« 古良慕さん | トップページ | 雪の中で・その1 »

2014年1月22日 (水)

生きることは食べること


20140114_002_008_5

 

いきなり、

妊娠中の話です。

chick

chick

つわりが一番きつくて、

何を食べても、

ムカムカ、ゲロゲロばっかりshock

水さえも、「オエーーーッshock」とくるような、

どうにもならんような時が、

わたしにも、ありました。(汚くってすんませんcoldsweats01。)

(3回目の妊娠中がそうでした。)

玄米、味噌汁、煮物、・・・・そういうもん。

マクロビオテイック的な、妊婦に良いとされる食事・・・がすべてNGでした。

20140114_002_014


しかし、

そんな、

寝たきり病人さん状態みたいな時にも、

「これが食べたい~~~~(。>0<。)!」という欲求が生まれるときがありまして、

これはかなり、激しく、そして切実な欲求でした。

その、激しくも切実な欲求が満たされたとき、

つまり、その食べもんが

ついに手に入り、

ぽいっと口に放り込まれたとき、

それはもう、

細胞の一つ、一つが、バンザイしているみたいに、

涙がちょちょぎれるくらいに、

幸せな気分になるのです(。>0<。)。

身体中で、

「おいしい!」「幸せ!」を感じるのです。

幸せのくす玉が割れたみたいに、

身体も心も大喜びの瞬間なのです。

(わかるかな~?このかんじ。)

そして、みるみる力がみなぎってくるのです。

(正しくは、みなぎってくるようなかんじがするのです(*^m^)。)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

20140114_002_016

こんなふうに、

身体じゅうで、

「おいしい!」「幸せ!」を、

強烈に感じることって、

後にも先にも無いやろなと思いました。

妊婦の特権やなと思いました。

20140114_002_018

でも、

もしかしたら、

ここの患者さんたちも、

同じような感覚で、

幸せをかみ締めてるんやろな~って、

思いました。

余命1~2ヶ月の末期のがんの患者さんが療養しておられる、

あるホスピス病院のお話です。

20140114_002_019

そこでは、

その人らしい人生を全うできるよう

「心のケアとして力を入れるのが食」と、

週に1回、リクエスト食の日を設けておられるそうです。

患者さんが食べたいもの・・・リクエスト・・・を前もって、

聞いておいて、

調理場のスタッフの方たちで、

提供するのだそうです。

20140114_002_025

「生クリームがのった、ふわふわのホットケーキ。」

「ファミリーレストランにあるようなパフェ」

「マグロやサーモンがのっている海鮮丼」

「そうめんをガラスの器に盛って」

そんなふうに、

患者さんの人生の思い出の料理を、

思い出の場面そのまま再現するみたいに、

盛り付けとか、器とか、中の具材とか、

できるだけ希望に添ったかたちで、

提供しておられるそうです。

病院の調理師さんとか栄養士さんという、

職業の枠を超えた、

すばらしいサポートだなと思いました。

20140114_002_015

海辺で生まれ育ったある男性は、

家族の方たちに見守られながら、

ご自身のリクエストメニューの、

カツオとハマチの刺身を力強くかみしめて、

「漁師町生まれやし、

好物は魚や。」

「あー、おいしかった」と、

満足され、

その2日後に息を引きとらはったそうです。

最後のお食事だったそうです。



余命あとわずかというような患者さん、

お一人一人には、

きっと思い出深い食べ物がいくつかあって、

それにまつわる、

たまらなく懐かしいドラマが、あるのでしょう。

そんな、お一人、お一人の、

思いを、

大切にされている、

そのホスピス病院さんの話に、

わたしは、

いたく感動いたしました。

20140118_001_026

余命いくばくか・・・というような方が、

もし、

たった一口でも、

その懐かしい味を再び口にすることができたなら、

それは最高に幸せな瞬間だと思います。

たとえ、

寝たきりであったとしても、

からだじゅうで感じる、

「ああ、おいしい!」ってのは、

「ああ、わたしは 生きている!」と、感じるのと同じ・・・だと思います。

20140114_002_032


「何を食べようか。

誰と食べようか。

患者さんは、思い出の食を通じて、

人生を振り返り、

あすへ希望を抱くことができる。」   朝日新聞2013年8月21掲載記事より。

20140114_002_040

食べることは生きること。

生きることは食べること。

20140114_002_057

 

 

身体が欲しているものを食べること。

おいしい!と、感じること。

一番シンプルに、

生きている喜びを感じる瞬間かも知れません。

 

 

 

20140114_002_059

誰かと一緒にご飯を食べるというのは、

生きている喜びを、

分かち合うこと。

 

 

20140118_001_010

 

だから、

血がつながっていても

いなくても、

共にご飯を食べるということは、

家族みたいなもん。

20140118_001_030




家族のためにおこなう、

日々のご飯づくりや、

家族みんなで食卓を囲むというのは、

命あるものをいただき、

命あることを、喜び祝う儀式とも言えんやろか。

 

わたしは、

何をおいても、

やっぱり、

日々のご飯を大切にしていきたいです。

そして、

これから、

お山のはるやを訪れてくれるみんなと、

一緒にご飯を食べて、

命ある喜びを、

分かち合うことができたらなと思っています。

 

20140114_002_030




えーーーーー、

なんだか、

たいへん前置きが長くなりましたが、

先月から撮っておいた弁当写真を、

またアップしますよ。

 

ペンネ入り、餅キビチーズ&玄米クリームグラタン

ワカメ入りご飯

20131212_001_001

 

↓掻き揚げどんぶり

 大根葉の炒め物

 煮しめ

20131212_001_005_2

 

↓ めっちゃおいしかったはるさんのレンズ豆と野菜のスープ

  切り漬け

20131212_001_021_2

↓黒目豆のカレー

マッシュサツマイモとカリフラワーのパコーラ

20131216_001_025

 

↓粕汁 

 豆腐ステーキ

 焼き飯

20131219_001_001_2

 

↓再び粕汁

 おむすび

 ゴボウの丸煮


20131217_001_006

↓サツマイモのきな粉揚げ

畑菜の炒め物

揚げ人参の中華風煮こみ

20140118_001_001

↓白菜とお揚げの炒め煮

レンコンと人参のキンピラ

ゴボウの搔き揚げ

子どもら作、「へしこ」

20140118_001_009

毎日ごはん。

ときどき、パン。

↓自家製酵母パン(わたし、パン係)のサンドイッチ。

マッシュポテト&人参ナゲット

20131219_001_021_2

毎日、ごはん。

ときどき、パン。

 

近所の石釜パン屋さんから、

なんと、大量の差し入れがありました!

ラッキー!(≧∇≦)

これだけあったら、主食で食べられるわ。

20140111_001_030

せっかくやし、

パンに合うメニューにしました。

(かえって、和食より手がかかるなあ~~。)

おいしかった!

人参のポタージュ

キャベツの梅酢&オリーブオイルあえ

白いんげん豆のフーマス風

豆乳&オリーブオイルのマヨネーズ風

 

20140111_001_029

冬休み、

プレゼント用にケーキをたくさん焼きました。



20131220_001_002

うちで、

あるもんDEクリスマスケーキ

20131225_001_014

豆腐ココアクリームと、

カシューナッツクリームの2種類です。

20131225_001_015

せっかくのりんごの季節やから、

アップルパイも、焼かなきゃ。

いただきものの、梨も一緒に。

20140114_001_004

オキナワのポーポー風というか、

ぶ厚いクレープというか・・・。

中身は、バナナ&ピーナツバター (アメリカ仕込み?のはるさんのお気に入り)


20140105_001_024

 

さーて、

今日は、一歳児が2歳児になるお誕生日なので、

ご馳走作って、

家族みんなで、

めいいっぱい祝ってやろうと思いまーす。

20140119_001_002

 

 

|

« 古良慕さん | トップページ | 雪の中で・その1 »

ひとりごと」カテゴリの記事

妊娠出産など」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

食べること。」カテゴリの記事

コメント

天音ちゃんお誕生日おめでとう!!
私も今日お誕生日をいろんな人にいろんな形で祝ってもらいました。
うれしいです

投稿: さくら | 2014年1月22日 (水) 22時40分

この言葉にすごく共感しました。

>誰かと一緒にご飯を食べるというのは、

>生きている喜びを、

>分かち合うこと。

その通りですね。
一緒にご飯を食べるというのは、
何か自分が思っている以上に
素晴らしく幸せなことだと思いました。

一緒に食べられること、
一緒においしいって言い合えること
一緒に生きていること

それってすごく幸せなことなんだと
あらためて気づかされました。

投稿: はせがわみつる | 2014年1月23日 (木) 10時48分

さくらさん>ああ、天音ちゃんと同じ誕生日でしたか!それは、それはおめでとうございます!続きの人生も、ますますハッピーでありますように!

投稿: ユミエ | 2014年1月24日 (金) 08時20分

みつるさん>共感してくださって、うれしいです。ほんとにね、今日もまた好きな人たちと一緒にご飯を食べられるって、幸せなことです。いや、一人で食べるにしても、やっぱり幸せなことです。

投稿: yumie | 2014年1月24日 (金) 08時23分

天音ちゃん お誕生日おめでとうございます。

ほんとに、幸せいっぱいの写真ばかりで、いつも、癒されてますよ。

お弁当のおかずに手作りへしこは衝撃でしたが・・・笑

投稿: ももんが | 2014年1月25日 (土) 10時36分

ももんがさま>ありがとうございます。あはは。へしこは、お山の学校で毎年、地域のおばさんに教わりながら仕込んでいるんですよ。

投稿: yumie | 2014年1月27日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/54704311

この記事へのトラックバック一覧です: 生きることは食べること:

« 古良慕さん | トップページ | 雪の中で・その1 »