« 子ども4人連れて旅するということは・・・その2・ | トップページ | インド鉄道物語・その2・ »

2015年5月23日 (土)

インド鉄道物語・その1・

Img_7197
今回の旅では、
鉄道をよく利用しました。
Img_2036
インドの駅のホームには、
ドラマがあります。
これぞインドだ!
迫力があります。
Img_6731
とくに、
夜中や明け方の駅は・・・
 
Img_7176
そこらじゅうに、
毛布にくるまって、
寝ている人がいます。
寝ている人たちで、
足の踏場もないくらいのときもあります。
大きな荷物の横で休んでいたら、
すっぽり布を被った人間やったりして、
びっくりしますΣ( ̄ロ ̄lll)。
Img_6750
「いつから待ってはるんやろ?」
「ほんまに、汽車に乗らはるんかなあ〜?」
なんだか、
ここで暮らしてるみたいな人たちもたくさんいます。
とにかく、
迫力のある光景です。
Img_7169
ぼーっとしていると、
なんや、誰かが後ろからつっついてきます。
ふと振り返ると、
お腹に、赤ちゃんがまるごとぶらさがってるくらいの、
信じられないくらい大きなこぶ?のある人が、
半裸で、手を出して立っています。
こぶのついた奇妙な姿に、
ぎょっとします。
まるでブラックジャックの世界です。
(その後も何度かそんな人を見かけました。)
「お金を恵んでください」と、
言って来ているのです。
うわあ・・・。
来たかあ・・・・。(これがインド。)
お金がすぐ出てくるところに無い。
この人の目の前で、
カバン開けたり、財布探したりするのは、
イヤだ。
首を降って、
お断りするのですが、
この人は怖い顔して離れてくれません。
この人が迫ってくるのが耐え難い。
ああ、
困ったなあ・・・・。
あきらめて、どっかへ行ってくれんかなあ・・・・。
もじもじ、もたもたしていると、
見かねた人が、
大きな声出して、
追っ払いました。
長い時間に感じました。
Img_7171
ああ、
いやだな。
いやだな。
たいがいの人の風貌には
びっくりしないつもりだけど、
この人の姿には、
度肝を抜かれた。
この人がくっついてきて、
しつこくて、
とても不快だった。
怖かった。
ん?
怖かった?
何が怖かったのだろう?
この人が、
わたしに何かするとでも?
Img_2420
その人の姿をまともに見られなかった。
目を背けていた。
なんで、
なんで目を背けたくなる?
かわいそう過ぎて?
痛々しすぎて?
気の毒で?
それとも、
醜くて?
汚い?
気持ち悪い?
それに、
なぜ、
手間取ってでも、
お金を渡すことをしなかった?
ほんのすこしのお金が、
もったいないとでも?
Img_7176_2
ぐるぐるぐるぐる。
いろいろな感情が、
渦巻きました。
Img_7168
いやだな。
いやだな。
子どももいたのに、
意気地の無いわたしやった。
ああ、
あかん。
これでは、
20年前に旅したときから、
成長していないではないか。
もっとスマートに、
少しのお金を分けてあげられたらよかったのに。
(お恵み用に小銭を準備しとこうって思っていたのに、
してなかった。)
自責の念にかられましたです。
はい。(ノ_-。)
Img_7179
もし、
次があるとすれば・・・・。
「かわいそうだ」とか、
「気の毒だ」とか、
「醜い」とか、
それでもまた感じてしまうだろうけれど、
そんな気持ちを追い払って、
その人の目をじっと見てみよう。
そして、
にっこりとして、
お恵みを受け取ってもらおう。
(相手もにっこりしてくれるといいな。)
そのために、
小さいお金をいつも用意しておこう。
わたしの次の、課題?です。
(あれ?20年前も似たようなこと思わなかったか?)
おお。
今、そんなこと書きながら、
きっと次は、
しっかりと、
振る舞えるような気持ちです。
おおきなこぶの人。
手や足の無い人にも、
赤ちゃん抱いた人にも、
目のつぶれた人にも・・・・。
たとえ、
(お金を介してであっても・・・、)
お金を乞う、
複雑な表情の奥に隠された、
ほんとうの笑顔を見てみたい。
「お恵み上手さん」になりたい。
Img_7172
ああ、
インドは、
いつも、
容赦なく、
激しく、
何かを突きつけてきます。
いくら、
いい子ぶってても、
善人ぶってても、
そんな仮面の下に潜んでいた何かを、
揺さぶってきます。
わたしの中の闇を、
さらけ出そうとします。
「さあ、どうだ?おまえは、どうする?」
試してきます。
そんなインドが、
わたしは、
好きなのでした。
子どもたちは、
どう感じたでしょうか・・・。
Img_6735
 

|

« 子ども4人連れて旅するということは・・・その2・ | トップページ | インド鉄道物語・その2・ »

はるや子連れインド」カテゴリの記事

子ども」カテゴリの記事

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/60101656

この記事へのトラックバック一覧です: インド鉄道物語・その1・:

« 子ども4人連れて旅するということは・・・その2・ | トップページ | インド鉄道物語・その2・ »