« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の3件の記事

2013年2月22日 (金)

だいすきお兄ちゃん。

20130129_001_015_2

弟は・・・・・、

お兄ちゃんが大好き。

意地悪されても、

いじめられても、

バカにされても、

大きい方のおやつ取られても・・・。

20130222_001_008

妹も、

お兄ちゃんが大好き。

危ないところに連れて行かれても・・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 
20130218_001_040

雪の上に、顔面から落とされても(。>0<。)、(←わざとじゃないけど。)

20130218_001_032

雪合戦の盾にされても( ̄◆ ̄;)、(これは、わざとや!(`◇´*)

それでも、お兄ちゃんがすき。

20130218_001_036

子供ができて、

母親になって、

兄弟が仲良くしていることほど、

幸せなことはありません。

**

わたしには、

そんな幸せな兄妹の思い出があんまり無いから。

とくに、この末娘。

この子には、

お兄ちゃんが、3人もいて、

みんな、やさしい。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20130215_001_014_2

わたしが、手のかからない子だったからか、

女の子だったからか、

父親の愛情の表現の仕方が、

わたしと兄とで、激しく違ったので、

その違った分、

兄にいじめられてました。(ρ_;)

一緒にいるときは、いつも兄の機嫌をうかがってました。

(子供だったわたしには、わからない、

兄には、兄の、心の傷があったのだろうけれど。)

それでも、

お兄ちゃんが好きだったんだなー。

少しでも優しくされると、ほんとにうれしかったし、

ブスって言われても、

叩かれても、お兄ちゃん、かっこいい☆と、思ってたもんな。

まるで、片思いしてるみたいに。

***

やさしいお兄ちゃん。

***

飯台の上に、座り込んでも怒らない。

20130221_001_010

兄ちゃんのシャーペン、

お椀に入れても、怒らない。

20130221_001_009

「次、何したろっかなー。pig

(しばし、見詰め合う二人。)

20130221_001_011


筆箱狙っても、怒らない。


20130221_001_018

顔色をうかがいつつ、

バレんように、そっとカバンに手を伸ばしても・・・・・、

20130221_001_015_2

「あっ、見つかっちゃった。bleah

20130221_001_016

いたずらしても、

悪さをしても、

怒らないね、お兄ちゃん。(その分、お父ちゃんが怒ってるけど。)

許すんだね、お兄ちゃん。

20130218_001_041

それどころか、

泣いてると、やさしく抱き上げてくれる。

おむつ替えてくれる。

お風呂で遊んでくれる。

肩車して走ってくれる。

歌を歌ってくれる。

歩くと、喜んでくれる。

一緒に寝てくれる。

目覚めると、にっこり笑ってくれる。

頬ずりしてくれる。

チュウしてくれる。

**

息子たちが、

末娘にしている、ひとつひとつの、優しい行為が、

わたしにとって、

驚きであり、この上ない喜び。

20130218_001_044




この幸せな末娘は、

あの頃、お兄ちゃんに優しくていもらいたかった、わたし。

仲良し兄妹になりたかったのに、なれなかった、わたし。

20130218_001_043

幸せな、

兄妹の日々を見て、

癒されてます。

もう、すっかり忘れていた、子供の頃の傷に、

そっとやさしく、クリームを塗ってもらっているみたいに。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

だからお兄ちゃん、

大丈夫やで。

大人になって、

やり直せないままに、

あの世に逝ってしまったお兄ちゃん。

わたしは、今、

しあわせな妹になってます。

ありがとう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

これでもか、これでもかと、

うちに3人もお兄ちゃんが生まれてきてくれた(*^m^)。

ありがとう。

妹として、生まれてきてくれた、このおちびさん、ありがとう。

20130218_001_042

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

寝てる間に・・・。




20130215_001_034

いつだったか、新聞で、

雪の積もった晩に、

ある家にどろぼうが入ったのだけれど、

その家から付いている足跡を辿っていったら、

犯人の家へ辿りついたというような記事を読みました。

あれまあ・・・・・。バレバレやったなー。┐(´д`)┌

20130215_001_035

この村の一本道を、てくてく歩くのは、

うちの子らしかおりません。

あっち、ふらふら、こっちふらふら、

途中で、消えたり。( Д) ゚ ゚

まっすぐに歩けへんのかいな。

遊びながら帰ってるって、バレバレやで~。

雪がたくさん降り積もらないかぎり、

凍てついた日は、

凍り付いた足跡がそのまま残っています。

20130215_001_033

さて、子供らは、学校へ。

そして、赤ん坊は寝てくれた。ヽ(´▽`)/

しめしめ゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20130215_001_046

20年以上前に買った、絵の具のありかが、

引越しのどさくさで、わかりました。( ̄ー+ ̄)

**

静かに、静かに。

寝てる間に、

作りたいものがあります。

20130215_001_024

わーい。

できた、できた。

お雛様とお内裏様。

屏風やら、台やらも添えたら、らしくなりました。

**

何年か前にうちで採れた小さなひょうたんが、

これも、引越しのどさくさで出てきたので、

絵付けしてみました。

20130215_001_037

とても楽しかったので、

続けて、こんなんも描きました。

うふふ。

三人官女にしたら、良かったかも・・・・と後で思いつきました。



20130215_001_042

*********************

***********************

***************************

さて。また別のとき。

寝た。寝た。やっと寝た。

しめしめ、

今のうちに、やるぞー。

・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20130215_001_023

うちの男子たちに、

日ごろの感謝の気持ちをいっぱいこめて、

ハッピーバレンタインデー。

昔は、製薬会社が金儲けのために盛り上げてるだけや・・・と、

無視してたもんですが、

ふだんのおやつよりちょっとぜいたくな、

特別なケーキみんなで食べるのが楽しいので、

今年は、作りました。

うふふ。

みんな、喜ぶやろなー。(≧∇≦)

20130215_001_019

子供らが帰ってきました。

20130215_001_029

カシューナッツと豆腐をベースにした、

ココアクリーム。

豆腐だけよりも、濃くがあって大好評でした。

5等分しても、余裕のジャンボサイズでした。

20130215_001_030

実は、足りんかったらあかんなあと、

スポンジケーキを、二台分焼いていたので(どんだけ大食いやねんっcoldsweats01

翌日は、シンプルな豆腐クリームで、同じのを作りました。

20130215_001_045

断面図、きれいでした。ピンボケですけど。

20130215_001_047

***********

********

******

***

まあ、ケーキは別として、

絵の具持って一人で遊んで、

とても楽しかったです。

ちくちく針でものを繕ったり、

必要なものを縫ったり、

店の看板やら、ケーキの札やら描くことはありますが、

こんな、何の役にも立たんような、

わけのわからんもの作るのって、

久しぶりでした!

知らず知らずのうちに、

ニコニコしながら、描いてました。(気持ちわるい?)

そして、

たまには、こんな時間ええなー。

なんだか心が元気になるなー。

と、思いました。

20130215_001_044

そう、

あんたさえ、まとまった時間寝てくれたら、

お母ちゃんは、

いろーんなこと、やってみたいことあるのにぃ~~~~。

(ひょうたん、今年はいっぱい植えよう!)

20130218_001_001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

天音ちゃん、いっぽ・にほ・さんぽ☆




20130129_001_014

去年の旧暦の大晦日の夜に生まれた、

天音ちゃん。

20130203_001_020

今年の旧暦の大晦日に、

あるきました。

いっぽ。にほ。さんぽ。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20130209_001_007

何がうれしいのか、可笑しいのか、

キャッキャと笑いながら、

どっこい、どっこいと、

あるく練習をしている姿には、

思わず声援を送ってしまいます。

3人の兄ちゃんたちも、手叩いて、

「あるいた!あるいた!」

「じょうず、じょうず!」と、ギャラリーも賑やか。

そりゃあもう、得意満面の笑顔です。

20130209_001_006

そうかあー。

もう、人間になるのかあ・・・・。

あと一年くらい

ハイハイしてても、ぜんぜんかまへんのですけど。

(家の中で、

ハイハイしてるものがいると、

なんとも、心が和みます。

わたしたち、二足歩行をしているものには、

もう、真似できない・・・、もうその頃には戻れない、

その動きやしぐさに、

動物らしさ?を、感じます。)

20130209_001_003

急がないでいいよー。

ゆっくりゆっくり、育ってくれたらええんやで。

ハイハイのときしか、

味わえない世界があるんやから。

20130203_001_019

・・・・・と、

親は勝手なことを、思ってますけど。

20130203_001_021

「そろそろ、歩く練習始めたら~?」とか、

「一歳過ぎたら、歩かなあかんでー。」とか、

だーれも言わないし、

「こうやってね、まず右足を前に出してね・・・・。」

なんて、教えもしない。

「まず何分練習して、休憩して・・・・」と、

大人が指導するわけでもないし、

まさか、

「親が喜ぶから、練習しよう。」とか、

「褒められたいから、がんばろう。」とかも、

無いでしょう。

**

**

それなのに、

なんでかその時が来たら、

チャレンジし始めるんですね。

今、体験している世界では、飽き足らず、

その殻を破って、

まだ、経験したことのない、

知なるステージへ行こうとするのですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

何も恐れることなく。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

それを、目の当たりにしています。

**

**

**

動物みたいに4つの手足で移動してたのが、

あるときから、二足歩行に変わるのって、

そら、たいへんでしょう。

わたしらが、

誰かに教わりながら、

自転車乗ったり、泳ぐようになったりするのより、

難しそう。

尻餅ついたり、

滑ったり、ゴーンと頭打ったり(。>0<。)、

うまくいかないことが多いけれど、

何度も、何度もやってみる。

20130209_001_008

「ようがんばるなあ~。」と、

感心しますが、

本人にしたら、がんばったり、努力してるつもりは、さらさらなく、

そのチャレンジは、

きっと、溢れんばかりの喜びと共にあるんでしょう・・・ね。

20130209_001_009


赤ん坊時代だけじゃなくて、

こどもらはみな、

誰に、やれと言われるでもなく、

つまり、強制されることなしに、

自分から、何かをし始めるとき・・・・・。

(勉強でも、スポーツでも、物づくりでもなんでも。)

きっと、

その子本来の力が、

最大限に発揮されるんでしょうね。

それって、つまりその子が、

生きてるということを、

最大限に楽しんでる・・・・命を輝かせている状態・・・・、

だと思います。

**

**

**

**

↓強制されて飛び降りてるわけではないので、

怪我しても、わたしゃ、知りまへんよ!┐( ̄ヘ ̄)┌

20130127_001_014

そういう、

成長のしくみというか、ルールというか・・・・。

その基本・・・原点・・・を、

今、わたしは、再び目の当たりにしているわけです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

20130203_001_023

いつの頃から、

こどもは、

教えないと、学べない。

ある程度強制しないと、怠けてばかりいる。

自由にさせておいたら、

何をしたらいいのかわからないでいる。

退屈でいる。

あるいは、遊んでばかりいる。

なーーーんて、

思われるようになったのかな。

↓確かに遊んでばかりいるcoldsweats01

20130203_001_010

その子の中で、

何かスウィッチが入るとき、

教えなくても、自分の力で、一番自分に最適な方法で学んでいく。

強制されなくても、興味があれば、とことんそれに取り組む。

自由にさせてくれたら、そして気長に待っていてくれたら、

そのうち、何かをし始める。

(あるいは、わたしに言わせれば、退屈な時間こそ宝。遊びこそ学び。)

**

**

たった、一歳そこらの人が、

喜びと共に、

遊びながら、笑いながら、

自分の力で立ち、歩く術を身につけるように。

20130127_001_010

そんな子供らの力を信じて、

その子の命が、輝やこうとしているのを、

邪魔しないこと。

制限しない、コントロールしようとしないこと。

・・・・・と、

あらためて、

わたし、思ってます。

↓不審者!( ̄◆ ̄;)

20130126_001_012

さて、

学校行け、

勉強しろ、

宿題しろとひとことも言わない母ちゃんのもとで

育っている長男ですが、

案外勉強が楽しいようで、

弟たちも、母ちゃんも、困って?います。

(一緒に遊んでくれー。手伝いしてくれー。)

その、長男、

赤ん坊と小さな家での同居ということで、

なにかと、苦労があります。

**

風呂上りだろうと、

なんだろうと、

長男が、教科書などを広げると、

待ってましたと、突進して行きます。

(部屋散らかってて、お恥ずかしい。)

20130203_001_002

で、

最近、見かけるこのスタイル。



20130203_001_007

背筋もつくし、勉強もできるし、

一石二鳥やん~と、

わたし、言うてますけど。


20130130_001_004

「やれやれ。

漫画もゆっくり読めへんぞ。」

お兄ちゃん、だいしゅきheart01

20130203_001_015

・・・・・というわけで、

久しぶりのブログ更新でした。

読んでくださって、ありがとうございます。

いやー、

わたしが、PC始めようとしても、

赤ん坊が突進してくるので、

最近、苦労してます。

長男のようにするわけにもいかんし。

たまには、ゆっくり昼寝でもしてくれやー。

↓また悪さして・・・。\(*`∧´)/

20130209_001_002

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »