昼どきにやってきます。

20121217_001_002

むかし、京都で店をやっていた頃の看板が出てきました。

20121217_001_021

この日、太郎はんは、リフレッシュ休暇をとりました。

一緒に近所を歩きました。

20121217_001_003

前のお山ハウスは、田んぼに囲まれていたけれど、

新居は、すぐ山に入ります。

さらにワイルドになりました。

20121217_001_011


川もすぐそば。

夏が楽しみ!

うちの、釣りキチ三平は、今から、わくわくしてます。

20121217_001_007_2

前の家の風呂に、

夏ぐらいから、住み着いていた、シュレーゲルアオガエルさん。

とっくの昔に、出て行って、冬眠していると思っていたら、

まだいたのよ~~~。

どうするよ~~~。(。>0<。)

**

しかたなしに、新居の風呂に、連れてきました。

ぺった~~~んとしていましたが、

みんなで風呂に入って、湯気たたちこめ、温度も上がり、

風呂場が熱帯雨林状態になると、

ちょっと、生き返ってはります。

この子のためにも、

たまには、風呂に入らな・・・と思ってしまいます。


20121216_001_003

鹿の骸骨さんたちも、

連れてきてます・・・。(別にええのに・・・・。)

20121217_001_019

新しい台所は、ずっと出番を待っていた、

京都のはるや時代のときの流し台や手作り調理台などが、

再登場!

まだ未完成ですが、

広すぎず、狭すぎず、ええかんじです。

初仕込みは、うれしくて、うれしくて、

メリーポピンズのお姉さんみたいに、

踊りたくなるくらいでした♪

**

↓テンション高く、ヘンなお母ちゃんに、

泣いてしまう赤ん坊。

20121214_001_002

3年前の、前の引越しから、

持ってきた薪は、充分ではないのですが、

石油ストーブ一台では、洗濯もんも乾かないし、寒いので、

急遽、薪ストーブ使用に、踏み切りました。

**

リフレッシュ休暇の太郎はんが、

薪割りを、してくれました。

わ~~~い。

昔、薪で暮らしていたときは、

まだまだおちびさんだった太郎はんが、

戦力になってるよ~~。

20121217_001_027

薪ストーブ着火。

(薪ストーブは、

引っ越し祝いに、友達がお古を持ってきてくれました。)

20121217_001_022

ああ、

薪ストーブのある暮らし。

うちの中に火のある暮らし。

この日を、どんなに待っていたことか(。>0<。)。

薪ストーブに火がついて、

わたしの心にも、新しい火がぽっとつきました。

薪集め、薪運び、切って、割って、積み上げて、

火つけて、灰のそうじ、煙突そうじ・・・・。

仕事が増えますが、

わたしたちにしたら、

「生活してるっ!」という、実感のある暮らしです。

眠っていた感覚が、目を覚ましていくかんじ。

**

そして、この香り・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

天音ちゃんのおむつも、なにもかも、

この香りに包まれますよ。

**

薪や炭、山の水を利用した古民家暮らしから、やむをえない理由で、

公営住宅住まいとなり、

この3年間ずっとずっと、

「早く、またもとの暮らしに戻りた~~~い。(。>0<。)」と、

願っていたのですが、

その夢の実現に、大きな一歩を踏み出しました。

このブログでずっと見守ってくださったみなさん、

ありがとう。

20121217_001_031





| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

引越し作業は延々と・その2

20121212_002_002

とりあえず、新居で、

食べるのと、寝るのと、用を足すのは、

できるようになりました。

**

台所の眺め。

20121212_002_006

反対側。

この薪、

前の古民家時代のときの。

いつか使うことがあろうかと、

お山ハウスにも連れてきていたのです。

20121212_002_004_2

なんとか、座る場所を作って、

みんなそろって、新居でごはん。

やったーーーーー!ヽ(´▽`)/

「キャンプみたいやなー。」と、子供ら言うてます。

赤ん坊も、興奮してます。

もらいもののワインで乾杯です。

20121212_001_003

あくる朝7時すぎに、

長男が、家を出ました。

バス停まで、少し歩かなければなりません。

足跡が残ります。

20121213_002_002

その40分後、

長男の足跡を辿って、

次男・三男が学校へ。

引越しして、初めての通学なので、

いつもの道に合流するところまで、はるさんがついていきました。

新雪に、ひとり、ふたり、さんにん、よにん。

4人の人間の足跡が残りました。

(動物の足跡は、そこらじゅうにあります。(^-^;

20121213_002_003

行ってらっしゃーい。

20121213_002_005


わたし、

5人目の足跡を残します。

**

雪の中に建つ、はるやのミニハウス。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20121213_002_008_2

************

***********

**********

*******

****

夕暮れ時、

赤ん坊をおんぶして、

小学生チームを迎えに行ってみます。

そろそろかな。

20121213_001_002

霧が出てきました。

20121213_001_005

20121213_001_006

あ、帰ってきた。帰ってきた。( ^ω^ )


20121213_001_009

新月の日に、

ひっそりと、はるやの新しい暮らしがスタートしました。

(ネットもなんとかつながってます。)

「どうかいなー?」と、気にかけてくださってる方、

ありがとうございました。

しばらく荷物に囲まれてのキャンプ生活ですけど、

おかげさまでなんとか、正月を迎えられそうです。

20121213_001_010

| | コメント (2) | トラックバック (0)

引越しは作業は延々と。

20121211_002_002

最後?の

お山ハウスからの眺め‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

きれいやな・・・・・・。

**

お山ハウスでの、

最後の、兄妹団欒?の夜。

「あんたら、

手伝いせーへんのやったら、

赤ん坊の子守りくらいしてくれ!ヽ( )`ε´( )ノ」

(父ちゃん、母ちゃん、だんだんイライラしてきてます。)

**

「は~~~い!」

**

みんなでF1レース?観てます。(*^m^)

ぶい~~~~ん。

ぶう~~~~~~~~~ん。

20121211_003_004

20121211_003_002

・・・・・と、

それだけの、話でした。

引越し作業は、続きます。

(雪で難航しております。)

さて、

明日は、小学生チームが、

お山の学校早退して、手伝ってくれますよ。

中学生に、「手伝ってくれんかな~?」と言っても、

軽くスルーされてしまいました。(^-^;

(薄情な男よ!)

たのむぞー!次男・3男!がんばれーーー。\(;゚∇゚)/

20121211_003_006


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

引越しはハードロックや!2012年バージョン&オーガニックマーケットしが

わたしたち、

2009年の、

なんと、

ちょーーーーど、同じ時期に!

ここへ引越してきました。

そのときの、へんてこなブログがありました。

「引越しはハードロックや!」

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-5020.html

**

いや~~~。

ほんまに、

あれは、ハードでした。

7年くらい、あの山のふもとの大きな古民家に住んでいたのですが、

少しずつ、住み心地がよくなるように、

工夫を重ねて、

修繕したり、創ったりしたものを、

何もかも、ひっぺかえして、

何も無い、もとの状態へ戻すの、

たいへんでした。

思い出がいっぱいくっついているのを、

ひっぺがえすので、感傷的になりもしました(;д;)。

途方に暮れて、

ほんまに、できるんかいなー???というかんじでした。

ようやったなーと思います。

DTさん、aki姉さん、OZAKINさん、

そのときのご恩は忘れませんよ。

**

**

**

さて、今回は、

できるだけ、こぢんまりと暮らしていたつもりですが、

やっぱい、たいへんよーー。(。>0<。)

片付けたつもりが、

全部、引っぱり出すマメな人もいるし。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

20121209_001_001

だから今回も、

これ聴いて、気合入れなきゃ。

最近、太郎はんが、

違うバージョンを見つけました。

昔はるやバンドがカバーしていた、

ギターパンダさんも、演奏してます。

**

忙しいぜベイビー。

遊んじゃいられねえ♪・・・て歌です。(*^m^)

今回もまた、聴きながら、つづきをどうぞ。

はたらくんだ、眠らないぜ。

しめきり間近だ!

**

**

片付けるぜ

すべて!

それまで、ベイビーがまん!!

↓ じゃ~~ん!次の、はるやのステージはこんなんです。未完成やけど。

  おもしろそうやろー?(≧∇≦)

20121208_001_004

**

**

**

邪魔すんなよ。

邪魔すんなよ。ベイビー!

↓片付けても引っぱり出す。掃いても拭いてもまた汚す。ええ調子でやってたら、

  泣いてお っぱいで中断。shock

20121205_003_008_2


**

**

**

**

ぐずぐずしていたら、

とうとう除雪車も初出動してしまいました。(。>0<。)

20121210_001_002_2

子供たちよ、

学校休んで手伝っておくれよ・・・・(。>0<。)。

(好みの時間割だったようで、さっさと学校へ行ってしもたよ・・・。(^-^;

20121210_002_002

ほんまにギリギリ!

雪囲い、よーし!

排水管、よーし!

便器、よーし!

便槽、よーし!

水道管、よーし!

流しに蛇口もついたーー!

薪ストーブの煙突設置も、もうちょっとや。

**

**

**

20121210_002_007

引越し先も、やっぱしこんなんですわー。shock

20121210_002_008

はるさん、

一人で、ようがんばりました!!!!

20121210_002_010

間に合ったよー。

20121210_002_009_3

なんか、

「北の国から」でしたっけ?

清志郎と言うよりも、

わたしの頭の中に、

そのドラマのテーマ曲が流れてきましたけど・・・・。(^-^;

もしかして、

みなさんも・・・?

**

 

 

**

 

**

 

**

とまあ、

こんな具合なので、

15日のてづくり市は、出店しませんよー。

でも、

16日の

オーガニックマーケットしがhttp://organicmarketshiga.shiga-saku.net/

には、

出店する予定。

それまで、がんばらなきゃ。

このオーガニックマーケットしがでは、

なぜかはるさんが歌うときがあるようです。

(なんで、楽譜持って行くんやろかと思ってたら・・・。(´,_ゝ`)プッ

今月も、歌うんやろかな~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終りで始まり☆

20121211_001_003

20代のころ、

西部講堂あたりで、

テント芝居など、

観ていた頃もありました。

**

劇団一座がやってくると、

そこに、大道具、小道具広げて、

またたく間に、異空間を創り上げ、

芝居がおこなわれる。

そして、

終わってしまうと、

さっと片付けられて、

またもとの空間に戻る。

あとかたもなく。

まるで、夢でも見ていたかのように。

**

また、古い映画で・・・・、

サーカス一座が、

芸の道具、家財道具一切詰め込み、

幌馬車とかおんぼろトラックで、

見知らぬ土地から土地へ、

旅をして、

テントをたて、

家財道具を広げ、

火を起こし、

寝て食べて、

ショーをする。

ショーが終わると、

あっと言う間に、

テントは畳まれ、家財道具は仕舞われ、

焚き火の火も消され、

あとかたもなく。

足跡一つ残さずに、

また次の場所へと旅をする。

20121211_001_002

**

 

**

 

**

わたしは、引越しするたびに、

そんな、

旅芸人の一座やサーカス一座のことを、

思い出さずにはいられません。

**

 

**

 

**

 

**

 

**

今、

ひとつの、

長いものがたりが終わって、

幕が閉じられ、

大道具、小道具、家財道具一切合財、

黙々と、

片付けている。

(大道具係さんがいないので、自分でやるしかありません。(。>0<。))

だんだんと、

馴染んだ暮らしの空間の中から、

あの箪笥が抜け、

あの棚が外され、

小さいもの、大きいもの、箱に詰められ、

お気に入りの布やポストカードや絵も外された。

あれが抜け、これが抜け、

もとの何も無かった舞台に戻っていっている。

20121211_001_001

**

 

 

**

 

**

 

**

 

**

あーあ、

わたしの人生って、

創られた映画や舞台のようなもの。

今、

4作目・・・?(はるやになって4回目の引越しです。)

が終わってしまって、

次にまた、

新しい場所で、幕が上がろうとしている。

**

 

**

 

**

それぞれ、

悪役を演じてくれはった人(-゛-メ)、

救いの女神を演じてくれはった人。

いつも登場する、定番脇役?の、名優たち。

すっと通り過ぎただけの、たくさんのエキストラの人たちなどなど。

みなさんのおかげで、

今回の舞台も、

彩り豊かな物語となりました。

悪役さんも(わたしから見てですよ!)、

出演してくれはったからこそ、

スリリングでドラマチック。

飽きの来ない作品となりました。(*^m^)

ありがとうございます。

**

 

**

 

**

創っては、壊し、

創っては、壊しして、

いいかげん、いやになりますが(ええ歳やし。)┐(´-`)┌、

また、

懲りずに、

次の舞台を創り始めます。

**

 

**

いつの間にやら、

大きくなった子供らも、

ひとりひとり、

親とは違う、

自分の色で、自分のものがたりを、紡ぐのだなー。

今度は、あの小さな美しい谷で。

20121211_001_004

**

期限までに、これといった家が見つからなかったから、

仮住まいのつもりで、

越してきた、このお山ハウス(公営住宅のことです)。

薪も炭も山の水も使えない暮らし。

五右衛門風呂の無い暮らしなんてかなわんなー。

我慢できてもせいぜい一年や。

すぐにまた、どこかええとこ見つけて、

薪ストーブや七厘を使う暮らしに戻ってやろう!

そんなふうに、思ってたのに、

新天地となかなか出会えず(ρ_;)、

悶々としつつも、

結局まる3年。

お世話になったお山ハウス。

まさか3年もいるとは思わなかったけれど、

ここで初めて、家族の分のお米が獲れるようになりました。

それから、子どもたちがお山の学校へ行くようになりました。

そして・・・・・・。

天音ちゃん、

あなた、ここで生まれたかったんやね。

やっぱり、縁があってここでの生活が長引いてたんやね。

良かった・・・・・。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そんなこんなで、3年間にわたったお山ハウスものがたり?が、終わりました。

観客のみなさま、ありがとうございました。

**

**

次は、どんなものがたりが始まるのかしら。

ドキドキわくわく、不安もちょっぴり。

この胸の高鳴りは、

旅の始まりのときと、同じです。

子供たちと、東南アジアやネパールを旅したとき。

村から村へ、未知の世界へ。

おんぼろバスに揺られて、

船に揺られて、

汽車に乗って、

涙が出そうなくらいにわくわく?したものです。

今も、まったく同じ心境。

ああ、引越しは・・・・、人生は、

旅のようでもあるのです。

**

 

**

そのわくわくを原動力に、

今、道具係さん二人は、(はるさんとわたし)、

今日も、雑巾を絞り床を磨き、

荷物をまとめ、

雪を掻き分け、作業しておるわけです。(≧ヘ≦)

**

**

**

いつも、

ブログの冒頭にアップしていた、

この四季折々のこの風景。

台所からの眺めです。

引っ越してきて、

この雪景色の美しさに感激したものです。

この眺めからも、おさらばです。

次は、どんな眺めかな・・・・。

20121211_002_002

PS・こんな眺めのお山ハウス。わたしら出ていくので、空きますよ。

  誰か子沢山の人、入って来ないかな~~。

 

  (来年は、お山の学校に一年生はいないのです。寂しい(。>0<。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

学校とかホームスクーリングとか・・・。

20121201_001_002

「来るべきときが来た!」なんて、

出陣するみたいに、

芝居がかった口ぶりで言うて、

ある日の朝、

長男は、家を出ていったのですが、

なんのことはない、

期末テストです。

20121203_001_001

テスト勉強しない主義?の長男が、

中学に入って、

中間テスト、期末テスト・・・と、

まだ数えるほどのテストしか経験してませんが、

なぜかいつもトップクラス。

こんなこと書いて、

自慢してるなと思われそうですがcoldsweats01・・・・。

いえいえ、

親にしてみれば、

家で勉強してるふうにはとても見えなかったので、

「たまたまやろ~。」

「まぐれやろ~。」

「よっぽど、かんたんな問題なんやろ~。」

「全体のレベルが低いんとちゃうか~。」とか、

いろいろ言うては、

「なんでかな~?」と、

わたしは、首をかしげていたのです。

しかし、この「まぐれ」が、

まだ続いていて、

じわりじわりと、成績は上がりながら、

高得点をキープしています。

(まあ、

一学年一クラスの、小さな学校のことですけど。)

**

いやあ、ふしぎ。ふしぎ。

20121203_001_003

いえ、

なんで、こんなことわざわざ書くのかと言うと、

長男は、

言わずと知れず、

10歳までホームスクーラーで、

学校教育を受けていません。

そのことがあって、

同じように、ホームスクーリングをしてるおうち、

どうしようか迷っている方、

ホームスクーリングについて、いろいろと心配な方、

あるいは、

学校辞めたがっている子供さんのおられるおうちなどなど・・・。

そんなかたたちが、

「なるほど、こんなケースもあるんやな」と、

ホームスクーリングにかかわる、

一つの、体験談として、

読んでもらえたら、いいなと思うからです。

20121203_001_004

いつも言うように、

日本では、ホームスクーリングは、

まだまだ少数民族で

肩身が狭く(ρ_;)、

誤解されていることも多いです。

家族の中では、楽しく順調にやっていても、

まわりとの関係の中で、

苦労されているところも、多いことでしょう。

情報も少ないです。

うちは、今は、ホームスクーリングしてませんが、

そんな尊い経験をできた者として、

何か気づくことがあったら、

そのつどここで、言っていきたいなあと、今も思っているので。

**

ただ、

長男の気持ちが心配なので、

長男につながりのある方がた、

よろしくお願いします。

くれぐれも、

長男に会うても、

「ブログ読んだけど、

あんた、成績ええらしいなー!」とか、言わんといてくださいよ。

褒めてくれてるつもりでも、

あんまりええ気持ちはしないようなので。

彼が嫌な思いするようになったら、

もう、ここで書くのはやめときます。

↓ああ、太郎はんのカバンがやられてる~~~。( ̄◆ ̄;)

20121201_001_004

**

**

**

**

**

**

**

さて、さっきも言ったように長男は、

10歳くらいまで、学校教育を受けてませんでした。

**

当時は、

寝たいだけ寝て、

遊びたいだけ遊んで、

本を読むなり、絵を描くなり、川で遊ぶなり、

やりたいことに、夢中になり放題。

今思えば、毎日が春休み。夏休み。冬休み。・・・でした。

延々と、時間割の存在しない毎日でした。

↓「わたちもいっちょにベンキョウちまちょうかね。」

20121201_001_006

**

ホームスクーリングにするか、

普通に学校に行かせるか、迷っていたときに、

地域の学校のセンセイたちが、

「学校行ってへんかったら、基礎学力がつきませんよ。」

とかなんとか、

いろいろと、

「学校へ行かなければ身につかないこと」・・・

心配事の数々を、

上げてくれはりました。

「どうかな?」「ほんまにそうなんやろか?」

「教えなあかんのやろか?」なんて思いながらの、

ホームスクーリングの始まりでしたが、

なんのことはない、

結局、小学校ほとんど行ってなくて、

親もズボラでほとんど教えることをしなかった子。

「学校行け」「学校の勉強しろ」「宿題しろ」と、

一度も言われずに、好きなことだけして育った子。

そんな子ですが、

今は、一年生からずっと学校へ行き続けてる子と

同じように、

何の不自由もなし・・・・どころか、

噂に聞くところによると(*^m^)、

ベンキョウでわからんところがあったら、

他の生徒は彼に聞きに来るほどだそうですよ。

(ますますびっくり。)

**

ホームスクーリング中は、

自分で読みたいがため、書きたいがため、

読み書きは、いつの間にやら、

ほぼ自分で覚え、

(漢字はあまり書けませんでしたが。)

苦手だった算数は、

10歳間近になって、

「あんまり、できひんかったら、本人も恥ずかしいやろ」と、

これは、親も協力して、一緒にやったのですが、

小学校一年~4年くらいまでのものを、

ほんの数日間で、ざっくりとですが、

マスターしました。

20121205_003_016

***

***

***

学校行ってる子の中で、

算数がキライな子もいると思うのですが、

そんな子でも、

学校に行ってたら、

嫌でも毎日おとなしく椅子に座って、

聞いてるのか、聞いてへんのか、

授業を受けて時間を過ごさなければいけません。

**

でも、その時間を、

その子が、好きな絵を描くことや、

本を読むこと、山で遊ぶこと・・・・なんかに使えたら、

その子の命がどんなにいきいきとするだろう。

その子の持ち味がどれだけ発揮できるだろう・・・・。

もったいないな~~~。

なんて思ったりするのです。

**

「そんなこと言うて。

じゃあ、足し算引き算できひんかったら、

どうすんねん?

生活できひんやん。」

と言う方もおられるでしょうが、

うちの子は、

10歳になるまで、ほとんんどそうやって暮らして、

最後のほんの数日間集中して、

足し算引き算マスターしたのです。

効率が良いでしょう?

**

これは、うちの子が、特別ようできてるわけではなく、

(ここんとこ、誤解されぬよう!親を見たらわかるやろ?)

どの子でも、

そうなんですよねー。

その子の中で、

何かが熟成されたとき、

初めて本来の力を発揮するわけです。

(熟成までの時間は、

その子によって、かなり違うと思います。)

熟成されてへんときに、

外から、いくら働きかけても、

刺激を与えても、たいして効果ありません。

**

学校教育というのは、

その子が、熟成されてようがいまいが、

それに興味を持ってようが持っていまいが、

ほぼ全国


どの子もみなさん同じ教材をもって、

同じやり方で、

同じタイミングで、

教え込もうとするから、

かなり、効率悪いです。

センセイも、根気がいることでしょうね。coldsweats01

そして、

子供にしても、それは、かなりメイワクなことだと思います。

(時代はどんどん変わっていっているのに、

日本の学校教育のスタイルは、

ほとんど、昔と変わっていないというのが、ふしぎです。

もっと、なんとか工夫してもらえへんかなあ・・・。)

↓「指輪物語」ずっと読んでます。

20121205_003_013

**

わたしも、長男が熟成してへんとき・・・。

「一年生の歳だから、

一年生で学ぶことを教えておかなあかんかな?」と、

真面目に考えて?、

足し算引き算教えようとしたこともありました。

だけど、

「なんで、こんな簡単なこともわからんのかいな?」

とわたしも、長男も、

全然楽しくありませんでした。

イライラするばっかり。

だから、すぐそれを、やめました!

そのときに、

学校のセンセイやったら、

こんなときでも、感情的にならずに、

根気よく忍耐で教えはるんやろな~なんて、思ったものです。

↓期が熟成したら、この人も、お行儀良く食べるようになるんでしょう。

20121205_003_005

**

さて、

そのうちの長男坊ですが、

ずっと昔から、このブログ読んでくれてる方は、

知ってると思いますが、

ホームスクーリング時代、

時間割の無い毎日の中で、

ハマりたいだけ、ものごとにハマって、夢中になりたいだけ夢中になって、

湯水のごとく時間をそれに使っていました。

歴史や世界地図、

映画ロードオブザリング、

野球にサッカーなどスポーツいろいろ、

昆虫など生き物関係。

その頃の、ハマる癖がまだ残っているのか、

今は、たまたま学校の勉強にハマっているのかも知れないなと、

わたしは思います。

**

「テストでまぐれでも、

いい点取ってしもて、

プレッシャーにならへんか?

テストって、嫌やないの?

ストレスにならへんの?」

なんて、かえって、心配・・・でもないですが、

気になったので」聞いてみたのですが、

(自分が、子供のころ、中間も期末も、

たいして勉強しないくせに、すーっごく嫌だったので。)

「ぼくなあ、

テスト楽しみでもあるねん。

自己記録に挑戦ってかんじやし、

次は○○ちゃんに勝つぞーって思ったりして・・・・」

と、ニコニコ顔で言うのです。

**

へ~~!

そうなんや。楽しいんかいなー!

それやったらええけど☆

もともと、データ好きのあんたらしいなあ~~。

**

いい点取ることに、

執着心も芽生えてしまったのか(*^m^)、

今回、初めてテスト勉強<らしき>こともしていたのですが、

その言葉通り、

ほんとに、楽しそうに、

何か、ゲームでもしているように、

すぐ横で違うことして遊んでいる3兄弟と、

ハモってみんなで唄ったり、

ノリノリでやってました。

彼が、何か他のこと・・・・釣りとか、川遊びとか、木登りとか、

そんなことに夢中になっているときと、

まったく同じでした。

**

わたしは、わが子ながら関心してたわけです。

自分は、こんなふうに、

とてもじゃないけれど、学校のベンキョーを楽しむことはできなかったなー。

**

おまけに、

うちの狭い狭い居間で、

赤ん坊にもみくちゃにされる。

弟たちが、

常に、一緒に遊ぼうと誘惑してくる。

親は、おかまいなしに、うるさい?CDかけてる。

頭上数センチのところには、

おむつやふんどしの洗濯物がずらりとぶらさがっている。・・・という、

悪条件?の中で、

です。

(みなさん、子供にベンキョウ部屋も、ベンキョウ机も、いりませんよ。)

**

楽しかったら、まわりで何が起ころうとも、

集中できるもんなんでしょうかね。

**

「はるやさんとこの子は、特別やし」

なんて、言わないでくださいね。

なにも、特別なこと無いので。

それより、

わたしは、

この子ら、「時間に区切りなくぶっ通しで思い切り遊ぶ」経験を、

たっぷりしてきたので、

なんでも「これ」と思ったものが見つかると、

「思い切りする。」「思い切り楽しむ」という癖が、

身についてたんじゃないかなと思ったりします。

ついつい、夢中になってしまう性分?なんでしょうかね。

**

夢中になっていようが、いまいが、

チャイムが鳴ったら、「はい、終りましょう。」というような、

遊びも、ベンキョーも、食事も、読書も、

すべてのものが時間割に添って刻まれておこなわれる学校とは、

まったく違う世界で、

長く過ごしてきたので・・・・。

**

中学の教科書ちらっと見ても、

とくに、理科とか数学とか、

わたしゃ、ちんぷんかんぷん。

こんなこと、すっかり忘れてしまってますが、

何不自由なく生きています。

将来役に立つんかなあ??というかんじです。

そんなちんぷんかんぷんなこと、

将来役に立つんかなあ??というようなことをベンキョーすることに、

ハマっている長男に、

「そんなことして無駄や」ともよう言いませんがcoldsweats01

今、彼は、

なんだか自信に満ち、(*^m^)

毎日、ほんとにニコニコとご機嫌さんで、

ユーモアに溢れ、

反抗期ってあるんかいな?(これからかなあ~?)

母親のわたしから見ても、実に魅力的な、

おもしろいにいちゃんで、

一緒に暮らしていて、ほんまに楽しいので、

あたたかく見守っていきたいなと思います。

いつかもしかしたら、

あっさりと、

また別のもんにハマるかも知れません。

それはそれで、オッケーなのです。

彼が、それを楽しんでいるならば。なんでもオッケー。

わたし的には。

***

***

あ、

それから・・・・。

彼がホームスクーリング時代に、

ハマったこと、

さっき、いくつか挙げましたが、

すべて、

今のベンキョウに、つながっているように見えます。

(どんなふうにつながっているか、ここではいちいち書きませんが。おもしろいです。)

ハマって観た映画さえも、

役に立つもんです。

なんだっていいのです。

漫画でも、ゲームでも、釣りでも、折り紙でも、動物でも、大工仕事でも。

夢中になって、それを極めたら、

何かになるってもんです。

だから、

ホームスクーラーしてるみなさんで、

子供の学力とか心配な方、

なんとかなるってもんですよ。

大丈夫ですよーーー。

(・・・・って、言いたかったわけです。)

**

**

というところで、

時間切れです。

**

実は、わたしら引越しの真っ最中で、

今度いつアップできるか、未定の状態です。

引越し先は、

ネット環境はどうかいな?というかんじです。

そもそも、

水道も通ってないようなところだったし(井戸掘りました。)、

まだ、トイレのドアも付いてへんような(。>0<。)新居なので、

ネットのことなんか、心配する余裕もありませんでしたよーーー。

でも、

まあ、このことは、

自分の中であたたかいうちに書いておきたかったので、

だーーーっと書きました。

変な文章だったら、あしからず。

**

**

**

あ、

それから、もう一つ思い出した。

長男のエピソード。

**

彼は、やはり社会が得意で、

100点じゃないと気がすまんそうなのですが、

今回、社会のセンセイが、

テストで時間があまったら、

「なんでも知っていること書いて~」って言うてたんで、

ぼくなあ、

義務教育のこと書くわ!

と、弾んだ声で言ってました。

**

子供はみんな学校に行く義務があるって、

誤解している人が多いけど、

「教育を受ける権利がある。」

義務じゃなくて、<権利>。

それも、その子にふさわしい教育を受ける権利なのだということ。

義務があるのは、大人の方で、

親は、子供に、

その子にあった教育を受けさせる義務がある。

教育とは、学校教育だけとは限らず、

ホームスクーリングやフリースクールなど、いろいろと他にもある。

などなど。

そのようなことを、

彼なりの言葉で書こうとしたようです。

**

が、時間が無くて、何も書けなかったそうですけど。

**

でも、わたしは、とてもうれしかったです。

そんなこと、彼が考えてるなんて、

思いもよりませんでした。

**

今は、学校に行く人になってるけど、

そうではない生き方をしている人たちのことにも、

目を向けてくれている。

それが、とってもうれしかったです☆

**

ふぅ~。書けたー。

**

**

↓かわいくて、仕方無いから、ついちょっかいを出してしまう人。

20121205_003_009

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

晩秋の頃のお弁当など

20121113_001_005

雪がちらつくお山です。

**

晩秋の頃のお弁当の写真をアップします。

**

インド風焼き飯

ほうれん草とジャガイモのサブジ

20121112_001_001

**

大根煮のフライ

ほうれん草とレンコンのナムル

お揚げと白菜の葛あんかけ

20121113_001_001

**

もちきびとほうれん草のペンネ

もちきびナゲット

大根ステーキ

20121114_001_003_2

**

叩きごぼうの煮込み

ほうれん草胡麻和え

豆腐ステーキ&野菜の葛あんかけ

20121120_001_001_3

**

雪が積もる前に、

大根を収穫しました。

これから、春まで、

大根料理の日々です。

あの手この手で、大根を食べます。

大根のさいころステーキ

大根葉の炒め物

20121116_001_055

**

そして、

キクイモの日々でもあります。

キクイモは、放射性物質を排出しするのを助けてくれると、

小耳にはさみました。

けど、うちの子ら、

あんまり好みではありません。

(キライでもないです。飽きたんでしょう。)

しかしキクイモは、嫌と言うほど採れるので、

わたしは、キクイモ料理研究家になります。

キクイモのナゲット

野菜の葛あんかけ

20121128_001_001

キクイモの素揚げの、

柚子ネギにんにく味噌和え

20121126_001_002_2

**

たまパンベーグル&金時豆のフーマス風サンド

はるやの玄米パン

根野菜の豆乳スープ

20121119_002_002

**

金時豆の煮込みキッシュ

小松菜のナムル

キクイモの素揚げの味噌合え

おにぎり

20121126_002_001

**

もちきび豆乳ソースと、

じゃがいものバジルペースト和え&金時豆の煮込みのグラタン

大根葉炒め

20121127_001_001

**

カボチャコロッケ

蒸かし芋

高野豆腐とジャガイモの炊いたの

ほうれん草の胡麻和え

20121115_001_003

***

***

今シーズン3回目のアップルパイを焼きました。

中身はこんなんです。

自家製金柑のジャムも混ぜ込みました。

りんごは、少し炊いて、葛でまとめると、

とろりと甘くてほんとうにおいしい。(≧∇≦)

20121201_001_005

***

はるさんが、金時豆と野菜のカレーをつくり、

その翌日、わたしが、おいし~~い、ダルとほうれん草のカレーと、

カブと人参のアチャールもどきを作りました。

「お父さんも、お母さんも、インド料理できるなんて、

ぜいたくやなー」と、

子供に言われました。

ほんまやで~~。

20121201_001_009_2

**

インドづいたわたし。

さらに次の日は、カボチャとほうれん草のカレーを作りました。

おいしかったわーー!!!

だから、翌日の弁当は、

ナッツがいろいろ入ったビリヤーニを作って、

インド弁当☆

20121203_001_007

**

小松菜胡麻和え

車麩と揚げ根野菜と春雨の、

すき焼き風煮込み

梅海苔納豆

20121204_001_001

**

さて、

はるやは、もうすぐ引越しを強行します。

こんな狭苦しい生活も、

オサラバじゃ・・・・・ではありません。

ふか~~~い、わけあって、

さらに小さい家に、まずは引越しでーす。

また、報告しまーす。

**

↓磁石でできている、おもしろいおもちゃをいただきました。

テスト期間中の長男も、チビたちと一緒になって遊んでますよ。(*^m^)

OKADAさん、ありがとうございました!

20121126_001_003

あわわわ・・・。( ̄◆ ̄;)

気の強い赤ん坊が、わりこんで、邪魔しまてます。

20121126_001_005


ではまた!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

山本太郎さん、応援します!

20121128_002_005

↑たった7人のマラソン大会。光ちゃん3キロを走りきりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

えー、

うちの次男の名前。

他の子らと比べて、

ちょっと手ぇ~抜いてしもたかな~~?

あまりにも、かんたんに付け過ぎたかな~?

と、思ったりすることもあったのですが、

太郎と名のつく人に、

ストレートで、

自分の思いに正直な、

魅力的な人が多いようで、

「やっぱ、ええ名前やで~。」と、

我ながら思いなおしたりしています。

**

たとえば、

言わずと知れず、岡本太郎!

そして、

五味太郎さん。

絵本は置いておいて(五味さんすみません。)、

この人が、学校教育に関していろいろ言うてることが、

ずばり、的を得ていてすばらしい。

このブログでも確か2回くらい紹介させてもらいました。

そして、

今は、この人。

この人の会見を聴いたら、

他の政治家の人たちの言うてることが、

いかに薄っぺらいことか、浅はかな考えか、よくわかります。

原発も、がれきも、TPPも、オスプレイも、

夜にダンスしたらあかん?というような、

わけのわからない規制も、

すべては、つながっているということ。

その裏には、巧妙な(もう見え見えですね。)からくりがあるということ。

よくわかりますね。

わかっていても、誰もよう言わんようなことを、

こうやって、堂々と意見していて、

とても勇気があるなあと思います。

(酷い攻撃に会うんとちゃうやろかと、心配でもあります。)

**

何年か前、

母子ともに、

昔のNHK大河ドラマの「新撰組!」というのにハマって、

DVDを借りては、

毎回、ドキドキわくわくして観ていたのですが、

この山本太郎さん、

佐の助という、

どちらかというと、三枚目キャラクターの役で、

出演していて、とても魅力的でした。

(でも、わたしらは、佐藤一役の、

オダギリジョーさんのクールなかっこよさに、しびれてました!(≧∇≦)

しかし、まさかその、

佐の助さんが、3・11後、こんな活躍してくれるとは!

他の、志士たちは、何をしているんでしょう???

まったくー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

抱っこ、抱っこ♪



20121113_001_016_6






近所のお姉ちゃんが抱っこ♪

20121121_001_007

キャッシーさんも抱っこ♪

20121123_001_012

かわいいお姉ちゃんも抱っこ♪

20121123_001_021

みんなで、抱っこ♪

20121123_001_018_2

インド人のお姉さんも抱っこ♪

20121125_001_020

インド人のセンセイも抱っこ♪

20121125_001_021_4

おばあさんも抱っこ♪

20121128_002_008

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みんなに抱っこしてもらって、

天音ちゃんは、

もう、10ヶ月を過ぎました。

ありがとうございます。

***

昨日は、お休みだったのですが、

家事をしながら、ふと見れば、

3人の息子たちの誰かが、

抱き上げて頬ずりしてました。

(ときとして、争奪戦になったりします。(*^m^)

なんやろな~~~。

抱っこすると、癒されるんかな・・・・・・。( ̄ー+ ̄)

わたしは、ひ弱な母ちゃんなので、

いつも、

「重い~~~っ。誰か抱っこ、代わってくれ~~。(。>0<。)」

ってなかんじで、

わざわざ抱っこしようとはあんまり思わなかったのですが、

どこへ行っても、

子ども好きな人、抱っこしたい人はいるもんですね。

ネパールやタイの旅の途中、

その当時一番小さかった3男をみると、

みんな・・・・

おじさんも、おばさんも、年頃のお兄さんお姉さんも、小さな子供でさえも、

み~~んなが、

そして、バザールでも、バスの中でも、田舎でも、大きな街でも、

どこでも、

抱っこしたがってくれたものですが、

ここ日本でも、

あちこちで、

「抱っこさせて~~~」って、言われます。

そんな人がいる限り、

日本の未来も、明るいような気がします。

20121113_001_030

**

しかし、この姫、

「みんな、こんなに滅茶苦茶なことしてたっけ?」と、

首をかしげるほど、

ごはん時は、怪獣化します。

怪獣か、あるいは、酔っ払ったやくざのおっさんか?

ごはん鍋に手をつっこんで、そこらじゅうにばらまいて・・・。(@Д@;

べちょべちょ。ぬるぬる。

止めさせようとすると、

癇癪起こして、ちゃわん放るわ。スプーン放るわ。ごはんばら撒くわ。( ̄◆ ̄;)

なんやこの子は。

女の子は、こんなことせーへんのとちゃうんかいな?┐(´-`)┌

そのうち、ちゃぶ台もひっくり返すんとちゃうやろか。

ごはん時は、そりゃあもう、ひどい状態です。

20121129_001_003_2

これって、

新米母さんや、

真面目なおかあさん、

きれい好きなおかあさん、

躾好きなおかあさんやったら、

キレたり、悩んでしまったり、

なかには、

「うわ~~ん、ええ加減にしてぇ~~゚゚(´O`)°゚」と、

泣いてしまったりするんとちゃうかなとも思うのですが、

うちの場合、

そんな、怪獣をみて、

息子たちが、

アハハハハハハハ(◎´∀`)ノと、

面白がって笑っているので、

わたしも、眉間にシワは寄りますがcoldsweats01

釣られて、笑うわけです。

あははは。

長男なんて、

もう、ゲラゲラ笑っています。happy02

**

「そんなにおかしいかぁ~~?」と思いながらも、

考えたのは、

赤ん坊と、

毎日をほとんど二人だけで過ごしているお母さんは、

なかなか、たいへんやということです。

横で、笑い飛ばしてくれる人がいたら、

どんなに、気楽に子育てできるでしょうね。

そして、

どこへ行っても、

ちょっこっと抱っこしてくれる人がいて、

にっこり笑い会えたなら、

どんなに心が緩むでしょうね。

まあ、

うちみたいに、3人も息子がいたりして、

一緒にアハハハと笑ってくれる人がいる人は、

稀でしょう。

だったら、自分で笑いとばしてしまいましょう!

なんちゃって、

めちゃくちゃいい加減な、

子育て悩み相談の回答みたいになりましたが。

**

まあ、わたしは、笑うまではいかなくても、

一生懸命、いたずらする子をみると、

ああ、ごはん粒って、おもいろい感触なんやろなー。

くっついたり、伸びたり、不思議なんやろなー。

何度も、何度も試して実験してるんやなー。

茶碗でも、しゃもじでも、放ったものは、下に落下する・・・・。

うむ、これは、

重力?引力?の実験してるんやろかな・・・?

と、

赤ん坊の探究心・研究心にいつも関心しています。

いいえ、あるいは、

べちょべちょとか、ぬるぬるとか、ざらざらとか、

熱いとか冷たいとか、

なんとかかんとか・・・。

言語化する以前の、

ただ、ただ、感じるだけ・・・・という、

瞑想の境地に入っているのかも。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

だって、そんなときの顔つきが、

まるで、研究者みたいやったり、

瞑想のマスターやったりするもんね。

そんなエライ人たちを、

叱るなんて、とんでもないのであります。

20121123_002_001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »