« 皐月の頃のお弁当など。 | トップページ | まいにちが、リゾート? »

2013年7月11日 (木)

すばらしきホームスクーリング生活?

20130706_001_010


長男が、

学校の課題で作文を書きました。

そして、学年代表として、

地域のホールで発表することになり、

わたしも、バスに小一時間も揺られて、

わざわざ聴きに行ってきました。

だって、

タイトルが、

「ボクの家族のあゆみ」だったから、

なんだか、うれしくってねー。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

彼の作文が、

どんなんやったかと言うと・・・・、

こっそり、

ここで、教えてあげましょか。

(長男には内緒ですよ。(*^m^)

20130622_001_011

どんなんやったかと言うとね・・・・・・。

だいたい、こんなかんじ。

両親は、

ベジタリアンのレストランをしていた。

自分も兄妹たちも、

自宅で水中出産でうまれた。

引越しを4回もした。(→難民家族と言われてました。coldsweats01

4年生の三学期まで、

入学式以降は、ほとんど小学校へ行かなかった。

ネパールやタイを旅した。

大工さんに手伝ってもらいながら、家を建てている。

(長男曰く、

「自分たちで建ててこその、

自分たちの家である。」)

・・・・・などなど、

彼の人生のあらましを、

包み隠さず?ざっくりと書いたものでした。

(原稿用紙の枚数が限られていることに不満のようでした。)

生徒たちの投票で代表を選ぶそうなんですが、

これがよく選ばれたもんやなあと思いました。

20130622_001_004

だって、

めちゃくちゃ、パンクなんやもん。

普通の人からしたら・・・。

ある意味。

20130622_001_005

だってさー、

ベジタリアンのレストラン?

肉食べへんってこと?

家で水中出産?

それって、何?

病院で生まれるもんとちゃうんかいな?

小学校行ってへんの?

そんなんでええの?

家を建ててる?

家って、自分で建ててええの?

20130622_001_008

なにからなにまで、

普通と、ちょっと変わってる?

いや、かなり変わってる?

(自分らにとっては、当たり前のことをしてきただけのことですが。)

20130622_001_006

まあ、自宅出産や引越しの話くらいは、

ええとして、

ホームスクーリングについて、

彼が、語ったこと。

それは・・・・。

自分は、入学式の翌日から、

こちらへ引っ越してくる4年の三学期まで、

学校へは行かなかった。

ホームスクーリングをしていたが、

毎日毎日、

「遊びすぎているのでは?

 というくらい、

 思う存分遊んでいた。」

「家には、テレビもゲームも無いので、

おもちゃが欲しかったら、自分で作っていた。」

「日本史、世界史、地図、野球、サッカーなど、

はまったことがあれば、

とことん追求した。」

「学校に行ってなかったけど、

 自分の好きなことを夢中になってやっているうちに、

 自然に、読み書きや算数などが身についていた。」

 

20130622_001_009

「学校へ行って無かったときの生活。

このことは、ぼくにとって大きな事だった。」

「ぼくは、学校へ行かなくて本当に良かったと思っている。」

20130622_001_010

「学校に行ってなかったら、

家族でネパールやタイにも行けなかったし、

家族でバンドをすることも、出来なかっただろう。」

「ぼくは、旅の中でも、たくさんのことを学んだ。」

「学校に一年通うより、ネパールに一ヶ月いるほうが、

はるかに多くの事を学ぶだろう。」

20130622_001_015

「4年の終りから通いだした学校では、

すぐに勉強も追いついた。」

「正直なところ、4年まで学校に行ってなくても、

充分だと思う。」

 

20130622_001_018

そして、

「すばらしいホームスクーリングの生活だった。」

20130622_001_019

・・・・とまあ、

こんなふうに、

発表しはったのです。

つまり、

学校は、行かなくても、オッケー!

(僕の場合)行かなくて、ほんとうに良かった!

って、

宣言してるんやもん。

全校生徒、校長・教頭・教師のみなさま、

教育委員会ほか、来賓のみなさま・・・・

の前で、

胸を張って、堂々と。

ある意味、過激やろ?

(本人は、「ちょっと辛口になってしもたかな~?」って言うてました。)

20130622_001_007

まあ、これを、

明朗快活、

今は、友達も、部活も、勉強も大好き。

苦手な教科も無く(・・・・と、わたしには見えるのですが。)、

成績優秀、

小学校ほとんど行ってなくても、

ちゃーんと、

今の学校生活をエンジョイしている、

この子が

「学校行かんで良かった!」

なんて、言うてるんやから、

先生たちも、

かなり、衝撃受けたんとちゃうかな。(*^m^)

(先生方の感想を聞いてみたかったです。)

20130622_001_013_2

わたしも、

まさか、

長男が、わざわざこんなことを書くとは思ってもみなかったです。

家の風呂で生まれたり、

普通に小学生になってへんかったり、

ネパールやら連れて行かれて、苦労させられたり

(詳しくは「はるや一家のネパール旅行記」参照)、

テレビもゲームも家に無かったり・・・・、

と、まあ、

まわりの人たちとは、ちょっとばかり違った育ち方してる自分について、

あの子なりに、振り返り、

書き綴ってみて、

それを、みんなの前で発表するということは、

彼は、自分の育ちにオッケー!YES!

学校に行ってなかった自分も、

行ってる自分も、どっちもオッケー!YES!

って、

言うことでしょう。

.

.

↓次はアコーステイックやな。

 

20130622_001_020

親として、

こんな、うれしいことはありません。

こんな、素直に、自分のこと、オッケーって思えるなんて、

すばらしいなと思うのです。

そして、

人と違うことを、

引け目を感じたり、恥ずかしがったりせずに、心を開いて、

堂々と、胸を張って、

表現しようとする気持ちも、

すばらしいし、

「学校に行かなくて良かった」なんてストレートに、

先生たちの前で言えるなんて、

これまた、度胸があるなあと、

感心もしました。

親バカづくしのブログになってますね。

すんまへんpig

20130622_001_026

でも、

も一つ、言わせてもらえば、

彼の母親になってからの、わたしの人生についても、

これでオッケー!YES!って言ってくれたみたいで、

うれしいのであります。

いつも、

いつも、

迷いながら、試行錯誤しながら、

批判もされながら、

家で産んだり、

田舎に移ったり、

ホームスクーリングを選択したりと、

母親として、自分の信じるままにやってきたことが、

「ユミエちゃん、合格!」って、

彼に、言われたみたいでね。(*^m^)

(彼の散髪に関しては、最近「不合格」になってしまいましたけど。(。>0<。)

↓仲良く筋トレ中

20130705_001_026

「子どもを学校に行かせてないということは、

虐待だ」

と、

思わぬ意地悪をされたりということもあったんだけど、

そのときの、

いや~な気持ちもshock

少数民族がゆえに、ちょっとばかし経験したいろいろな苦労も、

すべて、報われた気持ちです!

そんなことがあったって、忘れてたけどね。

(意地悪しはった人にも、彼の作文を読んで欲しいくらいやわ。(`ε´)

.

.

.

↓仲良く勉強はじめるところ。

20130702_001_020

長男よ、

ほんまに、ありがとう!

すばらしいギフト、受け取ったよー!

うれしかったよー。

.

.

.

↓( ̄Д ̄;;

20130702_001_021

こんな、

自分のこと肯定できる気持ちを持っている

キミは、

きっと未来も、大丈夫。

家を建てた後も、

家族みんな、それぞれ夢を持っているということ。

そして、

自分は、まずは、アメリカを一人旅してみたいということ・・・、

そんなこと書いてたけど、

もう、アメリカでも、

アマゾンでも、

アフリカでも、どこでも行ってくれ~~~。

お母ちゃんは、何も心配せーへんから。(ほんまかな?)

なんて、思いました。(単純やな。)

.

.

↓( ̄◆ ̄;)

20130702_001_022

最後に、

「ホームスクーリングで学んだことを生かし続けて、

これからの、人生を楽しんでいきたいです。」

なーんて、

締めくくって、

これも、ほんまにうれしかった。

なんでも、かんでも、

「がんばろうと思います!」

「努力します!」って子が多い中で、

「楽しんでいきたい」って。

これも、すばらしいなーと。

20130702_001_026

こんなアホな親のもとでも、

ちゃんと育ってるやん。

そして、親のこと認めてくれてるやん。

って・・・・ね。

.

.

20130702_001_027

子どもってのは、もしかして、

親となる人を育てるために、

「こうやって、生きたらええんやで!」と、

導き、示すために、

生まれてきてくれるんとちゃうやろか?

と思う、

今日この頃です。

親にさせてもらえて、ありがたいです。

ありがとう。

.

.

↓仲良く絵本タイム。

20130702_001_012

|

« 皐月の頃のお弁当など。 | トップページ | まいにちが、リゾート? »

ひとりごと」カテゴリの記事

ホームスクーリング」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

コメント

すばらしいわ!親指アップです。アメリカ一人旅ではすみちゃんちも寄ってね。

投稿: すみこ | 2013年7月12日 (金) 10時21分

素晴らしい!!
生で聞けたら、さらにさらに感動したことでしょう!

「子どもって親となる人を育てるために」
ホントに、私もず~っと前からそう思ってます。

うちの子達も、「ホームスクールでよかった!」って
大きくなっても笑顔で言ってくれるようになったらいいな。

投稿: すぎもと | 2013年7月12日 (金) 10時32分

すみこさん>ありがとうございます。ぜひ~。・・・・実現するといいなー。

すぎもとさん>ありがとう。ほんと、うれしかったのです。すぎもとさん、きっと、わたしの気持ち、よくわかるでしょう?親にさせてもろて、ほんまありがたいです。

投稿: yumie | 2013年7月13日 (土) 07時31分

ホントにありがたい、ありがとうの気持ちですよね。

ゆみえさん、実は昨日うちに突然児童相談所の人が来たんです。
「近所の方から学校に行っていないお子さんがいると連絡があったので」ってことで。

そのこと自体はなんとも思っていないのだけど、その後今まであまり考えてなかったことをいろいろ考えてしまって悶々としています。

考えがまとまってゆみえさんのように軽やかに批判っぽくなく文章にできそうな気がしたらブログに書いてみようと思うのですが、そのときこの日記を紹介してもいいでしょうか?

ホームスクーリングって、ものすごく特別なことをやってるように思われることが多いですけど、もっとサラッと、軽い感じに受け止めてもらえる方が良さも分かりやすい気がするんです。この日記の内容は長男くんの作文の内容もゆみえさんの言葉も、「自分にとって当たり前のことを当たり前に気負いなく〜」って感じでとても好きなので、みんなに是非読んでもらいたいと思うのです。

もしかしたら自分の文章はなかなかまとまらなくて、先にゆみえさんの日記だけ紹介してしまうかもしれませんが(・_・;
長々ごめんなさい!

投稿: すぎもと | 2013年7月13日 (土) 08時17分

すぎもとさん>ありがとう!もちろん、このブログ、使って!!!

投稿: yumie | 2013年7月13日 (土) 08時21分

うちの子に「ほら、あんたみたいな男の子が日本にいるんだよ。」ってギターを弾いてる息子さんの写真を見せたら「ほんとうだ~。」って喜んでました。

投稿: すみこ | 2013年7月13日 (土) 23時27分

すみこさん>息子さん、ギター弾くんですか!かっこいい~。写真の子は三男で、かっこだけなんですよ~。実は。coldsweats01

投稿: yumie | 2013年7月14日 (日) 05時19分

ゆみえさん!!3月に、ちゃみの森でおのころあっこさんの講座に参加して、夜にインド料理を食した者です。
渡邉祐子と申します。
あれから、ちゃみの森へ何度か行っており
15日も行きます(笑)
このblog、私のFacebookでリンクさせてもらっていいですか?!
のせていいですか?!
友人が不登校で悩んどるんですけど、この記事みたら少し、軽くなってくれそうで(笑) よろしくお願いします!

投稿: ゆうごん | 2013年7月14日 (日) 13時27分

さっきのは、お願い事でコメントではありません(笑)では、コメントを♪
小学校4年まで学校行ってなくても充分、、この説得力、この爽快さ、たまらんです。
たくましいなぁ、今日はたくましく過ごせそうだ!ありがとうございました。

投稿: ゆうごん | 2013年7月14日 (日) 13時38分

ゆうごんさん>もちろん、リンクしてくれたらいいです!ありがとう。ほんと、本人が言うてるんやから、ホンマです。説得力あります。・・・・よね。

投稿: yumie | 2013年7月14日 (日) 15時56分

うちもかっこうだけ!てっきとうに、弾いてるんです。でも、三男くんみたいに、のっりのりに見えるんです。おもしろい!

投稿: すみこ | 2013年7月15日 (月) 12時00分

ありがとうございます!

投稿: すぎもと | 2013年7月15日 (月) 12時52分

いっつもホロッときたり、笑ったりと楽しみに読ませてもらっています。 そしてはるや日記を読むと、いっつも、前向きに考えよう!と思えるのです。


うちの子1年生になったけど、発達障害もあってか、学校あんまし行きたないビームをよく発信しています。
私の体は毎日の家事をこなしていますが、頭の中はこのままでいいのか?どんなんかな?といつも迷って悩んでいます。

でもいっぱい考えて迷って、良いと思ったこと、自分を信じて
やっていかないかんなぁと、光ちゃんのシャウトをみて強く
思いました。

ユミエさんの日記、私すごく好きです。これからも楽しみに
しています。ありがとう!

投稿: きくりん | 2013年7月17日 (水) 09時37分

ゆみえさん こんばんは。
日々の生活の中で心身に癒しが欲しくなったとき、ゆみえさんのブログをみたくなります。
今日も 何かほっこりしたくてパソコンを開きました。

長男くんの作文の話には感動しました。
かざる事無くありのままを書く。
とても大切な事だと思いました。
人に賞賛されるようにちょっと装飾してみたり、世間受けするような言葉を使ってみたり、TVや大人が言ってる見掛け倒しの言葉を使ってみたり、自分の言葉でなかなか表現できないものです。
なのにとても素晴らしいと思いました。
とても大事な、そしてシンプルなことに気づかせてもらったなと思います。

子供だけでなく私たち大人も長男君のようにありのままを表現し、そして自分にOK!YES!を出せる人で有りたいと思いました。

今の暮らしをされていく中で、ゆみえさん自身も色々な思いをされ進まれきたのだと今日初めて知りました。
少数だとなぜ責められ傾向になるのかしら??
食べ物だと希少価値がといい高かったり、人が珍しがりちやほや(いい表現の言葉がさっと出てこなかった・・・^^;)されるのに、なんだろうこれ・・・??

少数だと自信がなくなったり心細くなり不安になるのはなんだろう・・・
こんな気持ちに出くわすのがよくある私です。。。

でも自分が大事にしていること、大事だと思うことは人に左右されることなく大切にしないとなぁ・・・と改めて思いました。

みちの途中では 人は色々口出すもんなんですね。
形が見えたときやっとわかってもらえるっていうか。。。

同志がいるのは心強いですよね。
本当にいつもありがとうございます。
ゆみえさんの言葉に触れていると 家族っていいなぁ~子ども、子育てっていいなぁ~ってすごく思います
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。(年賀状みたい(笑))

投稿: | 2013年7月17日 (水) 21時06分

先ほどの名無しのごんべいはさくらでした。^^v

投稿: さくら | 2013年7月17日 (水) 21時13分

きくりんさん>こんにちは。ブログ、読んでくださって、そして、光のシャウトを感じてくれて、ありがとう!(*^m^) ** 「どうしたらいい?」って迷ったときの、判断の基準に、「もし、この子が余命あと2ヶ月やったら?どうしてあげたい?」なーんて、仮定してみても、何が大切か、見えてきたりしますよ。極端だけど。 ほんと、わたしも、今だって、迷ったり、悩んだりすることもあります。でも、最近はとにかく、「子どもって、親を成長させるために、なんやかんや、引き起こしてくれてるんやな~」って、感じます。きくりんさんも、子どもさんからのメッセージ、愛を持って、受け取れるといいな~。

さくらさん>お久しぶり。そして、素敵なコメントありがとう。こちらこそ、「ふむふむ。そうだねー。ほんまやねー、」と、うなずきながら読ませてもらいました。いいこと書いてあったわー!いつも、わたしが書く以上に(*^m^)、いっぱい何かを感じてくれて、そして、素敵な解釈をしてくれて、こちらも気づきをもらってます。ありがとう!


投稿: ユミエ | 2013年7月18日 (木) 04時56分

ゆみえさん、こんにちは。
この数日、心が不安いっぱいで安定しませんでした。
思考が邪魔してごちゃごちゃなってました。

今日 ゆみえさんのお返事を読んでとても嬉しくなりました。

自分ではよくわかっていませんでしたが、いいこと書いてたんや~^o^ってニタニタなっちゃいました。
大好きな人に褒められると心がルンルンに、そして自身になりますね(単純。笑)

ありがとうございました。
ちょっと元気が出てきた~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿: さくら | 2013年7月18日 (木) 10時45分

ユミエさん ありがとうございます。
迷った時の判断基準、やってみます。極端でも、そこからやってみます。 「子が親を成長させてくれる」と考えたら、やっぱり愛を持って、素直にメッセージを受けとっていきたいですぅ。

投稿: きくりん | 2013年7月18日 (木) 19時55分

さくらさん>ほんと、いいこと書いてあるよー。感心したよー。食べ物なんか、ほんま希少価値が出て、ちやほやされるのにね~。なるほど、その通り。いろいろな大切なこと、わかっておられるんやなあと感じますよ。こちらこそ、ほんまにありがとう!

きくりんさん>ほんま、極端やけど、わかりやすいでしょ?恐れたり、不安になったりする気持ちから選ぶのではなくて、「楽しい気持ち、楽ちんな気持ち・・・」愛から選びたいなと思っています。

投稿: ユミエ | 2013年7月19日 (金) 03時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/52303214

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしきホームスクーリング生活?:

« 皐月の頃のお弁当など。 | トップページ | まいにちが、リゾート? »