« 12月のお弁当&クリスマス大会など | トップページ | 今年が暮れてゆきますね。 »

2014年12月30日 (火)

太郎はんとピアノ

Img_4879

よく降りました。
Img_4883
Img_4886
見渡すかぎり、雪の海です。
静かな静かな、雪の海です。
Img_4888
ときどき、
木々が音をたてて、波立ちます。
Img_4885
さて、
そんな雪の海に囲まれた、
離島のような我が家。
今日も朝から、
美しいバロック音楽が、
おごそかに聴こえてきます。
(九州のじいちゃんの、おふるのキーボードです。ほんまはピアノが欲しい☆)
Img_4787
この曲に惚れ込んで、
だいたい・・・ですけど、
とうとう太郎はん、
弾けるようになりました。w(゚o゚)w
Img_4789
ト音記号とヘ音記号の違い、
フラットとシャープなどなど、
楽譜の決まりなんか、
チンプンカンプンだった太郎はんです。
お山の学校の先生が楽譜を持ってきてくれたり、
九州のじいちゃんががファックスで送ってくれたり・・・。
そんな中で、
一生懸命、弾こうとしているのです。
朝起きたら、ご飯も食べずに弾いて、
学校から帰ったら、おやつ食べずに弾いて、
ご飯食べる前にまた弾いて、
寝る前にまた弾いてと、
寝食忘れて・・・ではないですが、
ちょこちょこ弾いてます。
夢中です。
Img_4827
わたしは、
ドレミファソラシドの、
まず指使いから、
そして、
きらきら星とか、ちょうちょとか、
まあ、そんなところから始めないと、
弾かれへんもんやと思っていたのですが、
いきなりカノン弾くんですねー。
弾きたいなと強く思ったら、
夢中になって弾くんですねー。
(そりゃ、ちゃんと習ってる人からみたら、いい加減かも知れませんけど。)
楽譜が読めへんとか、習ってないとか、
基礎がなってないとか、
そんなん関係無く。
Img_4826
そして、
次は、モーツアルトの「トルコ行進曲」を弾いてみたいと言うて、
さっそく、楽譜が手に入ったので、
挑戦中です。
なかなか、
こちらは難しそうですが、がんばっとります。
子どもの頃、
自分から習いたいと強く言ってたくせに、
練習をちっともしないで、
泣く泣く母に連れられ、
ピアノのセンセイのところへ行っていたことを思い出します。
なんでかなあ・・・。
ピアノが大好きだったのに、
なんで、イヤだったんだろうなあ。
練習曲がイヤだったのか、
他に遊びたいことがあって、
練習が後まわしになってたのか、
わかりません。
そんな自分の思い出と比べて、
なんと、
太郎はんの、自由でのびのびとした、
ピアノの楽しみ方なのでしょう。
(信楽のサンタさんからのプレゼントはピアノの楽譜でした。
たっぷり50曲。「エリーゼのために」とか入ってます。(*^m^)
Img_4872
「この曲好き」
「自分で弾いてみたい」
と思ったら、
弾けるようになるんですねえ・・・。
まあ、
そうやって、子どもってのは、
今までも、夢中になったことは、
どんどん身につけていってたけどね。
いやあ、
太郎はんに、
良い刺激、受けてます。
ハードロックな、
はるやの子どもが、
意外にも、クラッシック音楽に夢中になっているという不思議。
バンドの練習はひとりではせーへんかったのに、
カノンやトルコ行進曲は、
寝てもさめても練習しているという不思議。
いやー、
子ども4人いたら、
いろいろですね。
来年雪が解けたら、
ピアノ、うちに運んでこよう!
Img_4651

|

« 12月のお弁当&クリスマス大会など | トップページ | 今年が暮れてゆきますね。 »

太郎はん」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/58416439

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎はんとピアノ:

« 12月のお弁当&クリスマス大会など | トップページ | 今年が暮れてゆきますね。 »