« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の6件の記事

2015年4月30日 (木)

かよぞう桜とアリスさん。

Img_7897

かよぞう桜さんの下で、
お花見しました。
フランス生まれ、フランス育ちの、
アリスさんも一緒ですよ。
Img_7888_1
それから、
もうひとり・・・、
じゃなくて、もう一匹。
Img_7903
こちらは、
台湾生まれ、台湾育ち。
さぶちゃんも来てくれはりました。
Img_7902
お天気がいいので、
アリスさんを、
お山に誘いました。
Img_7834_1
わたしらも、
雪が溶けて、
初めてのお山です。
Img_7846_1
Img_7852_1
Img_7855_1
ボンジュ〜ル
ボンソア〜
アリスさん、
お山の学校で、
フランス語教えてくれはりました。
Img_7823_1
アリスさん、
お昼ごはんに、
クレープを作ってくれはりました。
「クレープ」って発音しないのです。
「クラップ」ってかんじです。
知らんかったなー。
ぱっぱと、
30枚近く焼かはりました。
Img_7872_1
ボナペテイ。召し上がれ♪
フルーツと、豆腐クリームでいただきました。
Img_7875_1
アリスさん、
上の段のトウモロコシ畑を、耕してくれました。
Img_7881_1
アリスさん、
毎朝、
うちの定番、
少し発酵させたチャパテイ食べてました。
ご飯ばっかりだと、
お腹がしんどくなるようです。
わたしらが、
インドで油とスパイスばかりで、
しんどくなるのと、
同じですね(*^m^)。
わたしら、インド帰ったとこで、
純和食料理ばっかり作ってたので・・・。
ごめんなさいね。アリスさん。
ご飯と味噌汁+野菜のおかずばっかりで。
Img_7894
 
ほな、ちょっとフランス風のメニューということで、
はるさん得意の、
キッシュと、
レンズ豆の野菜スープを作りました。
アリスさん喜んではりました。
Img_7934
そんなふうに、
アリスさんとの日々が過ぎてゆきました。
Img_7893_1
Img_7920
太郎はん、
自ら薪割り。今シーズン初めて。
中学になっても、
変わらず働き者の太郎はんです。
うれしいな。
Img_7936
暑くもなく、寒くもなく、
ほんとうに、
気持ちのよい日々です。
Img_7959_2
かよぞう桜さん・・・・。
Img_7937
そんな、
わたしたちの暮らしを、
見守ってくれてはります。
Img_7946
そして、
アリスさんは、
かよぞう桜さんの
一番美しいときに、
うちで過ごさはりました。
Img_7941_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWは綾部へ行こう!*こどもまつり2015@あやべ

Img_7849_1

うおー!
お知らせが、
ぎりぎりになってしまいました。
Img_7950
はるやバンド、
今シーズン初めてのライブでーす。
(お声をかけていただきました!)
Image
はるやバンドは、
5月3日出演です。
Image_1
このライブのために?・・・かどうかは、
わかりませんが、
一番にぎやかなあの人も、
遠い異国から帰ってまいりました。
(めっちゃ元気!)
Img_7956
ゴールデンウイーク、
予定の無い方。
行くあての無い方(ノ_-。)
ライブに行きたいな〜、
音楽を楽しみたいな〜、
なんかおいしいもん食べたいな〜、
素敵な人に出会いたいな〜、
こどもをのびのび遊ばせたいな〜、
なんて、
ぼんやり思っているあなた、
綾部のこどもまつりへ行ってみよう!
お金・・・たいしてかからん。
子連れ・・・のびのび〜。キャンプもできる。
ここに連れてきたら、
いっぺんに、いろいろ楽しめまーす。
お会いできるのを、
楽しみにしてまーす。
Img_7992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

さくら時間のはじまり

Img_7811

さくら道。
Img_7801
花のかおりのシャワーを
浴びながら・・・。
Img_7802
Img_7808_2
Img_7803
朝も、
昼も、
夜も、
夢のような、
さくらじかんが、
うっとりとわたしの内に。
Img_7868
かよぞう桜さんです。
(むかし、むかし、かよぞうというお名前のおじいさんが植えはったそうです。)
 
Img_7885
ずっと昔から、
桜の木のそばに住むのが夢でした。
かようぞう桜さんのそばで暮らせて、
とても幸せです。
家族みんな、それぞれ、
かようぞう桜さんと、
心を通わせてるみたいに愛でています。
そんな、
わたしたちの気持ち、
きっと伝わってるでしょう・・・。
ゆらゆら揺れる、
かよぞう桜さんを見上げて、
そんなふうに、かんじます。
Img_7884
わたしたち家族みんなにとって、
とくべつな、
かよぞう桜さんを中心にまわっているような、
さくらの日々が、始まりました。
Img_7806
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

ナマステからボンジュールのはるやです。

Img_7751

うちへ帰ってきて一週間。
わたし以外、
けっこうたいへんそう。(゚ー゚;
やはり、インド暮らしは胃腸にとってハードやったもよう。
さて、
太郎はんは、
中学に通い始めました。
長男が着ていた制服です。
長男の成長に合わせて、
どんどん裾を下ろしていってたズボンを、
また短くしました。
長男の置いていった抜け殻に、
太郎はんが、
すっぽり入ったみたい。
不思議な気持ちです。
Img_7763
ようやく咲き始めた桜の木の下を通って、
バス停へ。
お山の学校とはまったく違う環境に移って、
どんな気持ちなのかしら。
あの頃みたいに、
のん気に気楽にできなくなりました。
(少なくとも今のところは。)
慣れない学校生活に、
疲れた顔して帰ってきはります。
「休みたかったら、いつでも休んだらいいし。」
「やりたいことがあったら、休んでそれをしたらいいし。」
・・・・長男が入学したときも、
確か、同じこと言うてたっけ?
がんばらないでいいんやで〜。
Img_7779
さて、
その約40分後に、
三男坊が通ります。
Img_7784
3年間、
一緒に歌をうたったり、
おしゃべりしたり、
太郎はんと三男坊、仲良し2人が、
離ればなれになってしまいました。(;ω;)
やさしい太郎はんが、
いつもそばにいて、気にかけてくれてたと思うのですが、
今は、
ひとりでもくもくと歩きます。
寂しくない?
Img_7744
そして長男はと言えば・・・・。
インドのコルカタにいます。
ベンガル人+アメリカ人の夫婦の家庭にお世話になってます。
インドの学校へ行って、
日本語教えたり、
結婚式に呼ばれたり、
ひとりで、チャイ飲みに行ったり、
毎日初めてのこと、経験してるみたいです。
長男を居候させてくれてる友人が、
メールにこう書いてくれてました。
he's an amazing kid...eats anything and tries everything!
彼は、すごいよ。
何でも食べるし、
何でも、やってみてるよ。
おお、
わたしにとって、
何よりの褒め言葉です。(*^m^)
あの、容赦ないインドのカオスの中で、
毎日毎日、
ひるむことなく、
新しいことなんでも受け入れて、
チャレンジしてるんやなー。
わたし、
うれしいです。
Img_7699
さて、
インドのスパイスが、
身体から抜けきらない今日このごろですが、
我が家は、ただいま、
フランス風になっています。
Img_7774
ナマステ〜(インド)から、
おしゃれに、
ボンジュ〜ル(おフランス)へと、
様変わりしました。
フランスの娘さんが、
滞在中です。
Img_7796
ほんまは、
クロワッサンとコーヒーがいいんやろうけど、
おにぎりと、ぬか漬けと、
まこも茶です。
すんません。
Img_7793
彼女もうちで、
何でも食べて(納豆と梅干しと卵豆腐はアカンそうですけど。)
何でもチャレンジしてくれてます。
Img_7792_2
世界のあちこちで、
いろいろな親のところ、
いろいろな家庭を、
世界のあちこちの子どもたちが、
あちこち廻って、、
びっくりしたり、わくわくしたり、
ときには、顔をしかめたり。┐( ̄ヘ ̄)
自分の国と同じこと、違うこと、
自分の家庭と同じこと、違うこと、
ひとつ、ひとつ、経験していく。
自分の枠を広げていく。
血がつながってないけど、
肌の色がちがうけど、
話す言葉もちがうけど、
いっぱい心通わせて、
その国のお父さんお母さんから、
いっぱいかわいがってもらって、
一緒に御飯つくって、食べて、
いっぱい心を通わせて・・・。
世界のあちこちに、
お父さん、お母さんが、
「いつでもおいで〜」と、
喜んで迎えてくれるような
家庭があったら、
いいですね。
豊だなあ・・・。
長男がまさしく今、
そうやって受け入れてもらっています。
ありがたいなあ。
そんな豊かな経験をした子どもたちが、
大人になったら・・・・。
これって、
けっこう、世界平和への近道かも。
いつかは、
次男も、三男も末娘も、
そうやって、
世界のどこかの家庭にお世話になるかも知れません。
そんなふうに、
思いを廻らせつつ、
はるやも、
世界のどこかの、
ご縁のあった子どもたち、若者たちと、
一緒にうちの御飯を食べようと思います。
そして、
「いつでも、ここに帰ってきたらええからね〜」
と、
笑顔で送り出したいなあと思います。
↓はるさんが、AOWさんのクロワッサン食べて欲しかったようです。
買ってきはりました。
Img_7785

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

カレーの国に行ってきたのでした。

Img_6998

カレーの国に行ってきました。
↓南インドカレー定食
Img_7567
↓感激!マサラドーサ!
Img_7261
大都会コルカタの街で。
山のてっぺん、標高2500メートル、
チベット人たちの村で・・・。
海辺の小さな聖地で。
Img_6887
野生動物が棲む、
豊かな森のそばの村で。
ブータン国境の村で・・・・・。
↓厚揚げのようなパニール(チーズ)のカレー
Img_6578
↓魚カレー
Img_6991
ちょいと高級なお店で・・・・。
↓オリッシー地方カレー定食魚入り。
Img_2640
↓ジャックフルーツのカレー
Img_6902
水道も無い、
田舎の村の片隅で・・・。
↓使い捨て容器は葉っぱ製・・・ポイっと店の裏に放ると、牛やヤギが食べる。
Img_2016
お世話になった人のおうちで・・・。
Img_6418
夜行列車の中で。
Img_6746
飛行機の中でも。┐(´д`)┌
Img_2672
いつでも、
どこでも。
Img_6395
うおー!
食うぞー!
Img_6396
がっつり!(lll゚Д゚)
Img_6992
がっつり!Σ( ̄ロ ̄lll)
Img_6577
えー、
カレー定食は、
おかわりし放題。
次々と、御飯もカレーも注ぎ足しにきてくれます。
「もういいです」と
お断りすると、
注ぎ足し役のお兄さんが、
少し、悲しそうな顔をしはります。
でも、
その悲しそうな顔に負けて、
「では、もう少しだけお願いします。」と、
ほんまに少しだけのつもりでおかわりを求めると、
お兄さんはりきって、
どっさりてんこ盛りの御飯が、
お皿に入れてくれます。
おかわりを、お断りするテクニック、
必要です。
意思表示ははっきりと!
Img_6713
注ぎ足し役のお兄さんの気持ちより、
自分の胃袋大事にしましょう。
食べ残しもったいない精神より、
自分の胃袋大事にしましょう。→とくに、はるさん。
好奇心にかられて、
お腹がすいてもないのに、
何でもかんでも口にするのはやめて、
自分の胃袋大事にしましょう。→はるさん。
ケチケチと食費節約して、
いかにも衛生上問題のありそうな、
安食堂ばかり行くのはやめて、
自分の胃袋大事にしましょう。
以上、
6年前のネパール旅から得た教訓です。
家族みんなが、
健やかに旅を続けていくための。
↓なのに、わけのわからん飲み物に挑戦しているはるさんです。
(煎ったひよこ豆の粉に青唐辛子やタマネギのみじん切り、スパイス等を入れた
健康ドリンク?)
Img_7670
この教訓が
生かされたからか、
どうなのか・・・。
Img_6890_2
なんとか、
期間中、
生き抜き?ました!
子どもらの胃袋の、
適応力に、脱帽ですわ。┐(´-`)┌
「どこ行っても、おいしい」
「食べるたびに、おいしい」
「うっまあ!!!(≧∇≦)」
「メシ、まだかな〜♡」
そんな声が聞かれました。
さすがやなあー。
感心します。
↓次はどんなカレーかな〜♪
Img_6990
↓汽車の中で。
Img_6740
ところが、
さすがに、
日本に帰ってきてからは、
当分は、カレーはええわ〜┐(´д`)┌ってかんじです。
(ただのカレーライスを含む)
ついでに、わたしは、
あらゆるスパイス料理、
脂っこいもの。
乳製品、卵、魚、
動物性のもの(ほとんど肉食してないのにかかわらず)
食べる気しないです。
そやけど、
太郎はんは、昨晩爆弾発言。
「わし、もうカレーでも食べられるわ」
と言うてました。
えーーー!ほんまかいなー!shock
Img_6711_2
わたしは、
まだしばらくは、ええわ〜。
わたしの食べたいもの。
うどん、
そば、
酢の物、
お寿司(つまり、酢の利いたもの。)
海藻、
おすまし、みそ汁
漬け物いろいろ・・・。
あっさり。
さっぱり。
すっきり。
今は、
身体の声に従って、
作っている日々でーす。
Img_6996
そして、今頃になってみなさん順番に、
インドがえりのデトックスしてます。
(例えば、はるさん2日間ダウン。)
わたしだけは、元気でーす。ヽ(´▽`)/
あ、
長男は、インドに忘れて帰りましたー。
まあ、ええやろ。どうせ、今年からヒマになったし。
↓ダージリン茶の産地で、
川むこうのブータン王国を眺めながら、
ダージリンテイーを味わう、ごきげんさんなわたし。
めっちゃぜいたくやろー。
Img_6967

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

6年ぶりの・・・。

Img_7745
 

えー、

久しぶりのはるや日記ですね!
いつの間にやら、
梅の季節になっていました。
Img_7748
ええっとですね、
実は、
はるやには、
ひみつの、
「どこでもドア」があったのでした。(ほんまかいな?)
そして、そのドアは、
長らく、
開くことがありませんでした。
(もう開けるのは無理やろと思い込んでいました。)
しかしこのたび、
「開けるんやったら、今や!」と、
しきりに天からの声を聴くようになったので・・・、(ほんまかいな?)
勇気を出して・・・・、
↓準備はできたぞー。
Img_6328_2
6年ぶりの「どこでもドア」
「よいしょ!」と、
開けてみたのです。
6人で。
開けても、
まずは、
雪だらけでしたけど。coldsweats01
(これだけは、避けられません。)
でも、
あっけなく、
ドアは開きましたよ。
Img_6329
その先は・・・・。
Img_6334
わお!(≧∇≦)
いきなり、象の背中。
Img_6870
Img_6858
チベット?
どこの寺や?
Img_7098
Img_7115
うおーーー!shock
どこ行くんやーー。
Img_7147
何も見えへんやん。(。>0<。)
Img_7055
あるときは自転車。
のどかですね・・・。
Img_6547
眠ってしもた・・・。
(体力が続かん?)
Img_6699
あるときは、
ラクダの背中。
Img_7462
あるときは、
木馬の背中。(手回しでした。)
Img_7589
あるときは、
夜行列車。
Img_6463
Img_7180
 
あるときは、
知らないおじさんに抱っこ。(*^m^)
Img_6946
ああ、
わたしは、どこへ連れていかれるのかしら?
Img_7333
いくつもの、
いくつもの、
ドアを開いて・・・・。
Img_6357
でっかい地球の、
ワンダーランドで、
遊んできたよー!
Img_6876
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »