« 2013年信楽クリスマス会その1 | トップページ | 再び、鞠小路ワンダーランド通りへ »

2013年12月25日 (水)

2013年信楽クリスマス会・その2

20131223_001_022

また信楽のクリスマス会の話ですよ。

信楽のクリスマス会には、

もちろんサンタさんもやってきます。

はるやの父ちゃん母ちゃんは、

手抜きして?

クリスマスに子どもたちに

夢を与えてあげることをしてなかったのでcoldsweats01

うちでは、

プレゼントは、

信楽のサンタさんにおまかせしてました。

さて、クリスマス会では、

それぞれ、親が子どもたちのために用意した、

プレゼントを、

前もって、サンタさんに託しておきます。

そのプレゼントを、

その年のサンタ役の人が、

ひとりひとりに、手渡しする、

子どもたちの一番お楽しみな時間があるのです。

どの子も、

名前を呼ばれてプレゼントを受け取るときの表情が、

かわいらしいです。

そして、包みを開けて、

どんな顔するかな~。

気に入ってくれるかな~。

親たちは、

遠巻きに、こっそりと、

わが子を眺めているのであります(*^m^)。

ときには、

「こんなん、いやや~~ヽ( )`ε´( )ノ」と、

ポイッと、

プレゼントを放る子もいたりして・・・・。

いろいろなドラマがあるのですが、

なんとも、

平和な光景です。

20131223_001_024

さて、

そんな和やかムードのサンタタイムですが、

それとは対照的な、

大人のプレゼント交換。

宴もたけなわ、

興奮の坩堝となる時間です。

一歩間違えれば、

がが~~~ん!shock

天国と地獄に、分かれます。

 

わたしは、

今年は、

干しいちぢく等入った、

ココナツ&ココアケーキ、

ココナツ&しょうがサブレ、

インド@フェアトレードの、ポストカード、布バック、チャイマサラ、

を詰め合わせて、プレゼントにしました。

気にいってもらえるといいなあ~。

気に入ってくれるような人に当たるとうれしいなあ。( ̄ー+ ̄)

20131223_001_001

写真は、無いのですが、

みんなで輪になり、

「真っ赤なお鼻のトナカイ」の歌に合わせて、

プレゼントをお隣さんへ廻していきます。

どれがあたるか、

もう、ドキドキです。

モノによっちゃあ、

天と地くらいの差があるもん。

(ほんま、ほんま。)

天と地、

地のときもあったからねー。わたし。(-ε-)

ほんでねー、

今年はねー、

なんとねー、

はるさんがねー、

大当たりやったんですわ!

えらいでっかい、ダンボール箱が当たったんですが、

開けて、

いやもうびっくり!(≧m≦)

わたしは、

ガッツポーズなんてしたこと無かったのですが(たぶん)

このときばかりは、

ガッツポーズでした!

(当てたのははるさんなんですけどね。)

なんと、

手づくりの、

養蜂用の、

蜂の巣箱!(≧∇≦)

20131223_001_026

来年の、

やりたいことの一つに、

養蜂を考えていました。

蜂さんと仲良くなって、

蜂蜜や蜜蝋を、少しおすそ分けしてもらえへんかなーと、

ブンブン飛び回っているみつばち見るたびに、

思っていました。

しかし、

あんな巣箱、どないなってるんやろ。

簡単に作れるんかなあ・・・・。

ちょっとハードル高かったのです。

それがねー、

こんな立派な手づくりの巣箱が、

蜜蝋までついて、

天から降ってきたのです。

信じられへーーーーんw(゚o゚)w。

まず、

クリスマス会のプレゼント交換に、

こんなでっかいダンボール箱に、

蜂の巣箱が入ってること自体、

信じられへーーーんw(゚o゚)w。

「プレゼントは、

蜂の巣箱作ったろ」

という、誰かさんの発想自体、

信じられへーーーんw(゚o゚)w。

それが、

ちょうど、

養蜂やりたかった、

はるやのところに当たることも

信じられへーーんw(゚o゚)w!

とにかく、

ツイてる~~!

なんか知らんけど、

神さまが、

応援してくれてるーー!

はるやは、

来年も、いい歳になるぞーーー!

(単純やねえ・・・。)

いや、

ほんまにそう思いました。

うれしかったです。

あ、でも当てたのは、はるさんです。coldsweats01

わたしの異常な?喜びようが、

気に入らんかったんか?

それを、本人も強調してはりました(*^m^)。

(わたしは、去年に引き続き、お米が当たりました!)

20131223_001_026_2

あとで聞いたのですが、

この巣箱の作者さんは、

この日

クリスマス会に遅れてまでして、

冷たい雨の中、

作ってくれたのだそうです。

ありがとうねーー。(p_q*)

はるやのために・・・・・。

ん?

調子良すぎかー?(*^m^)

この夜は、偶然にも?

巣箱の作者さんの家に宿泊なのでした。↓

20131223_001_089

それにしても、

毎年、ほんとに興奮の坩堝となるプレゼント交換。

ドラマがあります。

毎年のことやけど、

誰に当たるかわからないプレゼントに、

手間暇かけて、心こめて、

人によっちゃあ、

お金もかけて、

プレゼントを用意する人もいれば、

「なんじゃこりゃ?」

というような、

わたしだったら、

全然うれしくないようなもん(-ε-)

めっちゃ適当な?もん(`ε´)

用意しはる人も、

毎年ちゃんといはります。

手かけようと、

手抜こうと、それは自由なんですけどね。

手かけてプレゼント用意した人に、

いいのが当たるとは限りません。

手抜きの人に、

めっちゃいいのが当たったりってのもあります(lll゚Д゚)。

神様は、不公平?

20131223_001_090

しかし、

「ええのばっかりじゃなくて、

中には手抜きプレゼントがあるからこそ、

盛り上がるんや」

というようなことを、

はるさんがいうてましたが、

ほんまに、そうかも知れません。

そして、

後で思ったんだけど、

人生も、それに似てるかも知れません。

ええことばっかりじゃない、

がんばったら、

必ず報われるというこもなく、

ぎゃふんと言うようなことも、

たまにあるからこそ、

人生盛り上がって、楽しいのかも知れません。

めくるめく人生の、

いろいろな出来事に、

一喜一憂しながらも、

あとくされなく、執着せず、

恨みっこ無し。

受け取っては、

しばし味わって、

まわしていく。

人生って、

そんなことの繰り返し?

願わくば、

どんなギフトでも、

「ありがとう!」と、

笑顔で受け取れる人間になりたいもんです(*^m^)。

それから・・・・。

この巣箱の作者さんのように、

びっくりするようなギフトを、

惜しまず与えられるような、

遊び心のある、

心に余裕のある人間になりたいもんです。

はい。

TAMAやん、

ありがとうね~heart01

翌朝の、TAMAやんの家、

子どもだらけ・・・(男子ばっかり)になってました。↓

20131223_001_088

|

« 2013年信楽クリスマス会その1 | トップページ | 再び、鞠小路ワンダーランド通りへ »

ひとりごと」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

この記事を読んだ時から、はるさんの
>ええのばっかりじゃなくて、
中には手抜きプレゼントがあるからこそ、
盛り上がるんや
という物事の捉え方がすごいなと頭から離れませんでした。
この言葉からいろいろなことを考えさせられたんです。

人によって価値観は違う。同じものもらってもうれしい人と何も思わない人。手に入るタイミングは大きく影響するかと・・

その人に取ったらよいと思ったもの(品)なのかもしてない。。。とか、そういう ある意味気楽なものを出してくれる勇気ある人のおかげで、次の時の自分がプレゼントを考える時のプレッシャーがなくなるのかもしれない・・・とか。華美にならん久手すむのかも。とか。
簡素な物のおかげで引き立つものがあるのかもとか。。。
何やらいろいろ思うことがありました。

最近の私の身近な出来事に置き換えて考えると、法事のお供え物がみんなそれぞれだからいろんな人の考えがあるんだと思ったんです。ちょっと違うかもしれんけど。。。いろんな場でそういうことってあるなって思いました。
なんていってらいいかわからんけど、はるさんみたいな考え方の人がいるって知りすごいと思いました。
これじゃないとあかん!っていうのでなく、それでもいい、これでもいい、すべて損ママ受け入れてるところが素敵で、共存って感じがしたのです。
こういうことは、自分自身を楽にするんだろうな…
とても勉強になりました。 
ありがとうございました。

投稿: さくら | 2014年1月28日 (火) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/54373098

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年信楽クリスマス会・その2:

« 2013年信楽クリスマス会その1 | トップページ | 再び、鞠小路ワンダーランド通りへ »