« 虹が出たなら | トップページ | 山水人こどもギャザリング »

2015年7月27日 (月)

実ははるやで初イベントしました。

Img_8926
実は、
ブログの読者さんには内緒でねえ、
はるやで、
初のイベントしましたよー(*^m^)。
Img_9026
世界じゅうを自転車で旅し、
地球からのメッセージを、
自転車で届けてくれる、
松本英揮さんが、
はるやに、
自転車でやってきてくれました!
お山を降りたところのダウンタウンから、
長男と一緒に走ってきました。
「お話会に入る前に、
シャワー浴びさせてください」
と、
英揮さんからメールもらってたのですが、
「川へドボンが、はるやのおすすめです」ということで、
川へ直行していただきました。
これが、
はるや流のおもてなし?(≧∇≦)
Img_8963_1
この日、
はるやには、
大人子ども併せて、
なんと60人近くの人たちが、
集いましたよー。
Img_8971
はるやのプライベートビーチが、
にぎやかなリゾート地になりました。
Img_8966
Img_9010
英揮さんの、
旅のお話、
よかったですねー。
特に、息子さんとの旅の話、
お話会を通じてだったか、
出会った少年との旅の話、
感動しました。
旅好きな、はるや一家が、
共感できるエピソードがいっぱいでした。
それから、
アメリカのフリースクール事情など、
教育の話もよかったですね。
お母さんたちの、
子育てのヒントになる話もいっぱいでした。
食のこと、
住まいのこと、
環境のこと、
エネルギーのこと、
政治のこと、
リサイクルのこと、
いやあ、
もう、
興味深い話が、
尽きることなく、
出てくる、出てくる・・・。
いったい、
どれだけの引き出しを、
英揮さんは、
持ってはるんやろ?
Img_8972
英揮さんのお話の後は、
サプライズで、
ライブがありました。
この日、
居合わせた人たちの中に、
なんとミュージシャンが3人もいたのであります。
はるやと昔馴染みの、
清水彩月ちゃん。
Img_8974
わたしたちお母ちゃんと子どもたちのツボを、
多いに刺激してくるような、
心温まる命の歌、
うたってくれました。
Img_8980
みんな、
にこにこですよ。
Img_8978
琵琶湖のほとりで、
自給自足の暮らしを営む、
登場。
わたしの大好きな、
沖縄民謡、うたってくれました。
ありがとう。
Img_8997
我が家に滞在中の、
ドイツ人のラファエルさんも、
歌ってくれました。
Img_8984
素敵でしたね。
Img_8992
最後に、
「ぜひ!」という声が、
あちこちから、
飛んできたので、
はるさんも歌いました。
「カポ」とう弦に着ける道具が、
見当たらなかったので、
彩月ちゃんが、
なんと、
自らの手で、
「痛い、痛い」と、
言いながらも、
カポの代わりをしてくれました!
わおー!
昔馴染みというのは、
いいですねえ。
彩月ちゃん、
ありがとう!
Img_9005
ああ、
楽しかったー。
Img_8983
いったい、
どんな一日になるんだろう?
開いてみるまで、
予想がつきませんでしたが、
まさか、
こんな楽しい一日になるとは・・・。
みなさん、
ほんとにありがとう!
Img_9000
思えば、
次男坊がハイハイしてる頃に、
あることがきっかけで、
京都から山暮らしに移行してからというものの、
転々としながら、
ずっと、
自分たちの場所を探し求めていました。
(難民家族と言われたことも。(;ω;))
3年前にこの場所と巡り合って、
荒地を整地して、
先に建てた小さな家に住みながら、
約一年半かけて、
大きな家を建てました。(実はまだ完成してへんけどね。)
家づくりと平行して、
畑を開墾したり、
木やお花を植えたり・・・・。
休み休みだけど、
ゆっくりだけど、
今もなお、
創りつづけている日々です。
自分の足もとから、
楽園づくり、
してるつもりでね・・・。
Img_8967
そんな中、
初めて、
みんなが集う場として、
オープンに、してみたのです。
開けてみるまでは、
一体どんな一日になるか、
わかりませんでしたが、
まさか、
こんな盛りだくさんの楽しい一日になるとは!
びっくりでした。
奇跡やな・・・。
Img_8976
こんな楽しい一日をみんなで創る、
きっかけをくれた、
たーさんありがとう。
たーさんが、
このイベントを、
二つ返事で「わたし、やるでー!」と、
企画してくれたのです。
そのたーさんから、
さきほど、
こんなメッセージが届きました。
記念すべき、
新居はるやのイベント第一弾は、
ほんまに最高やったねー!
さすがやー。
ここから地球の平和が生まれ、
広がっていくのが見えました。
Img_9013
うわあ、
うれしいなあ。
そんなこと言うてもらって・・・。
たーさんのメッセージ読んで、
ああ、はるやは、
これでいったらええんやな、
と、
気づきました。
だからこそ、
わたしたち家族は、
こんな最高の土地と家に、
恵まれたんだと思います。
「あんたたちは、
ここから始めなさい」
って、
神様が、
わたしたち家族に、
こんな大きな、
ギフトを贈ってくれはったんじゃあないかしら。
(めっちゃ、都合のよい解釈ですけどね。)
集いが、
お開きになっても、
みんな、そこらで遊んだり、
おしゃべりしたりで、
「帰りたくな〜い」と言う声が、
あちこちから聞かれました。(*^m^)
こんな山奥まではるばるありがとう。
ここへ来たら、
家に帰りたくなくなってしまう・・・、
そんなはるやになってしまいましたけどcoldsweats01
また、いつか、
はるやに帰ってきてね。
↓翌朝早起き組で記念写真。
Img_9019

|

« 虹が出たなら | トップページ | 山水人こどもギャザリング »

場所づくり」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

旅暮らし」カテゴリの記事

コメント

みなさん、いい笑顔ですね!
川の横の駐車場は私有地ですか?
今年こそあの川に泳ぎに行きたいと思って
しょっちゅう地図をチェックしてます。
車を停められるような場所、
あちこちにありますか?

投稿: すぎもと | 2015年7月27日 (月) 23時25分

すぎもとさん、このあたりは通行の邪魔にならなければどこでも適当に駐車してますよ。でも、上流に行くに従って水量が少なくなるので、どこでも泳いだり飛び込んだりして遊べるわけではありません。小さな子らの水遊び程度ならばいいけどね。うちも、ドボンはできるけど、泳ぐとなると物足りないので、大きい子たちは、自転車で少し離れたところで遊んでます。どのへんの地図をチェックしてはるのかな〜?

投稿: ユミエ | 2015年8月 4日 (火) 06時46分

路駐オッケーと聞き、安心しました。
以前のイベントなどでチラ見した地名を頼りに
大体この辺かなーとチェックしています。
私が一人でちゃんと運転して行けるか怪しいですけどね(笑)
ありがとうございましたー!

投稿: すぎもと | 2015年8月 4日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/60905770

この記事へのトラックバック一覧です: 実ははるやで初イベントしました。:

« 虹が出たなら | トップページ | 山水人こどもギャザリング »