« 秋の夜長に。 | トップページ | 新月ということで »

2013年12月 3日 (火)

「風と土の工芸」でした。

20131202_001_016

天気、上々sun

・・・・と、思ったら、

雨雲みたいなん出てますけど。coldsweats01 

20131201_001_002

さて、

写真よし!

20131129_001_011

ケーキよし!

特製キッシュも焼けた。

20131129_001_010

便所のサイン?よし!

20131202_001_004

看板よし!

20131202_001_006

 

煙突の穴よし!

(ん?これは関係無いか。)

20131201_001_013

豆炭こたつ、よし!温まってる!

しかし、家の中は、まだ冷たいですtyphoon

(お陽さんの温もりが頼りです。(。>0<。)

さあ、

10時になりました。

山のカフェはるや

オープンしますよ~~~~。chick

・・・というわけで、

「風と土の工芸」で、

はるやは三日間限り、

オープンハウス&ちょこっとカフェ営業させてもらいました。

床に積まれていた材木寄せて、

木屑を掃除して、

昔、手づくりしたテーブルとか、

店で使ってた器とか、

懐かしいもの、古いもの、

引っぱり出してきて、

並べたり、置いたりしたら、

住んでいる人たちに似合わず、

けっこう、おしゃれ空間?になりましたよー。

(というか、何もないがらんどうですね。)

20131129_001_012

期間中、

たくさんの人たち、来てくださいました。

20131202_001_002


このイベントhttp://www.kazetotsuchi.musubime.tv/に参加されて、

あちこち廻っておられる方のほかに、

うちのブログを気に入ってくださっていて、

「一目、はるや一家の住んでるところを見たい」と、

名古屋など、、遠いところから、

辿りついた方も、何組かおられ、

びっくり。感激でした。

ほんとうに、

ありがたいことです・・・・・。(ρ_;)

(SAKAIさん、ありがとうございました。)

20131130_001_002_2

そんな方たちが、

絶えることなく・・・・・・。

家の周りでは、

野生に返った?

お客さんの、

お嬢ちゃん、おぼっちゃんたちの、

笑い声・・・・というより、

絶叫マシーンにでも乗ってるんかいな?

というような、

元気な声であふれcoldsweats01

大賑わいでした。

そのうち、

日がとっぷり暮れてしまったので、

キャンドルを灯し、

それから、はるさんが急遽、

投光器を設置。(^-^;

20131201_001_018

小さな石油ストーブ一つの暖房でしたが、

昼間のお陽さんの温もりと、

みなさんのニコニコ顔の温もりが、

いつまでも、

家の中に残っているようでした。

ああ、いいかんじやな。

京都でやってた、はるやも、

こんなかんじやったな。(電気はあったけど。)

そのときと、同じような空気が、

流れているかも知れない。

また、こんな場所、

はるさんと、子どもらと、

作っていくことになるんかな・・・・( ̄ー+ ̄)。

20131201_001_023

何はともあれ・・・・、

こんな山奥まで、

足を伸ばしてくださったみなさん、

ほんとうにありがとうございました。

なんやかんやと忙しくしてて、

おひとりおひとりの方と、

ゆっくりお話ができず、すみません。

そして、

影で支えてくださっている、

スタッフのみなさま、お世話になりました。

(まだこのイベント、別の地域で、後半ありますよ。)

それから、

はるやの家作り、一緒にやってくださっている、

エコワークスのみなさん、

清水棟梁さんと田上くん、ありがとう。

(まだ、完成してへんけどね。)

そんな、みなさんとのご縁が、

ひとつながりになった、

三日間でした。

この家も、

この土地も、

喜んでくれはったやろなと思います。

20131114_001_059

|

« 秋の夜長に。 | トップページ | 新月ということで »

i家づくり」カテゴリの記事

場所づくり」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/54126482

この記事へのトラックバック一覧です: 「風と土の工芸」でした。:

« 秋の夜長に。 | トップページ | 新月ということで »