« 晴れたら森通い | トップページ | 秋から冬へのお弁当・おいしいもの他 »

2015年12月 4日 (金)

ブナの森

Img_2292_2
京都を出てはや12年。
在所を変えながらも、
ずっと山の近くに住んでいますが、
いまほど、
山や森へ通い詰めたことは無かったです。
Img_2280_2
今は、
森通いなんて、
ほんのあさめし前。
正確には、
ひるめし前に、
ちょいと行ってくるんですけど。
Img_2307
とりあえず、
森歩かせといたら、
犬も娘もわたしも、ごきげんさん。
Img_2312
家で、
絵本読ませられたり、
(子どもに本読んであげる時間があるんやったら、
自分の読みたい本を読みたい。←ダメ母やな。)
なんやかんやと
注文の多い三歳児の相手するより、
ずっと楽ちん。
Img_2297
とりあえず、
森歩いてたら、ええんやもん。
からだのびのび、深呼吸。
ああ、いい気持ち。
Img_2294
からだも鍛えられるし。
( ̄◆ ̄;)
Img_2316
( ̄Д ̄;;
Img_2349
Img_2357
京都で暮らしてたときみたいに、
公園も、遊園地も、
児童館も、植物園も、御所も、
図書館も、
子連れで行けるカフェ(・・・って、わたしらがやってた店やん。)も、
お友達のおうちも無いけどね・・・・。(ρ_;)
でも、
ここには、
大きーくて、
広ーーーくて、
おもしろーーーい、
森のワンダーランドがあるから。(* ̄ー ̄*)
Img_2335
Img_2334
Img_2364
Img_2360
Img_2338
Img_2309
今日はどっちの森にしようか?
あっち?
それとも、こっち?
適当に決めます。
ある晴れた日。
ブナの森を登りました。
山を抱きかかえ、守るように、
ブナの樹の根っこが、
力強く這っていました。
この根っこが、
森の命の源を、
支えてくれてるんでしょうね。
森の命の源は、
生きとし生けるものすべての命の源。
うちのそばを流れる清らかな水、
はるか遠い琵琶湖まで永い旅をする森から生まれた水・・・、
も、
この根っこたちが、
蓄えてくれていたもの。
すごいなー。
圧倒されます。
Img_2362
その根っこを伝って、
登っていきました。
Img_2313_2
遠くの山で、近くの山で、
風が音をたてて、
駆け回っています。
押し寄せてくる、
波の音のよう。
Img_2367
すっぽりと、
山に囲まれているのに、
まるで、
海の近くを歩いているみたい。
昔行った、
南太平洋の島々を思い出しました。
Img_2298
お日様の光が、
さんさんと降り注ぐ、
ブナの森。
明るい森。
あたたかな森。
いのちの森。
Img_2339

|

« 晴れたら森通い | トップページ | 秋から冬へのお弁当・おいしいもの他 »

子ども」カテゴリの記事

山暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191000/62806369

この記事へのトラックバック一覧です: ブナの森:

« 晴れたら森通い | トップページ | 秋から冬へのお弁当・おいしいもの他 »