« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の8件の記事

2013年9月27日 (金)

釣りキチさんです。




20130924_001_005

お山のバスが、

運休してるため(台風の影響で道路状況が悪いためです。)

ずっと、休暇中の長男です。

「そりゃ、たいへんやなー。」

「困ったなー。」と、

心配される方もおられるでしょう。

学校が始まるからという理由で、

放射性物質がいっぱいのところへ、

戻って行かれる方がおられるくらいに、

多くの方たちが、

何よりも(ときとして、命よりも?)

一番に考えられている学校ですもん。

20130921_001_032

でも、我が家の場合は、違いました。

「期せずして、

学校から離れて、

好きなことを思い切りできる時間ができた。

これは、神様からのギフトやでー。

楽しんだらええやん!」

20130921_001_020

ということで、

長男、思い切り好きなことをして楽しむ日々でした。

趣味が多い彼ですが、

今、夢中になっていること!

釣り三昧の日々でした。

太郎はんも、小間使い兼カメラマンで同行してます。

(だから森の中で撮った写真は、太郎はん撮影のものです。)

朝早くから、

飲まず食わずで、何時間も森の奥へ行って、

帰ってきません。

「大丈夫かなあ・・・・・。」

「クマが出-へんかなあ・・・・。」(クマ避けの鈴はいつもつけてます。)

「崖から滑り落ちたりせーへんかなあ・・・・。」

心配になったりします。

20130921_001_039


ああ!

帰って来た!

帰って来た!(≧∇≦)

三男も一緒に行ってきたかのように、歩いてますけど、

あの子は、留守番です。

(いらん動きをして、漁場を荒らすので連れて行ってもらえません(。>0<。)。)

20130923_001_002

どうや、どうや?

20130923_001_017

小さいのは、

現地で捌いて、新聞紙に包んで持ち帰ってました。

20130923_001_012

過去最高記録の、岩魚が釣れたらしいです。

鋭い歯。

20130923_001_019

必ず、長さを測ってますよ。

20130923_001_021


すぐに捌きます。

一歳児も一生懸命に、ついてまわってます。

(興奮して息が荒くなってます。(*^m^)

釣れたら、

しばらく、タライの中で泳がせて、

身体の模様やら、ウロコの美しさやら、

あーだ、こーだと言い合って、

武勇伝も聞いたりして、

それから、捌いて、長さ測って、メモして、

バタバタと、忙しいのです。\(;゚∇゚)/

20130923_001_004

20130923_002_081

どうやって食べるか迷ってましたが、

竹串作って、

塩焼きにしました。

20130923_001_006


20130923_001_011

わたし、ビーガンの料理人のつもりですが、

このように、

たまに、魚食べます。

息子が捕ってきた、

森の恵み、

ありがたく、ありがたく、いただきます。

これがねえ、

美味しいのです。

しみじみ、美味しいのです。

ちょっと食べただけで、

あとは何もいらんくらいに、お腹いっぱいになります。

「お腹いっぱい」と言うより、

「満たされた」というかんじです。

なんでか・・・・?

またまた、ベジタリアンの方たち、

残酷でごめんねー。

太郎はん撮影。↓

20130923_002_016

なんかねー、

この子らが何時間も、うろつきまわってた、

この美しい森の風景。

20130921_001_058

わたしも、まだ見たことのない、

人知れず流れる清らかな滝。

20130921_001_048

冷たく澄んだ水。

 

20130921_001_052

おいしい空気。

20130921_001_050

その中で、

生きていた魚さん。

森の緑がウロコに映ってキラキラしています。

20130923_002_056


大自然の中で、

耳を澄まし、目をこらし、

神経をとぎすませて、

長男と次男、

二人きりで過ごした時間。

この不思議の森の、ワンダーランド?で見聞きしたこと。

魚とのかけひき?

新しいポイントを見つけたこと。

子どもらが話してくれるちょっとした武勇伝や美しい景色のこと。

20130921_001_054

そういうの、

ぜーーーーーんぶ、

まるごと、

わたし、

食べているような気分になるのです。

食べているというより、

自分の胸のあたりに、おさめているというかんじかな。

20130923_002_065

ありがたいです。

どんなに手のこんだ料理よりも、

高級な材料でこしらえた料理よりも、

おいしいです。

舌先だけじゃなくてね、

心の底から、身体じゅうで、

しあわせやな~~~って、感じるおいしさですよ。

ほんまに命ある食べ物・・・・を食べることができたら、

そんなに、たくさん食べなくても、

いろいろ食べなくても、

身体も心も満たされるんでしょうね。

そして、

朝から何も食べずに、

時間を忘れて森の中で何時間も過ごしてるこの子らは、

きっと、

森の中のおいしい空気や、美しい緑に包まれて、

身体が心地よく、満たされるから、

お腹減らないのかも知れません。

森の中のエネルギー?みたいなのを、

食べてるんかも知れません。

息子らのおかげで、

大切なこと、気付かせてもらいました。

20130923_002_069

命のある食べ物を食べるとき、

みんな、こんな顔。

20130923_001_009

一歳児は、

「どうせ、違いがわからんやろし」と、

特別に?アブラハヤを与えられてました。

かわいそ~~。(*^m^)

20130923_001_008

↓自分で撮ってる。(*^m^)

20130923_002_018

カメラの調子が悪く、ピンボケですが、

先日は、

刺身にしたり、煮たりしてみました。

20130925_001_014

「ハマると、とことん!」の、長男、

大好きな歴史やスポーツニュースも置いておいて、

今は、釣り関係に夢中です。

だから、

それを捌くためのナイフのことやら、

料理のことまで、

関心は広がってます。

あの人、

一応、料理人らの子どもやのに、

今まで、自分から料理をするということがあんまり無かったのですが、

今は、

自分で釣った魚を、

どうやって食べるか、

イワナやアマゴの料理を調べたり、

刺身のしかたやら、

はるさんに、積極的に教えてもらったりしています。

**

**

おもろいなー。(*^m^)

**

**

そんなわけで、

ほんとうに、

台風さんのおかげで、

長男、とっても充実した、豊かな日々を過ごせました。

中学生のホームスクーリングも、

ええなー!

そして、

こんな大自然

こんなワンダーランドのすぐそばに住んでいて、

それを、思い切り楽しんでいる子どもたち、

素敵やなあと思います。

20130923_002_078

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

糺の森ワンダーランド広場




20130912_001_005

お知らせしとかなきゃ!

29日は、左京ワンダーランド

http://sakyo-wonder.com/

糺の森ワンダーランド広場

http://sakyo-wonder.com/tadasunomori.html

でーす!

20130912_001_007_3

去年も楽しかったよー。

今年も、はるやは参加しまーす。

20130912_001_015

子どもらみんな、連れて行きまーす。

(子守りと店番、まかせたぜ!)

20130912_001_012

久しぶりの京都で出店。

京都のみんなー、

会えるの楽しみにしてるよ~。

20130924_001_010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

山水人後、こんなことがありました。

20130912_001_004_3

洗濯物が、

干してある風景が

好きです。

一応好みがあって・・・・、

ロープに、ひらひら~っと、

ぶらさがってる風景がいいのです。

外国行ったとき、

その国の民族衣装や、

織物や染物の布なんかが干してあると、

もう、

うっとりします。

20130912_001_002


うちでも、

ついつい、写真撮りたくなりますが・・・・、

20130918_001_026

先日、

我が家は、

こんな光景に、恵まれ?ました!\(;゚∇゚)/

20130918_001_018

ほれ、

次の日も、

こんなん!

すごいやろー。

20130918_001_046


まだ、建築途中の、

母屋が、

アジアの、ゲストハウス状態になりました。

あの台風の夜、

山水人で、

テント流され、家財道具泥まみれ、

自身も流されかかったshock方たちが、

命からがら、

ひょんなことから、

はるやに避難&保養&洗い物大会に来られたのです。

赤ちゃんや小学生の子どもさんも含めて、

多いときで20人近くの、

方たちが、

着の身、着のまま状態で、

滞在されました。

20130918_001_037

太郎はん、

床張っといて良かったねー。

のらちん工房さん、

サッシ、入れてくれてて、良かったなー。

半分は床張ってないので、

下から風スースー。

だけど、

前の晩、過酷な状況で過ごしてはったみなさん、

「じゅうぶんです」と、

たいへん喜んでくださいました。

20130918_001_040

いつの間にか、

ベランダが、

お店屋さんになっていました。( ̄ー+ ̄)

20130918_001_038


みなさん、

洗い物を、延々としてはります。


20130918_001_035

延々と・・・。

20130918_001_048

延々と・・・・。

20130918_001_017

あずま家で、

ごはん食べてもらいました。

「山水人に行くなら、

はるやのお粥とおにぎり!」という情報が、

流れてるらしいですけど、

その山水人名物?の、お粥を食べてもらいました。

20130918_001_008

ぽかぽか暖かい朝日に包まれて、

幸せな光景でした。

20130918_001_010

良かったー。

あずま家完成してて。

プレゼントしてくれた、お父さん、ありがとう。

はるや男子と一緒に、建ててくれたTくん、ありがとう。

こういうかんじで、

みんなに使ってもらいたかったんだよ・・・・。

20130918_001_057

母屋は電気が通ってないので、

キャンドルナイトで晩ごはんでした。

手の空いている人と一緒に、

ごはん作りさせてもらいました。

20130918_001_043

元気になったみなさん、

うちのプライベートビーチで、

泳いでました。

台風の後の、

清らかで冷たーーーい水。

そりゃ、最高でしょう!

心も、身体も、さっぱり、清められるよー。

20130918_001_051

いまだ、市営住宅住まいだったら、

こんなことできなかったです。

はるやが、

なんでか、

こんな広い土地に恵まれ、

とんとん拍子で、家を建てる運びとなったのか、

今回、よくわかりました。

ああ、やっぱり、

そうやったんやね・・・・・。

20130918_001_045



こうやって、

来てくれた人たちと、

分かち合えるような、

たのしめる場所をつくること。

来た人たちが、

いつの間にか、にっこりしてるような、

子どもにかえって、遊びまくれるような、

おいしいもの食べて、じんわり満たされるような、

晴れ晴れとして、気持ちよくなるような場所。

20130918_001_047_2

月や、星、お日様のぬくもり、心地よい風、

川、森や木や、小鳥の鳴き声、草や花、

気持ちのいいおうち。

触れられるもの、感じられるもの、聴こえてくるもの、

この場所で恵まれた、

いろいろな心地よいもの、美しいものと、響きあって、

のんびりできる場所。

20130918_001_021

そんな、場所、命が喜ぶような場所・・・を、

つくり、整えていくことを、

はるやは、これから、

やっていったら、いいんやね。

(それを「しなさい」ということなんやね。)

あらためて、

そう、感じることができました。

わたしたちよりも、

先に、

あの母屋で暮らすことになった(*^m^)、

ご縁のあった、みなさま。

ありがとう。

20130918_001_078

この方たち、

飯田茂実さんと、その仲間たちです。

飯田茂実さんって、

どんな人やろ?

わたしも、ついこの間まで知りませんでした。

調べてみました。(*^m^)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E7%94%B0%E8%8C%82%E5%AE%9F

今、

生き心地の良い心身術を、世界中で伝えておられます。

http://shaman-art.sblo.jp/

わたしも、

山水人がきっかけで、

術、教えてもらってます。

これが、ほんと、すばらしい。おもしろい!

役に立つ!極められたら無敵かも!

茂実さんをはじめ、

みなさんにお会いできたことに感謝。

20130918_001_076

はるや男子も、

剣術?を、伝授してもらってました。

20130918_001_030_2

また、みなさん、

来てくださいね!

思い切り、のびのびと、身体も心も、遊ばせましょう。

命が喜ぶ術、

茂実さん、またここで伝えてくださいな。

その日を、楽しみに待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

季節が変わっていきます。

20130904_001_014

ここら一帯・・・。

うちの前も、横も、

裏もずーーーーーーっと、

ベニバナボロギク畑です。

(鹿が食べないっちゅーことですわ。)

20130904_001_017

お盆前くらいから、

このボロギクの綿毛が、

舞い続けていました。

毎日。

毎日。

そこらじゅう。

20130826_001_008

綿雪に包まれて、

暮らしている日々でした。

20130904_001_013

メルヘンちっくでもありました。

(でも、ボロギクだらけには、うんざり。)

20130904_001_006

さて、

ボロギクさんの、季節は、終りつつあります。







20130909_001_043

霧が濃いです。

そろそろ、

この奥で、

美しい雲海が見られます。

20130909_001_039

久しぶりに、

お山の学校へ行きました。

(カバンにホコリかぶってました。(^-^; )

20130920_001_007

うちの近所の、

顔見知りの栃の木さんが、

根こそぎ、流されていました。(。>0<。)

台風で、

そこらの谷という谷から、

土砂が、水が、流れ出ていました。

台風一過が通り過ぎ、

落ち着いてきましたが、

これまで見たことないくらいに、

澄み渡り、

川のみずいろが、美しいです。

上流の方の、

流れが滞り、よどんでいたところが、

ぜーーんぶ、一掃されて、

いつもよりまして、清らかな流れです。

20130920_001_017

空も、澄みわたり、

晴れ晴れとしたお天気が続きます。

台風の後、

なんだか、生まれたての、

ピカピカの景色ですよ。

20130920_001_008

学校行くときは、

かならず、ここの神様におまいりします。

「今日も、元気にこうして生きてます。

ありがとうございます。」

20130920_001_011

いつの間にやら、

秋の風景になっていました。

20130920_001_012

うちのまわり、

すべてがキラキラ美しく、

うっとりしています。

20130920_001_015


バスが出ないので、

学校行ってない長男の休日。

たいへん充実してます。

「(釣り)いつ行くの?」

「今でしょ!」

ということで、

ほぼ毎朝行ってます。

崖を滑り降りたり、

倒木から倒木へジャンプしたり、

なんかスリルある冒険をしてるようです。

いつもは、

一人の時間を楽しんで行ってますが、

今朝は、小間使い?アシスタント?助手?カメラマン?に、

次男が初めて、お供を許可されました。(*^m^)

20130920_001_020


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中ありがとう!山水人ライブ。

20130915_001_022

雨の山水人・・・・。rain

なのに、

こんな、人だかりが・・・・・。

いったい、どこのバンドや??

わおー!w(゚o゚)w

はるやバンドやん!(≧∇≦)

20130915_001_007

はるやバンドライブ、

(まあ、まあ)うまいこといったよー。(*^m^)

朝から、じゃんじゃん雨が降ってたし、

あんな天気予報だったし、

だ~れも、見に来てくれへんやろなあ・・・・。

子どもらの晴れ姿、

見て欲しかったのになあ・・・・。

残念やなあ・・・・。(ノω・、)

と、

シュンとなりそうでしたが、

「いやいや、すべて、うまいこといくさ。

天におまかせしよう!」

なんて、気持ちを切り替えたりしてました。

そして・・・・・。

みんな、はるばる山奥まで、

来てくれたのです。(≧∇≦)

市内から、

市外から、

京都から。

それから

お山のバスの運転手さんも、来てくれました。

ありがとう!

ありがとう!

みんなの姿、見つけるたびに、

大感激でした。

それから、

山水人にキャンプしてた人たちも、

テントから出てきてくれました。

声援ありがとう。

そうそう、

長男の同級生は、

なんと、朝四時に、

ダウンタウンを出発して、

走って来てくれました。(。>0<。)

なんと!

何時間かかったんや~~~???coldsweats02

(おもろい子やなあ!!!)

遠い、福知山から、Y家が到着。

一年ぶりやな!

ありがとう!!

20130915_001_005

今回、

子どもらの成長振りが、めざましく、

みんな、

気合入ってました。

練習も、

今までで、一番ようしたし。

(出番直前まで、メンバー行方不明で

呼び出し放送・・・・ってことも無くなりました。coldsweats01

20130915_001_017_2

三男、

初めて大きなステージでドラムデビュー。

ようやりました。

これまでは、

「おまけ」みたいに、タンバリン持たされてただけ・・・

くらいの役割だったのが、

急成長です。

コーラスも、ピアニカも、

精一杯やっている姿がかわいらしかったです。

20130915_001_024

長男、

叩きまくってました。

自分でいろいろ工夫して、

ソロみたいなんも、やってます。

かっこいいよ!

20130915_001_011

太郎はん、

ピアニカ、

ギター、ベース、

何でもこいです。

ギター、肩からかけるだけで、

めっちゃ重いのに、

よう立って演奏できたなあー。

やるなー。

20130915_001_012

はるさん、

子どもらが、そこそこできるようになったから、

いろいろ遊べるようになりました。

かっこよかったでー。

20130915_001_025

末娘は、どうしてたかというと・・・・。

母ちゃんの背中に、

くくりつけられて、

鼻垂らしてました。(。>0<。)

お熱下がって良かったねー。

K介さん、

決定的瞬間の写真提供ありがとう。(*^m^)

1234325_10200756242004791_1158582_2

カブに、愛犬ワンコ乗せて、

一時間以上の道のりを来てくれたうまこさん。

写真撮影ありがとう。

20130915_001_031_4

はるさんより、

おまけ。

HARUYA BAND on stage @Yamauto peace gathering 2013, Kutsuki, Shiga

Set list:

1, Everyday  People

2,Gimme some loving

3,All Together Now...

4,Wild Thing

5,Batman Theme

6,Peter Gunn Theme~Birthday

7,Get It On

8,Roadrunner

**

**

20130915_001_020

いやー、

ほんまに、ええかんじで、ライブできました。

最高でした。

家族でバンドするって、

楽しいなあ!

そして、

なんだか、

お祭り気分になります。

そうそう、

あれだけ降ってた雨が、

わたしらのときだけ、

不思議とおさまっていました。w(゚o゚)w

いつも、子どもらがお参りしている、ここの神様が、

とりはからってくれたんかなあ~と、

感じました。

感謝。

20130915_001_029

そのあと、

いつもやったら、

「終わったー!(≧∇≦)

打ち上げや~♪」

と、なるんですが、

今回は、

えらいことになりました。shock

いや、えらいこと・・・というより、

おもしろいことになったのですけど。

続きはお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

はるやバンド山水人は15日11時から!




20130904_001_003

えーーー、

はるやバンドですが、

9月15日に山水人で出演します。

山水人HPには、12時スタートって書いてあると思うのですが、

11時スタートになりました。

どうも、その日は、

バンドが盛りだくさんなので、早くから始めるそうです。

なかなか、濃ゆいバンドが揃っていると、

ステージ担当の方がおっしゃってました。

濃ゆいって、

どんなんでしょう・・・・・・?coldsweats01

20130904_001_016


11時、はるやバンド。

12時、The Familyと、

家族バンドが、続きます。

思えば、

かれこれ、12年前やったかなあ・・・。

初めてThe Familyのステージを見たのは・・・・。

「へえーっ!!!

子どもが3人もいたら、

こんなことができるんや!

素敵やなあ!」

と、衝撃的でした。

と、同時に、

当時、まだよちよち歩きで、

おっぱい飲んでた長男一人の世話だけで、

いっぱい、いっぱいだったわたしには、

あと2回もお産して、

また同じこと繰り返していくなんて、

途方の無い長い道のりだと思ったものです。

子ども3人なんて、とても考えられませんでした。

20130904_001_008


それが、

なんと、いつの間にやら、子ども4人になってしもて、

バンドあそびが、

それなりに、バンドっぽくなってきたのです。

20130904_001_021

ま、

とにかく、時間間違えないでねー。

いつも、いるからなー。

ライブ終わった後くらいに来て、

「えーーーっ?もう終わったのー?がーーーん!shock

って、言うような人が・・・・ね。

20130904_001_027

受付済ませて、

駐車場に車置いて、

会場に戻るまで、

時間かかるし、

ちゃーーんと、早めに来てやー。

たのむでー。

20130904_001_023


あ、

それから、

その日は、

うちの家づくりを助けてくれてる、

「米が作れて、家建てられたら、生きていける」

イケてる、大工チーム、

エコワークスの棟梁、清水さんの、

熱---い、トークもあります。

はりきっておられます。

これについては、また紹介できたらなと思いますが、

是非、聴きにきてね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すもも




20130902_001_002

家にあった種を、適当にばら撒いてたところが、

今頃になって、

お花畑?になりました。

小さなひまわりも咲きました。

太郎はんが、

毎朝、見に行っては、

あれが咲いてたー。

何色のが咲いてたー。

と、報告してくれます。

はるさんが、

鹿避けの柵をして、

そして、

ここら一帯を覆い尽くしていた、

ベニバナボロギクと、シダ植物(←この2つは、鹿はお嫌いのようです。)を、

何度か刈り取ったら、

少しずつ、いろいろな野草が生えてきました。

ヨモギ、カタバミ、スベリヒユ、ツユクサ、イヌタデ、オオバコ・・・・。

ただの雑草と言えば、雑草なのですが、

ここへ越してきたとき、

ほんとに、一面ベニバナボロギクと、シダ一色だったのです。

「こんな田舎やのに、ヨモギも生えへんのかー!( ̄Д ̄;;」

「野草のお花も見られへんのかー。(。>0<。)」と、

ショックでした。

だけど、今、

いろいろ生えてきて、

うれしいのです。

かわいらしいのです。

目新しい野草の花が咲くたびに、

太郎はんが、報告してくれます・・・・。

お花の好きな子です。

荒地に適当にばら撒いた種から、

小松菜も育っていました。

耕さなくても、

カチカチのこんな荒地でも、

ときどき、人に踏まれても、

育つ種は、育つんやね。

来年は、

もっとバラ播こう。

クローバーやれんげの種もばら撒いて、

お花畑にしよう。

花の種も、野菜の種も、播こう。

そして、

「おっ!こんなところに大根が!」というような、

楽しい庭にしよう。

20130902_001_008




夏のキャンプから帰ってみたら、

すももがいっぱい落ちてました。

やっほーーー!ヽ(´▽`)/

 

20130824_001_001

春に、サクラのような梅のような、

かわいらしいお花をつけてたこの木は、

すももの木だったんだねー。


20130824_001_002

毎日、毎日、たっぷりと、落ちてきます。

風が吹くと、また、

ぽたぽたと音をたてて落ちてきます。

拾ってると、

また、落ちてきます。

まるで、

「わたしを、拾ってね~。食べてね~。」って、

木が言ってるみたいです。

子どもらも、

「わしらが住み始めたから、いっぱい実をつけてくれたんかな~?」

と言ってました。

ほんとうに、そうかも知れないなと思うのです。

ありがたいです。

20130824_001_003

果物は、

神様からのおくりもの。

インドでは、

そう言われているのだと、

むかし、

インドを修行僧のように旅してた友達が言っていました。

まさしく、そうだなと思います。

料理しなくても、火を使わなくても、食べられる。

ポトリと手の中に落ちてくる。

種は、土に還り、再び芽を出す。

犠牲になるものの、少ない、食べ物ですね。

そして、命ある、食べ物です。

マクロビオテイックや食養的には、

果物、なまもの・・・は、陰性で身体を冷やすから、NGですけどね。

でも、

自然に育った果物は、

きゅっと、小さく、しまっています。

それから、

お日様の中でぬくぬくと熟していて、

食べると、温かいのです。

ま、それは置いといて・・・・。

とにかく、毎日落ちてくるわけです。

子どもらも、お腹がすいたら、

拾って食べたらいいわけです。

一歳児も、自分で拾って食べてます。

少しだけかじって、ポイして、

また次のに手を出す・・・というような、

勿体無い食べ方してるけど、

あんまり勿体無いと思いません。

いくらでも、落ちてくるから。

だから、そんな食べ方しても、

叱らずに、ニコニコしていられます。

人にも、どうぞ、どうぞと、分けてあげられます。

これが、

自然食品店で、高いお金払って買ったすももだと、

こういうわけにはいきませんけど。

「下に落とすなー。」

「最後まで食べろー。」

「もったいないー。」

「一人3つまでー。」

と、ピリピリ、ケチケチしてたかも知れません。coldsweats01




20130825_001_003

こういうのって、

豊かだなーーーと、

しみじみ思いました。

大地の恵み。

自然の恵み。

神様からのおくりもの。

実の成る木っていいなあ・・・・。

20130825_001_005

桑の木、

ナシの木、

ベリーの木、

杏の木。

リンゴ・・・・できるかな?

トロピカルフルーツは無理だけど、

実のなる木を、いっぱい植えたいな。

散歩しながら、

おやつが食べられるような森になるといいな。

その頃には、

わたし、おばあさんになってるでしょうけど・・・・・。(*^m^)

20130817_001_159

今、流行の、

酵素ジュースにしました。

おいしいよー。

(地元のおばさんたちは、柴漬けと一緒に漬け込んでおられます。)

20130902_001_010_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

山水人始まりました。

山水人http://yamauto.jp/index.html

始まりました。

(ブログもありました。http://yamauto.jugem.jp/?cid=14

この祭りの間は、

うちの子ら、

ピーターパンのお話の、

ネバーランドの子どもたみたいになります。

↓去年の写真ですんません。

20120902_001_006

朝早くから、

夜、ふらふらになるまで、遊び倒します。

家にいても、

遊び倒してるけど、

また、ここは違うみたい。

インドカレーやらブラジル料理やら、ベーグルサンドやら、

いろいろな屋台で、

腹減ったら、好きなものを飲んで、食べて、

(こづかいで、買い食い。)

好きなときに、テントでバタンキュ~♪

一日中、土の上。

泥んこ!( ̄Д ̄;;

学校無し、宿題無し。

「センタクモノホシ~or マキワリ~?」も無し。

「ご飯の準備~~!」も無し。

風呂無し。シャワー無し。着替え無し。coldsweats01

布団敷いたり上げたりも無し。(寝袋生活)

子どもらにとって、ふだん「面倒くさいなー」と思うようなことが、

まったく無い暮らしです。(たぶんね。)

時間の無い、ネバーランドです。

(しかし、長男は、節度を持って家に帰って、

さっぱりと着替えて寝るようになりました。大人やな。(*^m^)。)

20120902_001_007

ま、そんな、ネバーランドが、

始まったわけです。

そして、いきなり・・・・・。

デっ、

デカッ!!!shock

20130901_001_007

祭りの真っ最中に、

長男、こんなん捕まえてきました~~。( ̄Д ̄;;


20130901_001_005

昨日から、

デカイ魚の影を見たと言って、

ちょくちょく現場に行っては、張り込んでたようですが、

いとも簡単に?

手づかみしはりました。

見かけた人ら、

その大きさにびっくりして、飛んできました。

「これはすごいっ!」

「手づかみなんて、すごいっ!」

「子どもが捕まえたなんて、すごいっ!」

居合わせた、釣り好きの人、かなりびっくりしておられました。

いやー。

やってくれるな、長男。(いちいち、やることがハデな人やな。)

薪割りもしてくれるし、

狩りの術も、誰も教えないのに身につけてきたし、

なんとも、たのもしい息子です。

おかげさんで、

わたしらの食生活、

潤って?ます。

↓ビーガンフードの店やのに、裏でこんな残酷なことしてます。すんません。

20130901_001_017




そんなわけで、

山水人、始まりましたよ。

はるやは、各週末に出店します。

出演は、15日12時でーす。

メインステージやもんなー。

でっかい音やし、間違ったらすぐバレるなあ・・・。

キンチョーするなあ・・・・(^-^;。

みんな、応援してね。

20130901_001_014

↑TA-KEN&GooD banD かっこ良かったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »