« ワンさんがやってきた。 | トップページ | しあわせな妹 »

2014年7月15日 (火)

「我慢」のはなし。

20140621_001_007

「我慢してたら、ロクなこと無いなー」と、

思うようになりました。

(↓写真はうまこさんの愛馬ぶち君とうちの息子らです。)

20140621_001_006

ほんまは、ず---っと遊んでいたいのに、

「我慢して」宿題している子。

ほんまは、弱虫で甘えん坊やのに、

「我慢して」お兄ちゃん役を演じてる子、

たまには、もっとはじけて、ふざけて、お行儀悪くしたいのに、

「我慢して」いつもいい子になってる子。

なんでもかんでも、

我慢、がまん。がまん。

「我慢することは良いことだ」

「良い子は我慢!」みたいになってますけど、

ほんまにそうやろか。

親や先生が言うように、

「我慢」して、「我慢」して、

「ちゃんと」、「ちゃんと」、

「しなくちゃ」「しなくちゃ」が、いっぱいいっぱい。

毎日が、アップアップ(@Д@;

そんな子が、

自分よりやさしい子に、

何でも受け止めてくれそうな子に、

あるいは、

自分と同じように、

我慢してる子・・・・、それを耐えてくれそうな子に、

意地悪したり、いじめたりするのではないかな。

(最近、身近なところでいじめが原因で、

悲しい出来事があったので、

いじめについて、

考えるようになりました。)

20140621_001_003

ま、

大人の世界でも一緒なのかも知れません。

家族のためだから、

母親だから、父親だから・・・・。

常識的な、

良いお母さん、良いお父さんって思われたいもん?・・・・。

誰から?

自分の両親から?地域の人たちから?学校の人たちから?

友人知人から?職場の人たちから?

やりたいこと我慢して、

家のことに追われているお母さんいっぱいいるでしょう。

我慢して毎晩遅くまで働いているお父さんも、いっぱいいるかも知れません。

そんな、

「我慢してる人」そして、

「忙しい人」ばっかりの学校や家庭や、世の中は、

たまらんなーーー。

みんな余裕なくって、忙しくて、ぴりぴりして、

八つ当たりされそうやなー。

すぐキレそうやなーshock

20140621_001_011

その「我慢」って、ほんまにほんまに必要かなあ?

「○○のため」って言うけれど、(言い訳してるけど)、

ほんまにそうなのかなあ?

それ、我慢しないでいたら、

そんな大変なことになるんやろかなあ???

まずは、お母さんから、

その「我慢」放り出してみたらどうかなあと思います。

「ちゃんとしなきゃ」を、手放してみたらどうかなあと思います。

洗濯もの干さなあかんけど、眠い・・・・・(/□≦、)。

後でいいやん。

どうせ雨やし、なかなか乾かへんやろ。

たまには昼寝したってええやん(*^m^)。

たまには、ご飯と漬物だけだってええやん。

お金無いけど、たまには自分にご褒美買ったってええやん。

たまには、子ども置いて、遊びに行ったってええやん。

そんなふうに、一つ、一つ。

自分が我慢しなくなって、

気楽でくつろいだ気分になれば、

子どもやお連れ合いさんにも、我慢させようとは思わないかも知れません。

子どもの、ええとこもかなわんとこも、

「ま、いいか。」と、

まるごと、許せるお母さんになるかも知れません。

なーーんにも我慢してない、

ありのままの~~♪(←息子が歌ってました。)わたし自身と、

ありのままの~~♪子ども、

どっちも大好きやで~~♪と、

抱きしめることができるかも知れません。

そもそも、

自然界の生き物にも、自然界で起こる現象にも、

「我慢」というのはありえないでしょう。

みんな、ありのままに生きています。

花が咲くの我慢したり、

蝶が卵を産むのを我慢したり、

空が雨降らすの我慢したり、台風が我慢したりするかなあ・・・。

(しつけられて「我慢」するペットはいるけどね。)

それで、不思議と調和はとれているものなのでしょう?

人間だって一応、「自然」のもんなのだから、(特に子どもは「大自然」そのもの!)

ありのままでいることが、本来の姿。

「我慢」なんてありえへんのです。(と思います。)

そもそも、命削ってまでしなあかん「我慢」って、

ほんまにあるんでしょうか?

(本当に、命削ってる人、います・・・・。)

「我慢する」ということは、

命にとって、不自然なのではないかなあ?

20140708_001_009

そんな、

大自然な存在の子どもたち、

まるごとゆったりと、

お母さんに受け入れているならば・・・・、

(ほんまにまるごとは、難しいやろけどね。)

友達や兄弟に八つ当たりしたり、

いじめたりするような心持ちにもならんでしょう。

お互いが辛くなるほどの反抗期も、

無いんちゃうかなとも思います。

たぶん・・・・。

(うちの子みてたら、そんなふうに思います。)

20140708_001_002


学校で、いじめ対策とか言うて、

「いじめはダメです」と、いくら口が酸っぱくなるほど言うても、

アンケート調査しても、

標語やらポスター作って教室に張っても、

道徳の時間を増やしても、

そんな小手先だけの教育では、

いじめは無くならんでしょう。

それが効果あるのなら、とっくに無くなってます。

(そんなこと、センセイたちも、気付いてるでしょ?)

学校も、家庭も、

我慢してる人、

そして、

忙しくしてる人がいっぱいやもん。

センセイも忙しい、

生徒も忙しい、

親も忙しい世の中ではなあ・・・・。

「忙しい」とは、

「心」が、「亡くなる」と書くのです。

心、亡くなってしまってはなあ・・・・・・。

20140708_001_011


そんなわけで、

我慢するとロクなことは無いし、

家族のためや、世の中のためやと我慢してても、

ありがた迷惑(≧ヘ≦)!

最近、そう思います。

だから、

わたしも、

我慢やめよう。

(・・・・・とか言いながら、

長年の思い込みが染み付いて、

我慢するのが癖になってるもんです。)

そんなとき、

絶対我慢しない人、

つまり、大自然そのものの人。

この人が、わたしのセンセイになります。

20140708_001_007

|

« ワンさんがやってきた。 | トップページ | しあわせな妹 »

ひとりごと」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

ほんまそう思う~
私も今日、自分の長年しみついて気づかなかった
義務や伝統、法律、世間の常識を刷り込まれた中でがちがちになって 自分をそういう風に修正して生きて来てたことにきづけたことがありました。
そしてそれが自分を生き苦しくしてたとわかり、大号泣しました。

投稿: さくら | 2014年7月15日 (火) 22時55分

素敵な日記に感動してます!
日記読んでうなずく事ばかり
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
ソウソウ(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)

まぁっいいか
ケセラセラで無理なく
ありのままを受けとめます

まご姫が私の先生です!
ありのままの~♪我が家のまご姫も大好きな歌です(^_^)v
小学校2年生です(^_^)v

投稿: グランマ | 2014年7月17日 (木) 04時13分

ゆみえさん、ほんとそう。
私は我慢しない日はないかなぁ、という毎日。。
その原因はやっぱり忙しすぎることだと思います。
もうちょっと余裕があれば夜の時間も子どもらと一緒に楽しめるよね、お料理も一緒にできるよね、自分もいらいらしないで急かすことも減るよね、自分の自由な時間も少しは持てるよなぁ、、と。働く両親がそろって夕方4時5時に帰れたらほんま素敵!
子どもらは自由に「ありのままに~(笑)」やってるほうかなと思いますが、大人が「楽しく穏やかに自由にありのままに生きる」ってなかなか難しい。。でもめざしたいです。ちょっとずつでも!

投稿: aya | 2014年7月17日 (木) 08時42分

さくらさん>大号泣されましたか!そうか~。もうお互い、我慢はいいですよね。読んで、感じてくれてありがとう。


グランマさん>素敵なグランマさんですね~。ケセラセラ♪なグランマさんがいて、お孫さんも、娘さん?息子さん?も、幸せですね~。

ayaさん>「忙しい」ってのがすべての原因になってるようなところがありますよね。でも、実は、ひとつひとつ、自分で選んでそうしてることなんでしょうけど・・・。ほんと、働く両親が夕方までに帰ってこられたら、ずいぶん違いますね~。

投稿: yumie | 2014年7月21日 (月) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/56594359

この記事へのトラックバック一覧です: 「我慢」のはなし。:

« ワンさんがやってきた。 | トップページ | しあわせな妹 »