« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の9件の記事

2013年1月30日 (水)

冬の日の弁当&スペシャル ロー バースデイケーキ

20130127_001_008

毎回、毎回、

雪の写真ばっかりで、

すんません。

おまけに、

滑ってる写真もやたら多いので・・・・・。

あっ、また・・・・・( ̄◆ ̄;)。

20130127_001_007

受験生の方も、

すんません?

・・・・ということで、

久しぶりに、

食べ物関係の写真をアップしました。

新居の台所が、気持ち良くて、

最近、料理するのが楽しいです(* ̄ー ̄*)。

20121205_003_002

キンピラゴボウ

サツマイモのピカタ風

ほうれん草と白菜のナムル



20130117_001_015_3

白菜の胡麻和え

小豆かぼちゃ

ゴボウの煮込み

20121217_001_001

炊き込みごはん

もちきびのナゲット&葛ソース

ほうれん草と白菜の胡麻和え

もらいものの、プチトマト

20130117_001_027

焼きビーフン

海苔のごま油炒め

20121219_001_006

ゴボウの煮込み

大根の煮物

ほうれん草と揚げのクルミ和え

サツマイモの天ぷら



20121218_001_001

炊き込みご飯

ほうれん草の胡麻和え

キンピラゴボウ

20121220_002_001

高キビとジャガイモのグラタン&餅キビ豆乳クリーム

ピラフ

20130122_001_003

ジャガイモのソテー

豆腐のパン粉焼き

白菜ステーキ



20130119_001_001

ほうれん草の胡麻和え

車麩のカツ

塩麹ポテトサラダ

20130126_001_004

厚揚げ・れんこん・かぼちゃのステーキ

ゴボウの丸煮

菜の花の胡麻和え

らっきょの醤油漬け

20130129_001_002

餅粟とヒヨコ豆のミートボール風

小松菜のソテー

豆乳と餅キビ入り、玄米粉シチュー

高野@パンドラデイさんのパン!(久しぶりに行ったら、おまけをいっぱい付けてくださいました!)

20130129_001_003_2

***************

**************

*************


これ何?

はい、うちのゴボウです。

すごい、野生的!ワイルド!!

これを食べる人って、さらにワイルド!?

20130127_001_016_2

ざっく、ざっくと大きな輪切りにして、

じっくり焼いてから、そのまましょうゆで煮込む。

生姜を入れたり、ニンニクを入れたり。

これが、うまいんだよなー。

20130127_001_017

*********************

*********************

流行の塩麹。

せっかくの酵素を生かしたいので、

わたしは、火を使う調理には使いませんよ。

これは、

カブのサラダ。

今、カブがほんとうにおいしい。

火を通す前に、ちょっとかじってみてください。

生のカブが、また甘くておいしいのです。

炊いたのもスープもそりゃ、おいしいけれど、

そのままでおいしいのに、

わざわざ火を通すのが、もったいなくて、

カブさんにも、なんだか申し訳なくて、

生でよく食べます。

(本当に美味しい野菜は、

料理するのがもったいないですね!)

味付けは、塩麹・梅酢・オリーブオイルの組み合わせが好きです。

でも、

カブのステーキもおいしかったなー。

20130127_001_018

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、

このあいだの、<銭播き>での

臨時収入?・・・・というか、

拾いまくった厄というか・・・・。

善は急げ??ということで、

ごっそり持って、

京都のイタリア料理屋、

ダマエダさんhttp://da-maeda.com/へ、行ってきましたよ!

厄払いしてきました!

**

そしたらねーーー。

お食事の最後に、

マエダさんから、

こーーーーんな、

素敵な、バースデーケーキのプレゼントがあったのです。

じゃーーーん。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

20130126_001_028

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

天音ちゃん、大喜び!

(実は、ケーキというよりも、ろうそくの炎に釘付け。)


20130126_001_033

このすばらしいケーキを作ってくださった、

YASUDAさんと一緒に。

YASUDAさん、

ありがとうございます。


20130126_001_038

新作だというこのケーキの名前は、

テゾーロ。

「たからもの」という意味だそうです。

天音ちゃんがみんなから可愛がられてるっていうところから、

ヒントをもらったそうです。

うれしいなあ。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ほんと、

たからものみたいな、愛らしいケーキです。

20130126_001_030

天音ちゃん、

こっち、こっち。

こっち向いてよー。

20130126_001_036

カシューナッツのクリームだそうです。

ものすごく濃厚でいて、上品な、

ほんとうにおいしいクリームでした。

こりゃ、豆腐クリームでは出せない味やなー。

***

底に敷いた生地は、ココナツとデーツだったかな・・・。

これなら、

乳製品や卵どころか、

小麦粉のアレルギーのある子も、大丈夫ですね。

**

ちなみに、これは、

ローケーキ。

つまり、焼かずに作ったナマケーキです。

だから、パワーを感じます。

わたしもこれをきっかけに、

ナマおやつ、研究してみよっかな・・・・。

20130126_001_039_2

ああ、減るのがもったいない。

減るのが悲しい(。>0<。)!

ちょっとずつ、ちょっとずつ削って、

この、たからもの、

大事に、大事に、食べました。

20130126_001_041

マエダさん、YASUDAさん、DAICHIさん、

こんなすばらしい贈り物と、

幸せな時間を、

ほんとうにありがとう。

お腹いっぱい、胸いっぱいです。

20130126_001_022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

楽しい登校風景

20130124_001_018


コケコッコー♪

朝ですよーーーーー。sun

お山の学校へ行く時間です。snow

今日も、よく冷えてます。(。>0<。)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「行ってきまーす。」と、

太郎はん、

雪の海を、ずんずんと歩きます。

20130124_001_012

除雪した道を通らずに、

あえて、雪の海にいどむ太郎はんです。

20130124_001_013_2

雪も凍るような冷えた朝は、

雪の上を歩けるのです。

**

「待ってくれー!」

三男が追いかけます。

わざわざ

道無き道をゆく二人組。

20130124_001_015

よっしゃー。

わたしも雪の海に足を踏み入れましたが、

「ぜったい 無理!」という声が、

家の方から聞こえました。

ほんじゃ、まあ、

無理せんと、遠回りして、道から行きます。

「待ってーーー!」\(;゚∇゚)/

20130124_001_016

雪の海の次は、

雪の山です。太郎はん。

20130124_001_019_2

三男が、

一生懸命、追いかけてます。

道無き、道をゆく 二人組。

20130124_001_021_2

20130124_001_025


雪の山を下りると、

次は、雪の平原。

道無き道をゆきます2人組。

20130124_001_026

雪の平原をダッシュしますが、

ときどき、パタっと倒れます。

落とし穴に落ちるみたいに、

雪にハマってしまうのです。

20130124_001_033
ほれほれ、

またハマった。

20130124_001_031
太郎はん、

水路の谷を、

ジャーーンプ!

20130124_001_027

( ̄◆ ̄;)

ちょっと困ってます、二人組。

20130124_001_028

あ、

なんとか、持ち堪えました。

良かった。


20130124_001_029

「やあ、やあ!」

もとお隣さん兄妹たちとの合流地点です。

先方も、

道無き道から来てました!

似たもの同志です。coldsweats01

20130124_001_036

道無き道をゆく5人組。

20130124_001_037

あ、

次は、雪の滑り台を、

つる~~~~んと滑ってます。

いったい、いつになったら、

学校へたどり着けるのでしょうか・・・・。

20130124_001_041

珍しく、道路の雪が、

きれい溶けたというのに

誰も、歩こうとしてません。

道無き道をゆくのが、

好きな子らです。

(帰りも、たっぷり時間をかけて帰ってきはります。)

はい、行ってらっしゃーい。

20130124_001_045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

あれから一年。天音ちゃん誕生日でした。




20130124_001_046

しーーーーーっ。

眠ってる間に、書いてますよ。

しずかに。

しずかに。

そして、急いで書かなきゃ。

できるだけ、短く簡潔に!\(;゚∇゚)/

*****************

**********

*******

20130117_001_019

さて、

このあいだ、

天音ちゃんの誕生日でした。

おかげさまで、

一歳になりました。

あれから、まる一年です。

20120123_001_012

手かけず、

金かけず、

かなりの手抜き子育てですが、

20130122_001_004

おっぱいやって、

おしっこ・うんち、させてやって、

おむつ替えて、

抱っこして、おんぶして、

一緒に寝て、

20130123_001_007

毎日、毎日、

それだけは欠かさずやってて(当たり前やね。)、

これだけ、大きくなりました。

**

この歳で、

ちゃんとお産できて、

ここまで育ってくれて、

ほんとうにありがたいです。

3人の兄ちゃんたちが、

いっぱい愛情かけてくれたおかげもあるやろね。

20130122_001_005

わたしも、

産後、ダメージ受けることなく、

特にやつれることなく?(自分ではそう思ってますけど。)

おっぱいやりながらも、

元気に一年間過ごせました。

そんなわたしのからだにもありがとう。

今も変わらず、いっぱい可愛がってくれて、

一緒に成長を喜んでくれる、

やさしい3兄弟たちにもありがとう。

産前産後、支えてくれたはるさんにもありがとう。

そんなみんなに、

お祝いの心をこめて、

わたしができることは、

おいしいご飯をつくること。

**

朝から、天音ちゃんの機嫌をみながら、

みんなが出先から帰ってくるまで、

ぼちぼちと作り続けました。

**

山盛りのちらし寿司

洋風おでん

フライドポテト

よもぎ蕎麦

ん?いつもと変わらんかったりして・・・。

**

家族の誕生日の中で、

唯一イチゴが手に入る季節に生まれてきてくれた天音ちゃん。

わーい。みんなの大好きなイチゴのタルト。

20130123_001_002

おめでとう!

(食べるの中断させられて、みんなぶすっとしてます。)

素食なのに、みんな「ごちそうやなあ!」と、大喜びしてくれました。

うれしいなー。


20130123_001_012a


一年前、

このブログで、

無事に生まれましたのお知らせを見て、

いっぱいメッセージいただきました。

あの人から、

この人から・・・・。

覚えてますよ。

ほんとうにありがとう。

プリントしてもらって、

薄暗い寝床で読んだことが懐かしいです。

美味しいものや、ベビー服や、絵本や・・・・。

お祝いの贈り物も届きました。

今も、楽しみに、着せたり使ったりしてます。

ありがとう。

20130124_001_047

季節はひとめぐりして、

あのときと、同じ、

今も、窓の外は雪に包まれていますが、

この一年も、

ほんとうにいろいろありました。


20130124_001_002

辛いこともあったし、

大きな決断をしなければならないこともあったけど、

いつも、いつも、

泣いてるときも、笑ってるときも、

背中か、膝の上か・・・には、天音ちゃんがいて、

ただ、黙って、寄り添ってくれてるみたいでした。

お守りみたいに。

ありがとうね。

20130123_001_018

うちに、

小さな天音ちゃんがいて、

赤ちゃんとつきあう毎日の暮らしの中で、

3兄弟も、

大切なこと、いっぱい学んでます。

ありがたいです。

20130123_001_013

天音ちゃんもかわいいし、

思春期まっさかりの長男もかわいい。

頼もしくなってきた次男もかわいいし、

相変わらず甘えん坊の三男もかわいいし。(*^m^)

今、わたしは、

家族で共に過ごす毎日が、

とても楽しいです。

感謝。感謝。

こどもたち、

みんな、どうぞこれからも健やかに!

20121223_001_010

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

応援してます!熊谷ももさん。

 

20130119_001_027

このブログを読んでくださっている方の中で、

滋賀県高島市民の方は、

いったいどのくらいおられるのでしょう???

謎ですけど、

27日の、高島市議選に、

熊谷ももさんという人が、立候補されました。

こんな人

おおきに熊谷ももです。

http://kumagai-momo.jimdo.com/

***************************

**************************

まだ小さな子3人を、抱えての、

若いお母ちゃんの立候補です。

立候補を決意された頃の、

ももさんからのメッセージを、ここでシェアしたいと思います。

高島市民の方も、

そうでない方も、ぜひ、読んで欲しいです。

原発のこと、がれきのこと、放射能のこと、

今、がんばって取り組んでおられるみなさんは、

ももさんの気持ち、

よーくわかると思います。

当選するかどうかは別として、

ももさんみたいな人が、

全国のあちこちで誕生して、

政治と直接関わる仲間が増えるといいな!

**

ちなみに、

高島市議会は、

以前、がれき処理の受け入れについて、

議員全員、賛成だったような、

県のある職員さん曰く、

「最低の市政をおこなっている」らしいところですヾ(*゚A`)ノ。

以下のももさんのメッセージにもありますが、

がれき処理問題など、

子供の命にかかわるような大切なことを決めてるのが、

だいたい、60歳代くらいの、

おっさん議員さんたちだったそうです。

やっぱ、

お母ちゃん議員、地方からもっともっと出しましょう!

~以下、ももさんより~

こんにちは 熊谷 ももです。

突然に高島市議選に出ることを表明して、驚かせてしもてかんにんです。

高島市のがれき受入問題に関わって、市議会に質問書を持って行った時に

60代の男性ばかりで、びっくりしました。

ああ、だからがれき受入に議会全員が賛成するんやな、

と思いました。

これでは、あかんのとちゃうかな?

とその時思いました。

こんな状態やったら、

今後何回も反対せんとあかんようなことが

議会で可決して、

また反対の意見を伝えないとあかんようになる

と思いました。

だれも「反対」がしたくて反対するのと違います。

反対するのはすごいエネルギーのいることです。

がれき受入なんて

賛成も反対もようわからんようなことやのに、

議員さん全員賛成なんて

おかしなことやと思いました。

1人も反対の人はいなかったのです。

そして西川市長とお話した時に、

「高島なんてなんにもない田舎だ、と思う」

とはっきり仰られたことに衝撃を受けました。

「なんにもない田舎だ」と思うからこそ、

がれきを受入れてお金をもらって

ハコものを建てようという発想になるのやと思います。

高島を「なんにもない田舎だ」と思って政治をするのと

「素晴らしいかけがえのない田舎だ」と思って政治をするのでは

天と地ほどの差が出てくると思います。

そんなことで夏くらいから市議選に出馬することは考えていました。

月日は経って国会が解散して選挙になり、

TPPや原発、増税、なにやら

一般市民の生活に大きく関わるような事柄がいっぱいです。

ああ、これは市議会に入って、

反対せんとあかんような

がれきみたいな事柄がまた国から持ち込まれるんとちゃうかなと思いました。

それから11月23日24日、

「ローカリゼーションという希望~懐かしい未来」というイベントで

嘉田知事のお話を聞いて、

やっぱり、仕組みをつくることに関わることは

大事なことやな!と思いました。

そして25日には福井まさあき選挙事務所開きに行ってきました。

そこで商店街の方が、

安曇川の町が静かすぎて

まるでゴーストタウンのようだとお話をされたのを聞いて、

「ああやっぱり、私、今回出たいな」と思いました。

だれかに大きな御神輿を用意してもらって担がれるのではなくて、

私ひとりでも(ひとりでは出られませんが)、出よう!と決意が固まりました。

私は「市会議員になるという目的」のために出る気持ちではなくて

ただただ選挙に出たいと思っています。

私が、小さなこども3人もいる30代のお母さんが市議選に出る!

私はそれだけで十分だと思います。

もちろん、できる限りのことを、ベストを、全力を尽くす覚悟です。

私が出ることによって、古参の市会議員さん達が

危機感を持って、これから政治をしてくれはったら

ちょっとは高島市の政治も良くなると思うのです。

もちろん、仮に当選して議員になったとしたら

「高島の良さを生かす」政治に一生懸命取り組む覚悟です。

ある方からは「今は福井まさあきさんの応援をして

名前を売って、

4年後に地盤を固めて、出たらどう」と言われました。

ごもっともやと思います。

でも、私は思うのです。

4年後の私は今の私とは違うと思うのです。

市議選に挑戦しようなんて

大それた、無謀なことは思わないんじゃないかな、と。

今の私、

若気の至りやからこそ、

無知やからこそ、

地盤も何もないからこそ、そしてこどもが小さいからこそ

今、出たい!出ようと思うのです。

今、私が出る、ということがすごく大事な氣がするのです。

当選するとかは関係なく。

みなさんにはご心配頂いています。ありがとうございます。

温かく見守って頂けたら、応援して頂けたら嬉しいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ところで、このももさん、

多才な人のようで、

お金についても、いろいろと研究?されて、

わかりやすくまとめておられます。

わたしは、全部見切れてないけど、

とても興味があります。

知っているようで実は知らない

だいじなだいじなあなたのお金についての

わかりやすい絵本の読み語り動画です

おかねのひみつ

http://momo4ende.jimdo.com/

他にも、

ももさんのHPには、予防接種の問題点など、

いろいろとまとめたものがありますよ。

***************************

というわけで、

最近、一段とネットがつながりにくくなったので、

今、つながってる間に、

えいっと、アップしまーす。

20130119_001_028

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

今年も銭播き

20130119_001_013

天音ちゃんの誕生日を前にして、

いろいろ思い出します。


20130119_001_010_4

ちょうど一年前。

臨時収入があったので、

「その金で、お産の前に、ぱーっとうまいもんでも食いに行こうぜ!」と、

イタリア料理屋へ行きました。

お腹いっぱいご馳走を食べて、

「ああー、もう思い残すこと無いわ~~!」と言った、

母ちゃんの、そのセリフを

お腹の中で、この子は聴いていたのか、いなかったのか・・・・・。

あくる朝、

陣痛が始まりました。(*^m^)

20130119_001_020

さて、

今年も、

そのイタリア料理屋へ行けるか、否か?

行けたとしても、

パスタだけか、ピザも食べられるか?

ひょっとして、デザートまでいけるか??

運命の分かれ道!

なんちゃって、大そうですけど、

その日が今年もやってきました。

20130119_001_012

ずーっとこのブログ読み続けてくださってる方は、

ご存知でしょうか。

厄年の人が、

境内で、銭をばらまき、

それ・・・・銭=厄・・を、みんなで拾い放題という、

新年早々ありがたいお祭り、「銭播き」が、

今年もおこなわれました!

(そんなお祭り、全国でここと、あとどこかもう一箇所やってはるらしいです。)

20130119_001_021

去年は、

軟弱妊婦と3兄弟だけの参加でしたが、

20130119_001_022

今年は、

うれし恥ずかし、

家族全員参加。(そんなん、うちだけや。)

20130119_001_024_2

たのむぜ、3兄弟!

20130119_001_016

というわけで、

今年も、

「厄」の拾い放題してきました。

20130119_001_018_2

↓だんだん、雪の嵩(かさ)が、増えてきましたよ。


20130119_001_030

うちに帰って、

銭に張り付いた雪を、落とします。

さて、今年も、拾った厄払いに、

ぱーっと、うまいもん食いに行けるでしょうか。

マエダさんhttp://da-maeda.com/

もしかしたら、また行くかもよ!

20130119_001_032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

雪の朝の登校風景

20130117_001_042

ずっと雪が激しく降り続いています。

子供らが、途中で遭難したらあかんし・・・・、

じゃなくって、

わたし、運動不足だったので、

学校までお供しました。

今日は、家にはるさんがいるので、

久しぶり、背中フリーで歩けます。

(赤ん坊を家に置いとけるので、おんぶしなくていいのです。(◎´∀`)ノ )

片道約1.5キロの道のりです。

20130117_001_028

樹に、花が咲いてるみたいやなあ~と、

三男が言うてます。

20130117_001_029

ほんと、きれいやな。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20130117_001_046

歩いてる間にも、

どんどん、降り積もってゆきます。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

日本昔ばなし♪に出てくるような、

おうちです。

20130117_001_043

20130117_001_030

上も下も、真っ白。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20130117_001_033



杉林を抜けると、



20130117_001_034

もとお隣さん兄妹たちと、合流地点です。

合流してからが、長いです。

雪に顔を埋めて、顔型?を取ったり(なんでわざわざ冷たいのに???)、

滑ったり、転がったり、雪の玉を作ったり、

遊びながら歩いてます。

こんな厳しい寒さの中を、

幼い子らが、

学校へ行くのたいへんやなあと、

いつも思うのですが、

子供らは、案外平気のようです。

明るく、楽しんでます。


20130117_001_035_3

雪が深くて、

境内まで入られませんよ。

ここから、お参り。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20130117_001_038

おかげさまで、

今日も、元気に生きてます。

ありがとうございます。

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.20130117_001_039

さあ、着いた着いた。

センセイたちも、

無事、お山に登って来られました。

ご苦労さんです。

山の下の町では、雪はまったく無かったそうです。

(ここら一帯だけ、豪雪地帯になっとるようです。)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「行ってらっしゃーい。」

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20130117_001_036

はるや山の家も、

かなり埋もれ気味になってきました。( ̄◆ ̄;)

20130117_001_044

ポストも、そろそろ埋もれそう。(^-^;


20130117_001_049

はーい。

ただいま~heart01

(なんか、いかにも、もらいもんばっかりってかんじのファッションですなー。coldsweats01


20130117_001_051

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

初滑り







20130112_001_006

朝はたいへん冷え込み、窓ガラスにも氷が張り付いてましたがshock

だんだん青空になりました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

↓雪の海に囲まれた我が家。

20130112_001_010

家の中もやっと温まってきましたよ。

あれ以来、

スキがあれば、梯子を登る赤ん坊ですshock

見てると怖くて茶もゆっくり飲めまへん(。>0<。)。

一応、落ちたときのために、

座布団を3枚重ねて置いてます。

実は、1回落ちて、さんざん泣いてはったのですがcoldsweats02

またすぐにチャレンジするのです。

こういうの、トリ頭というのかしらん?

調子に乗って、途中でお尻ふりふり、片手ぶらぶら、

踊りだしたりして、困ったもんです。

**

兄ちゃん、あおらんといてくれ。

20130112_001_008


長男次男仲良く、そりすべりに行きます。

わたしも、赤ん坊梯子からひっぺがえして、

連れて行きます。

(三男は、となり村のガールフレンドを訪ねて行きました。(*^m^)

***

さあ、ここから先は、

はるやのプライベートスキー場?です。

(そりですけど。)

20130112_001_015

どこでも、

滑り放題。

高台の初心者コース。

20130112_001_013

スリルの、川下りコース

20130112_001_019




美しい林間コース

20130112_001_021




迫力のジャンプコース

20130112_001_031


20130112_001_033

いつまでも、

いつまでも、

登っては、すべり、

登っては、すべり・・・してました。

リフトが無いので、ええ運動になります。

赤ん坊が、

背中から、身を乗り出して、手足をバタバタ、

「わしにもやらせろ~~~~!」

うん、うん。

やりたいなあ。

わたしもやりたいけど、

今日のこの格好ではあかんわ。

また今度。

(オンブして登っていけるかなあ・・・。←昔はやってたけど。)

20130112_001_026

一足先に、家に帰り、ふと窓の外を見ると、

家の裏でもやってました。

赤い小さいの、見えるかな?

こちらは、裏庭コース。

競争して遊ぶのに、ええかんじです。

20130112_001_040

というわけで、

雪の間は、手づくり市お休みします。

はるやの初売りは、

20日のオーガニックマーケットしがです。

(北白川ちせさんでは、毎週水曜日「はるやのひ」やってますよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

あけました。おめでとうございます。




20121225_002_001

ご挨拶が遅れましたが、

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

明けまして おめでとうございます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

昨年のはるやは、

すっぽーんと赤ん坊が生まれて、

弾みがついたみたいに、

それまで、なっかなか決まらなかったことが、

たいした障害もなく、

あれよあれよと、ぽんぽんと決まってゆき、

(キツネにつままれた気分?)

おかげさまで、

暮れごろから、

清らかな水の流れる川のそばの、

小さな家で、

新しい暮らしが始まっています。

20121225_002_002

一年前、二年前では、

思いもしなかった展開となり、

あらためて、

人生って何が起こるやら・・・・。

面白いなあ~、わくわくするもんだなーと、思ったりします。

トンビの羽で作ったペンで、

年賀状や、百人一首をしたためる、

風流な太郎はんです。

20130107_001_005

だから、

これからも、世の中も、身内でも、自分自身にも、

何が起こるやら、

予測できませんが、

でも、はるやにしては珍しく、

今年ははっきりしている目標があります。

それは、

この勢いに乗って、

今年は、家づくり、場所づくりをしていくということ。

家づくりはともかく、

場所づくりは、何年かかるかわからないけれど、

こんなきれいなところ、

行ってみたいなー。

わざわざ行ってまでして、

はるやの飯食いたいなー。

はるやの子どもらみたいに、

サルみたいにして、

思い切り山や川で遊びまくってみたいなー。

仲間たちと時間を気にせず、

ワイワイ合宿して遊びたいなー・・・。

というような、

物好きな?方たちが、

来られるような、気持ちいい場所づくり。

**

途方も無いことのようだけど、

こつこつと、目の前のことやってたら、

自ずと、道は開けていくかな。

20121225_002_003

この寒いのに、

チャンバラしてます。(*^m^)

20130107_001_006

世の中は、

よからぬ方向へ向かっているように、

言われてもいますが、

「はだしのゲン」読んでも、

「陽だまりの樹」やら、「火の鳥」やら、

「おーい 竜馬!」やら読んでも、

(ん?漫画ばっかり?)

いつの時代も、政治家のおっさんたちがやってることはまったく同じやなー。

太郎はんが、暮れによう聴いていた、

清志郎がやってたタイマーズの歌の通りですな。

(わからん人には、ごめんなさい。)

そういう醜いところ、不安げなところに、

あんまりフォーカスせずに、(無関心でいるのとは、ちゃいまっせー。)

自分のところから、

明るくて楽しい世界を広げていきたいと思います。

眉間にシワ寄せててもしかたないです。(身がもたんわ。┐(´д`)┌)

オセロの大逆転みたいに、いっぺんに変わるのを期待してしまうけど、

きっと、

少しずつ、少しずつ、

ゆっくり螺旋階段を登るように、

景色が明るくなったり、暗くなったりしながら、

進んでいくんでしょう。

時間がかかるのでしょう。

でも、確実に、上の方へ向かって。

***

 

***

**

**

**

**

**

( Д) ゚ ゚

20130111_001_002

あーーーーっ!shock

螺旋階段どころか、

うちの赤ん坊、

梯子を登っていました。( ̄Д ̄;;

(まだまだ、先やと思ってたのに・・・・・。ややこしいっ。(;;;´Д`)

**

三男が引き剥がそうとしましたが、

「(梯子に)ぴったりくっついて離れへん」そうです。coldsweats01

確かに、ぴったりくっついて、剥がれませんでした。

「この怪力娘!」と次男に言われてます。

(超高齢出産で生まれたわりには、丈夫に育っているようで良かった?ですcoldsweats01。)

20130111_001_001_3

上がった先には、男の隠れ家があります。

「座って半畳 寝て1畳」を、次男三男でシェアしとります。

ここに赤ん坊が入って来ちゃあ、

オセロも、将棋も、トランプ、百人一首、

心やすらかに、羽ペンのお習字の趣味も、

できひんやないかー。\(;゚∇゚)/

さすがの、やさしい兄たちも、

はて、困った・・・・・。

20130111_001_004

梯子外しました。

**

「あらよっと!」

自力で上がってます。

住みながらにして、運動能力のつく家ですよ。


20130111_001_008

というわけで、

こんなかんじで、

小さな家で、

仲良し4兄妹と、

とっても楽しく暮らしています。

**

昨年も、

応援してくださったり、

温かいメッセージをくださったり、

迷っているときに、何かヒントをくださったり、

いろいろな場面で、

支えてくださって、

本当にありがとうございました。

**

こんな、はるやですが、

今年も、どうぞ、よろしくお願いします。



20130106_001_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

2年ぶりの廃材天国☆

20130104_001_005

はるや一家は、

九州のじいちゃんのところへ行った帰り、

2年ぶりに、讃岐うどんの国の、

廃材天国http://kadoya.ashita-sanuki.jp/へ行ってきました!

この、ご無沙汰だった2年の間に、

また家が増殖してるよー。

この家、生きてるみたいやなー。\(;゚∇゚)/

**

廃材天国のお家では、

家の中でターザンができるのでありまーす。(≧∇≦)

20130104_001_028

さて、子供らは、どこにいるでしょう?

よじ登ったり、潜ったり、潜んだり、ぶらさがったり、

アスレチックみたいな家でありまーす。

20130103_001_007

そして、廃材天国は、

ご馳走天国。

家は廃材でできてても、

料理は一流!

調味料も、食材も、料理の腕も、一流ってわけです。

山暮らしのはるやのために、

瀬戸内海のピチピチの旬の魚をわざわざ仕入れて、

料理してくれました。

うれしいなあ(。>0<。)!

**

食べる、食べる、食べる・・・・・・・・。

20130103_001_001

食べる、食べる、食べる・・・・・。もりもり食べる。

はるやと廃材天国の、子供たち。

**

九州のじいちゃんとこでは、

じいちゃんに甘えて(*^m^)、

けっこう外食していたので、

久しぶりの、天然の調味料を使った、

自然の甘み、旨みの、

この馴染みのある美味しさが、

身体に染み入るようでした。(。>0<。)

20130103_001_004_3

翌朝は、

おすましに、このおうちのニワトリさんからいただいた、錦糸卵と

青菜のトッピングの、備前のお雑煮と、

白味噌仕立てに、なんとあんころ餅が入る、

香川のお雑煮の、2種類を作ってくれましたよ。

こちらも感激の美味しさ!(。>0<。)

20130104_001_011

来てから、

食べてばっかりです。

どっちも、よう食べる家族です。

・・・というか、

よそに来てまでよう食べる、

遠慮の無いはるや一家です。┐(´-`)┌

20130104_001_014

さあ、次は、何ができるかな?

20130104_001_016

外で、お湯がぐらぐら煮えてます。

20130104_001_019

「うんま~~~~~~~~~い♪」

料理長NOYU君、出汁の味見て、

とろけるような顔してました。

20130104_001_018

わーーい。

次は、手打ちうどんやー。

うれしいなあ!(≧m≦)

20130104_001_023

またまた、

食べる、食べる、食べる。

20130104_001_024

食べる、食べる。

つるつる。もぐもぐ。

遠慮の無い、はるや一家。

美味しかったあ~~~~!(≧∇≦)

20130104_001_025

猫が、外であきれてました。

20130104_001_030

よう食うやつらにゃー。

20130104_001_031

当時、陶芸が本業だった、

廃材天国の陣さんは、

ある日、

先祖代々の田んぼだった、

この広々とした土地の地面に、

10m×10mの線を引き(まるでドッジボールのコートを描くみたいにね。)、

もらってきた木の電信柱やら、

火災にあった家の燃え残った材やら、

なんやらかんやら、

100パーセント廃材を使って、

ほとんど人力で、でっかい家を建てました。

井戸も、自分で掘ったそうです。coldsweats02

離れ、五右衛門風呂、トイレ、陶芸のアトリエ、倉庫、

移動式パン釜から、

子供たちがメインで作った個性的なニワトリ小屋、

そして畑や資材、たくさんの、薪・薪・薪・・・。

ここはどこ?アジアか、アフリカか?

なんとも、無国籍な風景ですが、

この風景が、

普通の、片田舎の普通のところ・・・、

ホームセンターやらコンビニやら、信号やら住宅地やらある、

ほんまに普通のところに、

忽然と存在しているのが、また面白いです。

20130104_001_006

この、ご無沙汰してた2年間の間に、

不要になったところから譲ってもらったという、ソーラーパネルで、

電力会社に売るほどの電力もまかなえるようになり、

車は、てんぷら油で走るようになってました。

てんぷら油で、屋久島までみんなで行ったんだってよーw(゚o゚)w。

ガソリンスタンド寄らずに、そんなことできるなんて、夢みたいやなー。

もちろん、米や野菜も自給してます。

陶芸家だから、お茶碗も自作。

鍛冶屋さんみたいなこともできるから、

切り株が丸ごとはいる、

でっかい薪ストーブや、特大フライパンも自作。

相変わらず、

作って、作って、作りまくる、廃材天国一家。

はるやも真似したいこといっぱいや。

20130104_001_008

廃材天国の暮らしが、

あるテレビ番組で紹介されたそうで、

その録画を観せてもらいました。

面白かったですよー。

誰か見はった人いるかなあ?

その中で、

ここのあるじの陣さんが、なかなかええこと言うてたので、

うろ覚えだけど、

ここで陣さんの名言集、紹介します。

20130104_001_002

タレントさん?が、いろいろ質問してはったんですが・・・・。

あなたが、苦労したことは?

あなたの宝物は?

不便なことは?

陣さんは、

苦労が、レジャー!なんですよー。」

「今が宝物なんですよ! 今が一番大事なんですよ!」

「不便が、楽しいんです!」

それから、

自給自足は、台所が大事!

などなど。

あはははは・・・。そうや、そうや、わたしらもそう思うよー、

思わずうなずきながら観てました。

ほんま、

わたしらも、

仕事も、子育ても、暮らしも、

そんなかんじで、これまでやってきたもんなあ。

(そこが、あんたら変わってるっちゅーねん。(´,_ゝ`)プッ

**

勤めに出ないで仕事を創るという選択も、

子供を家で産むという選択も、

ホームスクーリングという選択も、

できるだけ、食べ物やエネルギーも手作りするという暮らし方も、

人から見たら、

たいへんそうやったり、不便そうやったりするんだろうけれど、

それが、なんか、

生きてる!という実感があって、

もう、わくわくしてくるのです。

**

はるやは、

廃材天国に比べたら、

ずいぶんと、遠回りをしてしまって、

まだまだひよっ子chickだけど、

これから、こつこつと、

自給率上げていきたいなあと思います。

20130104_001_036

廃材天国の子ら、

ホームスクーラーです。(遠足とか、ときどき学校へ行くこともあるようですけど。)

この2年間に、

ずいぶん成長してはって、びっくりしました!

学校へ行ってたら、

一年生でこれして、二年生ではこれができるようになって・・・、

と、全国一律やってることが似たり寄ったりですが、

ホームスクーリングしてたら、

その家庭、その子によって、いろいろで、

どんなに変化するか予測できなくって、

ほんとに面白いです。

あるとき、突然、脱皮するみたいに、

成長するみたい。

ここの子らみてて、

そういえば、うちの長男もそうだったなー、

ある時期、突然変わったな・・・と思い出しました。

**

廃材天国も、三兄弟と一姫。(年の離れた長男坊は、もう巣立ってます。)

うちも、三兄弟と一姫になりました。

なにかと、共通点があるもんです(*^m^)。

みんな、ほんまにかわいいなー。

20130104_001_042

陣さん、あっこちゃん、ありがとうね。

いっぱい、いっぱいご馳走さま。

食べて、しゃべって、また作って、また食べて、

しゃべって、食べて、また食べて・・・。

まだまだ、話は尽きなかったけれど、

続きは、またいつかの機会に。

今度は、お山に来てね。

**

こちらは、このときの、陣さんの日記。

ご馳走がいっぱい見られますよ。

「はるや来廃」

http://kadoya.ashita-sanuki.jp/e618510.html

20130104_001_045

こちらは、

2年前に廃材天国へ行ったときのはるやのブログです。

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-5928.html

瀬戸大橋渡って帰りました。

春みたいな、あたたか~い、青空の広がる日でした。

20130104_001_046

**

**

**

**

**

**

翌日、お山に帰りました。

雪に埋もれて無かったー。ほーっ。

代表のはるさんが、玄関までの道を掘って、

みんなの長靴取りに行ってくれて、

やっと、家にたどり着きました。

20130105_001_005

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »