« 童心浄土 | トップページ | オーガニック&つながるマーケットのお知らせ »

2013年12月13日 (金)

暗闇のはなし

20131209_001_006

「日本は、暗闇が無さ過ぎ。

どこへ行っても、夜も明るい。

それは、子どもたちにとっても、

良いことではない・・・・。」

というようなことを、

ある人が話してくださいました。

デンマークで子育てをした方が、

そんなことをおっしゃっていたそうです。

暗闇・・・・・。

それで、

わたしが思いつくのは、

長男が、学校から帰ってくるときのこと。

20131209_001_004

長男が、バスに小一時間揺られて、

お山のバス停で降りるてくるのは、

夜の8時前。

日はとっぷりと暮れています。

(冬季は、別の方法で帰ってくるので、事情が変わりますけど。)

月の見えない夜など、

外灯が無いので、

真っ暗闇です。

そんな中、

長男は、ええっと10分はかからないな。

7、8分くらいかな・・・・。

一人で歩きます。

人っ子一人いないけど、

ケモノの気配がムンムンする、

川沿いの道を。

20131209_001_008

長男が歩くと、

あちこちに、

潜んでいる鹿が、順番に、

声を出します。

「ヒトが来るぞ!」

「気をつけろ!」

「そっちへ行くぞ!」

「逃げろ!」

「逃げろ!」

そんなかんじ。

長男の歩みに合わせるようにして、

鹿の声が、

闇の中、

小さな谷に、響くのです。

「キッ!」

とか、

「ピッ!」とか、

そんな声。

20131209_001_005


だから、

鹿の声が聞こえると、

ああ、

長男が今、あのへん歩いてるなー。

今は、あのあたりやなー。

さあ、こっちへ廻ってきたぞ。

ほら、

ほら、このへん。

そろそろやな~。

わ~い!

帰ってきたー。

おかえり~~ヽ(´▽`)/!!!

と、

長男の歩みが、

手にとるようにわかるわけですよ。

おもしろいでしょう?

あるときは、

長男が歩いていたら、

闇の中から突然、

鹿が10頭くらいドドドドドーッっと、

目の前を、

駆け抜けて行って、

騎馬隊みたいだったそうです。

そりゃ、びっくりしたやろなー。

20131212_001_013

そんな、

何が出てくるやらわからない、

スリル満点の暗闇の中、

次男三男そして末娘が、

長男を迎えに行くこともありました。

次男が末娘をおんぶして、

3人で、

バス停まで歩くのです。

きょうだい3人いたら、

怖くないんでしょうかねえ。

帰りは、

長男が末娘を抱っこ。

次男が、長男のバカでかくて重たーーい、カバンを担ぎ、

三男は、歌でも唄いながら、

みんなで、楽しそうにうちに入ってきます。

夜の道、

3人の兄ちゃんたちの話し声を聞きながら、

ずっと長男に抱かれて帰ってくる、末娘。

どんなに幸せな時間だったろう・・・・と思います。

(それから、

やっと、我が家の晩ごはんが始まるのです。)

20131212_001_012

鹿が長男の帰りを知らせてくれること、

兄弟で仲良く長男を迎えに行って、

みんなでニコニコして帰ってくること・・・。

そんな、

日常の、小さなことですが、

わたしを幸せな気持ちにさせてくれます。

きっと、

こんな、小さな日常の一コマを、

子どもらがどこかへ巣立って行ってしまった後、

たまらなく懐かしく思い出すものなのだろうなーと思います。

20131206_001_008

まあ、

それは置いておいて、

暗闇があるというのは、

こんな山奥で暮らしていたら、

当たり前のことなのです。

暗闇に包まれる。

暗闇を歩く・・・。

でも、

落ち着いて、

だんだんと闇に馴れてくると、

見えてくるものです。

いろいろな輪郭がはっきりしてくるのです。

遠い先は見えなくても、

目の前の、

歩いていく道すじは、見えてくるのです。

どんな暗闇でも。

月の明かりも、星空も無い夜でさえも。

同じように、

どんな辛いできごとや悲しいできごとの、

まっただ中にいて、

お先真っ暗~~~shockな、

暗闇状態だとしても、

それでも、

歩き続けていると、

そして、

落ち着いて、

目をこらしていると、

だんだんと、

ものごとの輪郭が、

見えてくるものかも知れません。

暗くてなーんも見えへんやん。

怖い。

怖いヾ(;´Д`A。

と思ってたけど、

「なんやー、

こんなとこに道があるんやんか~~♪」

と、

ちょっとは楽しそうな道が、

見えてくるのかも知れません。

だんだんと、

光が見えてくるものなのかも知れません。

なーんて、

思ったのでした。(゚ー゚)

20131212_001_011

|

« 童心浄土 | トップページ | オーガニック&つながるマーケットのお知らせ »

ひとりごと」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

今日も心に響くお話、素敵な写真、ありがとうございます♪今晩は一段と冷えますが、雪はいかがでしょうか?(*^^*)

投稿: みほっち | 2013年12月13日 (金) 22時11分

みほっちさん>読んでくださってありがとうございます。それが、それが、今年はまだまだたいしたこと無いのです。クリスマスの頃、ドカンときそうです・・・。

投稿: yumie | 2013年12月18日 (水) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/54217659

この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇のはなし:

« 童心浄土 | トップページ | オーガニック&つながるマーケットのお知らせ »