« 七五三 | トップページ | 娘に育ててもろてます。 »

2014年12月 4日 (木)

気持ちE話〜ナナイロつーしんより&みくさのみたから

Img_4561

はるやの仲良しさん、
七夏さんが発酵・・・じゃなかった発行している、
「ナナイロつーしん」、
新しいのが出ましたよー。
(ナナイロつーしんはフリーでーす!
七夏さんが手作り品を売ったりして印刷費、発送費など捻出しておられまっせ。)
Img_4576
このブログで大反響を得た?、
長男が将来について書いた作文も、
本人の了解を得て、寄稿させてもろてます。
今回も盛りだくさんで、
楽しい記事、考えさせられる記事、いろいろありました。
カワキタケイコさんの、
息子さんが生まれる前のこと思い出して語ってくれるエピソード、
「おなかのなかのはなし」とか、
保養キャンプがきっかけで信楽とご縁が生まれたお母さんの
涙あり、笑いありの、かわいいイラスト入りエッセイとか、
たかまど家の、
あっぱれ愉快な家族の「ヤッターゲーム」のお話とか、
人ごととは思えない、
夫婦の関係とか暮らしの夢とか書いた、
のらちん工房さんのエッセイとか、
いやー、まだまだ他にもいろいろ。
楽しませてもらいました。
わたしも書きましたよ。
前にこのブログで書いたのを、
ちょっと変えたんですけど。
ここで、その文章を、
ナナイロつーしんをどーしてもゲットできない人のために、
紹介させてもらいまーす。
(七夏さん、ええやろ?)
Img_4558

気持ちE!はなし

「心地よければ すべてよし」

飯田茂実さんが日本のあちこち、世界のあちこちで伝えている。

<みくさのみたから>でよく言われていることばです。

わたしは、みくさのみたからをやってみて、

気持ちよいこと、心よいことを、ますますだいじにするようになりました。

「気持ちよいこと」「心地よいこと」・・・

漢字で表すと「快」という字が当てはまるかな。

「快楽」とか、「快感」とか・・・・。

でもそれってなんとなく、気恥ずかしいような、いやらしいような、

ちょっと遠慮がちな、

ネガテイブなイメージもなきにしもあらず。・・・・ではないですか?

「キモちE-!」と、清志郎も叫んでいたけど、(叫ぶ必要も無いけどね・・・。)

わたしはもっと堂々と、

暮らしの中で快楽求めたらいいと思いまーす。

動物たちや小さな子どもたちのように。

もっと気持ちのよい立ち方。

もっと気持ちのよい座り方。

もっと気持ちのよい姿。

もっと気持ちのよい眠り方。

もっと気持ちのよい目覚め方。

もっと気持ちのよい食べ方。

もっと気持ちのよい話し方。

もっと気持ちのよい笑い方。

もっと気持ちのよい泣き方。

もっと気持ちのよいお金の使い方。

もっと気持ちのよい働き方。

もっと気持ちのよいつきあい方。

もっと気持ちのよい、産み方。

もっと気持ちのよい、性のあり方。etc・・・・。

あるでしょ。

「気持ちよいこと」「心地よいこと」を、

長年後回しにして生きてきた人は、

もしかしたら「気持ちよさ」「心地よさ」を感じる力、味わう力が、

鈍くなってるかも知れませんけど・・・・。

でも、気持ちよいこと、心地よいことを、

家庭で、学校で、職場で、病院で・・・、

もっともっと大切にしていったら、

少子化も、癌なんかの病気も、いじめも、

もしかしたら、自殺だって、

そして戦争だって・・・・、減るかもよ。

「正しい」「正しくない」、「~べき」「~べきではない」、

「しなくちゃいけない」「しなくていい」

ややこしくあれこれ考えて、物事を判断するのではなくて、

それをして気持ちよいか、よくないか、心地よいか、よくないか・・・。

そんなところで選ぶのもよいかも知れない。

腕のいい整体やらマッサージやら受けてみるのも気持ちよい。

セラピストさんに話聞いてもらうのも心地よい。

さまざまなヒーリンググッズ・・・・ヒーリングストーンとかジュエリーと

か・・・。

お金で買える「心地よい」「気持ちよい」も、

ちまたでは溢れているようですけど、

わたしは、自分で自分を気持ちよくできたら、

心地よさで満たし味わうことができたら、

それが一番だと思います。(お金もかからんし。)

「ありの~ままの~♪」自分で心地よく、ごきげんさんに。

(そんな術をみくさのみたからで身につけていってます。)

ローマ帝国で戦士たちが、日本式の温泉入ったとたんに、

なんともゆるんだ顔して和やかムードになってしまうような、

おもしろい映画ありました。(「テルマエロマエ」という映画です。)

あんなふうに、温泉にゆったり浸かってゆるんで心地よくなったら、

戦う気なんて、失せてしまうかもね。

妬んだり、うらやんだり、心配したり、八つ当たりしたり・・・・、

そんな気持ちも失せてしまって、

「ま、いっか」って、ゆるせてしまえるかも。(単純過ぎる?)

温泉無くても、

大きな声でうたう、

アハハハハとバカ笑い、

からだの動くままにまかせてダンス、

小鳥の歌聴きながら、

ハンモックでゆらゆら、

思いっきり大きなあくび、

猫みたいに背伸び、

ごろんと横になってたなそえる・・・・。

人それぞれのやり方があるでしょう。

そんな時間だいじにして暮らしたいです。

からだもこころも、「気持ちよい」「心地よい」で満たされる時間、

だいじにしたいです。

自分の気持ちよい時間も、

家族ひとりひとりの気持ちよい時間も。

・・・・というわけで、

まるで温泉に入ってるみたいな・・・、

トロトロと気持ちいい、そこにいるだけで心地よい場所づくりも、

ただいま、わたくし楽しんでいます。

by はるやのユミエ

Img_4556

そんなわけで、

わたしはいまも、こんなかんじ。

「ここちよければ すべてよし」・・・なのでーす。

ここちよいこと、大事にしてます。

日ごと気楽に充ちたりて、

生き心地よく暮らす術(すべ)、

芸術、療術、武術など、あらゆる術の みなもとの術(すべ)、

身につける「みくさのみたから」の、

HPができていました。

飯田茂実さんが伝えてくださる、

集いの日程など見られますよ。

みくさのみたから=生き心地よい皆元のすべ

友達が、

陣痛のときに、

みくさのみたからやってたら、

痛みを逃せたよ〜。って言うてました。

わたしも、お産の前に知ってたら、

もっと、おもしろーく?、お産できたかも。

でも、自分のペースでお産してる人は、

自然に、気持ちいいこと感じながら、

心地よいお産してるんやと思います。

(わたしも、そうしてました。)

新生児の動きも、イケ目イケ腰、イケ声・・・、

と、そのものですね。

命のダンスです。

みくさのみたからのおかげで、

わたし、

ややこしいこと、

複雑なこと、

難しいこと、

深刻なこと、

心配ごと、不安ごと・・・、

さらっと、お気楽に流すことができるようになったかなと思います。

みくさのみたからに出会えて、ほんと、世界が広がりました。

というわけで、

ナナイロつーしんの宣伝のはずが、

みくさのみたからの宣伝になってしもたかも知れません。

(七夏さんすみませんねえ。)

で、ナナイロつーしんってどこで手に入るの?

「900部発行 

北海道から沖縄までご縁のあるところに届きます」

って書いてありました。

はるやもまだ少し手元にあります。

京都へ配達のときにでも、

はるやのおやつたちと一緒に、

届けましょうかねー。

↓最近、なんや顔つきが変わってきた太郎はんです。(*^m^)

Img_4559

|

« 七五三 | トップページ | 娘に育ててもろてます。 »

みくさのみたから」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/58164025

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちE話〜ナナイロつーしんより&みくさのみたから:

« 七五三 | トップページ | 娘に育ててもろてます。 »