« 冬篭り、明けました!その1 | トップページ | 冬篭り、明けました。その3 »

2014年4月15日 (火)

冬篭り、明けました。その2






20140401_001_018

毎日、少しずつ、解けてゆきます。

20140414_001_027

やっと、

外ご飯できました。

気持ちいいね~。

20140408_001_008

砂遊びも、できますよ。



20140408_001_011

それでも、

長靴を履く毎日ですけど。

20140414_001_053

洗濯物を、

外に干せるようになりました!

最初は、雪の上だったけど・・・、

20140414_001_001

じゃじゃーん!

土の上に干せるよー。(≧∇≦)

「青空にたなびく、

せんた~くものよ♪」

矢野顕子の歌を口ずさみながら。



20140414_001_045

地面が出てきて、

さあ、

今年も、いよいよ始まりました!

・・・というかんじです。

はるさんの今春の目標の一つ、

「鹿避けの柵をぐるりとやる」

というのがありましたが・・・・、

20140414_001_033

3兄弟+末娘が、

手伝ってくれました。



20140414_001_031

三男と末娘は、

何やってんだかわかりませんけど。

20140414_001_035

長男、次男、

ようやってくれました。

たのもしいです。

こんなとこ見ると、

しみじみ、

みんな大きくなったなー。

成長したなー。

と、思います。

20140414_001_034

昔は、こんな単純な作業でさえ、

おんぶしたり、

寝かせている間にやったり、

はるさん一人でやったり、

たいへんやったように思います(@Д@;。

それが、今じゃ、

子どもらが一人前に働いてくれるのであります。

うれしいことやなあ。(ρ_;)



20140414_001_038

みんなようやってくれたし、

はりきって、みんなの好みのケーキ焼きましたよ。



20140414_001_040

土の上を歩ける。

外でお茶が飲める。ご飯が食べられる。

外に洗濯物が干せる。

土の上で、はたらける。

毎日、木の芽がふくらんでゆく。

草の芽が立ち上がってゆく。

20140414_001_023

ひとつひとつが、

うれしいです。

しあわせやなー。


20140414_001_044

|

« 冬篭り、明けました!その1 | トップページ | 冬篭り、明けました。その3 »

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

食べること。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/55786896

この記事へのトラックバック一覧です: 冬篭り、明けました。その2:

« 冬篭り、明けました!その1 | トップページ | 冬篭り、明けました。その3 »