« | トップページ | 誕生日のはなし・つづき »

2013年7月20日 (土)

誕生日の朝に

20130711_001_038

誕生日の朝、

早起きして、

亡き母・兄。

そして、父(←生きてます)に、

手紙を書きました。

「ありがとう。

心配かけてごめんね。

思うような娘にならなくて、ごめんね。

大好きです。

愛してますよ!」

と、

まあ、

すごくおおまかに言うたらそんなかんじ。

20130712_001_003

いろいろと、「許せないっ!」気持ちを持っている、

父親に対して、

<大好きです>は、

まあ、百歩譲れるにしても、

あの父に、

<愛してます!>なんて・・・・。┐(´-`)┌

気色わる~~~~とまでは、

言いませんけど、

なんか、ちょっと抵抗ある~~~。

(西洋人は、「あいらぶゆ~heart01」と、いつも言うてるみたいですけど。)

20130712_001_002

そんな、

テレ屋?な、

わたしですが、

ある人にすすめられて、

よし!と、

書いてみたのです。

意外に素直でしょ。

ほんまに、

父との関係を、

父が生きてる間に、良くしたいなーと思ったので。

わたくし、

パートナーとの関係も、

子どもらとの関係も、

良好。

人生、おかげさまで、

そこそこ調子良くいってます。

ですが、

肉親との関係なんて、

家づくりで言えば、基礎でしょ。

その基礎がしっかりできてへんかったら、

そんな私の人生、

ぐらぐらや~~~んshock

父と心から仲良くなりたい。生きてくれてるうちに。

と、

つねづね、

思っているのです。

20130711_001_024

「まずは、

亡くなったお母さんとお兄さんへ。

そして、

お父さんへ、

書いてあげてください」

そう言われたので、

その通りにしました。

それを受け取って、

「こいつ、頭おかしくなったんじゃろか?」

などなど、

父が、

どう思うかどうかどうかなんて、

考えなくていい。

とにかく書いてみるべchick

まだ夜も明けきらない朝。

ひとりの時間。

じぶんの誕生日に、

なにか、儀式みたいでした。

20130711_001_040

そして、

書き終わったちょうどそのとき、

朝一番早起きの、

長男が、起きてきて、

「ユミエちゃん、

誕生日おめでとう。

これ・・・・。」

と言って、

お手紙くれました。

えーーーーーっ。

いつ書いたの~~~?

うるうる~~~。(。>0<。)

ありがとう。

20130713_001_011

「誕生日おめでとう。

ユミエちゃんは、これで47歳か?

上杉謙信だったらあと2年で死んでしまいます。

でも、ユミエちゃんは、

真田信幸のように、

あと50年は、

いや、天海のように

60年以上生きてください。

それも幸せに。」

「毎日のご飯つくりや、

○○や、○○など

いつも感謝しています。

でも

なかなか、気持ちが伝えられなくて・・・・。」

などなど、

いろいろと素直でやさしい言葉で書いてくれてました。

20130713_001_005

またしても、

長男にやられてしまいました(。>0<。)。

「なかなか気持ちが伝えられなくって・・・・」

って、

ぜんぜんそんなことないやん。

こうやって、伝えてくれてるやん。

こんな年頃の男子が、

こうやって、素直に、母親に感謝の気持ちを持ってくれていて、

伝えてくれるなんて・・・。

わたしが、

ずっと、父にできなかったことを、

いとも簡単に、やってのける。

あんた、

ほんまに、ええ子やなあーーー。

(また、親バカスイッチ入りました。すんまへん。)

誕生日の朝一番に、

そんな、すばらしいギフトを受け取りました。

それも、すごいタイミングで。

わたしが、父や母や兄に、思いを伝えるギフトを贈ったそのときに、

息子がわたしに、思いのギフトを与えてくれました。

人を思う気持ちは、

巡っていくのですね。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

すごいはやさで・・・・・・。

ありがとう。

そんな、誕生日の朝でした。

20130712_001_009

PS/ ところで、その長男からの手紙。

大事に取っておこう。宝物にしよう。・・・と思っていたのですが、

どこやらへ、失くしてしまいました!(。>0<。)

どこへ行ったんや~~。゚゚(´O`)°゚

(ホレ、そこの一歳児、知らんかー??)

長男にそれを言うと、

「甘えたらあかんって言うこととちゃうか?」

「へ?どういうこと?Σ(;・∀・)」

「その、手紙を溺愛したらあかんってことかな~?」

「あははははは!」

なんか、おもしろいですね。

こんな手紙もらって、

ええ気になってたらあかんで~、執着したらあかんで~ということでしょうか

つまり、

あんまり、長男に甘えたらあかんで~っ、てことかな?(*^m^)

うーむ。

|

« | トップページ | 誕生日のはなし・つづき »

ひとりごと」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/52514083

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日の朝に:

« | トップページ | 誕生日のはなし・つづき »