« 充実した休日でした。 | トップページ | くうねるのぐそのはなし »

2014年5月26日 (月)

緑のじゅうたん

20140517_001_008

こつこつ、地道にやっております、

わたくしの庭づくり。

ガーデニングと言うよりは、

ど方仕事。

ちせさんの近くにスコップ&ホーという、

お洒落な名前のお店があるそうですが(一度行ってみたい)、

わたしの場合、

ツルハシ&一輪車(@Д@;。

掘ったり、運んだり。

20140514_001_002

掘ったり、運んだり、

掘ったり、運んだり・・・・(@Д@;。

20140516_001_003

そして、そして、

わたしは、種を蒔く人になりました。( ̄ー+ ̄)

パラパラパラパラ・・・・。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20140526_002_015


場所も形も、めっちゃいい加減(←はるさんと大違い)な花壇兼畑にも、

パラパラパラパラ・・・・・。

20140525_001_001_2

落ち葉がいっぱいの雑木林の土は

ふわふわ、ほかほかしていて、

まるで種のおふとん。

赤ちゃんで言うたら、ふわふわの子宮かな。胎盤かな。(*^m^)

そんな、

おふとんに、そっとやさしくパラパラパラパラ・・・・。

20140525_001_002_5

 

花も、野菜も一緒くた。

余った種や、

むか~し採取して蒔ききれなかった古い種も、

一か八か、

そこらに、パラパラと蒔きました。

「生まれてくる命は、

なんとしてでも生まれてくる」

これ、

わたしの持論なんですけど、

踏んでも流されても、

出てくる芽は出てくるし、

咲く花は咲くでしょう。

ほら、

こんなややこしいところで、

大根が満開の花を咲かせてます。(*^m^)

20140526_002_004


敷地の一部に、

廃墟が朽ちて、

ガラスやらゴミやら散乱し埋まっていたところがあります。

あんまり見たくないなー、

足を踏み入れたくないなーと言うかんじだったけれども、

ここを、

お花でいっぱいにして、

憩いの場にしようと思っていますよ。

むかし、むかし、

ここに住んでおられた方たちの魂も、

きっと、喜んでくださるだろうと思うのです。

20140516_001_001

そして、

何年もの間にわたって、

鹿に食い荒らされていたこの荒地が、

やわらかな緑のじゅうたんになりますように。

(草ぼうぼうとは違うのであります。)

そんなことも、

夢見ています。

20140526_001_001

今年は、早くから鹿避けの柵をしたので、

去年よりもずっと、

野草が増えています。

よそに行ったら、ただの雑草かも知れないのですが、

スミレ、どくだみ、ヨモギ、カタバミ・・・・。

わたしにとったら、

園芸屋さんで売っているお花たちと変わらない、

愛おしい、草花たちです。

20140526_002_021_2

昨年、

何度も何度も、

芽吹いたところを鹿に食べらてしまった栃の木の赤ちゃんですが、

どっこい、まだ生きてました。

かわいらいい葉っぱの赤ちゃんが出てきました。(≧∇≦)

20140526_002_019

昨年、食べ損ねたぎんなんをばら撒いたのですが、

なんと、

銀杏の赤ちゃんが2つ、出てきてました!(≧m≦)

20140526_002_011

太郎はんが植えた木から、

花が咲きました!(≧∇≦)

20140526_001_003

これは、一面にはびこっている、

鹿さえも食べないような、どうにもならん草です。

アフリカのサバンナのキリンや砂漠のラクダくらいやったら、

食べてくれるのでしょうか。(`ε´)

地面にしぶとく張り付いていて、

かなわんやつです。(≧ヘ≦)

気が向いたら、つるはし片手に抜いてまわっているのですが・・・。

よーく見ると、

この草の根元には、

たくさんの小さな小さな草の芽が集まっているのです。

まるで、親鳥がヒナを翼の下に抱え温めてるみたいに・・・。

ああ、

そうなのか、

わたしにとっちゃあ、かなわんやつでも、

草の赤ちゃんたちにとったら、

強い日差しやどしゃぶりの雨から、

ほどよく守ってくれている、

お母さんみたいな存在なんやろな・・・。

20140526_002_018_2


と、まあ、

自然界よくよく観察すると、

考えさせられること多し。

夢中になって、草を刈ったり眺めたりしていたら、

ごりごり何かが身体に当たります。

振り返ったら、

鹿の骸骨さんでした。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

これ、どうするねん!

20140526_001_004

こんな具合ですが、coldsweats01

小さな命が、次から次へとあふれ生まれ出でる、

ミラクルワールドの、

春のお山暮らしです。

**おまけ**

「とりさんの声して来る」と、

庭先で、笛吹いてます。

鳥さんと、一緒に歌っているつもりのようです。

なんとなく、鳥さんも、お返事してくれているようではありますが・・・。

どうかな。(*^m^)

20140516_002_022_2

 



 

|

« 充実した休日でした。 | トップページ | くうねるのぐそのはなし »

ひとりごと」カテゴリの記事

場所づくり」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/56315878

この記事へのトラックバック一覧です: 緑のじゅうたん:

« 充実した休日でした。 | トップページ | くうねるのぐそのはなし »