« 30日はるやバンドのライブは17時から。 | トップページ | ツバメの巣立ちのように »

2015年9月 4日 (金)

ツバメさんに教えてもらった。

Img_0020
ツバメさん一家を、
はるや一家は、
ずっと見守ってきました。
2回目の子育ても(一回目はヘビにやられました。)、
毎日、毎日、
雨の日も嵐の日も、
休む暇もなく、
夫婦交代で、餌採ってきて、
けなげに、
ほんまにようがんばってはりました。
今回も、またもや、
ヘビに襲われ、
はるやの父ちゃんが、
ヘビの口をこじ開けて、
雛を救出という、
とんだハプニングにも見舞われたけれど、
つぎつぎと迫り来る危機をのりこえて、
生き延びてきた雛たちでした。
はるさんが、
わざわざ<ヘビ返し>作りました。
(こんなんで、ええんかなあ???)
Img_9462
そうやって、
我が子たちのように、
愛情もって見守ってきた、
ツバメの雛たちです。
Img_9455_1
そしてね、
もう、いよいよ巣立ちかなってときにねー、
驚いたことに、
どこからともなく、
ものすごい数のツバメさんが集まってきて、
入れ替わり、
立ち代わり、
雛たちの巣の前まできて、
巣立ちへと導いているんですよ。
励ましているんですよ。
「さあ、飛んでごらん!」
「こうやって飛ぶんやで!」
「さあ!」
「ほら!」
ってね!
卵のときも、
赤ちゃんのときも、
夫婦交代で、
つきっきりで子育てしてたのが、
巣立つ頃になると、
おじいさん、おばあさん、おじさん、おばさん、
おにいさん、おねえさん・・・・?
それはもう、
たっくさんの大人たちが、
お手伝いしに飛んで来るのです。
どれが、ほんまのお父さんお母さんかわからなくなりました。
へ〜〜〜え!
ツバメさんは、
夫婦だけで子育てするんじゃないんやなー。
大勢でするんやなー!
わたし、
感心しました!
いまか、いまかと、
巣立ちムードに、
沸いていた、幾日かでした。
Img_9449_1
それでも、
雛たちは、
頑として、まだ飛び立とうとはしてませんでした。
が、
ある日、
京都から、やんちゃなおチビさんがやってきて、
巣の前で棒を振って脅かしてしまったもんだから、
さあたいへん!
雛たちは驚いて、
飛び立ってしまいました!
ああっーーーーー。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
何処行ったー?(。>0<。)
えらいことしてくれたなあ・・・(;´Д`A ```。
わたし、
探しました。
どこか茂みの中で、
うずくまってないかなあ・・・。
まだ、じゅうぶんに飛べないはず。
ヘビに襲われたらどうしよう・・・。(。>0<。)
Img_9765
そのときにね、
長男が見つけたのです。
空を飛んでいるたくさんの大人のツバメたちの中に、
雛たちが混ざって、
ひらひらひらと、おぼつかない羽ばたきながらも、
共に、飛んでいるのを!
Img_9789
巣の中で、
親の言いつけ通り?
じっと留守番しているだけだった
雛たちが、
鳴きながら、
上がったり、下がったりしながら、
ひらひらひらと、懸命に飛んでいる姿。
それを守るように、
周りを飛び交う大人たちの姿。
ドラマチックでしたよ・・・。
うるうる・・・。(;ω;)
Img_9753
でね、
このとき、
母親であるわたしと、
子どもの長男と、
まるっきり違ったところを見ていたわけ。
「まだ飛べないはず」と、下ばかり探してたわたし。
「またヘビに襲われたら・・」と、心配して、
オロオロとしていたわたし。
その一方で、
「もう飛んでるんとちゃうか?」と空を見上げてた長男。
この視点の違いの面白さを、
気づかせてくれたのは、
わく星学校のケイコさんです。
ケイコさんは、
そのとき、うちにいたのでした。
(雛を驚かしたやんちゃなおチビさんはお孫さんなのでした(*^m^)。)
さすが、教育の大ベテラン!と思いました。
先日、
山水人こどもまつりでおこなわれた、
ケイコさんのトークは、
こんなエピソードを織り交ぜて、
始まりました。
Img_9891
そしてわたしは、
ツバメさんの子育てを、
ずっと見守ってきて、
おっぱい、おむつ、ねんね、抱っこのときは、
お母さんが、
赤ちゃんにべったり。
夫婦や家庭が子育ての中心だけど(そりゃ、もちろんいろいろなかたちがあるだろうけどね。)、
大きくなったら、
いろいろな大人たちに気持ちをかけてもらい、
手をかけてもらい、
子どもは育ち、刺激を受け、自分の世界を広げ、
羽ばたいてゆくのだとういうこと。
そんなことを、
ツバメさんの巣立ちから、
教えてもらったのです。
まさに、長男が、
そのときを生きているのでした。
それを、
実感するこの頃であります。
Img_9800
というわけで、
長男のことやら、
先日の山水人でおこなわれた、
子どもの学びについてのパネルトークのことやら(←すばらしかったです!)、
ライブのことやら、
夏休みの日々のことやら、
いや、もう、
ブログの記事になるようなことが、
ぎょうさん溜まっていて、
追いつきません。
インド旅のことも、まだとちゅうだし。
なかなか書けへんな〜と思ってる間に、
またつぎつぎと、
おもしろい出来事がやってくるし\(;゚∇゚)/。
自己満足の趣味でやってるブログやから、
書いても書かんでもいいんでしょうけど。
まあ、
ぼちぼちとやるか。
気長におつきあいくださいね。
Img_9795

|

« 30日はるやバンドのライブは17時から。 | トップページ | ツバメの巣立ちのように »

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

山水人ギャザリング〜こどもまつり〜」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^)つばめさん達の話、とてもあたたかいですね♪

山水人、行きたかったです(じゃあ、行け~って話ですが)。
長男くんの話が聞きたかった・・・。

今年中学になった長男はまだおぼこいですが、アイデンティティの確立の3年だと思って親も接していかないと・・とか、夏休みをすごしていました。まあ、見守り中です。
はるやさんの日記を読み返し読み返し、参考にさせてもらっています。

話しが変わりますが、お庭が素敵になってきましたね~。
ターシャ・テューダーに負けないくらい・・。はるやさんちの散歩道のようなのを、家の庭に作れないかなぁ・・というのを構想中の私でした(^^)

投稿: おーやん | 2015年9月 4日 (金) 16時54分

おーやんさん、そんな、「読み返し、読み返し」・・・だなんて・・・。
いやー、そんなに参考になりますか?
ありがとうございます!
それから、庭のこと褒めてくださって、うれしいなあ〜。
安い苗を買ってきて植えたのはうまく育たず、
このあたりの在来種みたいなお花が、
毎年自然と増えていってて、癒されます。
年ごとに、どんどん豊かな庭になりそうです。
いろいろなイメージふくらませて、ひとりで楽しんでいます。

投稿: ユミエ | 2015年9月 5日 (土) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/61456433

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメさんに教えてもらった。:

« 30日はるやバンドのライブは17時から。 | トップページ | ツバメの巣立ちのように »