« 高島発信!食・アート・エネルギー・オーガニック☆フェスタ | トップページ | 子どもが子どもらしく »

2013年10月23日 (水)

栗のこと、森のこと。




20131011_001_006

栗は、

縄文時代から食べられていたそうです。

縄文時代の中ごろには、栽培されていた跡もあるとか。

縄文時代って?今から一万三千年前。coldsweats02

20131011_001_023

栗にも、

いろいろな大きさがありますね。

20131011_001_007

写真、

上から、

太郎はんが、拾ってきた、

どんぐりより小さな山の栗。

 

毎日、末娘と拾ってる、

裏の栗。

これも、かなり小粒。

そして、

一番下の、立派な栗は、

九州のじいちゃんが、

近所でこつこつと拾っては、送ってくれるもの。

それから・・・、

地域の方が、

「うちの栗、拾いにおいでや~」と、

お山の学校に言うてくれるそうです。

学校からも、何度か拾いに行っては、

食べてます。

大中小、いろいろな栗を、

今年もいっぱい食べました。

栗の期間中は、

適当な量蒸しておいて、

「いつでも、ご自由にお食べください」というかんじで、

台所に置いておきます。

小腹が減ったら、子どもら食べてます。

今は、柿が、

「ご自由にお食べください」状態です。

おかげで、

「お腹すいた~。何か無い?」のときに、

「アレがあるやろ~。」と、

おやつ作りをさぼれるから、助かります。

毎日だと、

ブーイングがありますけど。(`ε´)

(末娘だけは、ブーイングどころか、

あればあるほど食べ続けるので、困りもんですが。)

それでも、

「ご自由にお食べください」状態があるというのは、

とても豊かなことだなと思います。

コンビニもスーパーも無い(あっても、行きませんが)ですが、

ある意味、

田舎暮らしは、豊かです。

もし、他に食べ物が無かったら、

わたし、ホンキで集めて、保存するでしょう。

(絵本「14匹のねずみ」シリーズの、

ねずみ一家の素敵な家の中に、

どんぐりや栗やくるみがたくさん保存されている絵が好きです。

あんな家にしたいです。)

20131011_001_025

ここらの山で、

栃の木の森が、

村の近くに存在しているのは、

食料確保のためだと聴きました。

木の実も、

森の生き物たちにとってだけでなく、

ヒトにとっても、貴重な食料だったのでしょう。

どんなにアクがきつくても、

手間がかかっても、

それでも、なんとか時間をかけて、工夫して、

食べて、

命を繋いでいたのでしょうね。

↓大きな栃の木を見上げてます。

20131013_001_052

おいしい水も、

その水を引いて育てる米も、

その水が、流れる川で捕れるサカナも、

木の実も、

それから、ときにはケモノたちの肉も、

耳を楽しませてくれる、小鳥たちのさえずりも、

みんな、

みんな、

森からの恵みなのですね。

20131013_001_013

子どもたちが、森の楽しさを教えてくれたり、

それから、

うちにも近々、

いろいろと木を植える計画があることもあり、

森のこと、木のこと、思いめぐらしてます。

|

« 高島発信!食・アート・エネルギー・オーガニック☆フェスタ | トップページ | 子どもが子どもらしく »

ひとりごと」カテゴリの記事

場所づくり」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

「ぼくだけの山の家」という本が大好きなのですが
森さえあったら生きていけるんじゃないかなぁと思ったりします。
知識や技術のない私では飢えると思いますけど。

山で暮らしたいなーといつも思っていますが
熊だけは怖くてしかたありません。
「熊が出ない豊かな森」は贅沢すぎですよね(笑)

投稿: すぎもと | 2013年10月23日 (水) 09時06分

こんばんは。
いつも、楽しい日記、ありがとうございます。
とても、興味深く読ませていただいております。

いろいろできる子達も素晴らしいですが、それを見守るお母さん、
お父さんが゛とてもすごいです。感服です。

栗、いいですね。
私の家の周りにも沢山のシバクリの木があります。
家内は、暇を見つけては拾いに行き、蒸して、スプーンで
食べています。
秋は、豊かです。


>うちにも近々、いろいろと木を植える計画があることもあり・・・
私もいろんな木を沢山植えています。
基本、落葉樹で花が咲き、実がなり、そして冬には葉が落ちて、
明るい林になるものが好きです。

最近、ストーブの薪のことも考えて、ドングリを育てています。7、8年前から始めており、
100本くらいに増えてきました。
太いものは、足の太さくらいになり、シイタケのホダ木になるくらいです。
はるやさんのところにもドングリいかがですか?

投稿: オガ | 2013年10月24日 (木) 18時11分

すぎもとさん>「ぼくだけの山の家」どんなのかな。チェックしてみよう。**熊なんて、滅多に出会わないと思いますよ!普通に暮らしてたら、大丈夫やでー。

投稿: ユミエ | 2013年10月25日 (金) 14時52分

ええーーーっ。
オガさん、ドングリ100本って・・・・!coldsweats02
どんなところに住んでおられるのですか。
オガさんとこの林?森?
見せて欲しいです。
わたしも今から、できるだけたくさんの木を植えたいと思っているのです。
だけど、木陰ができるくらいの林になるには、
10年も、20年もかかるのでしょうね。(。>0<。)
待ち遠しいです・・・・。(その頃には、おばあさんやなあー。)

投稿: yuime | 2013年10月25日 (金) 14時56分

再びオガさんへ>うちも、蒸して割って、スプーンで食べます。それが一番、簡単でおいしいですね!一歳児もなんとかそうして食べてます。

投稿: yumie | 2013年10月25日 (金) 14時58分

とってもおもしろい、刺激的な本ですよ。
男の子ならなおさらオススメです。
実はなかやのご長男にもおすすめしました(笑)

熊は、めったに出遭わないのか。
それならよかったけど、
息子さん達が山奥に探検に行ってるお話を読んで
3人で行かせられて、ゆみえさん、すごいなーと思っていたのです。
でも息子なら、私も心配を押さえて「いってらっしゃい」って言えるかな...。
いや、どうかな。ムムム。

投稿: すぎもと | 2013年10月27日 (日) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/53618500

この記事へのトラックバック一覧です: 栗のこと、森のこと。:

« 高島発信!食・アート・エネルギー・オーガニック☆フェスタ | トップページ | 子どもが子どもらしく »