« ヒマな話・続きの続き | トップページ | 私の不登校記・No12より »

2015年3月 5日 (木)

人生をやり直せるなら・・・。

Img_5814
かれこれ12、3年前だったか、
だいぶん年上の友達にお薦めされて読んだ、
人生をやり直せるなら
わたしはもっと失敗をして
もっと馬鹿げたことをしようラムダス著
という、
長くてちょっと変わったタイトルの本が
引っ越しのたびに手放されることもなく、
うちにまだあります。
その後、
なにかあると・・・・、
(身近な人の死・・・とか。)
パラパラとめくっては、
心に響く言葉を探したりしたものです。
Img_5758
この本に紹介されている、
いろいろな言葉や文章の中でも、
とても印象的な詩が一つあって、
ときどきふっと思い出すことがありました。
ナデイーン・ステアさんという、
85歳の女性が書いた詩です。
(ラムダスさんも、
紙に書いて持ち歩いていたそうです。)
たまたま、
昨日図書館で、
この詩にかわいらしいイラストをつけた小さな絵本を見つけました。
「へー、本になるほど有名な詩だったのか!」
と、びっくりしました。
そして、
思い立ったので、
ここで紹介します。
Img_5786
人生をやり直せるなら
Img_5783
人生をもう一度やり直すとしたら、
今度はもっとたくさん失敗したい。
そして肩の力を抜いて生きる。
もっと柔軟になる。
Img_5787
今度の旅よりももっと
おかしなことをたくさんする。
あまり深刻にならない。
もっとリスクを冒す。
もっと山に登ってもっと川で泳ぐ。
アイスクリームを食べる量は増やし、
豆類の摂取量は減らす。
Img_5791
問題は増えるかも知れないが、
想像上の問題は減るだろう。
というのも、
私は毎日常に、
良識のある人生をまともに生きてきた人間だからだ。
Img_5810
もちろんばかげたことも少しはやった。
もし生まれ変わることがあったら、
ばかげたことをもっとたくさんやりたい。
Img_5799
何年も先のことを考えて生きる代わりに、
その瞬間だけに生きたい。
Img_5806
私はどこに行くにも
いつも万全の準備を整えて出かけるのが常だった。
体温計や湯たんぽ。
レインコートやパラシュートなしには
どこにも行かなかったものだ。
人生をやり直すとしたら、
もっと身軽な旅行をしたい。
Img_5794
もう一度生き直すとしたら、
春はもっと早くから裸足で歩き出し、
秋にはもっと遅くまで裸足でいる。
もっとたくさんダンスに出かける。
もっとたくさんメリーゴーラウンドに乗る。
もっとさくさんのデイジーを摘む。
それぞれの瞬間をもっとイキイキと生きる。
ラムダス著
「人生をやり直せるならわたしはもっと失敗をしてもっと馬鹿げたことをしよう」より。
Img_5788
この詩を読んでも、
わたしは、
お泊まりに出かけるのに湯たんぽ持っていくし、
アイスクリームをたくさん食べようとは思わないし、
真夏以外は裸足でいられないけれど、
(好みの問題?)
ナデイーンステアさんのこの詩に書いてあるような、
意気込みで、
これから生きていこうと思ってまーす。
「はるやさん、そんなふうに生きてるんとちゃうの?」と、
言われそうですが、
いえいえ、まだまだイケてませんでした。???
なので(*^m^)、
続きの人生も、
もっと旅をして、
もっとダンスを踊って、
もっとお花を摘んで、
失敗をたくさんして、
馬鹿げたことをいっぱいやって・・・・。
いっぱい笑って泣いて、
いろとりどりの豊かな、おもしろーい人生を旅しまーす。
Img_5802

|

« ヒマな話・続きの続き | トップページ | 私の不登校記・No12より »

ひとりごと」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

ゆみえさん

僕もこの詩大好きです。
1年半ほど前ブログにも載せました。
コチラです→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/370953820.html

人生とは自分なりの庭園をつくるようなもので、笑ったり、成功したり、幸せだったり、そういうことばかりが花ではなくて、失敗や泣くこともやっぱり花で、それはそれそのものも花でもあるけれど、それが肥料になってまた笑えたり、幸せになったり、そういう色とりどりの花で自分らしい庭がつくれたら、これこそが自分の庭だといえるものがつくれたら、それで自分の人生は十分に幸せな人生だと言えると思います。
失敗が出来るということはそれだけチャレンジできたということで、それだけ自分の気持ちに正直に生きたということで、その結果もわかるし、そこから発見や気づきも生まれるし、僕も失敗を恐れずにどんどんチャレンジしていきたいと思います。

 

投稿: はせがわみつる | 2015年3月 6日 (金) 11時19分

みつるさん、お久しぶりです。そうでしたか!またまたリンクしましたね。うれしいです。みつるさんが紹介された詩の訳の方がわかりやすいなあと思いました。ちょっとこの訳だと、不自然だなあ、もっとわかりやすくならんかなあと思ってしまう箇所もあるのです。原文も見てみたいです。**そして、すばらしいコメントありがとうございます。みつるさんのコメントも、みんなに読んで欲しいなー。

投稿: ユミエ | 2015年3月 6日 (金) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/59151041

この記事へのトラックバック一覧です: 人生をやり直せるなら・・・。:

« ヒマな話・続きの続き | トップページ | 私の不登校記・No12より »