« 春を待つころのお弁当など。 | トップページ | ホームスクーリングされている方へ愛をこめて »

2015年3月18日 (水)

村屋でお話会ありがとうございました。

Img_6169

「明日、お話会、どこでするん?」
と、息子たちに聞かれたから、
「村屋☆」と、言うと、
「えーーー?
村屋でするん〜?
お客さん来るんかあ〜?」
と、
笑われました。coldsweats01
そんな村屋で、
お話会させていただきました。
赤ちゃん連れのお母さんがいっぱい。
なんと広島からはるばると新幹線に乗って、
会いに来てくださった方もおられました。
ほんまにありがとうございます。
Img_6154
みなさん、
子どもさんとの日々の関わりの中で、
いろいろな悩み、気がかり、気詰まり、
話して・・・・、
そして、放してくださいました。
それから夫婦との関わりの話もいっぱいでましたね。
子どものこといろいろ、
でもそれは、
つきつめてゆけば、
夫婦のこと、
さらにつきつめてゆけば、
お母さんである自分自身が、
ほんとうのところは、どうありたいのかな・・・。
そんな話になりましたね。
Img_6173
自然の中で思い切り身体を動かして遊んで欲しいという、
お母さんの理想とは違って、
家の中でひたすら文字書いて遊んでいたとしても、
ケンカしたり仲直りしたり、
同年代の子たちといっぱい関わり合って育って欲しいという、
お母さんの理想とは違って、
ひとりっきりで静かに何かをするのが好きな子だとしても、
あるいは、
学校教育に染まらずに、
たまにはハメを外して、
個性的におもしろく育って欲しいという、
お母さんの理想とは違って、
毎日、きちんと学校へ行って、
きちんと宿題をしている子だとしても・・・・(*^m^)。
(みんな、それぞれの理想を持っておられるわけです。)
なんでもいいやん。
その子の命が喜んでそれをしているなら、
おおむねオッケーなんとちゃう?
「それをせずにはいられない」、
そんなかんじで、
夢中になっているのなら。
そんなに夢中になれることがあるなんて、
すばらしいよな。
それをさせといたらいいんじゃない?
Img_6154_2
それから、
まずは、なによりも、
お母さん自身が、
わたしたち自身が、
自分で自分をここちよく、きもちよく、
ごきげんさんで、いられること。
物質的な欲求を満たす快楽、
身体的な欲求を満たす快楽、
いろいろありますけど・・・。
ま、ひとそれぞれに。
お母さんが堂々と自分の快楽求めること、
していったらいいと思います。
(快楽について・・・「気持ちE話」って記事、過去に書きました。)
お母さん自身が、
自分の「ここちよく」をたいせつに。
(わたしは、みくさのみたからのおかげで、
身ひとつで、「自分をここちよく」が上手になってきましたよ。←これは、お金要らん、モノ要らん。時間かからない。お手軽。経済的でもあります。)
Img_6152
自分の母親がそうだったように、
自分を犠牲にしてまで、
家庭をよくしようなんて思わないでしい。
自分のやりたいこと、
一番後回しにしてまで、
子どもや夫のために、尽くさなくていい。
家のことや仕事・・・、
くるくると働き詰めて、
後でおまけみたいに、ちょこっとだけ休まなくていい。
そう思うのです。
Img_6153
山積みの洗濯物、
洗い桶いっぱいの汚れたお皿。
しきっぱなしの布団。
ばらまかれた、えんぴつ、絵本、紙くず・・・。
ええやん。
ええやん。
放っておいたら。
今、疲れてるんなら。
今、いっぱいいっぱいなら。
今、しなくちゃいけないことなど、
何もない。
Img_6148
そんなもん、
うっちゃって、
会いたい人に会いに行ったらいい、
話したい人に電話したらいい。
観たい映画、観に行ったらいい、
おいしいもの、食べに行ったらいい。
買うの迷ってた服、買っちゃったらいい。
「うおーーーっ!」とライオンみたいに大きく伸びをしてみたらいい。
ネコみたいにゴロゴロしたらいい。
昼寝したらいい。
大きな声で歌ったらいい。
ダンスしたらいい。
(つまり、
イスラームでいう、「ラーハ」ですね。)
お母さんであるわたしが、
そんなことするのに、
罪悪感、持たないでいい。
わたし、
そう、思いますよ。
家の中片付いてても、
洗濯物、きれいに畳んであっても、
御飯が決まった時間にちゃんと出来てても、
お母さんが、
疲れてたり、
やつれてたり、
イライラしたり、
「何でわたしばっかり?」って、
ツンツンしてたり、
誰かに八つ当たりするよりも、
ちょっとくらい、
だらしない家でも、
お母さんが、
にこにこ母ちゃんなのがいちばん。
そう思います。
Img_6130
えー、
まあ、
村屋さんで、
そんな話にも及んだわけです。
今、そのときのことを思い出して、
書いているのですが、
みんな、
わたしの話を聞きに来てくれてるわけだけど、
でもほんとうは、
自分の話をしたい。
話を聞いて欲しい。
そんな気持ちを抱えて、
来られるのだなあと思いました。
(一生懸命、
自分の胸の内、
お話してくれるお母さんたち、
とても愛おしく感じました。)
だから、
「ユミエさんのお話会」と、
銘打ってくださってますが、
一方的にわたしの話を聞くのではなくて、
そのときに居合わせた
お母さんたちの思いを、
シェアする集い。
分かち合う集い。
ですね。
最近のお話会で、
そのような傾向が強まってきたのですが、
昨日は、ほんと、
そんな時間になりました。
気詰まりや悩みを分かち合って、
家族がお互い心地よく楽しくおもしろがって生きてゆく、
コツ・・・みたいなの、
みんなで、思いを出し合って、探ってみました。
お母さんどうし、
心が響き合った豊かな時間でした。
Img_6141
そんな豊かな時間を、
陰ながら支えてくださったみなさん・・・。
ええっと、
チビっ子たちを、
遊びに連れ出してくださった、
たのもしい子守り隊のおふたりさん。
おいしいお昼御飯を用意してくださった食事係さん、
このお話会を企画してくださった、
mikaちゃん。
ほんとうに、どうもありがとう。
↓そのまんま野菜パワー全開のおいしいランチでした。ごちそうさまでした
Img_6143_5
わたしは、
こんなかたちの集い、
呼んでくださるならば、
今年は、どんどんやってみようと思いました。
Img_6172

|

« 春を待つころのお弁当など。 | トップページ | ホームスクーリングされている方へ愛をこめて »

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

本当ですか!!!!??
いつもいつも本気で伺いたいとお話会の会場調べて、新幹線調べたりしてます。新潟からは日帰りが難しく泣く泣く断念していました。新潟とは言わずとも、富山、長野、群馬などに来ていただきたいです!!!!ゆみえさんに会いたいっ!!

投稿: ととよ | 2015年3月18日 (水) 23時31分

ととよさん>ええっ!?そーなんですか。それは、恐縮です。coldsweats01l交通費やら、どっか泊めてもらうところとか、遠方の場合経費が嵩みますけど、そのへんのこと大丈夫そうでしたら、喜んでうかがいますよ。

投稿: yumie | 2015年3月19日 (木) 01時07分

先日はありがとうございました(^^)
ゆみえさんに会えて、村屋さんのご飯も食べられて大満足です♪

初めて聞かせてもらったのは3年前、お子さん達の成長に伴い、ゆみえさんのお話が更に進化し、深まり、確信的なモノになっているのを感じました。

あったかーい空気に包まれ、幸せでした(*^^*)
ありがとうございます♪

宿泊始められるの、楽しみにしております!!

投稿: たなかみな | 2015年3月19日 (木) 10時11分

みなちゃんありがとう。
まさか、
また聞きにきてくれたなんて、びっくりでした。
いろいろと感じてくれて、うれしいなあ。
また、お山に来てくださいね。

投稿: ユミエ | 2015年3月19日 (木) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/59309581

この記事へのトラックバック一覧です: 村屋でお話会ありがとうございました。:

« 春を待つころのお弁当など。 | トップページ | ホームスクーリングされている方へ愛をこめて »