« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の15件の記事

2013年5月31日 (金)

明日は土壁塗るよ!&太郎はん、ありがとう!

20130518_001_037

太郎はん、

今日も、学校休んで、

がんばってくれました。

竹を編んでいます。

20130530_001_022

水ぶくれがいっぱいできて、

指にガムテープ貼ってまでして、

一日中、作業してくれました。(。>0<。)

20130530_001_021

ありがとうね。


20130530_001_020

エコワークスの若者たちが、

2日続けて、がんばってくれたおかげで、

おおかた、編むことができました。

なんとか、今日1日はるさんががんばったら、

明日には、土壁塗りできます。

ありがとーーー。(。>0<。)

20130530_001_008

土壁塗り大会、

6月1日土曜日です。

明日ですよ。

メールくださった方々、

ありがとうございます。

お待ちしてます。

NAGATAさん、

なぜか、メールの返信ができませんでした。

場所、おわかりなのかなあ?

よかったら、

また連絡ください。

たぶん、行くしなー。」

「行ける・・・と、思うし。」

「行く、つもりにしてるし。」

って、

言ってはった方々、

ほんまに、来てや~~~。

たのむで。

天音ちゃんも、待ってるよ~~。

20130528_001_044

最近、めっきり、

力が強くなった、太郎はん。

天音ちゃんを喜ばそうとして、

おんぶして、

めちゃくちゃ早く走ってます。

20130528_001_034_2

はっ、

はやっ!

( Д) ゚ ゚

20130528_001_037

天音ちゃん、

太郎はんの背中の上で、

がっくん、がっくん、揺さぶられてます。

20130528_001_038_2

もうあんなところに!

愛する妹のためなら、

野を越え、山を越え、谷をわたり・・・・・。

20130528_001_039

大丈夫かなあ・・・・。

こわいなあ~。(´ρ`)

ゴムぞうりやし。

(ちなみに、3兄弟は、沖縄の島ぞうり愛用してます。(*^m^)

20130528_001_035_3

泣いてるんとちゃうかと思ったら、

こんな、うれしそうな顔して帰ってきました。

ああ、良かった。

太郎はん、ありがとさん。

(最近、ポイント高い、太郎はんです。)

20130528_001_043

太郎はんが、

天音ちゃんみててくれたおかげで、

約束のおはぎ、作れたよ~。

アースデイのライブ成功したら、

「おはぎを作る」「「シュークリームを買う」

という約束だったのでした。

(食べ物でつられてやっているはるやバンドです。)

20130528_001_046

この子たち、

大雨にもめげず、

元気・・・かな?

ちゃんと生きてました。

よかったー。

ふわふわの毛が、羽になってます。

宇宙人みたいだった顔も、小鳥らしくなってました。

20130530_001_010


そんなわけで?

明日、楽しみにしてまーす。

(わたしも、土壁塗り初めてです。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

森の中のたのしみ

20130523_001_041

森の近くに住んでいます。

(前は、森よりも、すぐそばに田んぼがあるところに住んでました。)

今の季節、

歩いてるだけで、

胸が、トキメキます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


20130523_001_048

栃の木の下に、

栃の木の赤ちゃん。(≧∇≦)


20130523_001_046

それから、

これは、ひみつですけど。

うちの庭のはじっこあたりの、

小さな木の中に・・・・。

20130523_002_017


ほら!(≧∇≦)

太郎はんが、見つけました。

宝石みたい・・・・。


20130518_001_011

2日後くらいに行ってみました。

そおっと、そおっと、

のぞいてみてごらん♪

( Д) ゚ ゚

ホコリのかたまり??


20130523_002_010

(≧∇≦)

赤ちゃん!!!

生まれたての赤ちゃん。

声も無く、

ゆらゆら揺れて、

ねむりこけています。

人間の赤ちゃんと一緒やなー。(≧∇≦)

生まれたての生き物は、

何か、神聖な感じが漂ってますよ。




)20130523_002_013

やさしく、

ツンツンすると・・・・・。

ひゃ~~~。(≧m≦)


20130523_002_014

あれから、

毎日、

見に行くのが、

わたしのひそかな楽しみです。

なににしろ、

赤ちゃんって、

ほんまに、かわいいんやもん。


20130523_002_016

だんだん、

輪郭?がはっきりしてきました。

かすかに、ピーピーと声もします。

目も開きました。

20130528_001_031

でも、

すぐに眠ってしまう・・・・。(*^m^)

(そこがまた、たまらんのです。)

ゆらゆら、ゆらゆら、揺れてます。

20130528_001_032

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

「風曜日にようこそvol88」でインドランチ!

20130523_001_023_2

久しぶりの、

風曜日にようこそ」のお知らせです。

今回は、いつもみたいに、

おやつだけじゃなくって、

料理で、参加させてもらいますよー。

20130523_001_043_5

第88回目の風曜日は、

ずばり、

たべる展

旬の野菜のシンプルな料理を、

手づくりの器に盛っていただければ、

それがごちそう。

そんな展覧会です。

食事の時間がもっと楽しくなる器や小物、

おいしいものを集めてみました。

20130528_002_002_2

日替わりで、
天然酵母パンや、
野菜ランチ、豆ランチなど、
おいしいものが、登場します。

20130528_002_005_3

はるやは、

菜食インドランチ、作りまーす。

おっと、

この写真は、

ある日の、弁当メニュー。

暖かくなって増えてきた、

インド弁当です。

うちの子ら、インド料理が大好きです。

でも、

ま、

これは、まかない用。

風曜日さんでは、

もっと、もっと、もっと、も~~~っと、

美味しいインドランチ、

準備させていただきまーす。

暖かくなってきて、

スパイス料理が美味しくなってきたしね。

20130523_002_019_6

はるやのランチは、

6月6日木曜日に、食べられます。

予約制です。

6月4日火曜日までに予約お願いします。

予約先は、椿野さん077-573-4154

                            hechikan209*gmail.com  (*を@に替えてね。)

レストランではないので、

お昼どきにお客さんが集中してしまうと、

延々と待っていただいたり、

ゆっくりしていただけなかったり・・・・、

ということが起こるかも知れません。

できれば、

ふだんのお昼ご飯の時間帯と、

ずらしていただくと、

(2時とか、3時とか)

ゆっくり楽しんでいただけるかなと思います。

ヘンな時間になってしまいますけどね。(*^m^)

↓近くの森に、美しい滝があります。

20130523_001_029_2


ご協力よろしくお願いします。

苔岩工房の、

落合芝地くんの器

http://ochiaishibaji.sblo.jp/

も、

使わせていただきまーす。

インド料理と、素敵な器とのコラボ。

どんなになるかなー。

楽しみ。楽しみ。

心のこもった、手づくりの器と、お料理。

椿野喜美子さんの、素敵な笑顔と空間のおもてなし。

大輔さんの、初夏のお花や緑の心安らぐお庭。

ゆっくり味わいに来てくださいね。

20130523_001_053_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

6月1日はるやで土壁塗り大会やります。

20130523_001_036

さあ、

明日は、アースデイしがhttp://asunowa.shiga-saku.net/e913685.html

はるさん、仕込みがんばっとります。

金時豆のトマト煮込みと、

豆腐クリームと根野菜の、玄米キッシュや、

インド包みパイや、

ケーキは4種類。

おいしそうやで~~~。

キリのええとこで、

練習もしなあかんなー。

わたし、

天音ちゃんに邪魔されてろくに練習できひんかったので、

今回は、

ドとかレとか、自信が無いところだけ、

手帳に書いて(五線譜も無いし。)、

カンニングしながらやろうっと。(めっちゃ、いい加減やなー。)

なんでか、子どもらは、ケロリとした様子で、

すぐ覚えてしまうのか、それが毎度のことながら不思議です。

余裕のようです。(*^m^)

そやけど、一番のきがかりは、

出店道具一式と、楽器・アンプ等一式と、メンバー全員と水に食料。

赤ん坊のおむつやらベビーカーなんやらかんやら、

あの車に入るんやろか?shock

(心配やわ~~~。)

無事に、到着したら、

関係のみなさま、

拍手でお迎えください。coldsweats01

20130525_001_003

ところで、

お知らせです。

太郎はんが、

今、土壁の土台となる竹を打ち付けてますが、

アースデイの後、

すべての壁に、この竹を編んでゆき、

20130525_001_004_2

6月1日は、

土壁塗り大会を、

急遽、開催することにしました!

(天候などの都合により延期の場合もあり。)

20130525_001_008

どっぽ村エコワークスhttp://doppo.jpn.org/の、

清水棟梁率いる、

イケてる大工さんオールスターズ(なんのこっちゃ)に、

教わりながら、

みんなで、ワイワイにぎやかに、

いっぺんに塗ってしまおう!

と、いうことです。

家作りに興味がある人、

泥遊びが好きな人、

はるやに一度行ってみたいなー、

お友達になりたいな~・・・と思いつつ、

きっかけを掴めずにいる人(そんな人いるんかな?)、

暇な人、

山が好きな人、川が好きな人、森林浴したい人、

うちの壁、塗りに来てくださーい。

(森林浴しながらできますよ。)

わるいけど、

手弁当でお願いねー(*^m^)。

持ち寄り一品も大歓迎。

涼しい木陰でみんなでランチしましょう。

おやつのケーキくらいは、準備できるかな。

20130525_001_010

お向かいに、

こんなきれいでゆるやかな流れの川があるので、

子どもらを遊ばせながら、

いかがですか?

10時くらいから、

好きなだけいてくださーい。

来られそうな方、

こちらへ連絡くださいね。

haruya120*gmail.com

*を、@に替えてね!

20130523_001_012

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

ひとつ、ひとつ。

20130523_002_030

登っては、

引き剥がされ(。>0<。)、

登っては、

引き剥がされ(。>0<。)、

それでも、

今日も梯子を登る、天音ちゃんです。

一度、半分くらいまで後ろにぴったりついて登っていきましたが、

癖になったら困るので、

引き剥がしました。

(いつも、いつも、付き合ってられへんし。)

ごめんね。

でも、放っといたら、上まで行くかもね。

(いくらわたしでも、こんなことは、

一才児にようさせません。(;;;´Д`)ゝ)

20130523_002_006_2


そんな、天音ちゃんを見てると、

この言葉を思い出してしまいます(*^m^)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

マーテイン・ルーサーキングの言葉。

長い階段をのぼる時、

その階段の全てが

見えなくても良いのです。

大事なのは

目の前にある一段を

のぼることです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20130523_002_005

まさに、そうなんでしょう。

ただ、目の前の一段だけ見て、

小さな肢体を駆使して、

ひとつ、ひとつ、登っていくのでしょう。

ひとつ、ひとつ、

登っていくうちに、

こんなおちびさんだって、

あんな高くて、景色が良くて、空が近いところ、

まだ見ぬ世界・・・へ、

辿り付ける(*^m^)。

でも、ちょっと、

こればっかりは、

させてあげられへんなーーー。

ジャガイモの植え付けで使った、

灰をかぶるくらいやったら、

ええけどね。

20130523_002_025

特別かわいらしい服を着せてたんやけど、

(誰からのお下がりやったかな~。)

灰だらけ。

20130523_002_022

20130523_002_022_3

近所で、

畑仕事に精を出す、

90歳のおばあさんがいつも言うてきます。

「何か植えたか?」

「まだまだ。家づくりやらで、それどころじゃないねん。

ずっと放置されてた荒地やから、

開墾からしなあかんねん(;;;´Д`)ゝ。」

と、わたし。

「最初は、ちょっとでもええ。

少しずつ、囲って(←鹿避けの柵です)、

広げていったらええんや。」

このやりとり、

会うたびに。(*^m^)

でもね、

昨日、少し開墾しましたよ。

20130523_002_003

今日はゆっくりしようと思って、

学校休まはったと思われる、太郎はん。

昼間っから、本を読みながら「寝かかってた」らしい(*^m^)、

太郎はんに、助っ人を頼みました。

20130523_002_004_2

学校行ってた方が、

楽やったかもねーーー。(*^m^)

太郎はん、ありがとう。

ほんま、助かったわ。

20130523_002_021

いつの間にか、力持ちになってたなー。

20130523_002_016_2

畑づくりも、

家づくりも、

一つ、一つ、目の前のものから。

できることから。

ぼちぼちやっていったらいい。

一番ちっこい人に、

教えてもらってます。

20130523_002_002

・・・・と、

こんな、内容のブログを書く予定ではなかったんやけど・・・。

ほんまは、アースデイの宣伝したかった。coldsweats01

いよいよあさって、

アースデイしが です。

http://asunowa.shiga-saku.net/e913685.html

みどころたくさん。

おいしいものたくさん。

楽しい人いっぱい。

はるやは、

出店も出演もしまーす。

あっ、忘れてた。coldsweats02

わたし、トークにも出るんやった。

どうしよーーー。

何しゃべろう????shock

「何でもええし」って言われてるんやけど・・・・。

何か、リクエストがありますか?

↓屋根で読書がお気に入りの太郎はんです。

20130523_001_018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

棟上の後は・・・。

20130517_001_004

長い、長い、一週間でした。(;;;´Д`)ゝ

家族総出で関わった、家作りと、

はるやの仕事、

それから、赤ん坊のいる、ふだんの暮らし。

人の出入りも絶えず、

あれもして、これもしなきゃ!と、

いつもの、自分らのペースとは、

全然違う毎日だったので、

夜になったらバタンキューでした。(@Д@;

 

20130520_001_017

その間に、雨が降り、

土が潤い、

草が、葉っぱが、もこもこと、上から下から湧いてきて、

いつの間やら、

お山も、新緑が眩しい季節になっていました。

これから、

最高に美しい、気持ち良い季節です。( ̄ー+ ̄)

20130520_001_018

先日、セルフビルド塾が、

うちの家を教材におこなわれました。

天音ちゃんが昼寝しているあいだに、

ちょこっと見学。

ぶっとび棟梁、

清水さんと、

海外の、外資系の会社でバリバリ仕事していたらしい、

もと、超・超・超エリート?、

若手大工さんによる、

座学も、充実してそうでした。

家建てるなんて、

「うわ~~、たいへんや。たいへんや。」\(;゚∇゚)/

と、みんな思ってはるけど、

そんなことあらへん。

例えば、

宮大工の仕事やったら、

乗り物で言うたら、

ジェット機の運転みたいなもん。

あっちこっちボタンやらなんやらあって、

いっぱい勉強して訓練して、難しそう。

そやけど、

自分らが住む家建てるなんて、

普通に車運転するようなもんやで。

そんな、ふうに、棟梁が言うてはりました。

20130518_001_003

はるさんも、

生徒に仲間入りさせてもらってました。

センセイ、子守りもしてくれてます。(*^m^)

20130518_001_016_2

第一回目、

たっぷり一泊二日の塾でした。

殺風景なうちの庭で、簡素な朝ごはん食べていただきました。

20130520_001_001

遠いところでは、

那須の方から、来てくださった女性の参加者もありました。

ありがとうございました。

また、来月お会いできるのを、楽しみにしています。

セルフブルド塾が終り、

頼もしい大工さんたちは、

「あとは、自分らで、やりなはれ。」

と、

棟上終わったところの、

この家放って、

去ってゆきました。(。>0<。)

シーーーーンと静けさが戻った、はるや邸。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20130517_001_003

はるさん、

教えられたとおり、

土壁の土台となる、竹を編んでいってます。

トンカントンカンやって、

板を張ったりするのと比べたら、

地味な作業です。coldsweats01

20130517_001_013

ひょえーーー。

この壁、全部やるんか~~~。shock

20130517_001_008

やるしかないわなー。

*

*

これから、

果てしなく続きそうな、

家づくりの道を、

ひたすら、歩んでいくのです。

20130517_001_014

どのくらい時間がかかるんやろか・・・。

途方に暮れつつも、

この木造建築の美しさに、うっとりしてます。

外壁が無いと、

外の緑がそのまま飛び込んできて、ほんとにきれい。

積雪に備えて、

前半分高床式にしているので、

タイの山岳民族のカレン族の家を思い出します。

南の国だったら、このまま、蚊帳でも吊って住めるのになー。

20130517_001_009_2

いつ住めるようになるやら、わかりませんが、

どっちにしても、

子どもらには、いい遊び場になってます。

20130518_001_014

特に、

屋根の上が・・・・・。shock

20130515_001_041

「ギリギリのところへ行くなーーーーっ!」と、

わたし、

小さい家の方の台所の窓から、叫んでます。

家の庭走り回ってるのと同じように、

屋根の上走り回ってるんやもん。

↓ミニカー滑らせてます。一緒に滑り落ちんといてね。

20130515_001_044

おまけに、

気がつけば、

( Д) ゚ ゚  末娘まで・・・・。

20130515_001_015

無理やり、引き剥がしても、

また登る。Σ( ̄ロ ̄lll)

目が離せませんなー。

ネズミ返しのような、

天音返しみたいなのを作りたいです。
20130518_001_042_2

まあ、

そんなわけで、

竹編みや、土壁塗りやら、

地味な作業好きな方、体験してみたい方、

お暇な方、

お手伝い、歓迎しまーーす。

やんちゃな、娘。

転んで顔面が泥の中?

3兄弟が飛んでって、

「天音ちゃ~~~ん、かわいそ~~~~。」と、

ケラケラ笑いながら、連れてきました。

うっへー。

汚いやちゃなーーー。

20130520_001_007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

センセイすんませんっ!




20130515_001_021

お山の学校のセンセイ、

すんませんっ!

「今日も、うちの子ら、休みます。」

 

 

棟上の後、

そんな、日が続きました。

 

 

太郎はん、

大工仕事をしたくてたまらないのであります。

20130515_001_024

(三男は、また別の理由があるみたいですけど。(*^m^)

20130515_001_010

大工見習い?で、

一人前っぽく、道具使って、仕事させてもらってる太郎はんです。

大工さんと同じだけ働いて、

同じときに休憩して茶飲んで、弁当食べて、また茶飲んでおやつ食べて。

同じようにやってます(*^m^)。

たいした、体力と集中力です。

 

 

そりゃあもう、活き活きしてます。

いい顔してます。輝いてますよ!太郎はん。

20130515_001_012


わたし、

そんな太郎はんに、

「学校行きや」なんて、よう言いません。

だってねえ、

こんな、活き活きして豊かな時間を過ごしてるんだもの。

そして、

子どもなりにも、

家作りを一から経験できることが、

将来、どんなに、この子にとって役に立つか。

この子の財産となるか。

こんな機会、一生のうちに、滅多にありません。(と思います。)

20130515_001_006

教室という箱の、

授業という枠の中で、

興味があろうが、無かろうが、

ほんまに役に立つのか、

ためになるのか、

必要なのか、

今、この瞬間を、生きている、

子どもらには、

実感できないようなことを、

やらされてるよりも・・・・。

 

 

 

 

あるいは、

ペットボトルやら、牛乳パックやら、

なんやらかんやら使って、

気分が乗ろうが乗るまいが、

ちょこちょこっと工作してるよりも・・・・。

20130515_001_038

そりゃあ、

大工さんたちの、かっこいい仕事ぶりを見ながら、

教えてもらいながら、

自分らの家建ててる方が、

わくわくするやろ。

楽しいやろ。

スリルあるやろ。

やりがいあるやろ。

充実してるやろ。

20130515_001_036

どっちが、

楽しいか。わくわくするか。

どっちが、ホンモノか。

どっちが、勉強になるか。生きる力になるか。

20130515_001_039

子どもらは、わかってます。(と思います。)

20130517_001_005

いや、もしかしたら、

単純に、

子どもらは、

一緒にいて、

楽しい!面白い!心地よい!と思う大人のいる方を。

見ていて、

かっこいい!素敵だ!尊敬できる!と思う人のいる方を、

選んでいるだけなのかも知れません。

20130517_001_007

また、同じ写真登場しましたけど。(*^m^)

太郎はん、

こーーーんなかっこいい大工さんたちのいる、

こっちの、家づくり学校?の方が、

楽しいようでした。

20130514_003_070_3

 

 

でもね、

「わしが、休んだら、センセイ一人になるしなーー。」

と、学校へ行く日もありました。

(クラスメイトが一人やめはったのでcoldsweats01、太郎はん、一人だけになのであります。)

センセイにも気を使って、

全体のバランスも考えることができる太郎はんです。

えらいやん。

「学校が楽しくないわけじゃない、

ワシは、ただ、大工仕事がしたいだけ」

とも、言うてました。

20130520_001_004

そんな太郎はんが、選ぶことを、

わたし、

全面的に、信頼します。

好きなことを、

安心して、思い切りできるように、

協力させてもらいますよ!

インドの有名な宗教家OSHO (バグワン・シュリ・ラジニーシ)さんも、

言うてます(*^m^)。

20130520_001_008

| | コメント (4) | トラックバック (0)

棟上の日

20130515_001_002

いよいよ、二次元から三次元になるんやなー。

と、長男が言うてました。

図面の上に、描かれただけだった、わたしたちの家。

それが、

立体的に、なる日。

イメージの中だけだった、わたしたちの夢が、

現実化する日。

 

 

その日がやってきました。

 

 

うわーーーーっ。( Д) ゚ ゚

なんやこの車は。

うちに、戦車みたいなんが、やってきた。( ̄◆ ̄;)

子どもら、唖然としていますcoldsweats02

20130514_003_004

屋根より高い、鯉のぼりより高い、

クレーーーーーン車。

20130514_003_005_2

大量の角材が、

適所に運ばれていきます。

20130514_003_010

釘一本使うことなしに、

木槌で打ち込まれながら、

次々と、組み立てられていきます。

見たこともないような、

でっかい木槌でした。

「若いもんにゃ、まかせちゃいられねえぜ!」

棟梁の清水さん自ら、

でっかい木槌持って、

カーーン、カーーンとやってはります。

かっこいい!

いつもの雰囲気と違って、

なんか、気迫を感じます。

20130514_003_013


カーーン。

カーーーン。

と、小さな谷に、

一日中、木槌の音が響きわたります。

どんどん、組み立てられていきます。

夢がカタチになっていきます。

 

感動します。( ̄ー+ ̄)

 

 



20130514_003_022

陽射しもきつく、暑い一日だったけど、

息子たち、

ずーーーーーっと、ずーーーっと、

飲まず食わずで、

家が建っていくさまを、飽きることなく見ています。

大工さんたちの仕事ぶりを、見ています。

(いまだに、棟上のときの清水さん、かっこ良かったなーと言うてます。)

20130514_003_029

こんな、感動的な棟上げを、

目の当たりにできて、体験できて、

恵まれてます。

20130514_003_032

午後遅くなって、

屋根に垂木が張られました。

ここまできたら、

やっと、うちの子らでもさせてもらえるような仕事が

できたみたいです。

釘打ちしてんのかな。

はるさんも、やってますね。

天音ちゃんが寝ている間に、

長-い、梯子を登って写しましたが、

怖くて、怖くて・・・・・。

20130514_003_052

こんな細い木の上を、

ひょいひょいと、道具を持って歩く息子たち。

(見んほうがマシやわ。)

何かの間違いで、

落ちひんやろかーーーー。coldsweats02

どうか、落ちませんように。


20130514_003_053

やっとる。

やっとる。

20130514_003_059

あーこわ。

ぽろっと落ちんといてなあ・・・・・。

南無阿弥陀仏。

南無阿弥陀仏。

20130514_003_064

陽も傾いてきました。

垂木がすべて張られたようです。

20130514_003_067_2

わーーーーーい。

わーーーーーい。

無事に、棟上終わりました。

(明日も、続きがあるけどね。)

ナマケモノのうちの子らにしては、

感心なことに、片付けしてます。

一生懸命な大工さんたち見てたら、

自然と、そんな気持ちになるんかな。

大工さんって、すごいな。

すばらしい仕事やな。

家族の人たちの夢を、

どんどんカタチにしてゆく仕事。

最初は、ぼんやりとした、イメージの世界の中の、

憧れや希望や夢だった、

わたしたちの家が、

言葉で紡がれ、

紙の上に描かれて、明確になると、

どんどん、それに向かって、物事が動き出す。

材料を仕入れたり、

墨付けしたり、刻んだり・・・・まあ、そういうことなんやろうけど。

そして、期が熟したら、

ある日突然、

カタチになっちゃいました。

顕在化しちゃいました。w(゚o゚)w

わたしにとって、

夢がカタチになるってことを、

象徴するような、シーンでした。

胸に深く刻んでおきたくなるような、シーンでした。

20130514_003_069

ありがとう。

ありがとう。

こんな、かっこいい大工さんたちと一緒に、

この日、我が家が産声を上げました。

おめでとう。

幸せやーーーー。

20130514_003_070

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

おかげさまで、棟上を迎えます。

20130512_001_002

生きてたら、

思わぬ出来事がいっぱい。

↓宇宙人ポール(映画)ってどんなやったっけ?(全然違うって言われましたcoldsweats01。)

20130505_001_007


わくわくのハプニング、

ドキドキのハプニング、

うれしいハプニング、

楽しいハプニング、

ラッキー~♪な、ハプニング。

神様からの贈り物みたいな、ハプニング。shine

20130512_001_007

それから・・・・、

困ったハプニング、

悲しいハプニング、

腹立たしいハプニング、

恐ろしいハプニング、

嫌なハプニング・・・・。

後ろから、背中から、不意にどつかれるような、

崖から突き落とされるかのような、ハプニング。shockshockshock

20130512_002_014

目に見えるカタチで、

見えないカタチで、

次から次へと、忘れた頃に巡ってくる、

思わぬ出来事たちが、

ひとつ、ひとつ、つながったもの。

これこそが、人生?

20130512_002_001


実は、また、

はるやにとって、

新しいステージの幕が上がりました。

なんちゃって。(*^m^)

これも、思わぬハプニングの、

一つのようでもあり、

あるいは、

ずっと前から、

家族とともに、積み上げていったものの、

結果の一つようでもあります。

・・・・というか、

あ、そうか。

案外、

「思わぬ」ハプニングって、

実は、ぜ~~んぶ自分で播いた種の結果なのかもね。

4年前に、この山奥に越してきたときに抱いた夢が、

叶っていってます。

4年間。

長かったかなー。

短かったかなー。

いろいろあったなー。

辛いことも、いっぱいあったなー。

でも、

そのおかげで、わたし、成長できたかなー。

じゃーーーん、

これは、劇団維新派のセットみたいですが、

足場が組まれました。


20130512_002_010

夢を現実にすることに、

いろいろ壁つくって、

抵抗していたのは、

実は、自分自身だったのかも?って、

今、思います。

20130512_002_027

似たような理想を持ちながらも、

足ひっぱりあってたのは、

実は、夫婦どうしだったんやな?ってことも。

でも、もう、そういうの、

やーめた。

20130512_002_025

この一年、

あれよあれよ、

とんとん拍子にコトが進み、状況が変化し、

自分の意識の中でも、

これまでになく、変化しつづけているのを感じます。

そして、

もっともっと、豊かに。もっともっと幸せに。

なるよー。

20130512_002_024

そんななかで、

えー、本日は晴天なりsun

晴れて、はるや邸、棟上の日の朝を

迎えることができました。

(子どもらも、学校休んではりきっとります!)

はるやを、いつも、このブログで見守ってくださっているみなみなさま、

ありがとうございます。

今日は、お赤飯炊きますよ。

お祝いだもん。

「おめでとう!ほんまに良かったねー!」って、

自分で、自分に言うときます。(*^m^)

20130514_001_004

今週の名言はこれでした。

これからは、よけいなこと考えずに、

一番やりたいことを一番先に、どんどんやってくぞー!

20130514_001_008

ネパールを旅してたときみたいに、

なんだか、この頃も、

家族みんなの気持ちが、すごくまとまってるのを感じます。

今も、旅は続いてるんやなーーー。

また、家族で冒険が始まるぞー。

そんな、まとまりの良さ?が、

音楽にも現れるんやろか?(*^m^)

きのう、やっと重い腰を上げて(年寄りみたいやなー。)、

初めて、みんなで合わせてみたら、

なんか、めっちゃイケてましたよ。(わたしには、そう見えました。)

1回で、これなんやから、

あと3回くらいで、本番もイケそうやなー。

・・・・と、いい加減すぎる母ちゃんです。

(一番足ひっぱってるくせに。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

るあんさん

20130505_001_064

ぜんぜん洒落っ気の無いはるやのキャンプでしたが、

(よそのおうちのキャンプしてはるとこ見たら、

みんな、テーブルやら椅子やら、キッチン道具やら、

リビングルームがそのまま再現されたみたいに、お洒落でした。)

最後に、とーーーっても、おしゃれなお店に行きました。

るあんさん。

http://tabelog.com/wakayama/A3004/A300402/30004092/

お豆腐屋さんですよ。

薪を使う大きな羽釜で、昔ながらの製法にこだわって、

毎朝3時からお豆腐づくりをされています。

でも、

この写真見たら、豆腐屋には見えんでしょう。

20130505_001_082

ほら、こんなに素敵。

新緑の山と、ダイナミックな川が見えるちょっとした高台に、

カフェが併設されています。

靴を脱いで上がるようになっているテラスルームには、

絵本がいっぱい。

20130505_001_083

おとなしく、

読みふけってます。





20130505_001_087

こどもの日やったんで、

奮発して、みんな好きなケーキをひとつずつ、

オーダーしました。

すべて、ここのお豆腐やおからや、豆乳を使った、スウィーツですよ。

わたしらも、お豆腐やら豆乳やら、使いますが、

お豆腐屋さん自身が作る、そういうスウィーツなんて、

もう、太刀打ちできません。

ほんと、すばらしいです。

写真に撮りそこねましたが、

おからのガトーショコラとか、

豆腐のチーズケーキとか、

豆腐の燻製が入ったキッシュとか、

種類も充実でびっくり。

ビーガン仕様と、そうでないのと、いろいろあります。

うるさい子どもらは、このお部屋に入れといて・・・

いや、ゆっくりしてもろといて、

20130505_001_085_2

大人は、こちらで、

ゆっくりと、旅の疲れを癒しつつ、

淹れてくれはった、黒豆コーヒー飲みましょう・・・・

と、

思ったら、

「もう、どうにかして~~~。」と、

3兄弟から、SOS。

一番ややこしい、娘っこが、こちらに移ってきました。shock

(他の誰でもない、この娘っこに、向こうにいて欲しかったのに~~。(。>0<。)

がっかり。

20130505_001_089

ここのお豆腐屋さんみたいに、

薪を使ってお豆腐を手作りしているところは、

全国で3件だけだそうです。

そんな、日本の宝物みたいなお豆腐屋さんです。

それでいて、

こんな、センスよくて素敵なカフェに、

しゃれたメニューをそろえていて、

なんだか奇跡のようなお豆腐屋さんです。

4人の子どもさんのいる、お父ちゃん、お母ちゃん二人で、

がんばっておられます。

昔ながらの工房は、この奥にあります。

この奥は、がらっと雰囲気かわりますよ。

20130505_001_088


ゆっこさん、

きよしさん、

開店前の忙しいときに、

笑顔で迎えてくれてありがとう。

ゆっくりさせてもらいました。

どれも、これも、ほんと、おいしかったです。

窓からの眺め、

かわいらしいお花が咲いてるお庭、

なんだか、ちょっと昔の木造校舎みたいな、

レトロなかんじの素敵なカフェ。

そして、良い本がいっぱいあるから、

ソファにでも座っていつまでも、読みふけってみたくなるような、

テラスルーム。

お二人の、夢と思いがいっぱい詰まった、

素敵な空間に、いっぱい癒されましたよ。

ほんとうにありがとう。

20130505_001_090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプに行ってきました。

20130505_001_011

今年も、ゴールデンウィークにキャンプに行ってきましたよー。

去年から、

ゴールデンウィークは、

畑や田んぼや、出店や、なんやかんや稼ぐことよりも、

子供のことを優先して家族で楽しもう!と、

決めました。

(期間中、ずっとってわけじゃないよ。)

「山と海、どっちに行きたい?」

「山!」

山と川、どっちに行きたい?」

「山!」

・・・・っちゅうことで、

山に住んでるくせに、

また山へ行ってきました。

(去年も山でしたcoldsweats01。)

紀の国の、龍の神様の村ですよー。


↓テント班

20130505_001_009

↓調理班 

20130505_001_018

また、今年も同じメニュー。

キャンプのときだけ登場する、

ルーを使ったカレーライス。

(ルーはもちろん、自然派のやつ。

わけのわからん動物の汁やら、

ケミカルなもんやら入ってるやつとちゃうで。)

うちには、気の利いたアウトドアーグッズがまったく無いので、

いつもの出店用具と、

家の鍋やらで、キャンプしてます。

ぜんぜん、おしゃれじゃありません。coldsweats01

ぜんぜん、リゾートっぽさがないですね。

(おむつも干してるし!)

20130505_001_022

寝袋に入ってまで、歴史本を読みふける長男。

20130505_001_023

1歳にして、キャンプ2回目の天音ちゃん。

去年は、まだ生後4ヶ月そこらやったのに、連れ出されたんやなー。

20130505_001_025

キャンプ先だろうが、やっぱりおんなじ。

干されたおむつの下で、

(優雅に)お茶を飲んでいるはるさんです。

(だんだん、おむつの量が増えてますね。)

20130505_001_026

近所を散策しました。

20130505_001_032


20130505_001_034

山を出ると、

小さな小さな集落がありました。

20130505_001_038

山岳民族の暮らし。

わたしたちも、山岳民族ですけど、

山のかんじとか、少しずつ、違いますね。

20130505_001_039

椎茸を育ててるね。

梅ノ木がいっぱいあるね。

ここらも、鹿が来るのかな?

水が豊かやね。

菜の花がもう咲いてるね。

・・・・なんて、よその家の畑とか山とか見て、

住む人たちの豊かな暮らしに思い巡らせます。

美しい小道でした。

見知らぬ土地を歩くのは、楽しいな。

わくわくするな。

旅って、やっぱりいいな。

20130505_001_040

子供らは、寝袋が好きです。

20130505_001_045

「赤ん坊連れてキャンプなんて、たいへんやろ」

と、言われそうですが、

よちよち歩いて、どこぞへ行っても、

兄ちゃんたちが、マメに連れ戻してきてくれるので、

楽ちん楽ちん。

20130505_001_053

剣振り回して、一緒になって、娘っこも遊んでます。

20130505_001_055

「ここへ来て、

わたし、全然料理してへんかったわー。」

(ぜんぶ、男子らがやってくれてた。)

「じゃあ、ユミエちゃん、チャイ作ってー」と、

子供らからリクエストが入ったので、

作りました。

(うちは、豆乳で作ります。)


20130505_001_058

焚き火とチャイはよく似合います。

ネパールをみんなで思い出してました。

チョウダリの村やチトワンの村にいたとき、

朝に、焚き火をして、

火にあたってるときに、

DIDI(お姉さん)たちが、

チャイを持ってきてくれました。

なつかしいなー。

こうやって、

キャンプしてると、

必ず、ネパールのことを、

みんな思い出します。

宝物みたいなあの時間を、

思い出すために、キャンプしてるみたいやね。

20130505_001_060

次男、三男、キャンプにまで、マイ剣を持ってきました。

自慢の、折れない剣、ねじ木の剣です。

↓「パイレーツカリビアン」ごっこ。

20130505_001_070


20130505_001_072

いやー。

楽しかったなー。

この子らと旅するの、ほんとにおもしろいな。たのしいな。

みんな、とっても満たされた気分。

そして・・・・、

もっと、もっとこの子らと旅したいな。

見知らぬ土地で、思わぬハプニングで、

びっくりしたり、感動したり、笑い転げたりして。

また、行こうよね。

20130505_001_081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

家をつくるなら♪

20130425_001_027

家をつくるなら♪

家を建てるならば

20130425_001_028

家をつくるなら

どうしようかな~

20130505_001_006_2

草の萌えるにおいのする

カアペットをひきたいと

思うのであります。

20130508_001_004

家をつくるなら♪

家を建てるならば

20130508_001_006

家をつくるなら

どうしようかな~。

20130508_001_008

天体観測をする

透明な屋根だって

欲しいのであります。

20130508_001_009



小鳥がとびかう

花だって咲いてるベッドが

欲しいのであります。

20130425_001_026

太陽を盗んできて

おおぶんと、ランプにして

ストーブにしてしまおう。

20130508_001_002

なーんて、歌、

昨晩、家族みんなで歌ってました、しあわせ家族であります。(*^m^)

(知らない間に、新しいCDが出てたのです。)

えー歌やなー。

子どもら、またフォークル聴いてます。

(ちょっと前まで、Tレックスやったのに(*^m^)。)

というわけで

うちの、基礎工事が始まりました。

 

来週は、いよいよ棟上です。

天体観測できる透明の屋根はついてへんけど、

草の萌えるにおいのするカアペットも、

小鳥の飛び交う花が咲いてるベッドも無いけど、

満天の星が見えて、

草のにおいの風が吹いて、

小鳥がとびかう森のそばに、

家を建てます。

太陽は盗めへんけど、

太陽の光をいっぱい取り込んで、

あったか~い、部屋をつくります。

わくわくするなー。

20130429_001_014

セルフビルド塾、

当初の企画から、

より、気軽に参加できるようなかたちに、

少し変更されたようです。

http://doppo.jpn.org/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

毎日かあさんさせてもらってます。

20130423_001_021

4人の子どもらに、

教えてもらってる日々です。

20130423_001_018

人生の楽しみ方を。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20130423_001_033_2

アートの楽しさ、自由さを、

教えてくれる?

太郎はん。

針山とマチ針で、

遊んでいました。


20130423_001_032


ま、

これも、一つのアート?

20130423_001_035

新しい旗も作りました。

ん?

こんどは、フェラーリーかいな~~。coldsweats01

20130505_001_003

まあ、

ええけどね。

20130505_001_002_3

でも、

「創る!」「やる!」と思い立ったら、

「ほんまに、ぼくに、できるかな~?」

「材料あるかな~?」

「時間かかるかな~?」

「うまくできるかな~?」

「やっぱ、また今度にしよっかな~?」

(↑これ、ぜんぶ、わたし・・・。(*^m^)

などと、余計なことは何も考えずに、

迷わずとっかかる、そのストレートさに、

いつも惚れ惚れしてます。

わたしも、

そんなふうに、生きてみたい☆

20130429_001_028

そして、周りの人たちも、楽しませてくれてます。

生活に、潤いが生まれるのであります。(*^m^)

太郎はん、

ありがとうね。

20130428_001_011_3

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、

夢中になることがあると、

毎日、豊かに生きられる。

そんなことを、

教えてくれる長男。

学びとは、楽しむもの。快感。

・・・・ん?

それって、遊びと同じじゃん。

20130428_001_021

本来の学びに、

「がんばる」とか、「努力する」とか、

「忍耐」なんて言葉は似合わない。

ただただ、内からの衝動にまかせ、

夢中になってやっているだけ。

夢中・・・・って、

つまり、夢の中?

映画「リトルダンサー」の、

男の子を思い出してしまうけれど、

キミにとってのダンスは、今は、歴史やね。(*^m^)

わたしも、

そんなふうに、生きてみたい☆

20130423_001_038_2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして・・・・・。

甘えることを、

教えてくれる光ちゃん。

何歳になっても、甘えていいよ。

人に甘えられる子は、

人を許せるんやね。

やさしいんやね。

わたしは、

たぶん、こんな甘え上手な子ではなかった。

たぶん、かわいげの無い子だった。(゚ー゚;

もっと、甘えていいんだよって、

教えてくれているみたい。

厳しくしなくっても、

我慢しなくっても、

「人生甘くても・・・・」、

そのまんまで、いいんだよ・・・てね。

20130423_001_029

「ボクは、天音ちゃんに何回叩かれても、

叩かれても、

叩かれても、

天音ちゃんのこと、好きやで!」

と言ってた、光ちゃん。

(あの娘、兄ちゃんがやさいしいので、いい気になっとります。)

そんな・・・・、

許せる人に、わたしもなりたい☆

20130423_001_030

*************

 

 

*************

 

 

*************

 

そして、

次は、天音ちゃんの番・・・。

なのですが、

あらまあ、時間切れ。

弁当作らな・・・。coldsweats02

でも、一番小さなこの人に、

一番、教えてもらってる日々かもわかりません。

人間として、行き方の基本的なこと。(*^m^)

20130426_001_026

まあ、

そんなわけで、

子どもらから、

教えてもらうことばっかりですが、

「毎日かあさん」させてもらってます。

20130429_001_022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

桜じかん

20130429_001_004

うちの前の、

いっぽん桜。

かよぞう桜と言うそうです。

むかしむかし、

かよぞうさんが、植えはったそうな・・・・。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20130425_001_019

この桜が見たくて、

前は、子どもらと一緒に、

わざわざ出かけていってました。

http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-7fb7.html

いいなー。

きれいだなー。

ここらへんに、家建てて、

住めたらいいな・・・・・・。( ̄ー+ ̄)

(タイヤがぎょうさん置いてあるけど・・・。coldsweats01

なんて、

思っていたものです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20130429_001_028

そのかよぞう桜さんとこに、

まさか、わたしたち、

ほんとに、

越してくることになるとは・・・・。

20130429_001_015


夢、

叶ったね・・・・・。

ほんまにねえ・・・・。

20130429_001_027

この日、

みんなそろって、満開の、

かよぞう桜さんと

ひとときを、過ごせました。

20130429_001_030

桜吹雪の中を、

行ったり来たり。

20130429_001_032

台所の窓から、

仲睦まじい、兄妹が見えました。

窓越しに、写真撮りました。

20130501_001_002

4人仲良く、

ケラケラと笑いながら、

戯れています。

仕込みしながら、

眺めているだけで、

とても幸せな気持ちです。

20130501_001_004

鯉のぼりも、

火の鳥も、

元気よく泳いでます。

平和なひととき。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


20130426_001_016_3

かよぞう桜さん、

これからも、どうぞよろしくおねがいします。


20130429_001_017_2



さて、

明日から、

はるやは、

ちょいと南の方へ、

キャンプ行ってきまーす。(≧∇≦)

20130429_001_031


| | コメント (2) | トラックバック (0)

アースデイ*しが 2013

20130428_001_004

ピピピピピ

チュルチュルチュル

ポーポーポー

小鳥の声が、

木霊します。

山の朝。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

夏鳥も、渡ってきたようです。

20130428_001_003

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

春眠

暁を覚えず

・・・・・・の、

天音ちゃん。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

20130428_001_033

しずかに。

しずかに。

寝ている間に、

したいことが、いっぱいあるのよ、母ちゃんは・・・・・。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

そろそろ、

これの宣伝をしとかなければ!

アースデイ  しが 2013

http://asunowa.shiga-saku.net/e913685.html



はるやは、

出店するし、

はるやバンドは、

出演するし、

わたしは、、

トークにも出まーーーす。\(;゚∇゚)/

さあ、

たいへん、

たいへん!

小さな家を、

なんとか、やりくりして、

スタジオコーナー?を、

太郎はんが、作ってくれました。

これで、

思ったときに、

楽器が使えます。

(奥の方から、引っぱり出さなくてもよし。)

20130425_001_023

本番までに、

何回練習できるやろねえ?

20130428_001_019


・・・・というわけで、

とりあえず、

お知らせしときまーす。

みんな、来てね!


20130428_001_009_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »