« 夏休みのごはん作り | トップページ | 居残り組は・・・。 »

2014年8月19日 (火)

かわいい子には旅をさせよ・・・ということで。







20140818_001_006

うちらの、

かわいい長男、長女たちがやってる中学生バンド落下星。

(本番だけ?バンドメンバーの顔して、長男、ドラム係やってます。)

その子らが、そろいもそろって、

なぜか、ドイツに行くというのでw(゚o゚)w、

(「ほんまかいなー?」というかんじ。降って涌いたような話です(*^m^)。)

身内で壮行会しました。

晩ごはん、みんなで食べました。

うちからは、

インド料理、メキシコ料理、

そして、ドイツ料理と、はるやのケーキ持って行きました。

国際的でしょ?(*^m^)

(すべてはるさん作。)



20140814_001_008

ネパール以来の外国ということで、

長男おおはしゃぎでした(≧∇≦)。

そりゃもう、うれしくてうれしくて、たまらん様子。

ちっちゃい子どもみたいになってましたよ。

あんた、ほんま外国行きたい人なんやなー。

よかったなー。

あんたのその、爆発しそうな「わくわく」が、伝わってきて、

わたしも、旅に出たくなったわー。

20140814_001_002

4家族で、14人の子どもたち。

(関東から保養で来られたお兄ちゃん2人混ざってますけど。)

20140814_001_010

せっかく、大集合したし、

お母ちゃんたちも一緒に。

みんな、子宝たくさんです。

おんなじ時期に、

あっちが一人、こっちが一人・・・とういかんじで、

次々と、よう産んだなー。

20140814_001_019

ついでに・・・・・、

これは身内向けですけど。

写真の整理してたら、

ほぼ同じメンバーで写った写真が出てきました。

(末娘がこの世にやってくる何年も前の写真です。)

みんな、大きくなったこと!(≧∇≦)

19_014

そんなわけで、

子どもらの成長をしみじみと・・・・でもないか。

あははは!と笑って、喜び合った、

楽しい宴でした。

旅も縁のものとは言え、

ほんまに恵まれている子どもたちです。

お盆だからかな、

わたしは、ご先祖さまの愛を感じました。

愛されてるよなー。みんな。(わたしたち親もふくめて。)

おじいちゃんおばあちゃんのサポートがあってこそやしね。

ご先祖さま、おじいちゃんおばあちゃん、

この子たちの未来を応援してくれてありがとう。

別れ際に長男が、

「大人のぶんも思い切り楽しんでくるわー!」と、

言いました。

うんうん。思い切り楽しんでおいで。

誰に遠慮することなく、なんでも見て聴いて、いっぱい刺激受けておいで!

未来の扉が、また一つ開いたね。

20140814_001_020

というわけで、

しっかりものの、長男長女たちが居なくなり、

それぞれのご家庭には、

次男以下がいてるわけです。

(みなさん、どないでっかー?)

我が家は、

一番うるさい人(長男)が、いーひんし、

静かやなー。

20140816_002_005


が、しかし、

うちの次男坊太郎はんも、

実は旅立つのでありました。

「6年生になったら、はるさんと一緒に自転車で旅をする」

という、

わたしが勝手に作った掟(おきて)にしたがい、

その日がとうとうやってきました。

太郎はん(。>0<。)!

20140817_001_002

兄妹多いと、

親と一対一で向き合いじっくりと、まとまった時間を過ごすというのが、

あまりありません。

あっと言う間に、巣立って行ってしまう前に、

12歳になるのを節目に、

そんな時間を作ってやりたいということ。

一人っ子みたいに、ずっと主役で特別な時間を作ってやりたいということ。

母親よりも、普段の親子のコミュニケーションがちょっと不器用っぽい?

父親とそんな時間を作りたいということ。

20140817_001_004


こんなへき地でも、自転車漕いでたら、

どこなりと、行きたいところへ行けるのだということを、

身体で知って欲しいなということ。

どんな遠いところへも、

漕いでたらたどり着けるということを、知って欲しいという思い。

そんな自分の力に自信持って欲しいという思い。

旅の途中に、うちでは滅多に無いような経験&お楽しみ、

味わうのもええやろな、というような思い。

(コンビニ行ってアイス食べたり、ラーメン屋寄ったり、まあ、そんなことやけどね。

ふだんの我が家ではありえへんから(*^m^)。)

そんなこんなで、

この掟が生まれたのには、

まあ、

いろいろと、わたくしの(勝手な)思いがあるわけですよ(*^m^)。

なんとかやりくりして、太郎はんのときも実現できました。

20140817_001_005


それと・・・。

かわいい息子らのためではあるけれど、

これは、父親にとっても、ええ経験&リフレッシュになるかなあと思います。

いつまでも、少年のような冒険心を持って欲しいと思います。

(これもわたしの勝手な思い。(*^m^)

20140817_001_006

雨の中、行ってらっしゃ~い!(。>0<。)

(この深いお山から脱出するまでが、まずたいへんなのであります。)

20140817_001_007

出発から、2日目。

ぶじに、岐阜県の関のまっちゃんところに着いたという連絡が入りました。

すごいなー、太郎はん!

旅先で、いろいろな人にお世話になってます。

ありがとうございます。

20140817_001_008_2

|

« 夏休みのごはん作り | トップページ | 居残り組は・・・。 »

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

荷物が少ないのが、「さすが!」と思いました。
頼もしいなぁ、男の子。

投稿: すぎもと | 2014年8月21日 (木) 03時04分

保養がきっかけでの出逢いに感謝しています。
キャンプは今日で終わり。
昨日はみんな無事に帰ってきはって良かった〜。
この日にいただいた初めてのお料理がどれもおいしくて、
なかでもとくにスープが気に入ったそうです。
なちゅままのお蔭で、貴地の魅力に開眼しました!

投稿: | 2014年8月24日 (日) 22時07分

すぎもとさん>Tシャツ半パン、靴下、タオル、カッパ、水・・・そんだけかなー?コーデイネイトなんか、かんけー無いしね。(笑)

名無しのごんべさんへ>ええっと、保養から飛び入り参加しはった男の子くんたちのお母さんですか?この写真アップさせてくださってありがとうございます。FUKIちゃんも、この男の子たちとのお別れ、とっても惜しんでましたよ。みんな仲良く友情で結ばれてるんですね。またお会いしたいです。

投稿: ユミエ | 2014年8月30日 (土) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/57120361

この記事へのトラックバック一覧です: かわいい子には旅をさせよ・・・ということで。:

« 夏休みのごはん作り | トップページ | 居残り組は・・・。 »